現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

給与か人間関係か

a
2018年8月10日 16:42

現在20代後半で手取り17で賞与は寸志程度です。
奨学金を返済しながら一人暮らししている為将来に不安を感じ、
転職活動をはじめ、このたび内定を頂きました。

月々の給与は同じくらいですが賞与が4〜6
1部ではないですが上場企業です。年間休日も少しですが増えます。
残業が少し多そうなイメージはありますが
内定先に大きな不満はありません。

しかしこの段階になって本当に転職して後悔しないのか
ものすごく悩んでいます。

現職は人間関係がよくストレスなく働けており、残業や休日出勤もほとんどありません。
お金は大事ですが、一歩踏み出せない自分がいます。

内定先への返事もあり非常にあせっています。
いろんな意見がいただければ幸いです。

ユーザーID:0921430291  


お気に入り登録数:20
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本


タイトル 投稿者 更新時間
あなたの条件次第
小豆
2018年8月10日 17:56

男性か女性か。
結婚の予定はあるのか。
女性で子育てしつつ働くのなら、今の会社。
その予定もないなら転職かな。

ユーザーID:1708251633
内定を頂いているのであれば
匿名
2018年8月10日 19:53

奨学金のことがなくてまだ就職活動をしていないのであれば、
人間関係が良好の今の仕事を続けるのをお勧めはします。

ただお金のことは大事ですし内定を頂いているとなると、
転職することもアリといえばアリです。
奨学金の返済を繰り上げれば結婚したい時には完済又はメドが立てば、
結婚することに躊躇しないと思うので。

人間関係が良好だとしてもずーっと良好とは限らないです。
上司、転勤族、新人さん等と人の出入りが全くない方が珍しいから。

実際に働くのはトピ主さんなので冷静に考えて決めて下さい。

ユーザーID:8596589979
奨学金の意味
くものす
2018年8月10日 22:05

奨学金を返済中ということなので、少しでも給与の高いところへ行くしかないのではないでしょうか。

奨学金というのは、自分にそれだけの先行投資をして、その結果の投資回収として、奨学金を返済しながらでも、投資しないよりは収入が増えるという状況を作るために、借りるものです。
従って、トピ主さんは少なくとも奨学金返済中は、借金をしてまで行った投資を回収する方向でお金を稼ぐ算段をしなければ、意味がありません。

自分の将来をお金に替えるということは重い決断であり、その決断をしてしまった以上、人間関係や勤務内容などで、無理をしないといけない場面が出てくるのは当然のことです。
極端に言えば、生活の心配がない人は、何も無理をする必要はありませんよね。
トピ主さんは、生活も借金もあるのですから、どうしても多少の困難は覚悟する必要があるでしょう。

でも「案ずるより産むが易し」です。
私は何度も転職していますが、何とかなるものですよ。トピ主さんはまだ20代。失敗したなと思っても、やり直しはきくので、気楽に新しい職場に行ってみればいいのではないでしょうか。

ユーザーID:3484631772
無理に転職する必要はない
う〜む
2018年8月11日 5:34

そもそも
募集している企業は
人手不足な場合があるので
超忙しいかもしれませんし
退職した人の補充かもしれません
離職率が高い会社かもしれません

転職後
やっぱ前の会社のほうが
良かったという例は多数ありますので
今の会社に
とどまるほうが
いいような気がしますね

ユーザーID:3548921814
う〜ん
通りすがり
2018年8月11日 15:38

>賞与が4〜6

賞与って必ず出さないといけないというものでもありませんし、
業績に応じて変動するものだから、
賞与が多いって喜ぶのは
どうかと。

ユーザーID:8780055402
色々経験するのもいいかも
なすび
2018年8月12日 16:24

私は5回ほど職場を変えていますが、

給料がいい会社は精神労働が賃金に反映されていると思いました。

結局私は給料が安いけれど楽な会社に落ち着きました。

いずれは結婚するから・・・と言う気持ちがあったのもあります。

どんな会社もそうですが相性もありますし、

働く前に挫折するのも勿体ないと思いますよ。

まず何のために奨学金を借りてまで進学したのかを考えてみてください。

よりよい仕事に就くためだと思うのですが、いかがでしょうか?

楽な仕事を選びたいのであれば学歴は必要ないと思います。

まず、働いてみて奨学金を返済することが第一目標です。

きちんと返済プランを立ててくださいね。

私は労働が厳しくても内定をもらった会社へ就職することをおすすめします。

大きな会社は福利厚生も充実していますし一度は働いてみた方がいいですよ。

もちろん生涯の伴侶もそこで見つけるに越したことはありません。

ユーザーID:0414952135
今が続くことは保証されない
社会人30年目
2018年8月14日 10:15

人間関係って個人的な変化が組織を大きく変えることがあります。たとえばメンバー1人が結婚したりすると、他の未婚女性たちのパワーバランスが崩れてあっという間にぎすぎすすることがありますし、上司が変わってもまた雰囲気が変わります。あくまでも今現在ストレスがないだけで、これが将来も続くことは保証されていません。

お給料がよいのも同じく今現在の話で、景気や業界動向によっては大きく変わるでしょう。良いほうにも悪いほうにも。

あまりに近視眼的な見方はキャリアの幅を狭めます。もっと長期的な視点を持ってみませんか。どちらの会社で働くことが自分のキャリアに有利なのか、次の次の一手(結婚、出産などライフイベントも含めて)を考えたときに、転職と現職継続のどちらが次の手として有効か考えてみるとよいと思います。

専門職系統なら1社で浅く深くもよいですし、いわゆる一般事務ならいくつかの会社を経験して得た柔軟性は武器になります。営業なら顧客とのコネを持って転職するのも良いと思います。

今を考えるのではなく将来を見ることが大切だと思います。

ユーザーID:3996580678
 


現在位置は
です