現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

留学中のダメ人間のことば

よしこ
2018年8月24日 19:29

今、私は日本にいません。英語圏にて研究留学しています。
そこで一学生として研究に携わらせて頂いてから数か月が経とうとしています。
他の研究者の方々とも、そんな話すことは無いけれど、会えば挨拶する程度にやってきたし、仲が悪いわけではありません。私についてくださっている先生はとてもやさしいです。いつもたくさんのことを教えてくれます。私は、もうだいぶ慣れてきていると思っていました。

でも、この前その先生に「あなたはこの数か月で何を学んだの?」と聞かれて、絞り出した答えが、そして今やっている研究内容を問われて考えながら出した答えが、全然見当違いだったみたいでした。「あなたは、私が『あの試薬にあれを入れて、あれしてこれして』って言うとおりに動いていただけで、何も大切なことは学んでいないのね。私のせいだわ。私が上手に指導しきれてなかった。ごめんね」と言われてしまいました。何度も先生は私に研究内容を教えてくれていてそれでも私が理解できていないことが悪いのに、しかも理解できていないのに分かったふりして"I see"と言ってしまうことが一番ダメなのに、先生は自分を責めました。その日から、できるだけ私に自主的に動くよう指導して下さっています、素晴らしい先生です。でも、先生が私じゃなくて先生自身を責めたことが辛かった。

皆が集まるミーティングに出た時も、よく分からなくて私だけうつらうつらしてしまう。英語が母語じゃないアジア人もたくさんいるのに、その子たちはちゃんと背筋伸ばして聞いてる。私が寝ないようパソコンをいじりながら聞いていると、後日その先生に「ミーティング中のタイピングの音をあんまりうるさくしないでね。教授はそういうの嫌いだし、ちゃんと聞いてね」と言われて、ああ、私はミーティング一つちゃんと聞けないんだなって。

なんでこんなにダメ人間なんだろうと、支離滅裂に綴りました。辛いです。

ユーザーID:3782312180  


お気に入り登録数:42
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:20本


タイトル 投稿者 更新時間
なぜそんなに受け身なの?
ミリア
2018年8月24日 22:12

研究留学しているってことは、なんらかの目的があるんですよね。なのに、なぜそんなに受け身でいられるんですか? 他の研究者とも会えば挨拶する程度って、どうして? 積極的に交流を持つ姿勢はないんですか? もう数ヶ月滞在しているのに、ミーティングがわからなくてうつらうつらしてしまうって、びっくりです。

ユーザーID:0022132957
必死さがないんだろうね
秋色
2018年8月25日 0:52

たぶん、必死さが足りないんだろうなと思いました。
どの程度の熱意をもって、その研究をしているんですか。
英語力もそう、研究に向き合う姿勢についてもそう、他のアジア人の学生さんたちとは必死さのレベルが違うんだろうなと思いました。

あなたは認めたくないでしょうけれど、彼らにしてみたら所詮、お遊び留学、そう捉えられても仕方ないのかも。
なんのための研究留学なのか。そこで何をつかみ取って今後の人生に役立てなきゃいけないのか、特にないんじゃないの。だったら眠くもなるでしょうね。。

生きていくのに必死で学ぶ人と、そうでない人の違いかな。
生まれ育った環境が作り出した性格の違いもあるんだろうし。

ユーザーID:2030367063
研究
a
2018年8月25日 3:46

私は研究とかには関わった事なく、娘が関わってますが、大学内のネットで調べると、教授の研究論文とか出てきますよ。まずは、そういうのを読んで理解しては?あと、研究には、技術のステップがあるそうで、今のが分からない場合、もっと基本的な研究所へ移動をお願いしたらいかがでしょう?でも研究所に受け入れられたのですから英語力はあると思います。ミーティング中のウツラウツラは、ちょっと、ですね〜娘だったら、ちゃんとしっかりせよ!と言うと思います。

ユーザーID:8470688581
「ミーティングでうつらうつら」…携帯からの書き込み
コールドブラッド
2018年8月25日 9:45

このまま「ダメ社員」になったらどうなるか、想像力を発揮しましょうね。

まずは、「うつらうつら」を何とかしましょうよ。
たぶんあなたは「あれもやれ、これもやれ」と指示したところで全部中途半端になりそうだから、簡単にやれそうな問題から解決しましょうね。

例えばミーティングの開始前に、濃いコーヒーを多目に飲むとか。

そもそもあなたは、きちんとした生活習慣を身につけてるの?
いわゆる時差ボケなんて、もうとっくに解消できてるでしょ?

ユーザーID:7122709126
がんばって!
たまこ
2018年8月25日 10:33

海外で研究しようと思った理由は何でしょう。

大学院が海外卒だと箔がつくからっていう理由ではアドバイスもできませんが、
そこでしかできない研究や、内容を学びたいからって普通は行くものですよね。
なので、ほかのアジアの方は、少しでも教授の研究から学ぼうと貪欲に聞き逃さずミーティングも参加するんです。
就職の際も研究実績を問われますし、この調子なら大学にも残れ無い可能性が大きいです。

私なら、教授を謝らせてしまった事に対して謝罪をして、友達や教授から研究の目的や本質などをしっかり学び、
教授の役に立つように頑張ります。パソコン・ビジネスマナーや生活マナーなどは最低限自分で学びます。
上司は一つ注意する時、たいてい複数の不満を抱えてたりもするので、私なら、ほかに改めるべきことはないか聞いて改善します。

トピ主さんは、このトピで、ダメだと自覚してます。でも、今の時代、他のアジア系が優勢の中、海外で研究できているのは優秀な方だと思います。
また、傲慢で教授に注意されても、悪かったと反省できる素直な方です。また、穏やかな良い性格なので教授もそういう話し方をされたのでしょう。
貪欲に吸収して、よく勉強して、日本や世界で役立つ人間になってくださいね。よしこさんの楽しみに、応援していますよ!

ユーザーID:3980569166
別に研究者としてやっていけなくても問題ないのですよね?
孔雀の羽
2018年8月25日 14:18

能力云々とは全く関係のない話で、職業として、どうしてもこれで身を立てたい・立てなければならないということがない場合、必死さはどうしても出て来ません。
でも気にする必要があるでしょうか?
本来の目的は海外での生活を楽しむことなのでは?
まあそんなこと研究留学でやるなっていう意見もあると思いますが、ただの語学留学と研究留学では付加価値が違いますからね。

先生がご自分を責めるのが辛いとか、なんでこんなにダメ人間なのかってことですけど、もしも真剣に研究者として身を立てたいのなら、そんなこと気にしていられる立場でも状況でもないはずです。
やるかやらないか、だけなのですよ。
それができないのなら、別の道を探すことをお勧めします。

ユーザーID:6679141927
お気持ち少しわかります
Fizzy
2018年8月25日 20:22

よしこさん、こんばんは。
私も英語圏の海外在住で、現地の人ばかりの職場で働いているので、お気持ち少しわかります。ダメ人間なんかじゃないですよ。

私は長くこちらにいますので、基本的には英語は問題ありませんが、専門用語の多い勉強会的なミーティングになると、ついて行くのに必死な時もあります。時には私だけわからないのかな?と思っている時に、他のスタッフが「これってどういう意味?」とか言っていると安心します(笑)。睡魔と戦ってパソコンに向かうのではなく、わからないからこそメモを取ったりすると(後で見返すことがなかったとしても)、理解するのに役に立ちますよ。わからなくても一生懸命聞こうとしているのか、聞く気がなさそうなのかでも、他の方々のよしこさんへの印象も変わってきます。

もしかしたら、よしこさんは日本で社会人経験がない、もしくは少ないのかなと思いました。
私が日本で働いていた時は、上司から「自分の仕事は自分で作れ」と言われました。単純な仕事でも、自分の工夫次第でその人にしかできないものになります。でも、そのレベルに行く前に、まず回りをよく見て、何が求められているのか見極め、わからないことはしつこいと思われても、プライドを捨てて「わからない」と聞くことも大事です。

私も社交的な性格ではないので、挨拶のみの仲の同僚も多くいますが、心を許せる何人かの同僚とは他愛のない会話をしたりはします。よしこさんも挨拶程度はできるなら、よく顔を合わせる人とちょっとした会話を心がけるのも英語上達の助けになるのではないでしょうか。心を許せる人に自分の弱味を見せたら、仲良くなれるきっかけにもなることもあります。

日本人は受け身になりがちですが、ご自分の研究テーマがあって留学されているのだと思いますので、自分の頭で考え行動し、是非それを追求してください。きっと人生の中で有意義な経験になりますよ!

ユーザーID:3113587724
落ち着いて研究できるのには時間が
まる
2018年8月25日 20:41

厳しめのレスがついていたので、少し同情します。
海外で研究生活って、決して楽ではないので、
経験したことがない人が批判するのはどうかと思います。

私は3年、英語圏の大学院に行きましたが、
心が弱って研究が進まなかった時期もたびたびありました。
最初の一年は、集中できないことも多いです。
あなただけではありません。あまり自分を責めないで。

研究レベルが高くてついていけてないのか、
英語力がなくて困っているのか、どちらですか。
理系のようですから、純粋に研究だけなら、
英語はそんなに難しくないと思いますが、
コミュニケーションに問題がありますか?
友達はいますか?休日に楽しいことはありますか?
ちょっと自信を無くしているようなので、
楽しくて自信がつきそうなことを探すといいと思います。
日本人の友達も、あえて作った方がいいです。
応援しています。

ユーザーID:0545083743
英語だけの問題でしょうか?
カオリ
2018年8月26日 2:30

英語がよく理解できない事をはっきり担当教授に言いましょうね。わかったフリは良く無いです。

研究者の方って、英語ができなくても、専門の研究内容はだいたい把握できるのでは無いですか?専門用語はどうなのでしょうか?

わからないことはわからないといって、どんどん質問しましょう。そのために留学しているのですから。それに、ほかの研究留学している人ともどんどん交流しましょう。自分から積極的に話しかけないと、英語圏では誰も話しかけてきませんよ。態度を改めましょう。

頑張れ!

ユーザーID:6971117732
ずいぶん日本人に慣れている先生だなと
みかん
2018年8月26日 5:06

その先生は、日本人ですか。

そうじゃないなら、ずいぶん日本人に慣れている先生だなと思いました。

日本人って、手取り足取り子供のように教えてあげないとダメなんですよね。他の国の生徒のようにはっきり言うだけで、傷ついちゃう。引きこもりになったり自殺されたら、困りますもんね。引き受けのシステムによっては、自分の先生経歴に傷がつきます。

だから、腫れ物を触るように、やさしーく諭さないとダメなんです。日本人に慣れている先生なら、知っています。ご苦労なことですねえ。生徒を一人前の研究者どころか、一人前の大人扱いすることすらできない。前に「ニッポンの評判」という本で、ニュージーランドにはそういう日本人向けの取説があるという話を読みました。思い出しちゃいました。

つまり、トピ主さんは一人目じゃないということです。トピ主さんみたいな日本人は多いですから。

うつらうつらは、私も経験があるからわかりますよ。私の先生は怒りましたけど。

それでも、海外でなんとかやっていくたくましい日本人もいる。分かれ目は「なにくそ」根性じゃないじゃないですかね。わかるかな? 

美味しいものでも食べて、よく寝て、明日から負けないでください。がんばって。

ユーザーID:3312539213
どん欲さが必要では
にいにい
2018年8月26日 9:47

なにかトピ主さんの文章を読んでいると、高校か学部生の交換留学生のようなのですが。けれど研究留学というのですから、院生かそれ以上なのですよね?

自分を情けなく感じるのなら、もっとどん欲でずうずうしくなる必要があるのでは?言われたことが分からないのならいちいち聞き直す。自分はこう理解したがそれでよいか、と確認を取る。これは先生に対しても周りの留学生達に対してもそうするべきです。嫌がられるかも?と思うかもしれませんが、あなたの語学力を理解して(若しくは正しく理解せず)あなたを取ってしまったあちらの問題もあります。あちらが「こんなはずではなかった」と思えばたたき出されるでしょう。でも、今のところ、先生はそれでもあなたの面倒を見る積もりのようです。ならば積極的に行くしかないでしょう。自分が理解できるまで粘って、引き下がらない。

私は文系の研究者なのであくまで想像の範囲ですが。理系の研究室だとチームワークが要求されるのでは?理系でトピ主さんのように研究留学する人は、もっと言語能力を磨いてから行くか、拙い言語能力でも自分の研究に邁進し、もうがむしゃらに廻りにも働きかけていくことでどうにかしているのではないでしょうか。

ともあれその先生、そうとうよい先生ですよ。そろそろ自分の中で切り替えて、恥のかきすてを実行しないと、何の意味もない留学になりますよ。

ユーザーID:4090785761
びっくり
c
2018年8月26日 12:10

研究留学って日本のどこかの企業から送られているんですか?
それともどこかから奨学金を貰って留学しているんでしょうか?

どっちにしてもミーティング中にうつらうつらって・・・典型的な日本人だなぁって思いました。私はこちらに30年近く住んでいますが、見習のような新人こそミーティング中は一生懸命参加して、ちょっとでも自分を印象付けようと必死にアピールしますけど。

英語がよく分からないんですよね?なんであなたが留学対象者なんだろう?
私費留学なんだったら別にそのままでいいと思います。
自分のお金でのんびりと「研究留学」という名目を買ったわけですから。

先生がご自分を責めたとありますが、それも皮肉かもしれませんね。それを英語のよく分からないあなたは字面通り、額面通り先生はご自分を責めていると勘違いしているだけかも。

私費留学でぼんやりしているのは結構ですが、あなたのせいで日本人留学生の評判が落ちないか心配です。次回から日本人は避ける・・・なんて事態にならないといいですけど。

ユーザーID:9174519167
日本の学校教育の縮図
在欧者
2018年8月26日 17:06

日本の学校教育の縮図のような、「学生さん」なのですね。教師の指導に素直に従い、親が薦める進路に進み、「学力優秀」という評価を日本では受けてきたのではないですか?
今の専門に進んだ理由は何ですか?

あなたのトピ文のからは、「進路指導の結果」としか感じとれないのですが、違いますか?
留学も自発的ではなく、周りに勧められたからではないですか?

ミーティングで眠くなるのはテーマが、内容が、あなたの興味(interesting)をそそるものではないから。

母国語ではないから、とか、難解だから、ではありません。興味があればどうにかして自分の中に取り込もうと、五感全てが覚醒し、集中力maxになります。


>何度も先生は私に研究内容を教えてくれていて

これも、
「教えてもらう」のが当然で、それに疑問を持たずに丸暗記するのが「勉強」だと思ってきたのだろう
と思わせる記述です。


普通、興味があることというのは、詳しい人に根掘り葉掘り聞き出し、検索し、関連文献に片っ端から目を通すという行動に自ずと出るものだと思います。
ひとつがクリアになれば、芋蔓式に疑問、仮説、見解等が浮かび上がるので、それをまた一つ一つクリアしていく。

そういうことをしてきていれば先生からの質問には難なく答えられたでしょうし、そもそも、そんな質問さえされなかったと思います。
日々の中で確かな手応えを、あなたから感じられたでしょうから。

それが、暖簾に腕押しの感を持ったからこその質問でしょう。


あなたはダメ人間なのではなく
無ビジョン、無興味人間なのです。

真の自分自身を見つける

まずはそこからです。

ユーザーID:5913002170
そうですね
snappy
2018年8月26日 18:57

トピ主さんが寝ないようにパソコンをいじりながら聴いているというのはどういう理由からでしょうか?
ただでさえ母語ではない言葉で授業を受けているのにその上パソコンをいじっていたら注意力が散漫になりませんか。

そのような態度がなんとなくやる気のなさを表しているのではないかと思われます。
本当に聞き取りたかったら夢中ですからそんな余裕ないでしょう。
大学院レベルなら現地の学生たちにとっても授業は楽ではないはず。
キツイ言い方ですが本当に研究が大変な時って落ち込む暇もないぐらいですよ。
そして、トピ主さんの先生はものすごくきめ細やかな指導をしてくださっていますね。
まあ、トピ主さんもその辺のことはご自身で理解されているようですが。

勉強なかまを作って分からないことを確認するのもひとつの方法です。
私も母語が英語でないおもにアジア系の学生たちと情報交換したり、教えあったりして乗り切りました。
課題をこなすために眠れない夜もすごし、その他アパート探しから、課題提出直前にパソコンが壊れたり、電話代の請求が間違っていて何度も電話のお店に通ったり、ビザの問題で移民局へ5回かよってけんか腰でやっと解決したり。
今思い出すと毎日がサバイバルでした。
泣きながら日本に電話をかけたことも数えきれないほど。

勉強仲間と絶対に卒業しようねと励ましあってやっと証書を手に入れたときは達成感でいっぱいでした。
あれ以来、ちょっとやそっとではくじけないど根性が身についたと思っています。

誰でもいいから相談して助け合う仲間を作ること。
自分がなぜ留学しているのかその目的を再確認すること。
兎に角、考える前にできることを仕上げてゆくこと。(課題は後から後から増えます)

今は苦しいけどやり遂げたときの喜びは一生ものです。
苦しい思い出も笑い話になります。

ユーザーID:8159879942
どんなトーンの会話だったんだろう
もうすぐ誕生日
2018年8月26日 21:48

辛いですね。
トピ主さんの担当教官は、どんなトーンで「何を学んだのか」と聞いたのですか?
文章だけじゃわからないけど、変な質問だな、と思って。
私は海外の大学で働いていて、人生の半分くらいを数カ国の英語圏で暮らしているのですが、
教官はあなたを学問的に詰問するのではなく、あなたをリラックスさせるといったような
別の意図があったのかな?と感じました。

トピ主さん、今かなり心が弱っているんじゃないかと思う。
そうやって自分のことを「ダメな奴だ」って思うようなこと、人生には何度もあるもんだけど、
留学中は特にそうだと思います。誰もが通る道です。
学内に心理カウンセラーがいるはずだから、利用できませんか。
本学の場合、留学生は保険に必ず入ってるから、無料でカウンセリングが受けられます。

トピ主さんはそうは思わないと思うし、月並みな言い方で申し訳ないのですが、
一種のカルチャーショックだと思う。
カルチャーショックについては、留学生なら誰もが知っていると思っているはずだけど、
案外自分ではわからないみたい。いろんな形で現れるんです。

日本だったらトピ主さんみたいな行動は割と普通なんだろうけど、今いる国ではそうではない。
慣れたと思ってる時にこういうつまづきに足を取られる。私も何度も経験あります。

私の回答が的外れだったら申し訳ないけど、あまりネガティブに捉えすぎずに軌道修正してみては。
心身の健康管理も、留学中の重要事項です。
他のレスしてる人たちには怒られそうだけどね 笑

ユーザーID:7305796093
指導者が主様に求めている事を理解できていると思いますか?
同じく英語圏在住
2018年8月27日 20:48

私も英語圏在住ですが、日本で教育を受けた方に多い悩みだと感じます。

主様の在住国がどこか不明ですが、私の在住国なら
>何を学んだの?
に対して、答えを「絞り出す」ような状態なら、当然
>自主的に動くよう指導
されます。

アクティブラーニング主体の国なら、自分で疑問(を見つけ=課題)に対し、自分なりの答えを見つけるような学習態度が期待されますので
>今やっている研究内容を問われて考えながら出した答え
ではなく、研究内容とは別に「主様自身の課題(=人間的な成長や日本で研究ではなく留学した意義等、何でも良い)」について「その答えを見つける為に主様が何をしたか?」と言う答えを期待していたと私は思います。

>ちゃんと聞いてね
も、タイプでお茶を濁すような事はせず
>よく分からなくて
なら、分からない所は何処か正直に話し詳しい説明を求めたり、質問・意見してねと言う意味だと思います。
多分、現地出身の学生は一字一句書き取るような事はせず、ボヤっとしている様に見えても頭の中はフル稼働中が多いと思います。先入観の少ない学生だからこそ違う角度から考え、意見することが、指導者の気付きになる事もあります。

>I see
と言ったら、相手は主様が分かっていると考えます。分からない、理解できていない部分は何が分からないのかハッキリと意思表示しないと分かって貰えませんよ。
文化の違いと言えば文化の違いですが…主様が「自分の課題」を意識していないから、起こった問題だと思います。また指導者は主様がどこで躓いているか、何に困っているか分からずにいると思います。指示に従うだけではなく、積極的にコミュニケーションを取った方が、お互いが何を考えているのか・どこに問題が有るか把握でき解決し易くなると思います。

初歩的な質問はしてはいけない等、自分で判断していませんか?
間違った質問等は、有りませんよ。

ユーザーID:0810483163
よい友人が必要
よっちゃん
2018年9月21日 8:54

私のようなダメ人間が世渡りしていくには偉すぎる人にいちいち指導されるのでなく、仲間やちょっと上の先輩の指導に頼るのがよいのです。そのためには仲間やちょっと上の先輩に気に入られるよう努力し、皆からあいつを助けてやろうと思われるようにするのです。しかし、ダメな人に限って身の程をしらず自分1人の考えで出来ると勘違いするし、実力のある人ほど周囲の応援を得て成長する傾向があるのが実情です。
 主さんが先生に言われる前に親切な仲間に助言を得ていたらよかったのになと思います。自分で何でもやろうと思うのは失敗のもとです。自分でやらなくてはならないのは責任をとることだけです。
 友人がいても自分以上にダメ人間でこっちの負担になるばかりの人とは適当に付き合って、尊敬できる友人を得なければなりません。そのためには自分も尊敬される人間にならないといけないので、そう努力するしかありません。

ユーザーID:8393523743
今からでも自分を変えよう!
grigri
2018年9月21日 20:25

”自分を変える”と言うのは出来ないと考える人もいます。自分を根底から変えるのではなく、研究者としての自分を作るんです。

先生に対して、私はこれに興味があります、こんな実験をしています、こんな論文を書こうと思います、などなど向こうが聞いてもなくてもとにかく”自分はここで頑張っている”ことをアピールしまくりましょう(当然、アピールだけではダメですよ。無茶苦茶努力をして、その姿を見てもらえるように結果を出してアピールするのです)。研究者としてだけではなく、今後世界で通用出来るように自分を変えられるチャンスです。せっかくの留学の機会を最大限のチャンスに出来るかどうかの瀬戸際です!

私はもともと割とおっとりですが、ヨーロッパ某国に奨学金をもらって大学院生として留学する際に、とにかく大学では自分が積極的であることをアピールすると心に決めました。まず同時期に同じ研究室にいた留学生や助手や先生たちとも積極的に声をかけ仲良くなりました。自分の指導教官は生まれて初めて日本人学生を担当したと言う人で、日本人に先入観がなかったことも良かったのだと思いますが、私のアピールにいつも答えてくれました。1年後は先生は私を研究助手にしてくれました。そのお給料のおかげで博士号が取れるまで生活ができましたし、先生や他のメンバーと世界中の学会に参加することができました。その後その同じ大学で教員になり、先生と何年も一緒に仕事もできました。今は別の国の大学にいます。初期の研究室の仲間や知り合いとは今でも国境を越えて一緒にプロジェクトを立ち上げたり、出版したりしてます。

トピ主さんも自分で覚悟して変わりましょう。良いことがあると思います。

ユーザーID:9709911469
研究に没頭しましょう
ohanamix
2018年10月2日 6:54

私はもうリタイヤした老人です。現役時代に2カ月ほど研究留学した経験があります。職場からはお金も休みも頂いているので、平日は真面目に研究していました。

普段は時間を細切れにして働いていたのですが、留学中はまとまって使えます。それで朝から晩までオンラインでマニュアルか論文を読んで、新しい分野のソフトウエアツールを使いこなそうとしました。いろいろわからない点がありましたが、廻りの人に聞けば親切に教えてくれました。すると2週間ほどでツールを使えるようになりました。以前からそういうツールで自分のデータを解析したいと考えていたのですが、集中すると短時間で可能になることに驚きました。

研究留学はいいチャンスです。普段の職場ではできない仕事を持って行き、それに集中しているうちに先方の研究室に溶け込むのではないでしょうか?

ユーザーID:8321869377
英語圏と日本との成果主義の違い
英語圏50代
2018年10月3日 6:38

25年前に英国大学院で色々学びました。
現在は米国在住です。

まずは日本と英米や教授により研究の成果主義の考えかた
が違う場合があります。

例えば日本は同じ研究者同士の横繋がりなく(私の時代)
先輩後輩だけの縦社会でしたしプロセスが評価されない
ので短期的な目線・結果だけの追求になりがちでした。

そこで出会った教授は最初に私に具体化はするなと言われ
ました。

まずは日本では評価にならない新しいことに挑戦すること
やプロセスを重視しろと言われました。

なぜそうするのか質問したら成果はプロセスの積み重ねで
日々の実体化を積み重ねれば始めに具体化した結果よりも
遥かに別の成果を得ることが出来ると言われました。

目から鱗が落ちました

今の時代はインターネットもあり仲間と教授等
いくらでもコミュニケーション出来ますから
具体的に意見をぶつけて聞いて見ましょう。

いつもミーティングや教授との会話はボイスレ
コーダーアプリを使いなれるまで録音して何度
も聞くといいと思います。

私がアドバイス出来ることは海外にいると細部
より大きな全体像をまずは把握してから細部の
こだわりを発揮するといいと思います。

母国語ではないのですから気にせずガンガン
聞いて見たらいいと思います。

ユーザーID:3922785909
 


現在位置は
です