現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

【PR】旅先で出会った思い出の味覚を教えてください!

編集部
2018年8月29日 9:23

旅行の楽しみの一つといえばグルメ。
人情を感じるおもてなしや、珍しい食材、味付けなど、いつもと違う土地ならではの雰囲気で食べる食事は格別です。
ふと思い出した時「もう一度食べたい」と思う旅の味は、誰にでもあるのではないでしょうか。

そこでみなさんに質問です!
あなたの「旅先で出会った思い出の味覚」を教えてください!

例えば、
「九州旅行で食べたおばあちゃん手作りの郷土料理」
「地元の方に聞いて食べた、北海道のご当地グルメ」
「サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフで食べた熱々のクラムチャウダー」
「台湾の夜市で食べた魯肉飯」
「イタリアで食べた本場デザートの王道ティラミス」

絶品料理や変わりダネ、衝撃の一品…などなど!
皆さんの投稿をお待ちしております!

※旅の情報サイト「たび小町」はこちら。
※このトピへ寄せられたレスは、「たび小町」の中で紹介させていただく場合があります。

ユーザーID:3066214817  


お気に入り登録数:23
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:21本

タイトル 投稿者 更新時間
ミートパイ&クラムチャウダー
ブルートパーズ
2018年8月29日 9:57

オーストラリアに行った時に食べたミートパイが忘れられません。レストランではなく街角で気軽に買えるものです。日本に帰って来て探しましたが、同じ味には未だ出会えてません。

あとはオーロラを見に行った時に飲んだクラムチャウダーが美味しかったのを覚えてます。多分、そんな高級な物ではなかったと思うんですが雰囲気ですかね。

ユーザーID:3105946461
厚岸のカキ丼
北国生まれ
2018年8月29日 11:19

北海道の道東のカキの名産地、JR厚岸駅に近い食堂で食したカキ丼が非常に美味しかったです。
このカキ丼ですが、生ガキではなく、カキフライを卵とじにした、卵とじのカツ丼のカツをカキフライに置き換えたものでした。
これを食べて10年はたちますが、未だにこれを超えるカキには出会っていません。

ユーザーID:6499849931
八重山のスパムむすび
北国生まれ
2018年8月29日 13:05

波照間島や竹富島・小浜島など、沖縄の八重山諸島に、自転車を持ってツーリングに行ったことがあります。
季節はゴールデンウイーク明けの、間もなく梅雨入りという、暑くなり始める時期でした。
その時、ちょっと自転車で走って汗が出た時に食べたコンビニのスパムむすびが、大変に美味しく感じられました。
本州で食べるスパムむすびは、あまり美味しいとは感じないのですが、八重山諸島の気候・風土には合うものなのだと、感じ入りました。

ユーザーID:6499849931
タイムスリップしてホームメードミートローフ。
Lady Baba
2018年8月29日 13:10

10年以上前にロサンゼルスに住んで居た頃、主人はラスベガスに仕事の関係で良く車で行ってました。
私も一人で家に居ても仕方がないので同行して居ました。
ラスベガスに行くのに、一本道しか無く、ルート15を砂漠の中をひた走り4時間位掛かってましたね。
ロサンゼルスを出て、1時間半位の砂漠の中にポツンとレストランがありました。
Peggy Sue’s と言う名前のレストランです。
次にレストランが出てくる所は1時間以上行った所にしか無く、
レトロな名前に惹かれて昼食を摂る事にしました。
中に入ると、まさにアメリカの50年代に戻され、タイムスリップした感覚。
床は白黒のチェックのタイル、壁もポップな感じで、映画で見た昔のアイスクリームパーラーそのまま。
古き良き時代の装飾品もわんさか飾ってあり、ベティ ブープ、エルビス プレスリー、ブルース ブラザースの
等身大の人形が置かれて居て、昔の世界に迷い込んだ様な、懐かしい雰囲気でした。
そこで出会ったのがホームメードの2人分も有ろうかと言う量のミートローフがお皿にど〜ん。
グレービーもホームメードで秀逸。
それはアメリカの昔の家庭を彷彿とさせる、懐かしくも有り、暖かい感じの安心させる味がしましたね。
アメリカで食べた、数々のミートローフの中でも一番美味しいと感じました。
それからラスベガスに行く途中は、必ずPeggy Sueに寄り、毎回ミートローフを頼んでました。
今は他の州に引越してそのレストランに行く事も出来なくなり、残念な限りです。
あの忘れられない砂漠の中の、タイムスリップした様な気分にさせるレストランのミートローフ、
出来る事ならもう一度食べたいと本気で思いますね。
今は行けないけれど、Peggy Sueのミートローフの事は夫婦の話題に上がりますよ。

ユーザーID:2838317730
イギリスで、、、
衝撃の料理
2018年8月29日 15:56

ずばりblack puddingです。
真黒な色にびっくり、さらに豚の血だと知って衝撃でしたねー。
ヨーロッパではメジャーなのでしょうか。
その後、ブーダンノワールという名でフレンチでもいただきました。

ユーザーID:3344035267
台湾の山奥で食べたイノシシの煮込み
uribou
2018年8月29日 18:10

台湾の先住民の方の家でご馳走になったお料理です。
キャベツのような野菜といっしょに、分厚い皮のついたイノシシの肉が大量に入った煮込み料理。味は塩味で、イノシシの野生の風味がふんだんに漂い、少し食べにくそうにしていると、イノシシは皮のゼラチンに栄養があるのだと教えてもらって、必死に食べました。毛もところどころに残ってて、リアルでしたが。

ユーザーID:1524658060
めんたいこのソフトクリーム
けろりん
2018年8月29日 18:31

7月に茨城の大洗にいきました
そこにかねふくのめんたいパークがあり、珍しいめんたいこのソフトクリームが売っていたので食べてみました
魂が震えるほど美味しくて感激しました
あまり辛くはなく、出汁が良く効いた、クセになる味です
自宅に帰ってから、お取り寄せ出来ないか、かねふくに問い合わせしたほど恋しい味です

また食べたい!

ユーザーID:9541866540
トルコのいちじくとザクロ
Yoyo
2018年8月29日 21:12

トルコのアディアマンという所に行ったときです。
地元の子供が、いちじくとザクロをくれました。
木に登ってもぎたてをくれた記憶があります。
それが超おいしくて。
今までのイメージを覆す味でした。思い出してはスーパーで買ってみるものの、あのときの味にはかないません。

ユーザーID:6721070784
真っ黒!携帯からの書き込み
2018年8月30日 1:43

以前、車で仙台〜秋田〜能代〜青森に向けて走らせて途中、能代を過ぎたあたりで 右手にラーメン屋が有ったので入りました。メニューは大・中・小 (?) だけ 出てきたラーメンのスープが「真っ黒」 ! 一瞬、「富山ブラックか?」と思いきや 違う味、溜まり醤油を使ってられると思うのですが 衝撃的で旨かったです。随分 前なので お店の名前はわすれました。ごめんなさい。

ユーザーID:4878912348
舌かハレました♪携帯からの書き込み
2018年8月30日 1:59

青森へねぶたを見に行った時、浅虫から市内に入って国道沿いに ラーメン屋ス*レが あり 〜20倍の辛さのラーメンあり、友人が最高度に挑戦するも敗退。唐辛子ではなく黒胡椒と思うのですが、舌に自信のある方は挑戦されては!

ユーザーID:4878912348
北海道のメロンパン
40代子なし専業主婦
2018年8月31日 17:40

道東から美瑛に行く途中だったか美瑛だったか美瑛から旭山動物園に向かう途中の何処かだったと思うのですが。
こっちのスーパーやコンビニで売ってる表面がザラザラして甘いだけで実際は殆どが固いメロンパンとは大違い。
全体的に白く柔らかくモッチリしてる生地と中に赤肉メロン色のクリームがタップリ入ってて凄く美味しかったです。
もう一度食べたいのに場所が思い出せない・ハッキリしないと言う意味でも忘れられない味です。

ユーザーID:4884124604
トルコの遺跡近くでいただいたチャイ
シマ
2018年9月7日 6:09

シリアとの国境に近い南トルコのアンタクヤを起点として、地方都市周辺の遺跡を回っていた時のこと。

スィリフケという町から奥に入ったところのオルバという遺跡を訪ねていました。タクシーを降りると外は雨風がけっこう強くて、周りの景色もよく見えません。

少し歩くと民家があり、おじいさんが出てきました。友人が片言のトルコ語でオルバのことを尋ねると、チャイ(紅茶)を入れてくれました。

そのお茶のおいしかったこと!渋さと苦みが程よくて、深みのある本物の味でした。長旅で疲れていましたが、その一杯のチャイで元気を取り戻し、オルバの遺構も見学することができました。

旅人を心からもてなす気持ちのこもったチャイ。あれから20年余りが経ちましたが、あれほどおいしいお茶には今まで出会ったことがありません。

ユーザーID:7750763099
絞っただけのオレンジジュース。
ワイ
2018年9月7日 15:20

海外にはたくさん行ったけれど、
このトピックを読んで一番最初に思い出したのが、
マヨルカ島のホテルで飲んだフレッシュオレンジジュース。
フロント近くにサーバーで用意されていていつでも飲み放題。
あんなに美味しいオレンジジュースは他にない。
と思っている。
決して飲み放題だったからではない。

ユーザーID:2060082259
旅先グルメ
こあ
2018年9月7日 19:28

色々と思い出します。

まずは25年前くらいにロンドンで食べたタイ料理、イエローカレーが今まで食べていたカレーと
違っていて美味しくて、日本に帰ってからタイ料理に嵌りました。
フィレンツェはTボーンステーキのビステッカ。
ミラノでのミラノ風リゾット、それまではあの黄色いご飯を美味しいと思ったことがなかったのに
これは美味しかった〜!
ソウルでは、出汁のきいた冷麺、下味を付けた豚肉を焼く豚カルビ、東大門での白菜の漬け物を
入れるタッカンマリ、新大久保にも食べに行ったりしますが、韓国程の味には出会えてないです。
バルセロナのフェデウアは魚介の出汁がきいていて美味しかったな。
香港は香港ミルクティー。紅茶の味が濃くて美味しい!
自分で作ってみるけど、あの味にはならないんです。。。
リスボンはモロッコミントティー。緑茶もブレンドされてるって言ってました。
ハイデルベルクはプラムタルト、ルバーブのケーキ、シンプルで甘すぎないケーキが好きなので
海外で食べたケーキの中では意外ですが、ドイツが今までで一番です。

きっと世の中にはまだまだ私が知らない美味しいものがあるんだろうな〜。

ユーザーID:7631291999
北海道で出会った衝撃の「ホタテ丼」
ロコモコ
2018年9月9日 11:09

道東の食堂でホタテ丼を注文。頭の中がプリプリ新鮮な生帆立で一杯になった所に、カツ丼のような卵とじが登場。あまりの予想外な姿にびっくり!

ユーザーID:2450481239
台湾・高雄で食べた鳥のモツ?のスープ
浦永
2018年9月12日 18:10

今年の春に台湾・高雄で食べた鳥のモツ?のスープです。

本を頼りに鴨肉飯で有名な街の食堂に行き、それだけを頼もうとしましたが、店主らしき方に「これも頼むように」と漢字だけのメニューを指して強く薦められ、出されたのは鳥のモツ?が堂々と入ったスープ…。最初は「うっ…」と思いましたが、口に入れた瞬間、鳥の滋味と旨味とショウガの風味が全身に染み渡り…旅の疲れが吹き飛び、これを食べるために高雄に来たのではないかと思えるほど美味しいスープでした。またあのスープを食べに高雄に行きたいと思っています。

ユーザーID:1668199193
食は旅の楽しみの一つ
クジラ
2018年9月15日 12:45

旅での食の思い出たくさんあります。

アメリカから
シアトルのピアやパイクプレイスマーケットのクラムチャウダー
ボストンで食べたクラムチャウダーも美味
サンフランシスコのベトナム料理店でのカニ丸ごと料理(適度にピリッとして誠に美味)
ユタ州、ザイオン国立公園の近くの町のこじんまりしたダイナーで食べた、ビーフシチュー(普段は牛肉、豚肉を食べない私が、ザイオン国立公園でのトレッキングの後の疲れた体に、本当に染み込みました。)
シカゴのディープディッシュピザ(ケーキのように分厚いパイのようなピザ)
ニューヨークの全米オープンのあるフラッシングは台湾系の中華街で、どのお店に行ってもいいしいです。


メキシコ
屋台で食べた魚のトスターダ (魚が新鮮)

アジア諸国
台湾:高尾の夜のマーケットで、自分で食材を選んで、炒めてもらった食べ物がすごく美味しかったです
台北の路地の屋台の黒豆の飲み物
台北のお豆腐屋で売っている豆花(ふあふあしたお豆腐に蜜をかけて食べる)。
インドネシア、バリ:町の食堂の一般的なバリ料理とナシゴレン
香港:市役所の飲茶

ヨーロッパ
デンマーク:朝食に食べた、パンの上にチーズ、その上にジャムを塗る。妙に美味しく、病みつきに。
スウェーデン:ザリガニを食べる日があり、その日に一生分のザリガニを友人と食べた。(ザリガニと強いお酒しかなし。)
フィンランド:小魚のフライ

日本
京都:棒鱈、すぐき、鱧
金沢:何と言ってもお寿司と蟹と和菓子
富山:寒ブリ
福井:鱒寿司
広島:カキ
神戸:神戸牛
伊勢:おつゆのない、黒い醤油の伊勢うどん

ユーザーID:6732135334
忘れてました
クジラ
2018年9月16日 0:49

フィンランドを旅行中、どこでもカレリアパイに遭遇。マーケットで大量に売っているので(やすいし)、何個かかってみました。美味しい。それが病みつきで、朝食にもスナックにも食べてました。極め付けは、国立公園をハイキングした時、カスタード、ポテト、パンプキンのカレリアパイを、木々に囲まれ、湖を見ながら食べました。美味しかった。また行きたい!

ユーザーID:6732135334
思い返してみると
今日もいい天気
2018年9月17日 3:43

美味しい食べ物はそれなりに頂いてきましたが、「これは?、、!」と驚くような味は数える程です。もちろん味だけでなく、その時の楽しい雰囲気も思い出の味覚の内です。

まず一つはインドネシアで食べたバナナ。石の彫り物を買いに行った先で、購入のお礼にと年老いた職人さんがくれました。それこそ家の裏の木になっていたものをもいで。でもそのバナナは「本当にこれバナナ?」というような驚きの味でした。自分のよく知っているバナナの味ではなく、舌にからまるようなねっとりとしたインドネシアのバナナでした。なんとも言えない味わいでした。かの国に行かなければもう味わえないでしょう。私にとってはもう幻の味です。

あとは夏にオーストリアで食べたチーズと白ワイン。偶然見つけたお店はチーズを製造していて店の裏の広大な庭でそれらを食べることができました。白ワインとチーズだけのお店。天気のいい昼下がり、私たちの他には誰もいなくてピクニック感覚で楽しかったです。そうやってリラックスして食べたワインとチーズのなんて美味しかったこと。あの透明な乾いた空気と共に、今もありありと思い出せる忘れられない味覚です。


ユーザーID:5959844876
鎌倉のきな粉棒みたいの。携帯からの書き込み
イチゴジャム
2018年9月18日 6:56

鎌倉に行った時に、硬めのお餅をひねって棒状にしてきな粉をまぶしたみたいなお菓子がありました。

市販のきな粉棒とかじゃなくて、何かそのお菓子専門の小さいお店だった。

初老のおじさんがやっているお店だったと思いますが、あまりにも美味しくて一袋その日のうちに食べちゃいました。

さらに帰ってからも、そのお店に頼んで二袋くらい送って貰いました。

太さは1cmちょっとくらい、長さは15cmくらいで、一見硬いんですが噛むと意外に柔らかい(しかし歯ごたえがある)お餅のような感じで、味はきな粉と黒蜜の味です。きな粉がたくさんまぶしてあります。

ただ、30年くらい前の話なので
何と言う名称のお菓子なのか忘れました。

お店は、鎌倉駅からすぐ近くのところだったと思います。

とにかくあんなに美味しかったお菓子は人生の中で
(今のところ)、
知り合いから貰ったお土産の沖縄菓子
「ちんすこう」以外に張り合えるものはないと言っても過言ではないです。

あのきな粉棒もどきは何だったのか、あれ以来鎌倉に行く機会がないので謎のままです。

ユーザーID:9608464991
 
現在位置は
です