現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

英文法の勉強の仕方を教えてください

青空
2018年9月2日 0:03

35歳です。
英語を再学習始めました。
英文法の学び方を教えてください。


そこそこの大学を卒業しているのですが、英語が苦手です。
というか、英文法が苦手です。
文法をどうやって理解し、受験を乗り切っていたのかも記憶が曖昧です。
(それでも大学では英語クラスで英語エッセイを何本も書いてAプラスとかを貰ったりしていたのですが)


TOEICで言うと、Part5、Part6はガタガタ。
Part7のようなストーリーを理解して答えるものは得意です。
リスニングも聞けるタイプなので、文法で足を引っ張らない分スコアは高めです。


英文を読むことに関しては、文法の理解レベルより上を行っていると感じています。
所謂「返り読み」をしなくても読めるレベルにいて、読む速度も日本人としては早目の方だと思います。
関係代名詞で複雑に繋いでいる文章でも、語順については(たぶん感覚で)理解できているのがセンテンスの全体の理解を補完しているような気がします。
または、雰囲気で読めているのかも?!


(特に受験)英語が得意な夫に相談すると
「単語を覚える時に、これは形容詞、あれは副詞って覚えないの?それができていないと文法問題はできない」「ひたすら問題を解きまくって、覚えるしかない」
と言われたのですが、そう言うものなのでしょうか?
それは文法と言うか単語力な気もしますが、そう言うものなのでしょうか?
夫の言うとおり暗記に近い方法しかなく、日本語で言う文法を意識しなくても言葉(単語)の活用が適切に選べると言う感覚には到達しないのでしょうか。


文法問題を答えてみると、何もわかってないなぁ。という実感があります。
良い英文法の勉強を教えてください。

ユーザーID:0325419259  


お気に入り登録数:46
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本


タイトル 投稿者 更新時間
たぶん
さくら
2018年9月2日 17:29

トピ主さんは英文法はわかっているのだと思います。そうでなければ、英文を頭からすらすら読んだり、リスニングをすんなり聞き取れるはずがありません。英文法が理解できているから、そのようなことが得意なのは確かだと思います。

ただ、感覚的に理解できているけれど、英文法の用語などと結びついていないだけではないでしょうか。また、問題形式に慣れていないのでしょう。でも、苦手な問題を中心的に解いていたら、すぐにできるようになると思います。足りないのは、慣れだと思います。

ユーザーID:7156365538
同じく苦手な者より
エセネイチブ
2018年9月2日 23:39

学生時代から英語が苦手なのですが、なぜか英語圏の人と結婚してしまいました。人生何が起こるかわかりませんね。

TOEICのPart5、6をやってみましたが、やはり6割程度しか出来ませんでした。でも、英文ニュースは毎日読みますし理解出来ます。断言できますが、トピ主さんも私も雰囲気で読めているのですよ。だって日本語を読むときも一字一句深く考えて読んだりしないでしょ?

例えば、TOEICの問題では時制とか前置詞(句動詞)とかが出て来ました。時制は、長い文章の中では他の動詞が出てきたら自然とそれに合わせて理解できます。前置詞もそれだけで劇的に意味が変わることはない(あくまで主観です)ですし、変わったとしても前後の文から意味を推測して補えます。ニュースや論文はreadableであることが前提だと思うので、上手にまとまっていれば長い文章でも容易に読めるのだと思うのです。ただし私やトピ主さんの場合、読めたと思っている、とも言えます。

受験からかなり遠ざかっているので「文法が苦手」というのがいまいちピンと来ないのですが、TOEIC問題を解いた感じではとにかく「良質な英語の文章をたくさん読む」のが遠回りに見えて近道かも知れません。「ここはinではなくforだ」と読んだときの違和感でわかるようになるからです。

ただ、行く行くは専門家になりたいと思っていらっしゃるなら違和感では説明にならないでしょうからおススメしませんが。

ユーザーID:4998549698
ちょっと毛色の変わった英文法書
浅草橋博士
2018年9月3日 2:02

「一億人の英文法」って手に取ったことがありますか?。ぜひ書店で立ち読みしてみてください。

従来の英文法の枠に囚われず、「語感」を大事にした文法書です。私は目からウロコの事が結構ありました。

ぜひご一読を。

ユーザーID:4062854790
文法の本を読むと
もも
2018年9月3日 23:49

そんなのわかってる・・・って思いませんか。
私は文法をみているとそう思うのですが、問題を解くとなると
間違えてしまいます。
長文は得意なのですけどね。
子供が国立大文系女子と、今受験生の超理系男子がいますが
私と似たような感覚なのが文系の娘、文法問題や英作文を間違えたことがないのが
理系の息子です。
同じように息子に教わったことがあるのですが
文型を頭に入れておくことと、品詞は覚えておくことです。
品詞が分からないと、次はこれだなってすぐにわからないようですね。
言語としては雰囲気で分かっていても、あれれってなってしまう。
あとはやはり慣れ・・・でしょうか。
昨日、文法の宿題をしている息子の横で見ていましたら
まぁ解くのが早い早い。考えなくてもいいそうです。
もう、脳みそのレベルが違う・・・・とかで終わらせてしまいたい(笑)
とか思いつつも、ターゲットで英単語を覚え直しています。
1度通った道なので、覚え直す時間は短いですが、きっちり品詞も
覚えています。
言葉の活用ですが、口に出して使う英会話とはまた違うかと。
日本語教師の資格を持っていますが
文法を教えてほしいとか、漢字の意味を急に聞かれても
うまく説明したり、答えるのは難しいですよね。

ユーザーID:4694727086
勉強方法ではないが
匿名
2018年9月4日 4:45

トピ主さんにとって最もスッキリできるのは、
もしかしたら、英語学専攻をしている人との交流なのかもしれませんね。

そもそもですが、トピ主さんは日本語を文法的に説明できますか?
例えばご自身が書いたトピ文を文法的解釈に基づいて説明できますか?

文法と言うのは言語ありきでそれを統計的・体系的に整理したものに過ぎない。
極端な言い方をすれば後付け理論です。

某TV番組で辛口先生による俳句採点するものがあるでしょ?
そこで日本語にしたって助詞の使い分けだけで意味合いが全く変化する。
それを俳句の先生は文法用語を用いて理論的に説明してくれます。
普通に日本語は使える程度の我々素人がその説明を聞くと納得できるわけです。
(まさにトピ主さんの英語力が上記の日本語を話せる一般的な日本人に近くないか?)

ちなみにね、昔の知り合いに英語学専攻で院に進んだ人がいて
何となく英文法で納得できない部分があると話を聞いていたんです。
(ちょうど塾講師のバイト同士だったこともあって時折そういった話題が出た)

「どうしても『同格のthat』って理解できないだけど…」とか、
「なぜ複数形になると、冠詞なしでも良いの?」とか…

そうすると、「それが英文法のルールだから」ではなくて
その先を研究した人の言葉で回答してくれる。
そう、体系化するための理由から教えてくれるので納得できたものです。
(もう塾講師をやめて綺麗さっぱりと忘れてしまいましたが)

だからこそ、そういった専門家と知り合って学問的な話が出来る関係になるのが
実は最も効果的なのかな〜とは思います。

ユーザーID:0912848387
旦那さんのいうことも一理ある
ゆうじ
2018年9月5日 10:14

きちんとしたアドバイスが欲しいのならTOEICの点数を出された方がよろしいかと思います。一口に文法といってもトピ主が既にマスターしていると思われる関係代名詞の話だったり、もっと細かいいわゆる語法の範疇の話があり、努力の方向が異なってきます。

>夫の言うとおり暗記に近い方法しかなく、日本語で言う文法を意識しなくても言葉(単語)の活用が適切に選べると言う感覚には到達しないのでしょうか。

感覚的に使えるようにするには、旦那さんのいうとおり、結局一つ一つの単語とその派生形を暗記するぐらいに覚えることになります。
日本語の場合には毎日、何回も言葉を使うことによって、自然と覚えているということです。結局同じことをすることになります。

ちなみに、英語と日本語には文法構造の違いがあり、その違いを理解すると多少は覚えが早く(または英単語を暗記する意義)が見いだせるかもしれません。

最後にちょっと指摘をします。

>TOEICで言うと、Part5、Part6はガタガタ。
>Part7のようなストーリーを理解して答えるものは得意です。

想像になりますが、トピ主さんの点数はおそらく600点代後半から700点代前半ぐらいでしょうか?であれば、『文章をおおざっぱに理解することができるが、細かなニュアンスまで読み取ることが出来ない』と言えます。ちなみにストーリをきちんと理解できれば、Part6も解けるはずです。Part6は文法問題というより読解問題の範疇になるかと思います。

ユーザーID:7549342785
文法書
半月
2018年9月5日 10:21

英語、英文学を専攻し、国際業務の世界に就職して、ビジネスは基本は6〜7割は英語でやってます。
ネイティヴのレベルには遠いとはいえ、TOEIC満点近くと言って入ってくる新人の書く英語をボロボロに直してあげたり(笑)する程度はしてます。

文法の知識が曖昧で改善したいとのことなら、確実な方法は、標準的な文法書(文法の教科書)を一冊、通読することです。
本当は英語で書かれた定評のある本が良いですが、きつければとりあえず日本語の英語文法教科書でもOK。

ポイントは、英語学のきちんとした学者が書いた、標準的な文法の解説であることです。そういう本は、単純な事項から始めて英語の文法規則の知っておくとよい事項を網羅しています。
無味乾燥な本に見えますが、アカデミックな本はそういうもの。
そのかわり、知るべき事項はそういう文法書なら網羅しているので、一冊読んで理解すれば、その知識は一生もちます。

気をつけるのは、わかいやすさばかり強調したハウツー本や、専門の英語学者以外が書いたものは、ここでいう文法書ではということです。

なお、以上は文法を正確に理解できるようになるための方法であって、英語の運用能力全般のアップを約束するものではありません。ただ、文法がわかると、英語を書く能力は別モノと言っていいくらい向上します。また、本格的な文章を読む能力も確実に着きます。(例えば、英語の本を読む理解力とスピードが上がる。仕事では、手紙やメールを正しく書けるようになる。また、文法知識が曖昧だと、英文の契約書のチェックなどは間違える危険があります。)

ユーザーID:6040487239
何のために?
よしこ
2018年9月6日 13:08

まず、どうして英文法の勉強をしたいと思っていらっしゃるのでしょうか?何か目的がありますか?

TOEICを受けたということですが、何点くらいだったのでしょうか?それとも問題集を解いてみたらってことですか?

まず、この2点がわからないので、なんとも答えようがありません。

>英文を読むことに関しては...読む速度も...早目
とされていますが、それは内容を間違いなく理解できていますか?理解できていると思っている、もしくは全体として言わんとすることは理解できる、ってことではないですか?センター試験や英検の長文読解問題を解いた上での判断ですか?

TOEICのPart7はストーリーと言ってもビジネスレターの読み取りといった至極簡単なものです。

関係代名詞についても、そのまま読み下して内容が理解できるのはとてもよいですが、限定用法と非限定用法の違いなどはわかってらっしゃいますか?

また、英語エッセイのクラスは文法も重要視されていましたか?主様が主様の書けるレベルの英語で書いて、その内容(論旨が通っている、視点・展開がユニークだなど)が評価されてのAプラスではないですか?つまり英文法とはあまり関係のないところでの評価ではなかったか?ということです。

TOIECのPart5やPart6は、センターなどでも問われる問題かそれより若干難しいもしくは語彙力のいる問題だと思います。かと言って特殊な語彙はありません。よく用いられるものです。そこがガタガタだというのであれば(どの程度のガタガタかはわかりませんが)、受験英語とバカにしないで、高校生が受験のために用いる英文法の参考書をひととおりやるのが手っ取り早いと思います。様々なものが書店に平積みになっているので一度手にとってご覧になってください。

ユーザーID:5035956862
英語の文法書
渋滞
2018年9月6日 20:14

だいぶ前に読んだ本なので出典を忘れてしまったのですが、外国語の上達法に、「その言語で書かれた文法書を読む」というのがありました。

私は実践したことはないのですが、英語で書かれた英語の文法書を見つけて読んでみたらどうでしょうか。

ユーザーID:9326886037
私も旦那さんの言うとおりと思います
のふ
2018年9月8日 20:40

「ひたすら問題を解きまくって、覚えるしかない」
私もアドバイスを求められると同じような主旨のことを答えます。
(35才のときに一念発起して勉強を始めて、TOEIC450→985点になった者です)
英語の文法は例外的なものがたくさんあります。
少しづつ知識を増やしていくしかないと思います。
TOEIC985点になった今でも、初めて見る文型はあります。
100%英語を極めることなど、日本に居る限り無理かと。
できるだけ100%に近づくこと、が目指すべき道だと私は思っております。

ユーザーID:2298529929
文法とは約束のこと
よっちゃん
2018年9月11日 7:37

文法とは約束のことです。そもそも言葉というのは約束からできていて「リンゴ」といおうがappleといおうが、それは実在の果実と無関係な音の集合にすぎません。その音が果実を指すというのはその言語を使う人の約束です。文法はその約束の延長上にあります。そこで「リンゴは」というのは「リンゴ」を話題の中心にするということで、appleが主格にあるとそれが原因となるということで、約束はそれぞれの言語で違います。単数か複数かはどうでもいいという言語では複数形はありませんが、どうしてもという時はそれを繰り返す(「きぎ」は2本以上の木)などします。「木」といっても任意の木なのかそうでないのかが重要だと思う言語だと不定冠詞が使われます。
 ですから、文法を知らないと意味が分からないということです。しかし、言葉を正確に相手に伝えない方がよいという文化のもとでは文法の必要性が非常に低くなります。「ワタシスキアナタ」でも前後関係から分かると判断されればよいとするか、「ワタシを好きなのね貴女は」と言わないと妙な誤解を受けると考える文化圏ではそういう言い方をします。また英語のようにどれが主語か目的語かは語順で分かるから形態変化は不要という言語もあります。すべて約束です。
 文法はある程度その言語ができるようになってから体系的に学ぶものです。チャーチルは小学校高学年で文法を習ってから英語に自信がついたと言っています。それまでは周りの人のいうことを口真似するだけなのが普通です。初心者には最低限50種類の文章を丸暗記し、使いこなすことをお勧めします。文法はテレビを見てだいたい理解できるぐらいになってから(日常生活で不自由しない程度)でも遅くありません。実例を知らない人に規則を教えることはできません。

ユーザーID:9932101994
外国の文法書
連休は嬉しい
2018年9月22日 11:31

English Grammer in Use がいいです。
海外留学をした人は、多くの人がこれを使っています。
留学経験はありませんが、私も、すすめられて使っています。
きっと英会話ができるようになると思います。

ユーザーID:3089375967
 


現在位置は
です