現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

退職金1600万をもらって退職すべきか

ぷーた
2018年9月7日 17:28

37歳 女性 勤続15年目になりました。
家族構成は夫と子供が2人です。

この度、会社が早期退職優遇を発表し、割増退職金があるので退職するか悩んでいます。
労働環境は良く、2度の産休育休、復帰後も時短勤務で働いてきました。
ただこのタイミングで、第3子を妊娠したこと、来年からは職種の変更があることが決まっている事もあり、
モチベーションが少しダウンしてしまいました。
この際割増退職金をもらって退職したほうがいいのかもと思いはじめています。

経済的なことは特に問題ないため、夫は辞めてもいいんじゃない、
続けたいならまた産休育休取って続けてもいいし、好きにしたらという感じです。
一度退職してしまうと、同じ待遇では決して再就職できないと思うので、後悔するかもとおもったり、
ただ単に大企業のブランドにしがみついているだけで、辞めても後悔しないかもと思ったりとなかなか決心がつきません。

長く勤めてきた女性が、仕事を辞めたきっかけをお聞かせいただけると嬉しいです。
または、大変でも続けていてよかったと思うエピソードがある方はそちらもお聞かせいただけると嬉しいです。

ユーザーID:5425832905  


お気に入り登録数:71
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:19本

タイトル 投稿者 更新時間
羨ましいです
葉月
2018年9月7日 20:16

私が15年務めた会社を辞めたのは、残業代がいっさい払われないサビ残がずーっと続いていた事、育休の実績がゼロだったこと、小さい会社でしがみつく未練もなかったこと、他にやりたいことができたからでした。
大手企業だと迷うそうですね。
金銭的な部分で考えるなら、もし今の会社に残り定年まで勤めた生涯賃金も考えるかな、私なら。
65歳まであと28年、もし現在の年収が500万ならざっくり計算で1億4000万稼げます。
目の前の1600万プラス一旦退職していつか再就職してからの生涯賃金とでその差はいかほどかと。

ユーザーID:0752977452
今年度末で退職します
nemo
2018年9月7日 20:48

現在は休職中なので、体が鈍ってうずうずしていますがアルバイト禁止なので家にいるしかないのが辛いです。

きっかけは仕事ノルマがこなせなくなってきたのが原因です。40代後半から心療内科に通うようになって、職場の方も配意してくださり事務畑に転勤になりました。ところが転勤の翌年にやって来た営業の人が元事務職だったため、私のやることなすことに文句をつけ、新しくやって来た上司も彼の肩を持つようになったため、転勤2年目の冬にブツっと切れ
「もうこんなところ1秒だっていたくない!」と休職しました。

本社も事情を理解してくれ、休職のまま転勤という異例の措置で部署を代わることが出来ましたが、皮肉にもその時私は次にやりたいことを見つけました。

新しい部署には一度も出勤しないまま退職という失礼な結果は、31年間勤めた自分にとっても残念な結果ですが、後悔はありません。

新しい仕事はけして楽でも儲かるものでもありませんが、人も私も笑顔になれる仕事です。私が仕事場では5年前に失ってしまった笑顔を、新しい仕事は取り戻せると思います。
そのためなら貧しくても我慢できると思っています。

ユーザーID:1295130212
エンジニアから教員に
コッコ
2018年9月7日 22:20

大手企業のエンジニアから教員に転職しました。
業績不振で、大々的に勧奨退職を募集していました。通常退職金の
2倍だったので、トピ主さんと同じぐらいでした。

国立大の工学部の大学院を出ていましたが、教員免許はナシ。
エンジニアは残業が月100時間を超えることもあって、
お母さん社員には向かない仕事だったので、思い切って退職。
高校の教員になると決めました。

割り増し退職金をもらって辞めて、受験勉強を半年。
数IIIはまだしも英単語が抜けているのが辛かった!
3年次編入で国立大学に入りました。そして2年間で教員免許に必要な
単位を取得しました。

入試突破してやれやれでしたが、その後の2年間の大学生活は、
なかなか笑えました。いろんな人に助けてもらいました。
そして、採用試験。1回目は玉砕で常勤講師をしましたが、
2年目に採用試験に合格。今は、高校の数学教師10年目です。

39歳で採用されましたが、エンジニア経験は役立っています。
数学がどんなところで使われているのか、たくさん知っていますから!

ただーし!
教員として10年勤めたのに、まだ退職時のエンジニアの給料に届きません。
所得の面では、なかなかキビシイですが後悔はありません。

ユーザーID:4336312204
旦那さんの言い分が正しい
ぽんしゅう
2018年9月7日 23:04

『自分で決めろ』これ以外に無いです。

旦那さんの収入でやっていけるからあれこれグダグダと考えているだけですね。
“退職金が尽きるまでに次の就職先を決めないといけない”プレッシャーとは
無縁の、のんびりしたお悩みです。

ひとつだけ言うならば、『専業主婦になる夢が叶った』と思うことです。
そうすれば夢物語の将来像でいちいち不満を抱くこともなくなります。

ユーザーID:7611281144
トピ主です。
ぷーた(トピ主)
2018年9月8日 11:35

皆様レスありがとうございます。コッコさんまで拝見しました。

何かやりたい事が見つかって退職された場合は後悔とかないのかなと思いました。
そう考えると私は特にやりたいことがある訳でもなく、やはり退職してしまうと後悔するのかもしれませんね。
ただただ仕事との両立、しかも妊娠中なので、少し疲れてしまったところに早期退職優遇制度が発表されたと
いうだけで、人間関係の悩みや、待遇面の不満がある訳ではないので。

ユーザーID:5425832905
早期退職制度に頭を痛めている
みう
2018年9月8日 11:55

早期退職を募集しても結局は優秀な社員が手を挙げ(転職先に困らないため)、本音で言う辞めてほしい社員は手を挙げないそうで、優秀な社員の流出になっているだけとか。

大企業の場合は、優秀な社員でない限り、ほとんどの人が会社にしがみついているだけと思います。

ユーザーID:2398709576
たった15年で携帯からの書き込み
傀儡課長
2018年9月8日 12:11

1600万円も貰えるのですか。

私なら、さっさとやめて資産運用の元手にします。

ユーザーID:4687649188
まだ稼げるのにもったいない
50代
2018年9月8日 15:26

私が辞めたのは50代、定年まであと10年切っていたから、もらった退職金を残り年数で割って、年収300万円と考えれば共働きの女性としてはまあまあ、と納得しました。
この計算をトピ主さんに当てはめると年70万円にも届かないですよね。
トピ主さんが40代後半で、子供の教育費も終わりが見えているなら、辞めても良いと思いますが、まだまだ稼げるのになぁ、と思ってしまいます。

私の辞めるきっかけは親の介護。今はヒマになってしまったので、軽く働いています。
上場企業に勤めていた時と比べたら激減ですが、時間に余裕があり、自分の自由になるお金が入ってくる(資産として持っている、ではなく、キャッシュフローとして入ってくると)というのは気分的に強いですよ。

最終的にはご自分で決めて、選択した道に責任を取るしかありません。

ユーザーID:8924204078
子供の存在
minndo
2018年9月15日 11:39

お子さんを中心に考えれば答えは簡単に出ると思いますけど。
よく仕事と子育ての両立などとぬかす人間もいますけど、仕事中も子供は成長しています。

ユーザーID:4317309554
うーん
50おばさんのたわ言
2018年9月16日 14:40

退職金1600万とは大きいですね。

難しいところですね。仕事をやめて使う一方になるとあっという間になくなる、という事態にならなければいいと思います。確か昔のトピでありましたよね。奥さんが貯金2000万あるってわかったらご主人が仕事辞めちゃって(資格取るとか言ってたらしいですけどろくに勉強もせず、完全に奥さんの貯金をあてにしていて奥さんの貯金が1000万をきってしまい、トピ出してました。)困ったというもの。こういうことになると大変ですけど。

お子さん3人育てながら働くって時短でも並大抵でないと思いますし。

が、私も以前大企業に勤めてましたがいったん辞めるとなかなか元の待遇の職に思ったようには就けません。少なくとも私はそうでした。かつて大手の海外支社にいた私も、今や時給1000円のパートのおばさんです。ただお子さんがいて残業なども思ったようにできないとなると(私は未婚で子供もいません)下手するとパートの仕事もそれほど簡単に就けないかもしれません。

よくよくお考えになられてトピ主さんにとって最適な道を取られますようお祈りいたします。

ユーザーID:6351452326
アメとムチ
おお
2018年9月17日 16:28

あくまで、私や周囲の話を総合した上での想像ですが、残ったら残ったで大変だろうと思います。

私の前職は、早期退職で切った後は、残った社員にアメとムチでじわじわと揺さぶってきました。
嫌なことをさせる、突然臨時の報奨金でお金がもらえる、嫌なことをさせる、という繰り返しでした。

嫌なこと、というのは社員それぞれにとって違いますが、力仕事や残業必須の部署や遠隔地に「栄転」させるとかすれば、ワーキングマザーは簡単にふるいにかけられます。
子供が起きるより早く出勤し、子供が寝た後に帰宅できるほどの意識の高いワーキングマザーは生き残って男性以上に昇進しましたが、それができない私を含めた普通のワーママは面白いようにバタバタ力尽きました。

私の会社よりもっと巨大企業に勤めていた身内は、退職か、県外転勤の二択を迫られたそうです。男女既婚未婚問わず全員です。
退職しなかったワーキングマザーは本当に全員が県外へ転勤しました。脅しではありませんでした。身内はそこで退職したので、残った人がどう家庭をやりくりしたのかは知らないそうです。

福利厚生がしっかりしているのも大企業ならではですが、いったん「切る」と決めたらきっちり冷酷に切ってくるのが大企業というものです。だからこその大企業というか。

結局大企業に勤めているということは、恩恵も多いけれど「モチベーションがどうこう」という社員側の事情など関係なく、生殺与奪権は相手に握られているのだと思います。

二度とその待遇は手に入らない、残念ながら確かにほとんどの人に当てはまります。退職後の年数を数え「今もあそこで働いていれば、〇千万手に入っていたはずだった」などと嘆く日もあるかもしれません。
お金以外の楽しみを見つけられれば、それなりに楽しく生きることもできます。

あ、やめると決まったわけではないですもんね。頑張ってください。

ユーザーID:3953939986
トピ主です。
ぷーた(トピ主)
2018年9月17日 18:24

様々なご意見ありがとうございます。
辞めずに産休、育休をもう1度いただく方向で考えることにしました。
1600万というお金を目の前にぶら下げられたこと、妊娠中で体調が悪い事もあり、
おそらく正常な判断が出来ていないのだと思いました。

2人育てながらでも、一度も辞めたいと思った事はないぐらい仕事が大好きだったのに、
数年で稼げる目先のお金にふらふらするなんて、自分らしくなかったと思います。
いろいろ考えるきっかけになりました。皆さんありがとうございます。

ユーザーID:5425832905
何故そんな事するのか調べる
あらかんです
2018年9月18日 16:52

昔私がパートで勤めていた会社が正社員に早期退職優遇をやったときは、他社と統合した時でした。
人余りになるのが予想され人員整理したわけですが、辞める人を増やすために高額な退職金2000万出しました。
今考えれば40代までの人という設定だったのは出産を考えてのことだったのかも知れません。

かなりの人が辞めましたが、残った人達はかなりハードな仕事を押しつけられ、それはそれは大変でした。
パートも正社員並みの扱き使われ方で、辞められた人を羨んでいました。

会社がそれをやるって事は、全ての社員を養えないからで、そして高額退職金を出した後はその分も稼がなくてはならず。
そう考えれば辞めずに続けたら扱き使われることは想像つきます。

トピ主の会社は何故退職勧告するのか、調べた方が良いと思いますよ。

ユーザーID:1341737629
トピ主です。
ぷーた(トピ主)
2018年9月18日 16:56

皆さんレスありがとうございます。
おお様のレスを見てビックリいたしました。

私の会社も勤続15年の間に4回、今回のような早期退職優遇制度を実施しておりますが、
おお様のおっしゃるような退職強要制度ではなかったと考えております。
実際、その度に制度には応募せずに残っておりますが、そのような目にあった事はありません。
まだ若いからかもしれませんが。
大企業でもその様な退職強要が行われている事にビックリいたしました。
やはりそれぐらいのどうしようもない事情でない限り辞めないのが正解だと思いました。

ユーザーID:5425832905
残ってもこれまでの待遇通りはまず無理でしょ
ふく
2018年9月19日 7:49

何のために早期退職者を募るのか?を考えたら
これまで通りの待遇なんて無理なのだから時短とか
取れる状況じゃなくなるだろうなと思うから
私ならこのタイミングで退職するでしょうね。
だって人数が単純に減る事を考えたら時短でもフルタイムと
同じだけの業務を渡されたりしそうですからね。

ユーザーID:9314324439
転職活動してみる
2018年9月20日 9:02

御自分の市場価値がわかりますよ。
当方50歳で、この3月に早期希望で退職。
割り増し70ヶ月以上でした。
3社目でしたので、勤続10年以下ですので、破格でした。

いまは、一部上場企業に転職しました、給料はほぼ同じです。
減らないからよしとしました。

今の会社でしか出来ない仕事なら残るべきですが、他でもできるなら、
別を選びましょう。

残る方が地獄の場合があります。

ユーザーID:8840197511
大丈夫だと思います
おお
2018年9月21日 16:19

>まだ若いからかもしれませんが。
えっ?あ、いえ、そ、そうですね、とてもお若いですから、会社の戦力としてとても大切にされていると思います。

私の勘違いだったようで、とても素晴らしいしっかりした会社のようですので、的外れなレスをして申し訳ありませんでした。
トピ主さんのような方は、きっと定年を迎えられると思います。
赤ちゃん楽しみですね。

ユーザーID:3953939986
トピ主です。
ぷーた(トピ主)
2018年9月23日 16:34

皆様レスありがとうございます。
早期退職優遇制度の怖さ等は特に感じておりませんので、同じ条件で勤務出来る前提でお考え頂ければと思います。

出来れば、辞めずに続けいて子供達にもイイ影響があったとか、年金も多いので悠々自適ですとか、
続けていくモチベーションの上がるような経験も教えていただけたらなと思います。

〉おお様
『若いから』に引っかかっていらっしゃるみたいですが、いつも会社が早期退職優遇のターゲットとしているのは50代です。
50代の割増額は30代とは比較にならないほど多いので、ターゲット年齢よりは若いと言う意味です。
自分でも中年と思ってます。

〉男様
何度も転職されて能力を買われている50代の男性が妊婦相手に市場価値を知るために転職活動したらとの
アドバイスは少し的はずれのような気がします。でもご意見ありがとうございます。

ユーザーID:5425832905
辞めずに頑張る価値はあります
冬が来る前に
2018年10月9日 17:54

ぶーたさん、お疲れ様です。

私は子供3人を共働きで育てました。
労働環境が良かったこともあります。
3人のうちひとりは、からだが弱く、辞める・・・という事が頭をよぎった時期はありましたが、ギリギリまで頑張ろうと思い、辞めるのを先延ばししているうちに、何とか皆大きくなりました。

夫の収入のほうが良いと言っても、大きな隔たりがない程度(二人とも高収入ではありません)でしたので、共働きでなければ、3人とも中学校から私立へ行かせる事はできませんでした。
おかげで、3人とも何回か、学校の行事や交換留学その他で、外国へも行く機会がありました。
ですから今、子供達も、共働きではない人生は考えられないようです。娘も、経済的なこととは別に、「自分に職業がないって・・・考えたことがない」と言っています。

いろいろ反省点はあります。昇進もしませんでしたし。でも良かったんじゃないかと思っています。

ユーザーID:5638056314
 
現在位置は
です