現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

長崎にお住まいの方・詳しい方

おいしい珈琲好き
2018年9月8日 0:02

30年くらい前に長崎を旅したときに見つけたcafeを探しています。
街を観光している途中で見つけた、小さなお店だったと思うのですが、正確な場所もお店の名前も思い出せません。

覚えているのは、
1お店の入り口に立てかけられていた、「珈琲屋です」と書かれた木彫りの看板。  
2路地を挟んだ向かいには花屋さんがあったこと。
3お店の中にも、豪華な生花が飾ってありました。
4「銀嶺」さんからも歩ける距離だったこと。
くらいです。

ガイドブックや口コミサイトなどで調べてみましたが、見つかりません。

お店がまだあれば、ぜひまた行きたいと思っていますが、ご存知の方、いらっしゃいますか?

ユーザーID:2453661668  


お気に入り登録数:8
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本

タイトル 投稿者 更新時間
内装は?
2018年9月8日 14:09

アンティックな店内なら銅八銭でしょうか?

合ってるのは距離と店の前の道が広くはない路地な事と小さな店という3点だけですね。

ユーザーID:4429537028
ありがとうございます
おいしい珈琲好き
2018年9月9日 15:15

早速、銅八銭さんのお店の情報を調べてみました。
内装は、そうかなぁ・・・とも思えるのですが、お庭の雰囲気は違うような気がします。

実は、最近、名古屋で「ヴァンサンヌ ドゥ」というお店に行ったのですが、入り口の看板に見覚えがあり、そういえば・・・と、懐かしく思い出したのでした。
うろ覚えですが、内装やお店の雰囲気も近いんじゃないかと思います。
伺った時には、ほかにお客さんはなく、カウンターに座って、素敵なマスターといろいろ話をしたのも、楽しい思い出です。

ユーザーID:4086055981
リカちゃん通りの「欅(けやき)」ではないでしょうか
ラマ
2018年9月9日 19:13

長崎には今でこそおしゃれなカフェがたくさんありますが、30年ほど前でしたら、そんなに数は多くありませんでした。

私がぱっと思いついたのは、「欅」という喫茶店です。

1.浜の町アーケードから細い路地(リカちゃん通りといいます)に入ったところにあります。

2.重厚な雰囲気のお店で、ドアを開けるとカウンターがあります。

3.コーヒーの他に、自家製のケーキ(スパイスがきいたカラメル色のパウンドケーキ)が美味しい。民芸調の厚手のカップやお皿で出されます。

しかし、木彫りの看板や、お店の向いに花屋さんがあったか…を覚えておらず。

レスにあった名古屋のお店の写真を見て、雰囲気が似ているなあと思いました。

ただ残念な事にこの「欅」は移転して、カリー&工芸 欅 という名前になっているようです。

ちょっと昔の長崎中心部の繁華街、個性的なお店がたくさんありました。懐かしいなぁ。

ユーザーID:9876026455
もう1軒
2018年9月10日 1:36

店の前に緑地で

「ときには
こんな茶屋で
ゆったり珈琲」

と書かれた板がかかっており、御高齢のマスターがいらっしゃって1981年からある

南蛮茶屋

はどうでしょう。

銀嶺も30年前は鍛冶屋町の今の銀嶺ビルの場所にあって、現在は移転しているので、鍛冶屋町の銀嶺から眼鏡橋の方向に歩かれて、南蛮茶屋で休憩されたのかも。

ユーザーID:4429537028
引き続きありがとうございます
おいしい珈琲好き(トピ主)
2018年9月10日 21:10

ラマ様、ありがとうございます。
お店の情報を見てみました。
移転しているとのことで、お店内装などは当然変わってしまっているのでしょうが、
私が行ったお店は、当時のcafeでは珍しいコペンハーゲンなどのブランドのコーヒーカップでした。
ちょっと違いそうですね。
教えてくださってありがとうございます。

カウンター越しの正面は通りに面したすりガラスで、いろいろ話してくれるマスターの背面の、
すりガラス越しに見えるお花屋さんの花がとてもきれいで、印象に残っています。


鈴様、ありがとうございます。
銀嶺さんも移転しているのですね。
商店街のような街の外れ近くにあったように記憶しています。
銀嶺さんの近く・・・と探しても見つからないはずですね。
南蛮茶屋の情報も確認しましたが、やはり違うような気がします。
お心にかけていただき、ありがとうございます。

いろいろ思い出そうとしてみたのですが、
お店は、オープンして日が浅いと聞いたような気がします。
インテリア(名古屋のお店をご覧ください)とおしゃれな食器、
そしてシンプルだけど豪華な生花を飾ることがこだわりポイントで、
フードメニューはほとんどなく、数種類の珈琲とケーキのみのお店でした。
長崎には「あぶない」人たちがいないから、女の子が遅くまで遊んでても平気、とか、
中華街の中のおすすめの店なんかも教えてもらいました。
30年前の話ではありますが、マスターは30代の男性でした。
今も、60代くらいじゃないかと思います・・・鈴様のお歳によっては高齢かな?

遠い記憶の中のことなので、美化してしまってるのかもしれませんね。

引き続き、お心当たりのある方、情報をお待ちしております。

ユーザーID:2453661668
珈琲人町かな
えむ
2018年10月16日 13:23

銀嶺の近く、川沿いにあるちいさなコーヒーショップではないですか?
たぶん、珈琲人町というお店だと思います。
古川町あたりの、ししとき川沿いにあります。
珈琲人町で検索してみてください。

ユーザーID:8982921855
 
現在位置は
です