現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

料理がうまくできません

たっつん
2018年9月12日 22:09

自分では普通だというか、家庭料理ならこの程度だという思いもあるのですが、私の作る料理は彼女の作る料理と比べるとマズイです。
例えば野菜炒め。材料、調味料にその量、フライパン、火力。全て同じにしても、見た目も味も違うものができます。切る形や大きさは彼女を真似ても私の方が不揃いで不格好です。入れるタイミングや入れ方にも微妙に差があると思います。一番違うと思うのは混ぜ方で、彼女が菜箸をくるりと回すと野菜が適切な位置と方向に移動し、均一に適切に火が入ってシャキシャキ美味しい野菜炒めになるのですが、私が箸を回しても野菜の隙間をすり抜け、切れ端一つでも焼きムラができ、べっちょりして焦げと半生焼けが同居したものになります。
それでも実家の野菜炒めもこんな感じでしたし、中華料理店みたいな美味しい野菜炒めは家庭では無理なものという価値観で、だから私の野菜炒めも家庭料理としては普通だと思っていたのです。
そこへ彼女の野菜炒めです。彼女の感覚では中華料理店の野菜炒めも「美味しくない」のです。実際そこらの店の野菜炒めより彼女の野菜炒めは美味しいのです。野菜炒めに限った話ではないですが。

ここで自分の中で問題なのが、彼女とは同棲しており、家事は折半なのです。しかし彼女は私の作る料理は「マズくて食べられない」と言います。いえ実際には言いませんが表情がそう言ってます。彼女が作ることで解決!とはなんとなくしたくなく、できるなら彼女にも食べられるものを作りたいと思います。
彼女に教えてもらっていたのですが、私も彼女もお互いの料理を「何故混ぜるだけのことでそうなるのかわからない」という認識で行き詰まってしまい、なかなか進みません。
褒められたのはピザ生地を捏ねることと生クリームの泡立てくらいです。
何かコツ、もしくは簡単に美味しく作れるレシピ等あれば教えてください。

ユーザーID:3387127580  


お気に入り登録数:80
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:39本

タイトル 投稿者 更新時間
うん・・
sora
2018年9月12日 23:01

動画サイトで草なぎさんが公開してる料理がかなり楽で簡単ですよ。
料理中も細かい事気にしないで出来る物ばかりです。
こんなのねぇ、適当で良いの〜って感じでやってます。
動画なのでいいんじゃないでしょうか。
楽ですよ。
多分本当に何もしてこなかった人が始めるのにはあれくらい簡単なのからが良いと思う。

ユーザーID:1343658625
料理動画などを参考に
Yoko
2018年9月13日 0:20

混ぜる時に菜箸じゃなくても、トングやヘラなど使ってみてはどうでしょう。あと包丁いらずとか殆ど使わないお料理とかどうです?
例えばですけど、麻婆豆腐(豆腐はヘラで崩す)アクアパッツァ、手羽先のゆで卵の煮物、焼肉、ミートソースパスタ、お鍋(野菜だけ切ってあとは2人で調理)などなど。
チャーハンだって野菜切るのが大変ならフープロ使ってもいいんですよ。
あとは料理本、料理サイト、動画などを見て調味料や作り方を確認すればよし。



ユーザーID:2424885831
いんじゃね?
九十九髪
2018年9月13日 0:43

いや、自分が下手だなあ、という自覚が持てる段階まで来てるなら、
そのまま頑張って改善を心がけつつ作り続けてりゃ上達しますよ。
そばに上手な見本がいるんだから彼女が作ってるときは皿だしなどしつつ観察してればいい。
下手なままなのは、
自分が下手だという自覚がない→改善の努力をしない
というのが原因ですから。
自覚した時点で向上への第一歩を踏み出してんですよ。

トピ文の「かえし」の例で行きますと…その「混ぜる」って意識がそもそも間違ってて、「かえす」意識でやるんですけどね炒め物は。
上手くいかないなら菜箸じゃなくて、もっと量を返しやすい道具使えばいいんですよ、フライ返しみたいなのとか、今だと平らなスプーン状のもんとか色々ありましょ?
下手だと思えば使いやすい道具を使う。上手になったら菜箸でもやりゃいいんです。

で、たぶんトピ主は(右利きだと仮定して)右手の菜箸の使い方ばっか気にしてんだと思いますが、
炒め物の返しで大切なのは、勿論、右手じゃなくて左手です。
鍋を煽る左手が重要なのです。
中華屋さんの修行で、火を使わず、中華鍋に小豆を一つかみ入れて、それでひたすら中華鍋を煽る特訓をする、というのありましょ?
右手の道具で混ぜる特訓はしないしょ?
彼女の左手をよく見て真似してみることですね。
そもそも、菜箸だけで炒め物が返せるのは、左手の煽りの補助だからできるんです。

炒めに限らず料理って、左手(つか利き腕じゃない方)の動きが凄く大切なことが多いんですよ。
切るのも右手より左手のが働くもんだよ。
利き手はひたすら刃物持って同じ動作をして、左手が食材の動きを調整する。
だから彼女の左手をよく見てください。

あと、べちゃべちゃ問題は火加減の問題じゃないか?
火加減意識して調整してるか?
中華は基本火の料理ですから、火がとろとろしてちゃ、どうしたって水が出てべちゃべちゃですよ。

ユーザーID:3754001798
同じように作ろうと思わない
るる
2018年9月13日 0:49

完成した時に今よりうまく出来ることを目指しましょう。
炒め物には、先端が小さなヘラ状になっているようなトングを使いましょう。
火が通りにくい食材はなるべく小さく切る、それでもうまくいかないならあらかじめレンジで加熱しておく。
それで悪くはない仕上がりにはなると思います。

ユーザーID:5359923755
かき混ぜない
HALL
2018年9月13日 0:51

料理は科学だ
科学だからコツなどという曖昧なものではなくて、ちゃんと理由がある
科学なので仮説を立て、実験し、考察する事が大事

野菜炒めなら
効率よく野菜の水分を飛ばし、焦げないよう均一に加熱出来れば成功する
野菜から水分が出る理由は何だ?繊維の破壊と細胞浸透圧だ
細胞浸透圧なら防げる 塩を最後に入れれば良い
繊維の破壊を極力抑える方法は何だ?・・・・・ですよ。

野菜が焦げないように移動は繰り返さなければならないけれど、箸でかき回せばより野菜の繊維を傷めます。箸は食材の固まった所をほぐす程度に使う。鍋をゆすることで野菜自ら移動していただきましょう。それが鍋をあおるという作業です。野菜は横ではなくて高さを持って移動します。ならば、箸も横ではなくて上下に動かしてください。
じゃなければ究極の手法をお教えします。それは【弱火で、炒めずに待つ】です。
弱火にすれば焦げる心配が無いので、野菜を移動させる必要がありません。時間は掛かりますが、焦がさず繊維を傷めずに水分を飛ばすが実現できます。カラカラになる直前に強火にして味付けして仕上げる。

野菜炒めに限らず、料理は科学ですから、常に仮説を立て実験し、考察(味わって評価)する、のくり返しですよ。

ユーザーID:5628774743
左手?
たか
2018年9月13日 1:05

菜箸を持つのが右手だとして、
問題はフライパンの方ではないですか?

箸だけだと全部を混ぜる前に焦げると思います。
気がついていないだけで、フライパンを適切にあおっているんだと思います。

包丁のほうは練習あるのみです。

ユーザーID:8337161564
うーん
たかこ
2018年9月13日 1:29

野菜のカットにばらつきは出たとしても
全て同じように調理をしてそれを彼女が横についてて見ているのに
その彼女ですら原因がわからないとなると謎ですね

野菜炒めについて
もしかすると彼女が見落としている部分があるのかも?という思いで
思いついたこと書いてみますね
参考になる部分があればいいのですが・・・

切った野菜はしっかり水を切っておくこと
(洗った時の水分が野菜に付着したままだとフライパンの底に余分な水分がたまってしまいべちゃべちゃになる)
フライパンは野菜を入れる前に充分に全体を熱しておく
(一気に熱をいれていかないとこれも上と同じく水分が底にたまりやすい)
出来るだけ均等に火力がいきわたるように
フライパンの鍋肌に野菜が当たる部分が多くなるようにする
(炒めながらたまにフライパンを水平にゆすって具が山型ではなく平らに広がるように、そしてたまにチャーハンを作る時みたいにフライパンをゆすって具をひっくり返す。ひっきりなしにかき混ぜるとせっかくの火力に野菜があたってる時間が少なくひたすら熱が逃げるだけなのでこんがり炒めることを意識する)
炒めながら箸で混ぜる場合もただ箸をぐるぐるさせるのではなく
この部分を裏返したいと思った場所を箸で触ってきちんと動かす
菜箸の先端を少し開く感じにすると野菜が動きやすい

ちなみに簡単に美味しく作れる野菜炒めなら
最初からカットされている野菜を買う(キャベツもやしにんじん玉ねぎなどが切ってあって野菜炒め用と書かれて袋入りになっている物)
しっかり油を敷いて野菜投入(ジャーー!と激しく音がする状態から投入)
ほんの少し鶏ガラスープの素の粉末または顆粒状のを入れて
あとは塩コショウ、仕上げにほんの少し醤油を垂らす
辛いのが好きなら最後に七味か一味を軽く振っても美味しい

ユーザーID:3307053068
男の料理教室携帯からの書き込み
三毛猫
2018年9月13日 2:14

秘密練習をしないと駄目ですね。男の料理教室の基礎科に通う事をおすすめします。丁寧に、心を込めて料理する。料理の極意を学んだ方が早道だと思います。

ユーザーID:0717784848
トピ主さんが料理下手というよりも・・・
うずらまま
2018年9月13日 7:54

彼女さんが料理上手というだけの話だと思いますよ。

料理は彼女担当で、トピ主さんは他の家事専門担当という
役割分担するというのではダメなのでしょうか?
家事分担するカップルの場合、お互い隈なく、どの家事もこなす
というパターンは案外少なく、自分達の得意不得意を考慮しながら
分担する人達が多いと思いますよ。

料理の上手い下手は才能のようなものがありますし、トピ主さんは
決して料理が下手という訳ではないのだと思いますが、彼女さんの方が
経験も才能も上ということなのだと思いますよ。

ユーザーID:3852573137
あるある携帯からの書き込み
まま
2018年9月13日 7:58

あのね野菜炒めは
中華料理の専門店が1番美味しいよ。

野菜炒めって
料理と思わないので5年は作っていませんが
カレーライスなんか良いのでは。

オーブン料理も
簡単で楽だし。

ユーザーID:8284165517
箸って使いにくくないですか?
山が好き
2018年9月13日 9:09

なんといっても慣れです。
数をこなせばある程度上達すると思います。

彼女の調理時にそばにいて見ているだけでもプラスになります。
特に見学などと意識せずにぼーっと見ているだけでも、身に付くものはあります。
彼女と時間が合わないのであれば、テレビの料理番組でプロ(素人はダメ)の手さばきを見るのも役立ちます。

最後に、野菜炒めを箸でなさるのですか?
それは、彼女の流儀?それともご実家のお母さん?
いずれにしても、中華お玉かフライ返し、竹へらなどと使った方が、あまり料理慣れしていない方は楽だと思うのですが。

ユーザーID:2836040026
そのような仕上がりで共通するのは
元プロ
2018年9月13日 9:29

それは、火力が強すぎるからだと思います。
最近のフライパンは熱伝導が良くて、火力が強すぎると焦げと半生のミックス炒めが出来てしまいますし、こびりついて混ぜにくい。
特に野菜炒めは奥が深いですよ。
ニンジンなど火の通りにくいものは、炒めるのではなく最初に低温の油で「煮る」のです。
逆に、ほうれん草などは軸と葉を分けておき、軸は中温の油で素早く火を通し、葉は最後に余熱でさっと炒めるだけで色よくシャキッと仕上がります。当然、投入するタイミングでこれを連続的にやるのです。
野菜炒め一品でもこのくらいの心配りが必要なのが料理、家庭を持っている女性は殆どの方がきちんと出来ているのは凄いと思います。
プロでも見習いとか追っかけと呼ばれる初心者は何も知らず出来ないのが普通、なので、トピ主も自分の料理はこんなものと妥協せず、仕事に注ぐような情熱と工夫、情報収集をすればいずれはできるようになります。
それが夫婦間の誠意ということです。

ユーザーID:6703561025
調理は科学です
りけじょ
2018年9月13日 10:32

トピ主さんは、炒め野菜で箸を回す理由をわかっていますか?
単にかき混ぜればよいのではないです。でも、同じ箸を回すに
しても、例えば天ぷらの衣をかき混ぜるときは野菜炒めの
箸廻しとはまた違う。

これは、それぞれに「なぜこのタイミングでその道具を使って
具材をどう扱うか?」の理由があるからです。この理由はまさに
科学そのものです。大学の家政科って理系ですからね。

ピザ生地をこねたり生クリームの泡立てが上手にできるのは
男性の方が力が強いからだと思います。生クリームの泡立ては
気をつけてくださいね。やり過ぎると分離してバターができて
しまいますから。


調理経験があまりない大人に理解しやすい調理本が何かないか
と検索してみました。理屈から入るタイプの本です。

「誰でも1回で味が決まるロジカル調理」前田量子、主婦の友社編集
が、主婦の友社から出ていますね。最近の本なので、たぶん店頭に
あるのではないでしょうか?立ち読みしてみて、自分に合いそうなら
買ってみては?

ユーザーID:3359363798
アクアパッツァ
ちらむん
2018年9月13日 10:41

自分の作れる料理で鍋を振らず簡単で失敗の少なく家族ウケもいい料理が何かと思い出してみると、アクアパッツアですね。
白身魚とアサリ、トマト(プチトマト可)で簡単に作れますし、味付けもほとんどいりません。
煮汁をすくって味見して塩コショウd調節するくらいです。

レシピはネットに沢山転がってますので省略しますが、アサリの砂出しがめんどくさいくらいかな。
スーパーのパックアサリだと砂出しが必要ですが、魚屋さんがあれば「砂出ししなくていいもの」と言って買えばそれでもいいでしょう。

フライパンの蓋は透明なものが理想です。
アサリの口が開いたら出来上がりですから。

ユーザーID:5379713524
向き不向きがあるもんね携帯からの書き込み
今日はカレー
2018年9月13日 10:45

トピ主さんは炒め物が苦手ということでよろしいでしょうか。

では、煮る、蒸す、焼く、その他で行きましょう。

まず鶏肉(モモでも手羽元でも)を醤油ベースのタレに漬け込みます。一晩置くとより良いです。鉄板にクッキングシートを敷き、オーブン180℃で30分前後焼く。

漬け込むこととオーブンを操作することだけです。できそうな気がしませんか?

これは色々応用が効きまして、漬け込む材料を変えればタンドリーチキン風にもなるし、シンプルに美味しい塩胡椒・オリーブオイルで野菜を焼いてもいいのです。根菜類は先にチンしておくといいです。

皮を取りフォークで穴をあけた鶏胸肉を塩・砂糖・水・生姜を入れたつけ液に一晩置き、そのつけ汁ごと鍋に入れ、足りなければ水を足し、沸騰したら弱火で10分、火を止めてそのまま放置。

茹でている間にニラソース(検索したらたくさん出てきます)を作り、粗熱の取れた鶏胸肉をスライスしお皿に並べ、ニラソースをかける。

白髪ネギや玉ねぎのスライスを乗せても美味しいです。できそうな気がしませんか?

ニラソースは冷奴にかけても美味しいです。

あとは、蒸籠。蒸籠は1つあると何でも蒸せて蒸し料理が身近になると思います。枝豆は蒸して塩をまぶすだけ、じゃが芋は蒸してバターを乗せればじゃがバター、キャベツと豚肉スライスを一緒に蒸してポン酢をかければそれで1品。冷凍の肉まんや餃子や焼売も蒸せます。

蒸し上がったら蒸籠のまま食卓に出せるので大変楽で便利です。うちでは小さめの蒸籠を2段で使っています。

あとは火を使わない和えるだけのサラダとか、シンプルなものから少しずつやっていけばいいと思いますよ。

ユーザーID:3014305944
かき混ぜない
大阪人
2018年9月13日 11:08

えっと、いきなりトピ主が問題に思ってることを否定しますが。

料理研究家の土井勝さんが言うには、「皆さん炒め物をかき混ぜすぎ」なんだそうです。

かき混ぜればかき混ぜるほど、野菜の組織が壊れて水っぽくなりますし、熱に当たる部分が常に変わるので水分が蒸発せずかりっとは焼けません。
焼き野菜がおいしいのは味付けもありますが、なにより野菜の糖分が焦げることにより香ばしさや風味を増すからです。

炒め物は極力かき混ぜない。
フライパンの上で焼くことを意識すると、水っぽくならず、焼けた部分がカリっとしておいしく仕上がります。
かき混ぜるのは、調味料を行きわたらせる時だけ。
それもなるべく最小限にする。(1回だけフライパンを煽るとか)

彼女さんが作る炒め物のおいしさとは違うかもしれませんが、「不味くて食べられない」ものにはならないと思います。

それと、野菜を切るときは「押す」のではなく「引く」ことを意識して切ると組織を潰さないので綺麗に切れます。

ユーザーID:8893090508
トントン
トントン
2018年9月13日 14:43

彼女さんの方法は分かりませんが、右手で菜箸をくるりと回す間に、左手でフライパンを傾けたりしていませんか?でももっと簡単に、フライ返しとか、これから買うならシリコン製の調理スプーンとか、菜箸より一気に返せるものがありますよね。あとは、

・火のとおりを管理するために、同じ種類の野菜の大きさは均一にする。
・火のとおりにくいものから投入する。

あたりがちゃんとしていれば、焦げたり生焼けになったりはないですよ。

ユーザーID:6979125069
腕前が出にくい、失敗しにくい料理はある
大丈夫マン
2018年9月13日 15:42

ご苦労様です。私は男で、まったく逆の感じの家庭です(笑)
頑張って、奥さんにおいしいものを食べさせてあげてください。

野菜炒めは腕前が如実に出る料理です。
まずは軌道修正できるものや、自分にあったレシピを
見つけたらほぼ失敗しない類のものを覚えましょう。
余計なアレンジをしないということも大切です。

あと、レシピ投稿サイトはおすすめしません。
かなり人気のあるレシピでも、
実際つくるとひどいものが混じってます。
個人的には栗原はるみさんのレシピがおすすめです。
よく考えられていて、再現が難しくないです。

私のレパートリーで簡単かつ失敗しにくいものだと、
煮物全般、野菜の揚げ浸し、カレー・シチュー類、
おでん・ポトフ類、煮魚・焼き魚、豚汁、
親子丼、牛丼、唐揚げ、油淋鶏、ハンバーグ、
麻婆茄子、豚しゃぶ、雲白肉、鉄火丼、手こね寿司、
なんかがおすすめです。どれも本当に簡単です。

ずっとやってると、なんとなく味付けの加減、
火の通し方、口当たりなどがわかってくると思います。
料理を身につける過程で、あまり調味料をコロコロ変えると
勘がつきにくいと思うので、同じものを使うといいと思います。

慣れてしまえば、冷蔵庫の中にあるもので、
名前のつかないような料理(炒め物、とか、煮たやつ、とか)
をつくっても、美味しくできるようになりますよ。

ユーザーID:9837733510
煮物メインでがんばろう♪
らんらん
2018年9月13日 17:03

野菜炒めって、簡単そうで、実は実力差がとても出やすい料理です。
野菜の切り揃えはもちろん、火加減や油を回すタイミング、
ひっくり返しやかき混ぜ、味付けや火から下ろすタイミングなどなど、
小さな差が積もり積もって大きな差になる料理です。
何よりタイミング命で、短時間でそれを間髪やれる気合いが必要なので、
慣れない人がもたもたやるなら、まーず上手く行きません。

それに比べて、煮物はレシピの手順通りにやればあまり差が出ないのでおすすめです♪
そこでシチューや筑前煮などを当面の得意料理としてマスターしてみては?
慣れてきて、「おいしい」の感覚を掴めるようになったら、
(たぶん今はそれもよくわかっていない段階なのでは?)
そこから少しずつ別の料理法にも広げて行ってはいかがでしょう?

ちなみにお尋ねのかき混ぜや返しについては、無印のシリコン調理スプーンが
ダントツおすすめです。初心者さんならぜひお試しを♪

ユーザーID:4821591117
モヤシだけ携帯からの書き込み
2018年9月13日 17:57

奥さまが脇でついて見ててもうまく行かない理由が解らないのが謎ですね。
端的には、私も煮物焼物茹で物中心に担当すればと思います。

どうしても練習するなら、モヤシだけの塩コショウ炒めで練習しては。
フライパンは大きいものでなく、直径20センチ強の小さめ、炒めるモヤシの料は袋半分程度で。
フライパン(中華鍋)の大きさに対して野菜が多すぎても、火の通りが悪くなり易いので。

ゴマ油しいたフライパン温めて、モヤシ投入、塩コショウ、お好みでうまみ調味料、でも普段使いには充分美味しいですよ。
なんなら油あげを短冊切りして仕上げに醤油足せば。
物足りなければ醤油と花かつお足して、おひたし風に食べたらいいです。

あと、IHコンロなのに、フライパンを頻繁に持ち上げて煽っていた、なんてオチではないですよね。
奥さまは握力ないからコンロ置きっぱなしで左右に揺するだけで返してた、とか。

ユーザーID:9940905825
 
現在位置は
です