現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

食器に含まれる鉛について

不安
2018年9月14日 21:08

ネットでとても素敵な湯呑を見付けました。
早速注文しようとしたところ、和絵具に鉛が含まれていることを知りました。
ネットでいろいろ調べたところ、法改正がなされたようで、基準値未満のものが販売されているようです。
湯呑の外側に模様がついている場合ですが、
普通にお茶を飲む場合、どれくらいの鉛が溶け出してくるものなのでしょうか。
基準値未満といってもゼロではない(?)場合、健康にどのような影響があるのでしょうか。
模様があるところは口を付けない方がいいのでしょうか。
極端な話、模様に触っても大丈夫なのでしょうか。
また、その他の陶器に関しても、模様がついている場合はどうなのでしょうか。
この件に関して全くの素人なので、間違ったことを書いているかもしれません。
その場合はお詫び申し上げます。

ユーザーID:6513949567  


お気に入り登録数:54
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本

タイトル 投稿者 更新時間
追記
不安(トピ主)
2018年9月15日 0:04

模様に触っても大丈夫かというのは、毎日触っていても大丈夫かという意味です。
どうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:6513949567
レスします携帯からの書き込み
あず
2018年9月15日 4:55

販売先に問い合わせされたほうがいいですよ。

多くの方は、貴方と同じでその事に関して素人でしょう。そして、貴方の気に入ったものが基準値以下なのかどうかも私達にはさっぱり分かりません。

ユーザーID:2765440008
調べよう
まも〜ん
2018年9月15日 11:31

鉛は自然界に存在する天然素材です。

魚などにも含まれており、日常生活で人間も
普通に食べてしまっている物質です。

もちろん取りすぎると害のある物なので
取り過ぎはNGですが、普段の生活で気にする
必要はありません。

なお、食器の釉薬やガラスにも含まれていますが
上記の食品の方が身体に取り込まれる量は
多いでしょう。

要は気にしなくて大丈夫です。

ユーザーID:4210877126
なぜ気になったのですか?
たぬき
2018年9月15日 20:33

食器はその湯呑を見つける前にもお使いだったと思いますが、なぜ急に鉛について気になったのでしょう?

アンティークの湯呑なのでしょうか?

ユーザーID:8827896586
危険
ちょっと
2018年9月16日 10:27

ここで聞くべきことではありません。

情報は正しくなくては意味がないです。
生半可な情報は危険です。

ユーザーID:1374875829
釣りの錘は鉛だった
太公望だぼはぜを釣る
2018年9月16日 14:14

>模様に触っても大丈夫かというのは、毎日触っていても大丈夫かという意味です。

私は釣り好きでしたので、鉛の錘を素手でさわっていましたよ。長さを変えて重量調節して、ゴムに差し込んでいました。テグスを挟むタイプの錘は、歯で噛んで取り付けてました。

昔の絵の具チューブなどは鉛でできていたので、溶かして集めて錘を手作りしてましたね。

趣味で、電気回路をつくるのにはんだ付け(鉛と錫の合金)をすることもしばしばありました。

そんな私はもうすぐ古希になりますが、健康です。

ユーザーID:6207195618
たしかに食器の鉛の安全性の議論はあります
2018年9月17日 20:02

食器の材質に鉛が多く含まれていると、微量の鉛が水に溶け出しますから、長期に日常で多用すれば鉛中毒のリスクは存在しますよ。

古代ローマ帝国では食器に鉛が多用されたため鉛毒が発生していたとか。結構知られた話です。
水道管も昔は鉛管も使われましたが、そういう理由で現在日本では使用禁止です。

要するに、酸化鉛を多量に含む陶磁器の釉薬や鉛クリスタルガラスでは、鉛が酸性溶液に溶け出す問題。欧米では規制が進みました。

ワイングラスの定番、リーデル社のワイングラスも、鉛含有量は24%。バカラは30%以上だそうです。
あの深く暗い輝きは鉛のおかげ。

まあリーデルで毎食ワインを飲むような生活してる人は少ないでしょうが、食器の鉛分を気にして選ぶかどうかは、欧米でも日本でも、個人差がありますね。
気にする人は気にするし、科学的には毒性には根拠がある。ただ、毎日、ひじょうに微量の毒性をどこまで気にするかは、個人の感覚しだいでしょう。

なお、触ってもそれは大丈夫ですよ。
酸性の液体に微量が溶け出すのをどう考えるかの話ですから。

ユーザーID:1271521820
基準値以下なら大丈夫
アラフィフ女
2018年9月18日 19:32

食器に含まれる(正確には食器から溶出する)鉛の基準値は、食品衛生法で定められています。
これは「人が長期的に摂取しても健康に影響がないと考えられる値」ですので、
基準値を下回っているのなら健康被害を受ける心配はないと考えて良いと思います。

ユーザーID:2885883474
気にし過ぎ
電気技術者
2018年9月19日 17:47

 古代ローマでは、鉛管を作る人は鉛の害を受けていたみたいだけど、一般のローマ人は別になんともなかったみたいだし。

 とにかく最近、ちょっとした害を誇大に問題視する人が多いのには辟易します。

 書かれている方がいますが、昔は釣りのときは鉛の錘を口に入れるのは普通のことだったし、電気回路を作るのに鉛入りの半田を使うのは当たり前のことでした。でも、それが原因による鉛の害で大変なことになったという話は聞いたことがありません。

 確かに鉛を大量摂取したら害はあるけれど、過剰な潔癖は体の防御機能を発達させないので却って害があるということもあり、ほどほどにされるのが宜しいかと思います。

ユーザーID:7859155191
その鉛に関するあなたの不安材料はどこから来たの
猫またぎ
2018年9月20日 7:10

まずソコからじゃないですか。

ユーザーID:9062203157
 
現在位置は
です