現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ヨーロッパの美術館のおすすめ

さくら
2018年9月15日 9:49

私は20代のころパリに滞在していたため、ヨーロッパの主な美術館は大体行きました。
しかし、オーストリアやスイス、ベルリンなどにはいっていないため、
実際に行かれた方の意見が知りたいと思い、トピを立てました。
バルセロナに行ったとき、ミロ美術館が閉館していて、入れませんでした。
またウィーンの美術館にも行きたいです。スイスのクレー美術館も行きたいです。
私のおすすめする美術館は、ルーヴル、オルセー、オランジュリー、アムステルダムの国立美術館、ロンドンのナショナルギャラリー、バルセロナのピカソ美術館、マドリッドのプラド美術館、フィゲラスのダリ美術館などです。
最近の美術館事情はわかりませんので、最近行かれた方の情報も知りたいです。
イタリアはミラノのレオナルドの「最後の晩餐」バチカンのミケランジェロの天井画、ベルニーニの「聖テレサの法悦」などです。
ヨーロッパの美術館のおすすめ情報交換しませんか?

ユーザーID:0621835735  


お気に入り登録数:54
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:41本

タイトル 投稿者 更新時間
美術館巡り大好きです
あやちゃん
2018年9月15日 11:21

ウィーンの美術史美術館、木曜日だったか夜9時くらいまで開いていて入場者も少なくてじっくり鑑賞できました。
次に昼間行った時はやはり人がいっぱいでしたね。ウィーンはヴェルべデーレ宮のクリムトもよかったです。
ロンドンのテート美術館、好きです。
ヴァチカンは、システィーナ礼拝堂天井画が、LEDで明るくなっていたのには昨年びっくりしました。
隅々まで、剥落までよく見えましたが、以前の薄暗い方が荘厳な感じかな?
有名な美術館でなくても、貴族の館とかヨーロッパはあちこちに素敵な美術館があっていいですよね。

ユーザーID:2158001543
空いている美術館のオススメ
ちらむん
2018年9月15日 13:45

何をもって良い美術館とするかは難しいですし、個人の好みもあるでしょうが、良い絵があるのに空いている穴場的な美術館なら、

デン・ハーグ:マウリッツハイス美術館
アムステルダムから少し離れるせいでしょうか空いてます。神戸で長時間並んだ末短時間だけ見た「真珠の耳飾りの少女」もじっくり見ることができました。

フランクフルト:シュテーデル美術館
フェルメール、ボッティチェリ、レンブラント、ボス等著名な絵を揃えてる割に空いてます。

アムステルダム:レンブラントハウス
上2館よりは混んでましたがレンブラント好きにはたまらないでしょう。

プラハ:ヴェレトゥルジュニー宮殿(国立美術館)
いつまでここにあるかわかりませんがミュシャのスラブ叙事詩前作が展示されています。
常設展にもクリムトやルソー等良い絵があります。

ウィーン:セセッシオン
ウィーンの美術館と言えば美術史美術館やベルベデーレ宮殿かと思いますが、クリムト始め分離派見るならここです。
美術史美術館近くのミュージアムクォーターにあるショップは面白いですよ。

フィレンツェ:バルジェッロ国立博物館
フィレンツェ中美術にあふれてますが、ここにあるドナテッロのダビデは美しいです。
個人的にはミケランジェロのダビデより好きです。

ナショナルミュージアムはスト中で半分くらいしか見れませんでした。

ユーザーID:3169348570
プラートーのドゥオーモ
S
2018年9月15日 18:11

フィレンツェ旅行の最終日には必ず行きます。
フィレンツェから電車で20分程度のブラートの街のドゥオーモ(教会)のフィリッポリッピのサロメの祭壇画が本当に美しいです。
以前は、この絵だけが3ユーロ程度で観られたのですが、最近はドゥオーモ美術館のチケットと一緒になってしまいました。
祭壇画なので、美しいサロメの顔をよ〜く観るために、オペラグラスをお忘れなく。

ユーザーID:9298438924
もういけないけど。
通ります
2018年9月16日 14:25

ジョン・レノンミュージアム、よかったです。
基本はジョン・レノン関連なのですが、奥様のオノ・ヨーコさんの作品が私は気になっていたので
彼女の生の展示が見れたのはよかったです。
途中まではまあ、ありがちなアーティスト美術館なのですが、
最後の展示方法が、さすがオノさん。って思いました。

ジョン・レノンのファンだったこともあり、その展示で思わず涙が頬をつたいました。
ヨーロッパじゃなくてごめんなさい。

オランダだったら、私はオランダ・デン・ハーグのエッシャー美術館も楽しめました。
小さな美術館でしたが、エッシャーの作品がたくさんあり非常に楽しかったです。
主さんも書かれてるダリも楽しかったですね。美術館すべてがダリワールドですね。

近隣のお土産で売っていた、ダリの時計のプロフェールをモチーフにした時計、
やっぱり買ってくればよかった・・・。

ユーザーID:2709589022
トピ主です
さくら(トピ主)
2018年9月17日 0:55

>あやちゃんさん

レスありがとうございます。
ウィーンの美術史美術館やはりよさそうですね〜。
ぜひ行ってみたいです。
フランクフルトはミュンヘンに行くときに空港を利用しただけで、
美術館には行きませんでした。
次回、行ったときにはおすすめの美術館に行きたいです。
バチカンの天井画は新しくなったのですね。
私が行ったときは、修復後でしたが、もっと明るくなったのですか。
いろいろ教えてくださってありがとうございます!

ユーザーID:0621835735
トピ主です
さくら(トピ主)
2018年9月17日 0:57

>あやちゃんさん

返信間違えてしまいました。
ロンドンのテイト美術館をおすすめしてくださったのですね。
ちらむんさんへのレスと間違えてしまいました。
申し訳ありませんでした。

ユーザーID:0621835735
トピ主です
さくら(トピ主)
2018年9月17日 1:01

>ちらむんさん

レスありがとうございます。
書いてくださった美術館、プラハ以外は行ったことがありません。
私がプラハの宮殿に行ったときはミュシャのスラブ叙事詩はありませんでした。
去年日本の美術展で見ました。
フランクフルトも行っていませんし、ウィーンの美術館も私好みなので
ぜひ行きたいです。
レンブラントハウスは行ったような気がするのですが、記憶違いかもしれません。
たくさんおすすめを挙げてくださってありがとうございます。

ユーザーID:0621835735
トピ主です
さくら(トピ主)
2018年9月17日 1:04

>Sさん

レスありがとうございます。
プラートーという町には行ったことがありませんので、
書いてくださった美術館も初めて知りました。
ありがとうございます。
次回フィレンツェに行った時にはぜひ寄りたいです。

ユーザーID:0621835735
トピ主です
さくら(トピ主)
2018年9月17日 1:18

私がパリに滞在していたのは、かれこれ18年ほど前ですので、
かなり古い情報ですが
昔の記憶から美術館のことを思い出してみます。
アムステルダムのゴッホ美術館は素晴らしかったです。
しかし、庭園にザッキンのゴッホと弟のテオをモデルにした彫刻があると
聞いて探したのですが、見つかりませんでした。
ザッキンの美術館でも見られるのですが、ぜひアムステルダムで見てみたかったです。
パリのザッキン美術館はアトリエに作られているので、こじんまりとしていますが、
おすすめです。
あとパリのギュスターヴ・モロー美術館も素晴らしいです。
画家の自宅をそのまま美術館にしているのですが、この邸宅が素晴らしく美しいです。
あとバカラ美術館もクリスタルが好きな方にはおすすめです。
ここはトイレが豪華なので、行かれたときにはトイレも見学することを
おすすめします。
ジヴェルニーのモネの邸宅もいいのですが、モネ自身の作品はすべてレプリカなのは
残念でした。
本物はオルセーやオランジュリーにあるのです。
パリの装飾美術館も貴族や王族の暮らしに興味のある方にはお勧めです。
ブルボン朝の豪華絢爛な暮らしが垣間見えます。
またパリの近代美術館も傑作があります。
近代美術といえばポンピドゥーセンターもいいですね。
ここのミロの三連作、マルセル・デュシャンの傑作、イヴ・クラインのクラインブルーの名作など見るべきものが沢山あります。
フィレンツェのウフィツィに行く方は是非回廊部分も見てください。
有名な画家の自画像が飾ってあります。

ユーザーID:0621835735
フィレンツェにて
昭和人
2018年9月17日 11:42

人気はウフィツィ美術館に独占されている感がありますが、

パラティーナ美術館
アルノ河を渡ったピッティ宮殿の中にあります。
ラファエロ、ルーベンス、リッピなどのコレクションも見るべきものおが多いが、宮殿だけあって建物と調度の豪華さには目を見張ります。
ウフィツィは、名前通り事務所ビルを転用したため、がらんと殺風景だが、こちらは名画が収まるべき場所に、建物と調和するよう飾られています。

サン・マルコ僧院
大作「受胎告知」をはじめ、フラ・アンジェリコのフレスコ画が見ものです。
フレスコ画は移動できないので、現地でしか見れません。
入口は聖堂正面のすぐ右隣だが、小さく目立たず行列もないのでお見逃しなく。

サンタ・クローチェ教会
ガイドブックには、ガリレオやミケランジェロなど有名人の墓しか載ってなかったが、
右手壁に沿って進んでいくと、そこは天井まで埋め尽くされたフレスコ画の一大美術館。
ジョットやその弟子の貴重な作品も圧巻です。
照明が暗く見難いので、壁に取り付けられた小箱にコインを投入すると、一定時間特別な照明が点灯します。
有料の宝物室も一見の価値あります。

サン・ロレンツォ聖堂のメジチ家霊廟
ミケランジェロの名作、夜、昼、曙、夕暮など。
中央の広間には歴代当主、それに次ぐ人は外側の廊下に、それ以下は地下(今は入場券やお土産品売場)にと、格差があからさまです。
入口は聖堂の裏手の霊廟地下です。お見逃しなく。

ユーザーID:8321586053
私も美術館好き携帯からの書き込み
ミモザ
2018年9月17日 12:29

今年の6月に、フィレンツェのウフィツィ美術館、アカデミア美術館、そしてミラノ「最後の晩餐」を1日で回るというかなり強行なスケジュールで行きました。
ウフィツィ美術館は、大人気で数ヶ月前からネット予約していても40分くらい並びました。でも、予約の時間に30分遅れた(電車の遅れ)のですが、普通に入れました。
夕方6時過ぎにイタロでミラノ着、「最後の晩餐」の最終グループの予約に、タクシーを飛ばしてギリギリ間に合いました。イタロが10分遅れだったのですが何とか入れました。
「最後の晩餐」は、時間に厳しく5分遅れでもダメなようです。パスポートも受け付けに預けなければなりません。
「最後の晩餐」の予約は、希望日の予約開始当日にネット予約しようとしたらもう満席で、仕方なく市内観光半日コースのようなのに申し込み、本来なら8ユーロ(くらい、だったか)のものを日本円にして4000円くらい支払いました。
個人で入場チケットを入手するのは、本当に困難を感じます。
30年くらい前は行って直ぐに入れた、と言う話を聞くと、世界的旅行ブームなのでしょうか。
次回は、もう少し時間に余裕をもって訪れたいです。

ユーザーID:2962401857
少し足を延ばして
アラ還親爺
2018年9月18日 16:46

有名な大美術館はご存じのとおりでしょうが、少し足を延ばしてみるとまだまだあります。

○パドヴァのサンスクロヴェーニ礼拝堂
 ヴェネツィアから電車で少し乗ったパドヴァにあります。
 礼拝堂の内部はジョットのフレスコ画で埋め尽くされていて、ルネサンス美術やジョットのファンは必見。
 予約が必要です。

○コルマールのウンターリンデン美術館
 スイスのバーゼルからアルザス方面に少し足を延ばすとコルマールという小さな町があります。
 ここのウンターリンデン美術館はマティアス・グリューネヴァルトの悲痛感あふれるキリスト磔刑図で有名です。

○ナポリ国立考古学博物館
 ポンペイ遺跡を観光する人が多いでしょうが、ポンペイで発掘されたモザイク画などの美術品はナポリの国立考古学博物館に展示されています。市民生活や動物を描いたすばらしいモザイクがたくさんありますが、アレクサンダー大王とダレイオス3世の戦闘を描いたと言われる大作は超有名。

ユーザーID:3242490517
美術館ではありませんが
なほ
2018年9月19日 17:03

モダンアートが好きなのでどうしても偏りますが、アーティストが手がけた礼拝堂や教会が特に好きです。

マインツのサンクトシュテファン教会にある、シャガールのステンドグラスは実に見事で、光が差すと教会内がブルーに染まるのも幻想的です。

あとはマティスのロザリオ礼拝堂も素晴らしいですよ。

ユーザーID:1953864285
ウィーンの美術史美術館良いですよ
wer
2018年9月19日 22:34

絵画芸術の礼賛があるので、フェルメールファンは外せない美術館です。

技術の粋を極めたような絵ですが、人が少なく、ずっとその部屋にいましたが、人がいない時間もありました。

六本木でフェルメールを見たときは、お祭りのような人集りで、集中して絵を見られないので、やっぱり海外はいいです。

美術史美術館の中の有名なカフェもとても素敵です。

また、大きな階段にはクリムトの壁画があり、贅を尽くした空間になっています。

ユーザーID:2658246183
美術館巡り最高
ラファエロ
2018年9月19日 23:00

・バチカンのシスティーナの礼拝堂、ここに居るだけで心が洗われる感じ、ここだけで1時間位たっぷり見ました!

・イタリア・ローマの、ドーリア・パンフィーリ美術館、ラファエロがいっぱい!

・イタリア・フィレンツェの、サン・マルコ修道院、フラ・アンジェリコ「受胎告知」等々。

・イタリア・フィレンツェの、パラティーナ美術館、ラファエロがいっぱい!

・イタリア・ローマの、コロンナ美術館、ローマの休日のロケが行われた処で、なかなか良かったのですが、公開しているのが毎週土曜日の午前中のみなので、スケジューリングが難しいですね。

・イタリア・ミラノの、サンタ・マリア・グラツィエ教会の「最後の晩餐」、1回当たりの入場人数が限られていますので、15分間の時間制限がありますが、周りの人に邪魔される事が無いのでゆっくり見られます! ミモザさんが予約等について書かれていますが、確かに個人で取るのは大変、私はよやWEB予約が開始されるであろう時期の1か月前から、毎日予約サイトを確認して、予約開始当日に、希望の日時で取得できました。翌日見た時には、95%埋まっていました。料金は2人で24ユーロ、1人1600円位です。ちなみに私は今年の5月中旬に行きましたが、パスポートを預ける、という事はしていません。

・美術館ではありませんが、ローマの教会には良い絵がいっぱいあります!

・ロシア・サンクトペテルブルクの、エルミタージュ美術館、レンブラントがいっぱい!

・ドイツ・フランクフルトの、シュテーデル美術館、日本では押し合いへし合い状態で見たフェルメールの「地理学者」をかぶりつきで見ました!

・オーストリア・ウィーンの、美術史美術館、フェルメールの「絵画芸術」他、いい絵がたくさん!

・パリに関しては、トピ主はよくご存じのようなので割愛します。

ユーザーID:7554512974
ブラッセル(ベルギー)にあるロイヤル美術館
ダビ
2018年9月20日 9:19

この美術館はヨーロッパ美術館巡りをした時一番心に残っています。というのも、その当時フランス革命に少し興味があって、この時期に生きたフランスの画家、ジャック・ルイ・ダビッドの「マラの死」というのが見たくて、はるばる出かけたのですがこれがとても迫力があってとても満足できました。 この画家はパリのルーブル美術館にも、大きな絵が沢山あって(例えばホラチの誓い)、洗脳されていたのですが、このマラの死という作品は同じ革命友達が入浴してる時、反革命女性(?)のシャーロット・コーデイーに浴槽で刺されて殺されたのです。ダビッドはこの友達の殺されてるシーンを目撃して、それをこのキャンバスに残してるものです。観に行かなきゃと思いました。

この美術館にはこの他にもブルーゲルの沢山の当時の仕来たりや奇抜な風習の絵画も沢山あって、これにも心を奪われてしまいました。お薦めします。

ユーザーID:5385394266
2回目です携帯からの書き込み
ミモザ
2018年9月20日 20:53

さくら様 ラファエロ様
こんにちは。
サンタ・マリア・デッレ・グラッィエ教会の「最後の晩餐」は、オーディオガイドを借りたのでパスポートを預けたのでした。
予約は、ネットで希望日に取れたのですね!

ユーザーID:2962401857
ニース
ラベンダー
2018年9月20日 21:28

ニースから山側に入ったところ(バスで30分だったか1時間だったか)、サン・ポール・ド・ヴァンスというところにマーグ美術館というのがあります。
ガイドブックに必ず載っているので、調べてください。

その手前のヴァンスという街には、マチスがデザインしたステンドグラスのある礼拝堂があります。

どちらも日本人ツーリストにも人気のところです。

ユーザーID:8599834057
トピ主です
さくら(トピ主)
2018年9月20日 23:12

>通りますさん

レスありがとうございます。
ジョンレノンミュージアムは埼玉にあった美術館ですか?
もう閉館してしまったのですね。
ダリ美術館はスペイン人の友人と行ったので、壁のクロワッサンの形が気になって
美術館の職員に尋ねてみました。
ダリは闘牛が好きだったので、見ながら食べられるように帽子型のクロワッサンを焼き
それをかぶって闘牛を見に行っていたそうです。
ダリ美術館はお墓もあり、ダリファンには見逃せない美術館ですね。

ユーザーID:0621835735
トピ主です
さくら(トピ主)
2018年9月20日 23:15

>昭和人さん

レスありがとうございます。
フィレンツェの美術館をたくさん書いていただいてありがとうございます。
しかし、私は挙げていただいた美術館はすべて行っておりました。
フィレンツェは私も大好きな街で、行くたびに美術館に行きます。

ユーザーID:0621835735
 
現在位置は
です