現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

家計管理方法について、女性からのアドバイス求む

2018年9月16日 21:40

都内近郊30代の夫婦+3歳子供1人です。私は夫の方です。
家計管理の方法について、運用していて妻がついてこれないところがあるので、女性目線でのアドバイスをお願いします。

○家計管理方法
我が家では、まず収入と支出を次のように対比させています。
 収入               支出
1.月額給与のうち固定分      →2.月の支出のうち固定分(食費、光熱費、家賃等)
3.月額給与のうち加算分(残業など)→4.無い月もあるので、半額は貯金、残り半分を1/2ずつ小遣いに加算
5.賞与(年2回)         →6.毎月発生しない流動的(突発的)な支出

○内訳・詳細管理方法
1.これはだいたい夫婦合わせて42〜44万くらいです。
2.費目ごとの目標数値を決めていて、食費6万、日用品1.5万、教育(保育園)6万、医療・保険1.6万、通信1.8万、
 水道光熱2.2万、家賃13万、お小遣い2.2万×2人、貯金6万。これで42.5万くらい。
 予算枠ではなく月により増減する費目もあります。例えば夏冬と春秋では光熱費も違いますし、
 食事を作るのサボってしまう月もあります。里帰りや旅行に行っていると逆に浮くし。

→1と2で余った場合、今月は頑張ったねということで、半額を貯金、半額をお小遣いに充填しています。

3.残業代なので変動は大きいはずですが、私が固定残業費になったということも有り、ほぼ毎月10万ちょっとで推移しています。

4.半額の5万は貯金、残りの2.5万ずつをお小遣いに加算しています。

5.2人あわせて年間手取り200万くらいです。

6.手取りのうち、3割(60万)は貯金に回して、残り7割(140万)を突発的な支出に当てています。
 夫婦で相談して、毎月固定で発生しない買い物(食費以外)のうち、3000円を超えるものは
 ボーナス収入からあてるとして、別帳簿につけています。

(続く)

ユーザーID:4184577529  


お気に入り登録数:28
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本


タイトル 投稿者 更新時間
続き前ですが
白ねずみ
2018年9月17日 13:24

固定給をほぼ使い切るつもりでいること、余ったとしても全額貯金に回すよりも使おうとしていること、突発的な支出が年に140万円もあること、貯金する気があんまりないんだなぁ、と驚きでした。

私なら、収入も支出も固定部分と変動部分に分け、小遣いは予定外の収入があっても予算以上に使わないことを目標にします。暖房費など季節によって変動がわかっているものは季節によって予算額を変えればいいのに。突発的な支出に被服費や医療費も含まれていそうだけど、それをボーナスから充てるつもりで予算を作っているらしいところも、珍しいと思います。通常、突発的といったら、風邪による医療費などではなく手術で大金がいる場合や慶弔費などを指すのではないでしょうか。

固定収入と固定支出、変動収入と変動支出、ボーナスと毎月は発生しない支出、という分け方をするトピ主さんは、わりと融通が利かない人なのかしら、と思います。無駄の出やすい予算の建て方に見えます。もしかして奥さんはもっと堅実な予算の建て方をしたいのでしょうか。

ユーザーID:1711284019
レスします。
50代主婦
2018年9月17日 16:58

ついてこれない奥さんがじゃないですよ。すっきり制度設計できないトピ主さんの頭がとっちらかってますよ。
無意味に細かく分けすぎ!
暇なんですか?

1と3は別々に支給されませんよね。一緒ですよね。手間かけてまで1と3に分ける意味なし。

3は変動するとは言うもののトピ主の残業代はほぼ10万と一定している。ならば奥さまの残業代をないものして52万で予算をたてる。
そこで月々で必要なものは、子供の教育費など支出目的が決まっているもののための貯蓄や小遣いも含めて、それで全部賄う。
毎月発生しない3000円程度の出費って細かすぎるわ!
そんなものは予備費として計上しとけよ。

帰省費用や耐久消費財の買い換えなどまとまったお金が必要なものは特別会計にしてボーナスを財源にあてる。
これは口座を別にしておく。その口座から決済するクレカつくっときゃいいだろ。

お小遣いを増やすとかインセンティブもいいけど、残業代の半分を一次加算、お金が残ったら二次加算って、厚生労働省なみの複雑怪奇な仕組みだな。
最後の月末締めだけで十分なんじゃなの?

家計管理なんぞに手間をかけてもそれでお金か増えるわけじゃない。それこそが無駄なコストと思うべし!

ユーザーID:1264594518
先取です
特売
2018年9月17日 17:16

1から6まで、あれこれありますが節約貯蓄に必要なのは先取です

もし、貯蓄じゃなくて小遣い値上げしたいトピだったら申し訳ないですが
とりあえず思った事は

食費光熱費は固定はではありません

食費ほどやりくりできるものはないです

それと、固定で貰う以外の残業代は、一部小遣いへとありますが
それを無いものとして貯蓄へ回したらどうですか

固定で貰っている給料しか我が家にはない!と思って生活することです

あれもこれも必要とか、便利に暮らしたいとか
上を見たらきりがありません

別帳簿に細かく仕分けしていても、頑張ったんだからという理由で
残業代で楽しみに使っていたんでは貯まりません

と思いました
続きまってます
 

ユーザーID:8748259126
表計算ソフトでマクロで自動的に出るようにすれば?携帯からの書き込み
2018年9月17日 17:36

女性目線関係ないでしょう。別に男性のお友だちで良いので、仕事で予算管理してる人に聞いてみたら?

ご自分で毎月収支決算出して紙に書き、奥さんに結論だけ見せて、今月は小遣いいくら、貯金いくらです、とだけ教えたら良いんじゃないですか。

どうしても細かくやりたいけど、自分でやる時間がないなら、エクセルなんかの表計算ソフトで、毎月の給与収入と生活費支出を入力したら、小遣いと貯金額が算出されるマクロを作れば?
マクロといった大袈裟言わずとも、関数書き連ねるだけでできるとも思うけど。


個人的には、残業代の半分を小遣い・半分を貯金にするのだけ毎月やって、固定給部分の月収と月支出の差額の方は全部貯金にして、毎月小遣いに半額出すのは止めたら?
残業代は給与明細見たらすぐ金額わかるけど、固定給と固定費の差は月末にレシート集計しないと出ませんよね。レシートなくしてたりとか、クレカ使ってて翌月でないと金額わからないとか、あとから追っかける労力の割りに数字が曖昧になりがちでしょ。

年1回、固定費の残+残業代半分+ボーナス残を臨時支出用の貯金とし、年間で貯まった貯金額が目標額に達していたら、目標を超えるいくらかを小遣いにする方が管理は楽では。
どうせ、数万ずつ細々毎月貯まってるのは、普通預金に入れっぱなしですよね。

ユーザーID:7198601899
続きは?
主婦
2018年9月18日 19:19

続きが出てこないので書き込みます。

Jさんご夫婦は浪費家ですか?
隙あらば使おう使おうとしているように見えました。
せっかく残したお金を小遣いに回したり、それだけ月給があるのに賞与の7割も突発支出に使ったり。

無意味に細かいように感じます。
奥様はついて来れないのではなくて面倒臭くてやる気になれないだけではないでしょうか。

月給を固定と加算に分ける意味はありません。
毎月40万円でやり繰りし、残金はプールすればいいのです。

ボーナス使い過ぎです。
突発支出がそれほど多いということは浪費が激しいのではないでしょうか。

可能な限り月給で全てをまかない、ボーナスはほとんど貯金するという方法にしたほうがスッキリしそうです。

家計は年単位で考えるもので、月給からいくら貯金、賞与からいくら貯金と分ける必要は無いのです。
年間で同じ金額になるなら月給は全て使いボーナスは全て貯金でもいいのです。

ユーザーID:9282093976
ついてこれないとは?
にゃん
2018年9月18日 22:07

どちらか一方が管理しているのであれば、
どちらかの収入で生活して、一方の収入をすべて貯金する。
あるいは、ボーナスを全額貯金して、毎月の給与で生活する。
では、だめでしょうか。

3000円を超えるものを相談って、細かいですよ。
子供の洋服は、相談して決めるのですか?
妻にまかせているのなら、まとまった金額を渡しておいてください。
いちいち相談って面倒です。
子供に可愛い服を着せたいですし。

上のどちらかで生活して、月末に残った分の一部は二人のお小遣いにして
3000円ぐらいのもの自由に買えばいいじゃないですか。
ボーナスを全額貯金するのであれば、毎月の貯金は必要ないので、
レジャー費、家電費とかにしてキープして、トピ主さんのいう突発的な支出を賄えばいいですし。

ユーザーID:9563093721
うーん
ももか
2018年9月19日 16:42

他の方も書いてますが、トピを一読しただけでは、何が何だかよく分からない。
自分ではわかるんでしょうけど、他人が読んで即理解できません。
奥さんも同じなんでしょう。
その書き方だと、あなただけが納得している、としか思えません。
家計なんて簡略に、誰でも一目でわかるように管理しないとね。

もしかしてトピ主さんって、なにごとにも細かくて思い込みが強いんじゃありません?
一度奥さんに家計管理を任せてみればいいのに。
もしかしたら、こんなに簡単にできるのか、と目からうろこかもしれませんよ。

ユーザーID:0926786350
食費が多いですね
くりりん
2018年9月20日 18:35

どんな続きがあるのかわかりませんが、保育園に行くような子どもとの3人家族で食費6万円て外食費を含めてでしょうか?
多いと思いますが。


また突発的な支出が140万円もあるんですか?その内訳は?
別途予算が大きすぎ。

ユーザーID:8621443591
無駄遣いを正当化するために、わざと細かくしてる?
nao
2018年9月23日 1:22

「妻がついてこれない」とは何でしょうか?
本当は奥さんはもっとしっかり貯金したいのに、トピ主さんが屁理屈をこねまくって無駄遣いを続けているだけでは?と感じました。

>3.月額給与のうち加算分(残業など)→4.無い月もあるので、半額は貯金、残り半分を1/2ずつ小遣いに加算
>3.残業代なので変動は大きいはずですが、私が固定残業費になったということも有り、ほぼ毎月10万ちょっとで推移

トピ主さんの言い分は矛盾しています。
残業代は無い月もあるため、半額を小遣いに上乗せ(この理屈も意味不明)していると言いつつ、トピ主さんは固定残業代制で残業代は毎月10万強で推移している。
つまり、上乗せ分を含めて、小遣いはほぼ毎月それぞれ5万程ということですよね?手取り42万の夫婦が、夫婦でこづかい毎月10万は使いすぎです。
それに加えて突発支出が月11万以上ですよね?(年140万なので)
一体どんな生活をしているのでしょうか?

>予算枠ではなく月により増減する費目もあります。例えば夏冬と春秋では光熱費も違いますし、
>食事を作るのサボってしまう月もあります。里帰りや旅行に行っていると逆に浮くし。
>1と2で余った場合、今月は頑張ったねということで、半額を貯金、半額をお小遣いに充填

またここで小遣いに補充!?夫婦で月10万+賞与分11万を自由に使いまくっているのに。
余ったら小遣いに補充して、では予算をオーバーしたらどうしているのでしょう?


奥様がついてこれないと言っていますが、トピ主さんに問題があると感じます。
3千円以上の買い物を相談するという細かく面倒なルールを決めながらも、無駄遣いしまくりで全然貯金する気がないので、奥様はそれに異議を申し立てているのでは?それをトピ主さんは「妻は理解できていない」と勘違いしているのでは?

ユーザーID:7195301423
逆じゃない?
ヘーゼル
2018年9月23日 22:39

まず、自分たちの希望(住宅・教育・子供の数・老後の生活)に即して
一生でかかるお金をできるだけ計算して書き出す。
収入の変遷も、予測のできる範囲で書き出してみる。
いくら貯めなくてはいけないか算出。
今の時点で、いくらずつ貯蓄する必要があるか算出。
☆残った範囲で生活。

☆ができなければ、貯蓄はうまくいきません。
取捨選択と我慢のプロセスです。

突発的な支出が多いので、主さんの方法での管理が難しいように思いますけど…。

ユーザーID:5515230136
続き待ってたんだけど。。。
パートのおばちゃん
2018年9月29日 7:10

奥様が「ついてこれない」が意味がわからないので
続きが出るの待ってたんだけど、でないので。

今の時点ですら、このフローは私には「面倒くさい」です。

夫の収入で生活、妻の収入は貯金。

これが管理が一番楽。
そして何らかの理由で妻が働けなくなった場合に
フローを見直さなくてもいいのも、楽。

原則夫の収入範囲内で生活。
不足分はボーナスで補填。

余ったボーナスは貯金。

妻の収入を貯金に回したら、
妻が貯めないで使っちゃう心配がある女性じゃないなら
これが一番、すっきりです。

ユーザーID:0061667389
 


現在位置は
です