現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

高層階にお住いの皆様、停電・断水どうされますか?

パパイヤ
2018年9月21日 9:42

現在海外在住の50代女です。
先日初めて、自宅で停電になりました。
たまにあるとは聞いていましたが、日中25階で子供と2人でいる時でした。
幸いエレベーターは自家発電で動いたので1階までの移動に問題はありませんでしたが
なんせ暑い所なのでうっかり窓も開けられず。
幸い1時間程度で復旧し、近所の工事が原因だったらしいと後で分かりましたが、
日本なら地震だとエレベーターはまず止まりますよね・・。
運動が好きなので、年の割には元気な方だと思いますが、階段を上り下りって
5〜6階が限界では、と思います。
高層階にお住いの皆様は何か意識して備蓄や備えをしていらっしゃいますか?
私はお国柄、水はたくさん置いてますが、それだけです。懐中電灯もないので買います。

ユーザーID:0181185723  


お気に入り登録数:64
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本


タイトル 投稿者 更新時間
9階ですが・・・・
還暦
2018年9月21日 11:47

先日の北海道ブラックアウト、丸二日間停電で
水道も直圧式ではないので、断水
飲み水は困りませんでしたが、生活用水に困りました。
ふろの残り湯はすぐに捨てない習慣だったので、とりあえずはそれを使って
でも、ウォータジャグや大型密閉容器などに、水を汲んで9階まで上がりました。
身一つなら何のこともないのですが、20Lの水を持ってはきつかったです。
更に上階に住む75歳の一人暮らしの方の様子を見に行きましたが
いえから出ずに過ごしていると言っていました
暑くもなく、まだ寒くもない時期だったので助かりました。
手回し式のラジオや、懐中電灯などは、東日本大震災の後準備していましたが
スマホの充電が心もとなくなり、車で充電・・・ガソリンも満タンにしておかねばと話していたところです。
モバイルバッテリー、外出用だけではなく、こういう時ように大容量必要かしら・・・・

地震国日本
簡易トイレや5年保存水、水で作れる非常食、アルミブランケット、は用意していましたが
まだまだ必要なものはありますね。
カセットコンロ用のガスも冬場にはたくさん必要になってきます(簡易ストーブ用)
何をどの程度用意したらいいのか、保管場所にも限りがあるし・・・

ユーザーID:3730781628
北海道地震を経験しました
道産子
2018年9月21日 12:20

ニュースでご存知かと思いますが、先日北海道地震がありました。
最大震度7の大きな地震です。北海道全域が停電しました。
私の住んでいるところは12時間で復旧しましたが
同じ市内でも3日間停電したところもあります。
そこに住んでいる知り合いの方(70代)は6階ですが
給水車が来ても水が運べず困っていたら、同じマンションの
方が運んでくださったそうです。
飲料水はなんとかなりますがトイレの水が困ります。

また市内では乾電池と乾電池を使用するラジオが売り切れました。
子どものころも大きな地震で停電するのを経験しました。
停電及び余震のため外で夜を明かしたこともあります。
ですから地震そのものは慣れています。

高齢者になったらあまり高い階に住むのはやめておいたほうが
無難です。

ユーザーID:1692963256
10日の備蓄
ピチプレッパーズ
2018年9月21日 12:33

14階なので 高層階と呼べるかどうかわかりませんが
一応10階以上が高層階とのことなのでレスします。

まず、今の部屋に引っ越すときに
停電 災害 火災が事を想定して
デメリットを知った上で購入しました。

また 火災の際、はしご車が8-9階までしか(田舎故h
届かないことも確認しました。
最短で消防車がつく時間も予測。

水は最低限の3リットルx人数x10日分備蓄してます。
一般のペットボトルなので、賞味期限は2年です。

食事は、アルファ米3食x人数x10日分、(5年)
缶詰(肉 魚 豆 野菜(粒コーン))も10日分 (3年)

粉末スープ3食10日分(1-2年)
缶の野菜ジュース お茶 コーヒー(1-2年)
は用意しています。

10日間は、ライフラインが無くても
(お湯があればなお良し カセットコンロあり) ギリギリ生活できるよう対策してます。

ボディー拭き取りシート、マウスウォッシュ
ウエットテッシュ、携帯トイレ、ビニール袋
紙コップ 紙皿 使い捨てカラトリーなども用意。

水用の水タンク10リットルを2つ(20リットルは重い)

トイレットペーパー、洗剤類は業務用サイズを購入してるので
半年ー1年のストックがあります。

ランタンなどは電池式のセンサーライトを廊下に使い
普段から使っています。

地震 停電だけじゃなく パンデミック テロ 内戦の可能性も考えて
備蓄や いざという時どうするか 決めておくか
非常用リュックに 電話番号 集合場所 身分証のコピーなどもいれてます。

普段出かける時のカバンの中には
防水袋にモバイルバッテリー、羽織かストールを必ずいれてます
その日の最低気温(野外で外で過ごすことになっても)でも対応できる
防寒着は必ず入れています。

緊急時の連絡先は 暗記しtrなければ
必ずメモを持ち歩くようにしておくこと

ユーザーID:2975770562
15階ですが・・
還暦にゃんこ
2018年9月21日 15:50

北海道在住、夫と二人、住まいは15階です。
先日の地震で電気が復旧するまで40時間、断水はしていなかったようですがマンションなので水もストップです。

2日間、マンションの隣にある公園の水飲み場で水を汲んで15階までリュックで担いで運びました。
買物なども含めると2日間で6回15階を往復(夫は8回)したのですが、私には15階が限界ですね。

地震前、空のペットボトル(2L)に水道水を入れたものが5本ほどありましたが、地震後は10Lのポリタンクと6本(12L)を常備するようにしました。
22リットルなのでトイレ3〜4回分、まだまだ足りませんが足りない分は携帯用トイレなどを準備しておけばいいかな?と。

ちなみに洗顔は拭き取り化粧水で済ませ、手洗いは除菌シートなどを使い、
またレトルト食品などを温めた後のお湯は再沸騰させてポットに…と水を節約していたので、ミネラルウォーターは2日間で3本(6L)使っただけですみました。

灯は電池の持ちがよいLEDランタンがいいです。
電池は手に入りやすい単3電池使用のものがベストですが、主流は単一電池使用のものですので十分な量のストックをお勧めします。

ラジオはもちろん乾電池で使用可能なものが必須ですね。
我家はスマホもなければラジオもなくて、ホームセンター開店と同時に飛び込んで慌てて買いましたが、AMしか受信できないものだったので「地元の情報」が入りませんでした。
海外はどうかわかりませんが、FMも受信できるものがお勧めです。

ユーザーID:6763190505
子供たちのためにならない
地面
2018年9月21日 19:47

32階で地震による停電・断水を家族が体験しました。
子供2人が学校から帰宅できない。32階まで歩いて登れない。
妻が泣きながら電話してきました。
妻が迎いに降りましたが、非常階段を降るだけで足腰が疲労困憊。
水と電気とエレベーターが使えないので、3人で帰宅は、論外の状態。
そこで、実家に高層ビル避難民となりました。

備蓄をしても、そこで生活はできないです。
懐中電灯などの電池の予備を持ちましょう。
北海道地震では、スマートフォンのバッテリーが無くなり大騒ぎ。
外部バッテリーを2個か3個。充電して持ちましょう。

普段から子供たちは、外に行かない。走り回らない。友達と遊ばない。
こんな事が心配だったので、今は一戸建てに住んでいます。

ユーザーID:4582181122
用意してます2
ピチプレッパーズ
2018年9月23日 8:33

非常用品は何段階かに分けて準備してます

即、逃げ出す時(普段のバッグ)
鍵 貴重品 防寒着 財布 モバイルバッテリー
定位置に 帰宅後 ハンカチなどは入れ替えてます


緊急時持ち出し用(リュック)
避難所へ行くこと想定
1日分の着替え 食料 生理用品
防寒着 カッパ 軍手 マスク メガネ ヘッドランプ
2、3日で配給を想定


10日ライフライン無しでの備蓄
大地震 パンデミック テロを予測して
自宅での生活想定して。

1-2ヶ月の物流停止 停滞を想定して
(ライフラインはあり)
米 乾物 ジャム ハム 調味料など普段から大めに備蓄
ローリングストック
冷蔵庫に賞味期限がくるまでは食べないものを箱(調理せず食べれるもの)を作っておく
(賞味期限1-2ヶ月のもの ハム ゼリー )

缶詰類(缶が丈夫なので壊れにくい)
は大体賞味期限が3年程度なので
籠を賞味期限年度ごと用意して分けてます

ジャムなどのガラス瓶とは一緒には置かないように

水や食料は同じメーカーではなく
メーカーの物を混ぜること
万一不良品が出た場合、全滅を防ぐため。
水はバラバラに買うより ダンボールで買うほうが収納しやすい

くたびれた下着はTシャツは旅行用(使い捨て)としてとっておく
(7セットぐらい)速乾性の高いものを残して行く。

ユーザーID:2975770562
マンションにもよるが
りんご
2018年9月24日 7:53

首都圏のそれなりのタワマンは自家発電用のエレベーターが一機用意されてます。
地下には食品庫も水も用意されてます。
問題無いです。

ユーザーID:7163194773
想定外を想定
Will
2018年9月26日 8:06

「うちは、自家発電や緊急用エレベーターがあるから大丈夫」とは考えずに、それらが期待通り稼働出来なかったらどうするか?を考えるのが防災ですよ。
電気や機械を唯一の命綱にしたり、役所や管理会社まかせにするのは、リスキー。

発電機を起動させるバッテリーが補充電されておらず発電機が回らない(半年前の定期点検で作業者が充電スイッチを切ったままだった)、地震で緊急用エレベーターの滑車がガイドレールから外れて動かない、など「期待通り動かない」原因なんていくらでも考えられます。
先日の北海道地震の大停電も、全域で停電にならないように何重かの安全回路があったのに、全域が停電になりました。その前の水害では、大金かけて設置した低地の排水ポンプが動かなかったり、排水ポンプの能力が流入量に追いつかなくて結局床上浸水になってしまったことに学びましょうよ。

ユーザーID:4962392344
う〜ん
にゃー
2018年9月26日 15:16

>>自家発電用のエレベーターが一機用意されてます

 地震で緊急停止したエレベーターはそのまま動かせないんです。リフトが壁に当たって破損していないか、昇降用のワイヤーがずれて外れていないか、エレベーターシャフトがずれていないかなど、保守作業員による安全確認を終えてからでないと動かせないんですよ。
 都会での大きな地震になると、緊急停止したエレベーターの数が膨大になりますんで、なかなかその点検作業の順番が回ってこないということになります。ですので、いくら自家発があってもすぐにはエレベーターは動かないんです。

ユーザーID:9065345147
備えあれば憂いなしを痛感しました。
つね
2018年10月10日 17:21

先般の北海道胆振東部地震で震度6弱の経験をした札幌東区民です。
会社を定年前に早期退職、独身でマンションの12階に住んでいます。
実は東日本大震災の1年前まで仙台で勤務していたので、その震災を契機に心を入れ替え、十分な備蓄を行った結果、買い出しや給水に依存することなく、比較的冷静に対応することができました。
具体的な備蓄内容は、上述の皆さんと大差はありませんが、今回をきっかけに今後の防災対策に活かせると思った点がありますので、報告させていただきます。

・飲料用だけでなく、トイレ用の生活用水への十分な配慮を
 風呂の残り湯を洗濯用に使うため、いつも残していたのですが、これが大きな メリットがありました。但し、波打って脱衣場まで濡れましたので、一部ポリタンクに移して水位に配慮しておけばと反省しました。
・冷蔵庫の食材の劣化を遅らせる対策を
 ペットボトルに水を入れて凍らせたものをいくつか用意する。融けたら飲料用 水に転用できる。保冷剤をいっぱい冷凍室に入れておく、自然解凍する冷凍食品 を買い置きする。この点は地震の後に知り、今後行うことにしました。
・災害時は自分のことは自分でやらなければとの認識を強く持つこと
 いくら親しいご近所さんがいても、当然その方々も生きていくためには家族優先です。うちのマンションの管理組合も日頃の対応は優れているのですが、震災時は情報共有等では全く機能しませんでした。それは当たり前のことです。

災害時も身の安全が確保され、当面の生活(主に食料)の不安がなければ、意外に落ち着いて行動できるものです。是非、対応をお勧めいたします。

ユーザーID:4333137300
 


現在位置は
です