現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

心の病に苦しんでいます(転換性障害、鬱) 携帯からの書き込み

アッキー
2018年9月21日 15:08

再発を繰り返し
治る見込みも立たない、心の病に苦しみ
今後の人生を諦めないといけないと悩んでます

鬱→双極性障害→転換性障害と
約8年間で
転職を2回、休職を3回と
なんとか社会復帰し日常を取り戻そうと
励んできましたが、どうしても再発します。

今は人生3回目の休職中で
左手、左足等の痺れや、握力低下
精神状況も不安定です。
再発理由は、仕事のストレスだと
思われます。
(身体検査もかなりやりましたが理由不明で
やはり、精神的な所からきてました)

もう治った!と思っていた矢先の休職で
もうバリバリ働いて、自分のやりたい仕事を
するのは無理なんだなと、感じてます。

その事を自分の心で整理し
受け入れる事が少しずつできてきましたが
やっぱり、受け入れられない自分がいます。


・例えば障害等で、自分の夢ややりたい事を
諦めないといけなかった方はどういう風な
考え方で受け入れる事ができましたか?

・治すには心理療法が良いと
色々うけましたが、自由診療で値段も高く
何が自分の治療に役立つのかわかりません。
何か良い方法ありますか?

宜しくお願い致します。

ユーザーID:3017770364  


お気に入り登録数:20
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


タイトル 投稿者 更新時間
大変ですね…携帯からの書き込み
わんこ
2018年9月23日 0:12

以前 テレビで見たのですが、心の病にはどこか大きな広場や自然の多いところへ行って、芝生の上を裸足で歩くのが治る方法だと言っていましたよ。
毎日続けておられる方が半年程で良くなったと言われていました。

もちろん続けないと意味がないと思いますが。

自助グループや、同じ病気で苦しまれている方々の会などに参加されてみてはどうでしょうか。

きっと解決策やいろんな情報が聞けると思います。

諦めないで下さいね。

ユーザーID:0446358767
諦めなくても
ひより
2018年9月23日 18:48

膠原病が原因で身体、元夫のDV・モラハラの精神的後遺症で精神障害者手帳を持つようになりました。
某国家資格免許を持っています。7歳から憧れていた職業でした。
でも日常生活さえままならない今の状態では働くことはかないません。完治する病気ではないのでおそらくこのまま死んでいくのだと感じています。
それでも諦めることはしていません。だって何が起こるかわからないから。
ただ、その時々ですべきこと、出来ることはするように心がけています。例えば病状が悪いときは療養に専念、外に出て働けなければ内職・・等々。
本業から離れて随分経ってしまいましたが、その時の最善をしてきたと思うので後悔は有りませんし、もし本業が出来る時が来たらその時は頑張ろうと考えています。
諦めるのは苦しいから現在だけを見ているだけなのかもしれませんが、それもありだと私は考えます。

ユーザーID:3585681987
頑張りすぎないこと携帯からの書き込み
ぼたもち
2018年9月24日 1:05

私は鬱を発症、半年後に双極性障害と診断されて4年程です。やりたい事をあきらめた、というよりはできないことを理解してきた、という感じでしょうか。

最初鬱状態からそう転した時、すごかったんですよね。睡眠時間が少なくても1日元気に動き回れるし、色んなアイデアもどんどんわいてくるし、発病前よりも元気で、これがほんとの私なんだと思いこんじゃって。それからドーンと鬱状態に落ちて、しばらくまた何もできない感じが続くと思ったら、またそう状態になって…を繰り返してまして、医師には一生薬でコントロールしていく病気だと言われたし、もう以前のように仕事に育児にがんばることが無理だと分かりました。

そう状態になり頑張ってしまえばそのあと鬱状態が必ずくるとわかったので、今はなるべく体調や精神面をみださないように、あまり波がなく、安定した状態を保つことを目標にしています。そのために、仕事量は以前と同じようにしようとせず、7割くらいの力でできそうなものをするといいそうです。

なので、障害者枠で働くとか、そうでなければ職場に相談して仕事の量や質を下げてもらう。がんばればできそうな仕事、ではなく無理にがんばらなくてもできる仕事をするようにするんです。理想のハードルをグッと下げるんです。

トピ主さんが欲しかったレスでなければすみません。まだ人生は長いので、昔のことではなく、これから何十年どんなふうに生きて行きたいか、このぐらいならできるかなくらいの調子で、よい意味で適当にやっていけるとよいと思います。

トピ主さん、今はゆっくり休んでくださいね。ちょっと元気になってきたら、今後の仕事の仕方を考えてみるといいですよ。もしご家族を頼れるなどで、しばらく休める状態であれば、休みながら調子が上がってきたら運動してみるとか、映画を見に行ってみるとか、ささやかな楽しみも見つけると気分転換になっていいですよ。

ユーザーID:1136826256
わたしも転換性障害です。
匿名
2018年9月24日 14:44

お疲れ様です。

わたしもうつ病と転換性障害を併発して、転換性障害の
ほうは治まりました。
運よく会社の費用でカウンセリングにかかることができました。
カウンセリングはお金がかかりますよね。
あくまで自分自身の体験ですが、カウンセリングの中で、
自分自身が、自分の一番の理解者なる訓練をしました。
辛いこと、悲しいこと、自分自身の一歩外にいる自分になって、
一生懸命慰めたり、励ましたりしました。

自分自身が一番自分をわかってあげてなかったなと反省しました。
自分に厳しすぎたかなとも思いました。

今は、仕事もできず、日常生活をたんたんとするのみですが、
だらけた自分を受けいれて、よくやってるよ、とほめながら
過ごしています。

ユーザーID:4855076892
自分を愛しましょう携帯からの書き込み
のん
2018年9月24日 15:42

焦りはありませんか

障害を抱えて、健康な人並みに働くことを心で望まれるのはわかります
でも、実際は苦しいですよね

体感を大切にされてはいかがでしょうか

今、自分が心地よいと感じること
今、自分がしたいと思うこと

障害前後では、変わっていると思いますよ

今の自分にフォーカスしてみたらいいと思います

まず、マインドフルネスはおすすめです
マインドフルネスアプリ(無料の音声ガイド)がありますので、試されてみては

それから、新聞を読むこと、空を眺めることは私にとって支えになっています

新聞を読んでから、世の中知らないことばかり、もっと知りたいと思い
毎月図書館で20冊本を借りてきます
(もちろん無料です)

そして、空を眺めること
障害を抱えてから10年
感性が変わってきたのか、悲しいことがあっても空を眺めるとこころが満たされるようになりました

忙しく暮らしていたらできないことって、結構あると思いますよ

アッキーさん
私は思うのですが
私は障害を受け入れられないのではなくて自分を受け入れらないで生きていたから
障害を受け入れることも難しかったのだと感じています

NHKのハートネットTVという番組で
様々な障害を抱えた人が力強く生きている姿を紹介していました


私は夫に迷惑をかけて暮らしているし、仕事には出られません
それはとても申し訳ないし、悲しいというより悔しいです
私の暮らしって老後じゃんって虚しくなる時もあります

だけど、人生は何が起こるかわかりません
憧れていた生き方ではありません
だけど幸せになりたいって思う

新しい憧れを探しませんか

ユーザーID:2698034083
 


現在位置は
です