現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

私に教育を受ける機会が与えられていたら

ゆき
2018年9月25日 9:07

50歳を過ぎました。

2人の子供を進学させて手元を離れ子育てを終えたところです。

今更ですが、もし私にも私の子供と同様に教育を受ける機会が与えられていたらと
考えてちょっと切なくなります。

私の母親は教育に関心がありませんでした。
女の子の教育にお金をかけるのはもったいないと思う人だったので
小学六年生の時に担任から進学校の中学受験を勧められても親には受けさせてもらえず
私は公立小中高校から家から通える国立大という最も安価なコースで社会に出ました。
本当は偏差値に見合う大学を受験したかったのですが、下宿させるお金はないと受験すらさせてもらえませんでした。
当時の偏差値からすると名前さえ書けば受かるような近所の国立を卒業しました。

そんな事情なので就職でも苦戦しました。

ずっといい教育を受けたい!との気持ちを持ち続けていました。
お金さえあれば、受けたい教育をうけられる!そしてチャレンジの機会も増える!
そういうことを強く感じながら過ごし、お金のためにある程度割り切った結婚をしました。
お金があれば自分の子供に私と同じような悔しい思いをさせずに済むと考えてのことです。

結婚から二十年余りが経ち、子供には思い通りの教育をうけさせてやることができました。
子供2人は私立中高一貫校を経て今は都内の国立大学へ通っています。

私は就職でとても苦労(履歴書を送っても就職試験を受けるまでに至らず断られる)したのに
同じ女である娘は今年の就職活動ではわたしでは考えられなかったようなところを沢山受けて(就職試験をうけられるだけでも私と違います)
卒業に向けて順調なようです。

与えられた環境で精一杯努力はしてきましたが、
やはり自分の子供たちの様子を見ると努力だけでは追いつけないものがあると感じています。

機会が与えられていたら、どんな人生だったのだろうと思いを馳せます。

ユーザーID:0814620961  


お気に入り登録数:499
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:374本

タイトル 投稿者 更新時間
私も家から通える国立大でしたが
as
2018年9月25日 10:22

公立高から自宅通学の国立大に行きました。48歳。
特に親に不満持ってませんが。
名前さえ書けば通る国立大なんてありますか?


ユーザーID:5116269229
わかります、でも子供が幸せでよかったね!
わお
2018年9月25日 10:23

いわゆる教育格差という問題ですね

でも、トピ主さんは50歳とのこと、
その世代ですと中学受験は珍しいはずですし、
教育に関心のない親世代も多かったんじゃないかな。

いずれせよ、悔しいな、子供にはこうしてあげたいな、と
いう願いが叶い、子供も思い通りの就職活動ができたのだから、
何も文句は無いのではないでしょうか。

それから、人生はこれからも作るものですよ?
今から、勉強をして、これからの人生をもっともっと豊かなものにしては
どうでしょうか。

私は逆に、幼少期好きなように過ごさせてもらいましたが、
あまり勉強をせず、好きな美術学校にいってなんとなく就職しました。
しかし、大人になってから、やはり勉強したい!という気持ちが湧いてきて
どんどん挑戦して世界を広げています。
トピ主さんもまだまだこれからですよ!

ユーザーID:3669932786
わかります
はなこ
2018年9月25日 10:30

私も、田舎で育ち学校は選択の余地無く近所の公立校でした。高校も偏差値40程度の名前を書けば受かるところしかありませんでした。大学なんて選択肢はなく専門学校を出て就職です。
今、娘が中学受験を控えて、学校選びや塾での宿題に一緒に取り組んでいますが、羨ましくて私も一緒に受験したいと思うほどです。

私は夫と出会って娘が生まれなければこんなに教育については考えなかったので、夫と娘の存在に感謝しています。
高度な教育を受けていたら・・・とも考えますが、それでも私は私なので変わらないかな、とも思います。

ユーザーID:2150557468
現状のささやかな幸せに気づけない人は
ブスドス
2018年9月25日 10:30

どんな環境であったにしろ、別の不満を感じるだけです。

今、大きな失敗はしていない。
何故か別の人生でも同じように大きな失敗はしないと考えるのでしょうけど。
下宿していれば身持ちを崩していたかもしれない。
もっと高学歴な夫と別の人生を送れたかもしれないけど、今の夫より面倒で我が侭な人で、離婚を視野に入れていたかもしれない。

今の人生だったから大過なく過せたのかもしれねいと思いを馳せることはができないのでしょうね。

あなた、子供もちゃんと育ったのでしょ?
それだけでも結構幸せよ。
別のパートナーだったら妙に放置したり、逆に間違った口出しされてうまく育てられなかったかもよ。

タラレバで語るなるなら、悪い方に転ぶタラレバも想定しなきゃね。

そもそも今の夫や子供と出会えなかったかもしれないじゃない?
それでいいの?
別の人でも良かった思う程度の愛情なの?

ユーザーID:0473619917
変わらないと思う
還暦
2018年9月25日 10:44

私の親も『女の子に教育は必要ない』という親で
兄は浪人したうえで、地元から離れた大学に行かせてもらい
姉も私も高卒でした。
ですが、高校は地元では偏差値の高い、その学区内ではNO1の公立校にしか行かせてもらえませんでした。
大学進学希望の姉も私も就職して、給料は給料袋のまますべて家に入れ、お小遣いをもらうという生活でした。

大学に行かなかったことは、コンプレックスになりました
地元では一番の進学校から、当時でも就職したのは一割にも満たない人数です。
しばらくは親を恨みました、自分の境遇を嘆きました。

でも、方法はあったんですよね。
例えば、公務員になって二部の大学に行くとか、通信制で大学卒の資格を取る。
社会人や結婚した後だって、資格を取ることは出来たはずなんです。
それをしなかったのは、私自身なのです。

たられば、
親のせいにしていたら楽ですよ。

勿論、育った環境境遇によって違うのでしょうけれど
それを打破する力が自分にはなかったというだけです。

そして・・・今夫と暮らし、独立した二人の子供がおり、孫もいて
あの時私は進学しなかったから、今の生活があると思うと
それはそれで良かったのでしょう。
十分幸せな人生を歩んでこられたと、思えます。

トピ主さんは、幸せを感じられない生活をされているのですね・・・

ユーザーID:3086031517
見方を変えましょう
おばさん
2018年9月25日 10:44

国立出身で、名前さえかければ入れるなんて言ったら
おおくの人は、あなたに馬鹿にされていると思うと思いますよ。

共通一次試験だってあった世代ですよね?

トピ主さんが就職に困難だったのは
男女雇用機会均等法施行の前で
大卒で女性だったからではないのですか?
書類選考ではねられたのは
大学のせいではないのでは?
むしろトピ主さんのような女性を求めていなかった時代だからでは?

女性は腰かけ、大手は、男性社員のお嫁さん候補として入れていたもてはやされるのは短大卒の時代でしょう。

トピ主さんに教育が与えられなかったといいますけど
それはトピ主さんが【多分】進学校に行ったから感じることで
トピ主さんの年代の女性全体から見れば
教育を受ける機会が与えられていた方だと思います。

ユーザーID:3493574795
努力は無駄になっていませんよ
元母子家庭の子
2018年9月25日 10:46

あなたは公立中学、公立高校、国立大学と進学できましたね。
本当に親御さんがお金が惜しいと思ったら大学まで
進学できなかったのではないでしょうか。
そしてお子さんはあなたが望むコースを歩ませることが
できました。
ちょっと気になるのはお金のある人と結婚したということです。
そこに打算があったのですね。
今、家庭生活は幸福ですか?

私は家が貧乏でしたし、住んでいる地方は中高一貫の私立はなく
公立のほうがレベルが高いので進学校に進みました。
地元には大学はありませんでした。
公立高校、国立大学をそれぞれ二つずつ奨学金を借りて
進学しましたが、男性優位の社会で就職は厳しかったですよ。
女性も平等に就職できる社会になってきてよかったです。
退職してから国立大学の聴講生になりました。
あなたもいかがですか?
私は高齢者です。

ユーザーID:2119982128
なーんだ携帯からの書き込み
Julia13
2018年9月25日 10:52

中卒・高卒かと思ったら進学校に行けなかっただけで、高校も国立大もちゃんと行ったんですねー。
ある程度バイトで賄い奨学金借りれば思う学校に行けたでしょうけど、通学費も生活費も学費まで出して貰えて大卒なんだから親に感謝しないとね。
私は高校でのバイト代も家に全額入れてました、高卒ですがこの春長男が大学卒業して無事就職しました。もちろん大学の学費・電車代・洋服代や教科書など少額の奨学金とアルバイトです、在学中資格もいくつか習得しましたよ。卒業同時に奨学金は一括返済済み。
下の子も別の大学に奨学金とアルバイトで通ってます。2人とも塾へ行かせたので行きたかったら奨学金借りれるように努力しなさいと突き放しました。勿論いざという時は一括返済分は貸せます、でも義務教育終わってるし自腹で行くと勿体なくて中退しにくいでしょう。
学費もお小遣いも出してくれたならめっちゃいいお母さんじゃないですか、ね。

ユーザーID:8688887120
そうですか?
まいか
2018年9月25日 10:57

与えられた環境で精一杯努力したとおっしゃいますが、本当にそうですか?
進学校の中学受験を薦められたというからには、頭が良いのですよね?
だとしたらもっと違うやり方があったのではないでしょうか。
お金を持っている人と結婚して子どもに高等教育を施す以外に。

私も同世代ですが、私が18〜20歳頃、
本当に勉強したくてもできない環境にいる人に何人も会いました。
それぞれ親から兄弟差別を受けて「女は大学へ行くな」という人や
そもそも家にお金のない人や。

同じアルバイト先で出会ったその人たちは自分でお金を貯めて
大学へ行くんだと言ってましたよ。

夢を持っているが不遇な人たちにたくさん会っている私は
トピ主さんの「教育を受けたい」という思いが
なぜ結実しなかったのかがわかりません。

お金さえあれば…とわりきって結婚したのだったら
自分が教育を受けさせてもらえば良かったのでは?

私の友人は20歳をはるかに過ぎて、
やはり自分でお金を貯めて美大に入り直しましたよ。

トピ主さんは勉強がしたかったのですか。
それとも高学歴が欲しかったのですか。

ユーザーID:8112628864
僭越ながら
すじ雲
2018年9月25日 11:03

結局は親の敷いレールを上を走り今さら。
とぴ文章を拝読いたしましてそう思いました。

ほんとうに勉強をしたかったのなら苦学となってもご自分で道をきり拓いて行けば良かったのではないかな、と思います。

これからだっていくらでも勉強できます。

おしまいの文章に“機会が与えられていたら”とありますが
その機会を逃したのはとぴぬしさんではなかったのかな。

ユーザーID:3967934367
私はトピ主様がうらやましいです
ことべい
2018年9月25日 11:13

てっきり、中卒で働いたか、高卒かと思いきや国立大!
うらやましいです

世の中、中卒までしか面倒を見ない親もいますけどね
高校入学前からアルバイトで、学費、食費を稼ぐ子もいますけどね、私ですけど

私の母は「女に勉強はいらない」と私を育てました
「何ちゃんのお母さんは教育ママだから、何ちゃんはかわいそう」
「今は勉強しなくていい 子供は遊ぶものだ」
「やる気になってから伸びる」
「算数なんて電卓がやる 勉強なんかくだらない」
私は真に受けました バカですよね ほんとうに。
高校は近所に誰でも入れる公立高校があったのでそこに行きました
(他は何も手伝わないというから)

今私は我が子には勉強の大切さを教えて導いてます

トピ主様 私から見たらあなたは「大卒」なので羨ましい限りです
そして私は小学校の算数すら解けません いや〜数字に弱いのは致命的です

ユーザーID:7575609508
自分で切り拓きました
50歳オバ社員
2018年9月25日 11:19

私もちょうど50歳です。
今、大手企業では女性の「ガラスの天井」が消え、能力次第で専務や
役員も視野に入ります。昔と大違いで自由です!いい時代!!

私も、親が自宅主義で、国立中学・公立高校・駅弁大学を卒業しました。
東京で働きたいと思い、飛行機で往復しながら、東京で就活をしました。
しかし、しょせん駅弁大学卒。東京の有名大学を卒業した人と同等には
扱ってもらえず、大手商社や都銀総合職、外資系ITなどに撃沈。
結局、地元の地方銀行に就職しました。

それから、ずっと、東京の大手企業の躍動感が忘れられず、「これで
いいのか、これでいいのか」と考えながら勉強し、お金を貯めました。
自宅通勤だったこともあり、4年勤めて850万円が貯まりました。
その時点で、入試を経て東京の国立大学の大学院に進学しました。
親の反対なんて、全く気にしない、強い気持ちがありました。

2年間、奨学金借りて予備校講師のバイトをして働きづめ、勉強し詰め
でした。勉強や研究も大変すぎて、本当に辛かったです。
しかし、2年後、大不況のさなかでしたが、大手企業の総合職に採用
されました。大きなリスクを取って進学した甲斐がありました。
年収300万円の地銀OLから、いきなり年収は2.5倍に。でも、それより、
やりがいのある仕事がうれしかったです。

時は流れ、3人の子供の子育てをしながら同じ会社で働き、数年前に
部長になりました。トピ主さんは、お子さんの教育で成功されています
が、私はそこが残念・微妙です。自分程度の頭脳と生きる力があれば
いいのですが、いろいろ足りません。

トピ主さんは、地方で恵まれた結婚をして、お子さんは順風満帆です。
私は、自分自身が、日々、熾烈な競争です。子供のことにかける時間が
足りなかったために、教育費をつぎ込んでも、子供を自分程度にさえ、
育てられなかったと反省中です。

ユーザーID:5302466840
無い物ねだり
ゆう
2018年9月25日 11:24

私は高校は一番近くの進学校1校しか受験させてもらえませんでした。
お金が無かったからです。
進学校だったので就職する子などほとんどいない中、
大学受験はさせてもらえませんでした。
ただ、むしろ就職する子がいない学校だったので
学校推薦で鉄道や銀行の就職先はたくさんありました。
(親はこれを知っていたわけではなく、
ただただ一番近いからという理由で選んでましたが)

大学に行きたかったです。
だから子どもは小学校から受験して国立に。
中学受験して私立の中高一貫校に。

子どもで昇華したので満足ですが子どもはもしかしたら不幸かもしれません。
まだ先の話ですが
大学は自分で選んで好きなとこに行っていいよと言いたいと思います。

世界を見れば義務教育すら受けられない、
自分の名前さえかけない貧困層もあるなかで、
高校まででて結婚して子どもに充分な教育を受けさせられた。
そろそろ不満に思うのはやめようと思えるようになりました。

ユーザーID:1052034156
たられば
ほや
2018年9月25日 11:31

名前を書けば入れる国立ってそんなバカな 笑

トピ主さんはそれだけ優秀だったのですね

高校まで公立でも都内国立とやらに行く人はたくさんいます

都内の国立とやらに入ったとしても国立の学費は出してもらえたのだから

生活費は奨学金とアルバイトでやっていけたでしょう

その当時は奨学金無利子でしかも公職だったか教職で何年か働けば返済免除でしたよね

勉強はできても自分の道を切り拓く知恵はなかったのですね

ユーザーID:4017421244
似たレスもあるかもですが。。
高校中退
2018年9月25日 11:35

それでも国立大で教育は受けられたわけですから、
このレスに憤りを覚える人もいると思います。
仮にどうでもいい学部だったというのであれば、
アナタのせいでその学部に入れなかった人に物凄く失礼です。
学びたい学部でもないのに進学したのはとりあえず大卒等の理由からでしょ?
なんだかアナタの場合は希望の大学に入っていたとしても、違う目線で不採用だと思いました。

ユーザーID:5781094162
愚痴
共命鳥
2018年9月25日 11:35

教育とは、大人になって生活が出来る能力や、家族を養う能力のことです。今のあなたは、その能力が発揮できたのです。そのための教育を受けていたのです。

あなたには教育とは知育のことであり、生き方の能力を養うという視点が無さそうに思います。もしもその視点があれば、あなたの人生で「これからどう生きるのか」が課題になることでしょう。過去のことなどどうでも良いことです。

ユーザーID:4377165244
いやいやいやいや国立大ですよね
ひろひろ
2018年9月25日 11:37

50代のかたが18歳の時代の国立大で、
というか今でもですが、
「名前さえ書ければ入れる」ようなレベルのところは存在しなくないですか。
当時おそらく最低偏差値だったのは、あの南の大学だったと思いますが、
そこだって「腐っても国立大」です。
30年前の女性の大学進学率は30%程度だったはず。どこであろうと国立大学に行けたなら十分高学歴です。

そして地元国立大から地元かその周辺県で就職するなら、きちんとパイプがあるはずです。
優秀な学生ならなおさらです。
大学受験時点でそこそこ偏差値があったなら学生としても優秀だったと思いますが、
受験勉強には向いていても学問には向かなかったタイプですか。
「周囲のレベルが低すぎる」とか言って本来自助努力でやるべき学問を放棄なさったのだとしたら、それはつまりダメ学生ということです。

というか、他人のお金を当てにせずに、就職後にご自分の稼ぎで学士入学なり院試を受けるなりして「いい大学」に行けばよかったじゃないですか。優秀なんですよね。

ご自分の人生への不満点を無理やり大学のせいにしていませんか。
いくらなんでもちょっと無理があるような。

ユーザーID:5087376319
そんな国立はなかった
メンタコ
2018年9月25日 11:38

名前さえ書けばとは大きく出たな。
まあ、頭いい人なんだろうなあ。
私は今50ジャストだけど、名前さえ書けば入れる国立は流石に無かったよ。駅弁でもさ。
共通一次でまだ全員が一律1000点満点だったし、国立は一大学しか受けられなかったし、
受ける母数がガッと増えた時代だったしな。
名前さえ書けばってなこたなかった。
ましてや「中受可能」な地方の国立ならそんな最果てじゃないはずだし。

まあ確かに都市部有名私立大が今では考えられないほど強くて、
地方駅弁は就職では、バブル期とは思えないほどひでえ受難の時代だったけど。知ってるけど体験したから。
そりゃ分かるけど。
私も、下にあと二人いるからってことで、
地元国立しかダメ(地元公立は当時短大しかなかったからダメ)、塾予備校ダメ浪人ダメとかだったけどね。
高校の進路相談では「この偏差値だと地元大じゃ勿体ないけど、いいの?」
って確認されたけど。
そんで理数壊滅で共一は無理だった妹は下宿して関関同立行っちゃったけど。
「はああああ?あれ程地元国立しかダメって言ってたのに?なんだ、やったもん勝ちだったわけ?」
と気がついたハタチの春。割とそんなもんよ。

まあそれはそういうことで、
「置かれた場所で咲きなさい」でいんじゃね?
これ言ったの、私の地元の私大の学長だわ(笑。なんか有名になって「ヤな言葉」扱いもされてるけど。まあこの話の場合はそれでいいと思う。

国立行って勉強する機会がきちんと与えられたんだから、
ある程度のスタートラインには立たせてもらえてるわけで、
後は自分の才覚次第だと思うよ(実は地元国立縛りを吹っ飛ばすとこから自分の才覚次第だったりするんだけどね)。

ユーザーID:8504469401
まだ、あなたはラッキー
ペンギン
2018年9月25日 11:40

私も50代です。

私の親も、子供に教育を受けさせるよりも、自分のこづかい優先です。
高校も、周囲が通わせるから、外面だけを重視するので、
行かせてもらえました。お習い事や塾もダメでした。
当然、大学もダメです。

社会人になってから、通信で大学卒業しましたが、
親は進学のチャンスを奪ったくせに、
社会人になってからも、今更何をしているかと妨害ばかりしてきました。
妨害を振り払うことにエネルギーをとられてしまいました。

大卒でも通信では厳しいし、新卒でないと選択肢が限定されます。

生まれた環境は選択出来ませんから…。
努力しても、まず家族が妨害するってこと現実ではあります。

ユーザーID:6171421098
同じ年代です携帯からの書き込み
納屋
2018年9月25日 11:40

当時は国立どころか女子は短大、って考えが明確にあり私も自宅から通える短大に行きました。
同じような成績の男子が難関有名私立や関西関東の難関国立を受験するのが羨ましかったです。

私は短大卒でしたから一般職で大手企業に就職出来ました。しかし同窓会で同じような成績だった男子に再会するとトピ主さんと同じような気持ちになります。
子どもには十分な教育の機会を与えられたし、好きな大学に行って楽しんでいるようなので、まあいいか、と思います。

昨今は奨学金をたくさん借りて無理に大学行く学生さんも多いですが、それもどうなのでしょうね。
希望する都会の四大へ進学して卒業時には奨学金まみれ・・私のケースは四大諦めたことでそれは無かったから、まあいいか、と納得もしています。

ユーザーID:2868830337
 
現在位置は
です