現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

資産運用 携帯からの書き込み

さーや
2018年9月30日 10:38

30代共働き世帯の妻です。
我が家のような資産世帯がどのような資産運用をしているのか、参考にしたいと思い投稿しました。銀行や保険やさんに聞くとセールストークばかりなので。
【家族構成】
夫婦共働き 妻産休中
こども2人 6歳娘、2人目出産間近
【資産】総資産 約7000万 持ち家なしの賃貸
世帯収入 年収1700万
預金 6000万 うち相続が私の祖母から2500万 定期預金1000万
個人年金保険 妻67万/年×7年 あと23年払込予定
学資保険 今年から80万/年×2人×5年払込予定
IDECO 妻のみ今年から
国債 500万

NISAやジュニアNISAも関心はありますが、まだ知識が乏しすぎます。
周囲は不動産投資をしている人がちらほらいるのですが、始めるにはもう遅いと感じています。

投資をやるにしても、夫が投資を嫌ってるのと私もビビりなので私の稼ぎの余剰金100万/年だけのつもりです。
都内にマンションを検討してますが、オリンピック後の動向をみて判断したいと思ってます。

御意見宜しくお願いします。

ユーザーID:6322163448  


お気に入り登録数:164
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:19本

タイトル 投稿者 更新時間
他人に聞かなきゃできないようなことはしない方がいい
M I P
2018年9月30日 14:01

>我が家のような資産世帯がどのような資産運用をしているのか、参考にしたいと思い投稿しました。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」と思っているのですか!
もし大きな車が突っ込んで来たら、みんな揃ってなぎ倒されますよ!

ここは、きちんと自分で判断できる、責任を負えるようになってから始めることにした方がいいと思います。
信号は自分で見るものです。

>NISAやジュニアNISAも関心はありますが、まだ知識が乏しすぎます。

それだけじゃなく、全てにおいて知識が乏しいのではないのですか?
NISAは投資額年120万と限度額が小さいので、利益が非課税になってもたかが知れてます!書類書くのが面倒なので私はやってません。

>周囲は不動産投資をしている人がちらほらいるのですが、始めるにはもう遅いと感じています。

不動産投資は、単に値上がり狙いだけじゃなく、賃貸収入や、赤字分を他の不動産所得と相殺するとか、いろいろなことを考えないと判断できません。人によっては、必ずしも手遅れではないと思います。

ユーザーID:9485597808
資産運用は自己責任です
今回は匿名
2018年9月30日 17:52

タイトルの通り、資産運用は全て自己責任で行うものです。

「投資を嫌いビビりな人」は、元本保証の預金及び国債購入しかありません。

私は株式に投資しておりますが、JALの国有化等政策変更による倒産等総額7桁の勉強代を支払いました。

でもアベノミクス効果か分かりませんが、現在7桁の含み益を有し、配当金により約1.5倍の年金生活を送っております。

都内にマンションを検討とありますが、自宅用でも投資用でもリスクが全く無いということはありません。

社会情勢の流れ、今後の生活の変化、自然環境の影響等多くの事柄をどの様に考えて資産運用するかは自分で決めるしかありません。

ユーザーID:4858111466
始めるのなら
晴風
2018年9月30日 19:20

株価が劇的に落ち込んでだれも見向きもしなくなった時に買えばいいと思います。

そして上がるまでひたすら待つ、っというより放っておく。

だからこそ余剰資金でやるべきなんです。

ユーザーID:2646763817
旦那もIDECO
網干左母次郎
2018年9月30日 23:07

イデコですが、これだけの世帯収入があるのなら絶対にするべきですね。
旦那もすべきと考えます。
信託報酬の低いファンドを選んで上限まで加入するべきでしょう。

学資保険は本当に有利ですか?中には元本割れする保険もあります。
株式投資は自分の興味のある銘柄を数社選んで毎日価格を確認し、割安になったら購入するのはどうでしょうか?
預金が6000万あると投資信託の勧誘が盛んにくると思います。投資信託は自己責任で、株式投資とあまり変わらないものです。最近の報道では4割が元本割れしていることもお忘れなく。

うちでは今は余剰資金は個人向け国債にせっせと入れています。そろそろ老後を見据えて貯蓄も安全運転しています。

株は最近は高くなっているのでしばらく様子見で銘柄は保持を続けています。

子供が中学生になると急に教育費がかかるようになりますので、あと6年間はせっせと教育費をためるのが大事かと。

ユーザーID:5191261166
トピ主です携帯からの書き込み
さーや(トピ主)
2018年10月1日 18:36

銀行や保険やさんは、こちらを持ち上げうまい話しかしてこないので、ここは率直な御意見をいただけて助かります。少しずつ返信させていただきたいです。

MIPさん
コメントありがとうございます。
仰る通り、お金に関してはことさら無知だと思います。仕事一辺倒で、気づいたら普通預金が貯まっていたという感じで、妹や母にも、お金について社会常識がないと言われました。下手に手を出せば、大失敗するのが目に見えています。時間をかけて勉強していきたいと思います。

たしかにNISAは面倒そうですよね、知識とマメさがないため、NISA口座だけ開設しただけで止まっています。

ユーザーID:6322163448
判断し難い
ぽんしゅう
2018年10月1日 20:07

現有資金と現収入においては運用しない理由はありませんが、
その一方で、不動産購入の可能性と今後の教育費を考えると、
現金化が容易で低リスクのものになるかと思います。

手間暇手数料を掛けてまでやるものか? と問われると、
流動資金として持っていた方がいいかも知れません。

例えばゼロ金利の国債にわざわざ投資して、元本割れしないまでも
得られる利益が見合うかどうかは何とも。

投資信託に対する風当たりは強いですけど、確定拠出年金だって
多くが投資信託です。運用成績を見ながら投資先を広げていくのも手だと思います。

ちなみに不招請勧誘の禁止について締め付けられている業界で、貯金があるだけで
勧誘はありませんので、ご安心を。
(アンケートやキャンペーンで自ら提供したのを忘れてるってパターンがほとんどです)

ユーザーID:4737039679
トピ主です。携帯からの書き込み
さーや(トピ主)
2018年10月2日 10:26

今回は匿名さん

コメントありがとうございます。

人の助言を聞いて決めるものではないですよね。「自己責任」を肝にめいじて勉強しようと思います。
7桁の勉強代、そして7桁の含み益とは凄いです。長期的な視野と知識と忍耐が必要そうですね。

がむしゃらに働いて預金が貯まったものの、銀行の低金利やインフレリスクを懸念して、産休をきっかけに資産運用について考え始めたところです。
株式も全く経験はありませんが、まずは優待など興味のある企業を探してみようと思います。

リスクは自宅購入までで、投資用購入までのリスクは自分達夫婦にはおかせないということだけは決めています。

ユーザーID:6322163448
証券会社で相談してみたら携帯からの書き込み
あきにゃん
2018年10月2日 15:12

私は株主優待制度を目当てにNISAをしています。

トピ主さんと同様に最初は無知だったので、証券会社の人にいろいろ話を聞きました。
丁寧に教えてくれます。電話してから行った方がいいと思います。

その後、本で調べたりもして自分にはNISAが合っていそうなのでやっています。

私は欲しくても安くなるまで待って買います。
含み益も配当金も嬉しいけど、株主優待で物がもらえるとウキウキします。美味しいものとか嬉しいよね。

証券会社や新聞社主催で投資の勉強会などをやるときもあるので、チェックしてみたらどうでしょうか。

リスクもあるので、まだ若い今のうちから、余剰資金でちょいちょい失敗しつつ勉強しながらするのがいいと思います。

ユーザーID:4332753273
手数料が引かれた
損益
2018年10月2日 19:38

>銀行や保険やさんに聞くとセールストークばかりなので

この方々は、手数料で利益を出します(儲けます)。

トピ主さんの投資の利益は、手数料を引いた残りです。

手数料を引かれたら元本より減ることがある(損する)。

父の遺産処理で、このことを体験しました。

ユーザーID:3901759017
トピ主です。携帯からの書き込み
さーや(トピ主)
2018年10月3日 15:40

晴風さん

コメントありがとうございます。
根気強く株価を観察することも重要ですね。
今のところ興味がでたところはすでに株価が上がっており、株主優待目的じゃないとなかなか買えないなあと思いました。

みんなか見向きもしないところに目を向けることは、なかなか勇気と広い視野が必要ですね。

勉強になります。

ユーザーID:6322163448
まずはやってみる
ポチ
2018年10月3日 17:39

まず、やってみるといいですよ。
手数料の少ないネット銀行なども使ってみては。

少しずつ勉強してみるのも楽しいですよ。
世の中の事に関心も待ちますし、、。

ユーザーID:9063869951
やはり
晴風
2018年10月5日 6:52

自分が投資をやっているのか、投機、博打をやっているのか

投資のつもりが、目先の上げ下げに右往左往して 結果的に博打になり大損している個人投資家がおおいんですよ。

株価低迷時期に買うほうがリスクは低いはずなのに、現在のようなリスクの高い株高の時に買う人が多いのは全く不思議な話です。

ユーザーID:2646763817
本を読む
まー
2018年10月5日 14:12

投資の初心者向けの本には、「初心者向けの投資とは」「投資信託の選び方」など基礎が書かれてます。
まず本を読むべきです。

円資産ばかり持つのでなく、外貨資産にも分散させる必要性を学んでほしいです。

ユーザーID:7856030340
本を読むに一票
私も勉強中
2018年10月6日 0:14

ネットで投資の情報を調べて株式、債券、FX、外貨預金に興味を持ったので、それぞれについて書かれた本を購入して勉強中です。(FXはデモをやってみて、投資はやめました。)

最初はけちって図書館で借りていたのですが、情報が古すぎて役に立ちませんでした。

カリスマトレーダーさんも本を読んで勉強することを推奨されていますよ。今は、ムックとかかなり読みやすい財産形成のハウツー本が出ています。

ざっくりとした知識はネットで得られても、最新の情報は自分でアップデートしないといけないし、投信にしろ株にしろ何を選ぶかは結局は自分で決めなければならないんだなと悟りました。

ユーザーID:2623743603
FP3級の資格を勉強するといいです。
元保険会社のFP
2018年10月6日 15:22

リーマンショック前にリストラになり数年間
保険会社で働きながらAFP資格取得して結婚して
辞めて海外に住んでます。

日本では8年前頃はFPにポートフォリオを作ったり
他のことで相談料を払う人は殆どいない時代でした
今も変わらないと思います。情報はお金を得て買う
または自分で調べて実の情報を得ることでしょう。

株も自分が勤めてる会社の業界や関連会社の決算報告書
や会社を実際に見に行く位の気持ちで調べて買えば
解ることも多々あると思います。


今は主人と身内の専任のFPしながら元の仕事に戻り
フリーランス業しながら在宅で仕事をしています。
自分の貯金を円高だった時に数千万円変えたので
かなり利益が出てそれを元にして定期預金や主人
の会社や関連業種の株や不動産、自分の親戚の
建築業界の情報を聞いてたので東京オリンピック
が決定後に買っています。

2年前からアクティブファンドやって見ました。
株よりも少額から出来て証券会社の情報が入るので
安いのしてます。

インデックスファンド、所得保証保険、海外養老保険や
終身保険積み立て等をしています。

所得保証保険は40代以降に備え加入をお勧め致します。
主人が病気をしたときに入っていたのですごく助かりました。


FP資格は独学可能なので勉強するといいと思います。
生きてく上ですごく役に立つ資格だと思います。

ユーザーID:2156516927
やっぱりね
M I P
2018年10月6日 20:17

>仰る通り、お金に関してはことさら無知だと思います。
>」仕事一辺倒で、気づいたら普通預金が貯まっていたという感じで、妹や母にも、お金について社会常識がないと言われました。
>下手に手を出せば、大失敗するのが目に見えています。
>時間をかけて勉強していきたいと思います。

株価全体の動向がわかる指標に「日経平均株価」というものがあります。今はそれが高い。
高くなってくると、トピ主さんのような素人さんが投資に目を向けてきます。ホントは、安いときに買えばいいのに、何故か素人さんは高くなってくると買いたくなる(笑)。安いときに買えば、たいていの銘柄はその後、上がる。

ちなみに、私は素人に毛が生えた程度ですが、今年に入ってから徐々に売り進んでおり、残りの「株」は僅かです。今月中に、全部売り終えるつもりで、その後は底まで下がるまでの数年間「株」はお休みします。

ユーザーID:9485597808
資産運用、臆せずやってみなはれ! 60代男より
オールダーズ
2018年10月7日 1:39

資産内容/年収/年齢等は異なりますが、主様の立場で考えてみました。

不動産投資は遊休地活用は別として、最近はリスク云々以前に総じて収益性に難アリ、また手数掛り多忙な方は金融資産に絞る方が良いと思います。
なお自宅住居の購入はグッド、その場合は目一杯の借金が望ましく、若く高収入なので沢山貸してくれます。低金利、ローン税控除、団信付保、利用しない手はない、オリンピック関係無いでしょう。

余剰資金何千万をどうするか? 全て定期等の貯蓄型だと勿体無くやはり半分は投資商品、御主人の理解得にくいなら100〜500万の範囲内でやってみたらどうですか?
口座持つならネット取引で手数料安い所を選ぶ、大手でもかなり差がある。NISAは仕組も手続も難しくなく、併せて特定口座の開設は必須で、収益性これぞと思う銘柄はNISAで買うべき、尤も大概そう思って買うのだが。
金融機関は投資信託を勧めてくる、手数料高く彼らの儲けになる、投資信託はアタリもあるが、結果ハズレの方が多い。

下落時に買い高騰時に売る、云うは易しで実際やってみると難しい、出来れば苦労しない。コレで逆張り追求すると却って損失拡がるかも、と云って順張りが安全とも云えない、株価の読みは難しい、ずっと後でないと見えない、1年レンジで考えると結果判るのは1〜2年後。
ではどの株を買うか? 株主優待でも良し、あとは高配当株、株価の2%が目安かな、それとIPO、大体は上場後に値上がる。
長期保有か頻繁売買か、これも結果論です。
株より為替の方が読みやすいかも。只いずれにしろ投資は自己資金の範囲内、借金はしない。

資産運用からはそれますが、親御さんの理解を得てお子さんへの教育贈与信託、この制度は時限立法のようです。
仕事に子育て、将来を見据え資産運用も検討、若いのに大したもんです。そういう時代か。

ユーザーID:2055187803
借金を伴うことは不適ですよ。
エス
2018年10月7日 13:49

 最終的には自己責任ですが、借金を伴うものや、損をしても止めることが出来ないもの、突然の追加出資の義務が発生するものはトピ主さんには合いません。代表的なものではFX、不動産投資です。

 言葉のアヤで投資という表現をされると思いますが、いずれも出資金を上回る物を借金したり、必要な場合は追加の出金を約束する契約です。利益は不確定ですが、義務は確実に発生します。

 例えばFXでは、出資するお金は投資ではなくて、借金をする手数料(保証金の一部)に相当するものです。博打にはまった人間が「倍にして返すから金を貸してくれ」と他人から借りて博打をするのと同じ制度です。業者に渡したお金を運用していると勘違いする人がいますが間違いですよ。その何十倍ものお金を借りて投資をするシステムです。儲けがあれば自動的に次の借金と投資が続きます。儲かると業者からの借金が増えます。下がれば出資金を大幅に上回る金額を払う可能性があります。他人から金を借りて行う博打ですからね。

 不動産投資も興味がある様ですが、その場合はその物件に責任が発生します。税金や保険は当然ですが、修理や賃貸人が引き起こしたトラブル等も対応が必要ですよ。地震や火事に合わなくても、水漏れ、エアコンや湯沸かし器の修理・・突然の出費は付き物です。お金を払って管理会社と契約をすれば手間は少なくなりますが、自分で手頃な業者に修理を依頼するよりも割高になることが一般的です。また、借り主が付かないことも珍しくありません。そして手を引くことが難しいのも特徴です。何年経って売却できずにお金を垂れ流す人も珍しくありません。特に損が出る場合は誰も買いませんから悪循環にはまります。

 どうしても不動産投資に興味があるのでしたらば、銀行などで扱っている不動産系の投資ファンドを勧めます。損をしても出資額を失うだけですし、比較的売却が可能です。

ユーザーID:1072091824
子供手当で投資信託を
琉球マン
2018年10月7日 14:54

バランス型投資信託を買っています。子供手当で毎月、買っており、貯金感覚ですね。
子供手当なのでなくなっても別に困ることはありませんから(笑)
あと、株主優待目当てで3銘柄(独身時代の貯金で)と従業員持ち株会で買っております。外食に行く際、使うので安く行けますし、持ち株会も貯金感覚で始められます。

株の場合、あくまで長期投資なので株価が下がった、上がったで一喜一憂することなく、
優待でプラスアルファーの生活ができるという感覚ですね。
子供手当で投資信託というのはどうでしょうか?
万が一、子供手当ぐらいゼロになっても生活していけるでしょ。

ユーザーID:2710556344
 
現在位置は
です