現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

結婚後、お小遣い制になるか、一部を渡す形になるのか

うみ
2018年10月2日 22:31

知り合って約十年、付き合って間もない彼との事で相談です。

普段のデート時の食事代は毎度奢って貰っています。付き合う前も毎回奢って貰っていました。

今度旅行に行こうという話になっていますが、割り勘にしようという話になっています。婚前だし私も働いていて収入があるため、納得できるのですが、こういった方の場合、結婚後に財布を私に預けてくれるのかが非常に不安です。

うちの父は母に、稼いだ分から生活費だけを渡すような形でした。無職の際には生活費は無し、自営で収入が少ない時も生活費は少ない金額しか渡してくれませんでした。妹の進学にも影響がでたほどです。

母はそんな不安定な生活に非常に不安を抱えていたのを幼い頃から見ていたため、今になってそんな彼についてもとても不安になっています。

稼いだ分を渡してくれたら生活費は勿論、保険料や積立金等に回したいと考えています。遊びや散財に使うつもりはありません。

将来どのようにお給料を渡してくれるか確かめる方法があれば御教示下さい。宜しくお願い致します。

ユーザーID:8353060864  


お気に入り登録数:151
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:50本

タイトル 投稿者 更新時間
彼と話し合う以外にない
乙三
2018年10月2日 23:21

彼に言えばいいじゃないですか。
結婚したら給料全部管理させてねって。
生活費をもらう形になるのは嫌だからって。

そんなこと言ったら結婚自体がなくなるかもしれませんが、それはもうしょうがないですよね。
それはいわゆる性格の不一致というやつですから、彼がトピ主さんと結婚するのを嫌がったらどうしようもありません。

彼が、普段の食事は全額おごってもらっているくせに旅行で自分にかかる代金を出し渋る女性と結婚したいと思う人かどうかですね。
それほどまでの魅力がトピ主さんにあるかどうかでしょう。

ユーザーID:9576190855
聞けば?
ばいなり
2018年10月2日 23:33

彼に「結婚後、お小遣い制になるか、一部を渡す形になるのか、どうしたい?」って聞けばいいんじゃないんですか?

ユーザーID:7812158519
はっきり聞けばいい携帯からの書き込み
通りすがり
2018年10月2日 23:36

結婚の話が出てくれば、自ずとそういう話になります。お金の話と子供の話はきちんとしておかないと、後々面倒なことになります。

旅行代金の割り勘は、今の時代は普通なのでは?
夫は交際中は、デート代や旅行代を全部出してくれました。プレゼントの類も、高価な物ばかり。
ですが、結婚後の夫は、私に生活費しか寄越しません。私は夫の給料ボーナスの金額も知りません。
こんな例もあります。聞いたところで、相手は本心を言うか、わかりませんけどね。

ユーザーID:1652812326
なせ「もらう」が前提?
raum
2018年10月2日 23:51

旦那さんが家計を管理して、基本的な支払いを旦那さんがするという方法もあるのに。
昨今、ほとんどのところでクレジットカード使えるのだから、トピ主さんが二人の分の買い物に現金を持つ必要はあまりないでしょう。
旦那さんに、家計から小遣いだしてもらえば、トピ主さんご自身の個人的な買い物は大丈夫でしょ?

ってなったら嫌ですか?
嫌と思うなら、なぜか考えてみたらどうですか?
彼も同じように感じるかもしれないのですよ?

ユーザーID:7348721013
話さなきゃー
なこうど
2018年10月3日 0:50

知り合って10年以上経ち、結婚も考えている相手と経済的なことを話せないで、どうするんですか?!

離婚の原因3つの中に、『お金の事』につてというのは知ってますよね?

何も「結婚したら私が財布を預かる!」などと宣言する必要はありません。自分の両親がこうこうだったから、『私は結婚したら財布を預かりたい』『共稼ぎなら共通の財布を作ったほうがいい』『稼ぎに応じて供出したほうが便利』など、自分の考えを伝え、彼がどう考えているか聞かなくては、彼だって『自分の親のやっていた通りが一番いい』と思っているかもしれませんよ。

今だって、デイト代をあなたがいつも出しているなら、「うみは稼ぎがいいし、好きで出しているんだろうー」と思っているかもしれません。今度の旅行で、お金を出す場面が色々あるかと思いますから、『お金の事を話すのに』ちょうどいい機会ではありませんか?

ちなみは、私達の親達はどちらも、母親が父親の稼ぎを預かり管理していました。しかし、私達は結婚前同棲して別財布で暮らしていたせいか、結婚後も、別財布でどちらも小遣い無制限です。

彼は最初から「妻の稼ぎは当てにしない!」と宣言していましたし、二人共経済観念が似ていて、ブランド好きでも趣味につぎ込んだりしないたちなので、今まで(共稼ぎ・30年結婚してますが)お金の事で喧嘩になった事は1度もありません。(他では沢山ありますがー)

ユーザーID:2676639779
そのまま質問してみれば?
暇人
2018年10月3日 0:50

「あなたのこと信用できないから給料は全部渡してくれるわよね?」って質問すれば数秒ですみますよ。
余計なアドバイスですが、他人の懐を頼らず自分で稼いでいたらそんな余計な心配もすることなくなります。

ユーザーID:5462880667
聞くのが一番携帯からの書き込み
パンダの子
2018年10月3日 1:02

彼にハッキリ聞きましょう。
それしかないと思います。

ユーザーID:8228571960
なぜ話をしないのですか。
エス
2018年10月3日 1:29

 確かめる方法を聞く前に、二人で話をするのが先ではありませんか。
気になっているのでしたら、どのようにするするのかを二人で考えることです。

 その上でのことですが・・

 結婚は相手を信用できるから成り立つものですよ。
二人での話に信用が出来ないのであれば、まだ結婚に踏み切る段階ではありません。
確かめる必要があるのでしたら、時期尚早です。
彼を信用出来る様になってから、結婚を考えるべきですよ。

ユーザーID:8730651888
あなたが試されている
共命鳥
2018年10月3日 4:13

あなたの父が自営であれば、普通に考えると、経済観念があるレベルに達していないと、不安定な収入であっても、自営を継続管理することができません。おそらくあなたの父は、母に家庭経済を任せることが不安だったのではないでしょうか。

結婚後に、あなたが家庭経済を握りたい気持ちは良く解ります。しかし、彼もまたあなたに家庭経済を任せることが出来るのかどうか不安ではないのでしょうか。彼に、安心して任せされる存在として認めてもらうことが大切です。

結婚後に、彼があなたにお給料を渡してくれるかどうかは、今回の旅行で、あなたの経済管理行動が彼に認められることによって決まるように思います。

割り勘の意味は、旅行に関する全ての費用を折半するということです。最初に旅行の総費用相当額を二人で出し合い、一つの財布にプールしておきます。そして、あなたがその財布で、旅行中の経済を管理するのです。

その結果、彼があなたの経済観念を推し測ることが出来るというものです。結婚後に彼があなたに安心して家庭経済を任せられるのかどうが、試されている旅行と言えましょう。

旅行での実績が彼に認められると、あなたの願いが叶うことでしょう。しかし、あなたに旅行中の管理能力が問われる事態が起きれば、彼は安心してあなたに家庭経済を任せることが出来なくなります。

旅行での好結果を期待しています。

ユーザーID:9661233035
自分も働く携帯からの書き込み
三毛猫
2018年10月3日 6:54

心配なら、何かしら得意な事を身に付けたり、勉強して資格をとるなりして下さい。人生、何が起こるか分かりません。結婚したからと言って、一生涯安全とは限りません。今は、リスクを男性にだけ負わす時代でも無いからです。

ユーザーID:4188582831
本人に直接聞くのが一番だと思います携帯からの書き込み
おいも
2018年10月3日 7:51

今から心配になる気持ちもわかりますが、付き合って間もない状態で、そこまで考えるのは少し深読みな気もします。

結婚前にそういうことはお互いに話し合って決めるもので、一方的に彼がどうするかということではないと思いますよ。

トピ主さんが結婚後に仕事をどうするかによっても状況が変わるとは思いますが、よほど彼が人の意見を聞かないタイプの人でない限り、トピ主さんの意向も考慮してくれると思います。

今からもし知りたいなら、自分の家族の話をして、あなたはどう思う?と聞いてみるとか、本人に聞くしかないと思います。
行動から推測するのは難しいんじゃないでしょうか。



ちなみに我が家はお小遣い制でもなければ、一部渡す形でもありません。
結婚前からずっと共働きで、結婚前は全て割り勘(誕生日等は除く)でしたが、結婚後は夫の給料は生活費(食費除く)+子どもの保育料等、私の給料は食費になっています。
欲しいものがあればお互いに自分で出し、それでも余ったお金は家族の貯金にしています。(貯金用の口座があるわけではないですが)
相手の口座にいくらあるかお互いあまり把握していません。

もしかしたら少し特殊なのかもしれませんが、似た者同士、お互いに人からお金を預かってやりくりするということが面倒に感じたため、このようなスタイルにしようと結婚前に決めました。

かといってそこまで厳密なものでもなく、外食に行けば夫が払うことも多いし、保育料も銀行に行く用事が他にあれば私が払うこともあるしと適当ですが。



自分たちにとって一番良いやり方があるはずなので、彼にまずはご自分の考えを話してみた方が良いと思いますよ。

ユーザーID:9847256221
ん?携帯からの書き込み
リリス
2018年10月3日 8:01

付き合って間もないって毎回奢って貰ってたのが一度だけ割り勘になったからって結婚後のお小遣いの心配ですか?
そんな事より考えないといけない事一杯あるでしょ。
どうやったらお給料渡してくれる方法って…そんなに気になるなら直接聞けばいいじゃない。
主さんお金への執着怖そう。
彼氏さんこんな人って早く気付けばいいのに。

ユーザーID:5587589776
推測
ucyvby
2018年10月3日 8:45

結婚して家計を任せてくれるだろうか・・
ということが気になるのですよね。

食事代をお付き合いする前から
ご馳走する方・・

ある程度の自由になるお金は
必要なのでしょう。

今回の旅行は割り勘とのこと。

しっかりとしたお金の
使い方をなさる方なのでしょう。

結婚して、推測しかできませんが
生活費をトピ主さんに
渡して、お金の管理は彼が
なさるように思います。

トピ主さんは頂いた生活費の中で
やりくりするような形になるのでは
ありませんか。

保険の加入も、貯蓄も
夫婦で考えていくことだと思います。

大切なのは彼が散財しない方かどうか・・

ここが見極めだと思います。

ユーザーID:1707154128
どっちでも良いんじゃないですか?
今回は匿名
2018年10月3日 8:59

選択肢に、トピ主が収入を彼に渡してお小遣いを貰うって選択肢が無いのが面白いですね。
女性は家計を握るか、生活費を貰う。自分の収入は自分のもの?
家事を担ってきたとか、出産育児で収入が途絶えるからでしょうけど、これからは男性陣の不満も増えそうですね。

トピ主も働くつもりなんでしょう?
ならば、生活費を貰うのでも問題ないのでは?
出産育児で生活費負担が難しくなるなら、子供を作る前に決めておけば良いことです。
生活費が少ししかもらえなくても、衣食住が守られるなら大きな問題はないでしょう。

実家の事情は彼にもあるでしょうから、言いっこなし。
彼とトピ主父は違いますからね。
心配なら勤め人と結婚したら良いでしょう。
比較的安定した収入が得られます。

確認するには聞くしかないでしょう。
結婚の話が出たときに、「お小遣い制ってどう思う?」とか。
自分が握るなら情報公開を明確にする方法も提示しましょう。
これからの時代は貯金だけじゃなくて運用の能力も必要です。
色々と不安定ですからね。トピ主に投資経験はありますか?

ただ、付き合う前の女性にも奢るタイプの男性ですよね?
ちょっと倹約意識は低そうだし、小遣い制は好まない気がします。
そこはトピ主の魅力で何とかしましょう。
または、他の方を探しましょう。

ユーザーID:4626483181
結婚前なのですから
まも〜ん
2018年10月3日 9:07

旅行は各自が自分の費用を負担するもので
すね。食事などは奢って頂いている様ですし。

今のところ何も心配する所はありません。

結婚後の家計管理は人それぞれですので
正解はありません。

旦那さんが一元管理をされている方々も
多いですよ。

トピを読む限り、トピ主さんの方に問題の
種があるように思えます。

まあ、結婚するかわからないのに、無駄な
心配は不毛です。

ユーザーID:3709630523
聞くしかないよ
minon
2018年10月3日 9:07

奢りとか割り勘とかそういうことは全く関係ないですよ。
家計のあり方は、家の影響もありますし、昨今の考え方に影響されてるかどうかにもよる。

夫は完全割り勘、結婚前はどちらかというと私が出すほうが多い感じでしたが(趣味が多くてお金がいつもなかった)、家がそうだったせいか、結婚したら全部を私に任せるようになりました。
私が全家計を管理してますが、夫の口座と私の口座から同額の生活費をいただいて、あとの残りは夫も私も好きなように使っていいことにしています。残りがない場合(大物家電買い替えなどで)「ないよ、今月は使えないよ」というと「うん、じゃあ使わない」と1円も使わず生活してくれる人です。

考え方を聞くしかないです。

ただ、生活費を渡す感じでも、あなたのお父様のようにいい加減な人は稀です。私の両親は生活費を渡す形でしたが母が貯金できるくらい十分な金額でしたし、仕事を定年して次の仕事をする前の間もちゃんと生活費を母に渡してました。子供のための学費は別で積み立てており(学資保険も払ってた)、その都度母に説明があったようです。

稼ぎを渡す渡さないじゃなくて、仕事を辞めちゃったり、勝手に自営にしたり、収入少ないときに妻に相談しないお金にルーズな考えの人じゃないかを見極めましょうよ。

ユーザーID:1406199697
確かめるのではなく
緑鍵盤
2018年10月3日 9:29

あなた方が結婚したあとの家計管理をどうするかについて、

 あなたと彼が相談して決めることです。
 あなた自身にも50%の議決権があると思ってください。
 是非とも結婚前に話し合ってください。
 その話し合いの結果が満足できないなら、結婚しない自由があなたにあります。
 面倒で気疲れのする話し合いだからといって先送りしてはいけません。
 

家計管理はとても重要な事項です。
短期間だけのルームメイトや同棲とは異なり一生を添い遂げるのですから。


私のお勧めは「同一財布の共同管理」です。
妻(夫)に財布を預け、まかせるなんのはダメです。
 

双方の収入をすべて同一財布にいれ、
双方のお小遣いはそれぞれの生活パターンに合わせてあらかじめ合意する。
日常的な生活家計の予算を決めてその中でやりくりする。
特別に大きな支出(車買うとか旅行にいく)は夫婦で話し合って意思決定する。
残りは将来に備えた貯金(教育費、マイホーム、老後)とする。

これらを、夫婦の合意のもとに行うのです。
もちろん、適宜見直しても良いでしょう。


それぞれが自分の収入を管理ってのが最近の若いご夫婦では一般的になっているようですが、「将来に備えた貯金をパートナーがしていなかったとき」のことを心配します。
アリとキリギリスが夫婦になったときでも、アリにはキリギリスを扶養する義務があります。パートナーをキリギリスにしてはいけません。

なお、ご夫婦のどちらも高収入がずっと継続する見込みで将来への貯金なんてのは心配するに足りないっていう状況なら、上記には当てはまりませんので無視してください。


※預金名義がどちらかなんてのは些末な問題です。
 お互いに勝手に使わないってのが「ご夫婦のルール」ですから。
 古来「法は家庭に入らず」といいます

ユーザーID:3916875967
貴女への不信感
ハロン
2018年10月3日 9:33

結婚後の家計については、一般論としてでも彼と話してみればいいと思います。
「昭和の時代は妻が夫の給料を全額受け取って夫は小遣い制みたいな家庭が多かったようだけど、最近は違うようね。」「私はこう考えている。」みたいな話を、「一般論」として語り合うことは可能なのでは?

貴女は結婚後も働いて収入を得る気があるのか無いのか。そういうことも彼に話しておけばいいと思います。彼も貴女との結婚の可能性を考えているなら、その点に関心があるだろうから。

そして彼と語り合うことは「結婚後の家計の分担について」であり、「彼からどのように給料を渡してもらうか」という話では無いと思いますよ。

まともな妻は、仮に夫の給料を全額受け取っても、「遊びや散財に使う」なんてことは考えもしません。「使うつもりはありません」と言うが、貴女がそもそもそういう発想をしている時点で私なら不安を感じる。
デートの時の話にしても、何か、男性から金を出してもらい、自分は懐を傷めない、楽をすることばかりが前提にあるみたいで。


貴女のお母さんのことも、一見、被害者のように聞こえるけど少し考えたら「収入が少ない時は、妻に少ない金額しか渡せない」のは当然の話で、そういう状況が長引けば妻は自分も収入を得て家計を助けることを考える、或いは、自営なら収入にばらつきが出て当然、少なくなった時に備えて母は日頃から蓄えておくことを考えてなかったのか、蓄えられるほどの生活費をはじめからもらってなかったのなら、「不時の際の備え」について夫と話し合っておかなかったのか疑問を感じます。

貴女は基本的に「家計を支えるのは夫一人の責任」と考え、自分は積極的に遣り繰りの努力をせず夫だけに責任転嫁みたいな発想の印象で、貴女の方にこそ不安を感じます。互いのために話し合っておいた方がいいよ。

ユーザーID:4010391358
印象は「嫌な女」
OKOK
2018年10月3日 9:40

>稼いだ分を渡してくれたら生活費は勿論、保険料や積立金等に回したいと考えています。遊びや散財に使うつもりはありません。

当然の事を「いかにも」みたいに言われてもね・・・だったら、自分で稼いでいたら?と思いますが?

あなたの母親は専業主婦だったのですか?

>うちの父は母に、稼いだ分から生活費だけを渡すような形でした。

普通でしょう。稼いだ分しか渡せないんだから、、自営なら当然、全額家庭なんて「ありえない」話ですよ?大丈夫ですか?

>無職の際には生活費は無し、自営で収入が少ない時も生活費は少ない金額しか渡してくれませんでした。妹の進学にも影響がでたほどです。

無職でどうやってお金わたすのよ・・・何言ってるんだろう?
稼ぎが少ないなら生活費も少ないのは当然でしょう?

稼ぎが少ないなら少ないなりに生活するのは当然だし、不安なら母親が働きにでればいいだけの話

だたたんに、あなたの両親が悪いだけの話を何故彼にシフトするんですか?

あなたは、両親の二の舞にならないように「自力で稼ぐ」をモットーにして結婚すれば良いだけの話です
何故、相手の稼ぎを奪おうとするんですかね?

よくよく考えた方が良いですよ・・「お金に執着」していますよ

ハッキリいえば、あなたよりキツイ家庭環境の方は沢山いらっしゃると思います
そんな方は、「最初から相手の稼ぎなんかあてにしない」と思いますよ
結婚してもキッチリ働いて自ら「安定」を目指すと思いますけどね

ユーザーID:9055572363
同じ
たか
2018年10月3日 10:04

例えば彼の手取り給料が50万円あったとして、
生活費として30万円渡したするなら、残りの20万円が小遣いです。
彼の小遣いが20万円だとするなら、残りの30万円が生活費です。

どっちも同じですよね?
トピ主の疑問がどこにあるのかわかりません。
(あるとすれば昇給したときの扱いの違いですがそこもルールで決めれば同じです。)

また、結婚は二人の生活なのですから、老後資金や教育費は「二人で」貯めるものです。
まず、いくら貯める必要があるのかを調べましょう。
そしてそれを貯めるプランを考えましょう。
最期にその貯金をどちらが負担するのかを考えるのです。
負担ができないなら最初のプランを考えるところからやり直しです。

まず「全額私が預かります」ではうまくいかないことがほとんどです。
妻が財布を握っている家庭は「夫から依頼されたから」です。

家計管理は妻がする必要性はありません。
「どちらか一人がしなければならない」という考えであれば、夫に妻の全給料を渡しても問題ないはずです。できますか?

いずれにしても依頼される前に「全部渡せ」では成り立ちません。
そんな考えが見え透けた段階で私なら破談にします。

ユーザーID:8494186331
 
現在位置は
です