現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

いくら単語を覚えても英語が理解できないのを助けてください

情けない単語おじさん
2018年10月4日 14:34

はじめまして

定年後の趣味で英語の勉強を始めました。
はじめは中学・高校の英文法を徹底的に勉強し、その後、あらゆる類の単語集を覚えましたが、英語を聴いて理解できません。英文を読むにしても、日本の英字新聞は理解できますが、The Economist等は殆ど理解できません。

英検は準一級どまりで、一級はリーディングとリスニングが仇となっています。
語彙と英作文は毎回ほぼ満点を取れるのですが、読むにせよ、聴くにせよ理解力が薄くてとても悲しくなります。

これら弱点を強化するために、通訳学校の敷設の英語コースに通ってリプロダクションを毎日1時間やっていますが、初見の英語を聴くとその場で一瞬理解できたと思っても実は全然理解できていないことに気づきます。

とても情けない気持ちになります。
単語暗記をしてばかりいても仕方ないのに、勉強の大半の時間は単語を暗記したくなり、勉強の仕方が偏っているとは思いますが、読む・聞くが苦手なため、つい逃げてしまって手薄になってしまっています。

最近は日本にある単語集(旺文社のパス単英検一級の現在のバージョンと旧バージョン、ジャパンタイムズの英検一級単語集現バージョンと旧バージョン、植田一三先生の単語系の本すべて、ALCの12000語、野崎成文先生のハイレベル英単語、超ハイレベル英単語を覚えましたが、それでもなんだか英文の理解力が弱く、ジャパンタイムズ社説集を英文で読んだ後に和文を読むと理解が間違えていることによく気づきます。

英語のボキャブラリービルディング本(Basic Word ListやWord Smart等)も読んでいますが、それでも理解力が上がりません。

もう定年退職をしているので時間はいくらでもあります。なんとか生きている間に英語の理解力をあげて英語の雑誌や新聞を楽しめる老後を送りたいので、英語に堪能な方、助言をどうか下さい。

ユーザーID:8608110612  


お気に入り登録数:107
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:37本

タイトル 投稿者 更新時間
ヒマそうだから提案
MFT
2018年10月4日 15:51

ちょっと治安の悪い町(デトロイトとかコベントリー)のはずれに三か月、家借りて住んでみたら? 運転できないんならロンドン近郊とか。

物価はちょっと高いけど、通訳学校の月謝考えるとね。
ニッポンにいても飯は食うわけだから。

英語はリズムで聞く言語だから、慣れれば、大丈夫じゃないかな?
(別に英語の雑誌や新聞を楽しめなくてもいいんじゃないかな)

ユーザーID:3266960748
英語は学問ではない
元公務員
2018年10月4日 15:54

と思っています。英語圏に行けば3歳児でも英語で会話。
小学生で読み書き、日本語もそうですが。
英語に限らず言語はコミニケーションツールですよね。
在米生活が長かったですが文法を考えて話す事はなかった。
CNNを聞き流していたらどうですか?

ユーザーID:1993395307
別言語をやってみれば
青い太平洋
2018年10月4日 17:56

トピ主さんにアドバイスできるほど英語が出来るわけではありません(多分同じくらい)が、書いてみます。

まずは、哲学と宗教(と、できれば西洋史)を勉強することです。自分が未着手なんで偉そうに言えませんが、仕事絡みで知り合った方からそうアドバイスされました。その方は国際的な学会などで理事なども務めていて、もちろん英語で丁々発止の議論をされる方です。「それ以上に英語力を伸ばしたければ教養を積め」と言われました。

英字新聞や英文雑誌にしても、確かに実用的なレベルであれば準1級プラスアルファくらいで理解できると思います。実務レベルなら困ることはないです。しかし、深みのある文章やウィットに富んだ表現に付いていくのは無理ですよね。その欠けた部分が、キリスト教や西洋史、哲学で補える、と言うのです。私も時間できたら挑戦したいです。

あと、今、実は中国語をやっているんです。50過ぎて始めたんですが、これがオモシロイ。全くのゼロからですから、「言葉を習得するプロセス」をゼロからやるわけです。まだ旅行会話レベルではあるんですが、そこで得た知見も英語学習に役に立つと思います。思ったのは、「単語だけ(単語帳で)一生懸命覚えても、それだけじゃ足りない」という事です。いろんなシチュエーションで使わないと定着しないんです。覚えた単語を様々なシチュエーションで読んで、使って、始めてその単語の持つ輪郭というか、本来の意味をちゃんと「つかむ」事ができる。英語でも2級くらいの時に多読や多聴で経験したはずが、すっかり忘れてるんですね。そういう事を思い出す意味で、もう1カ国語(しかも、できればゼロから)やられてもいいかもしれません。

参考になったかどうかわかりませんが、応援します。

ユーザーID:1401634873
楽しくやりましょう!
mic
2018年10月4日 20:17

英語のお勉強素晴らしいですね。ですがなさっていることは苦行のようですね(笑)

英検一級の問題で語彙が満点とはアメージングです!英語使って仕事してますが、英語一級の単語ってビジネス英語ではあんまり見かけませんね(笑)

ゴールをどこに定めていますか?英検一級ならリスニングを強化しないと。トピの最後に書かれているように新聞雑誌なら、リスニングよりも読解に注力するなど絞ってはいかがですか?新聞や雑誌を日本語と同じレベルまで理解するのは大変です。ひねりを効かせた表現やわざと小難しい言い回しをしたりしますよね。8割方理解できれば良しとしませんか? ニューズウィークを定期購読して、5、6年続けたら理解力も上がるでしょう。ちなみに知り合いは、仕事でアメリカに住んで15年経った頃に、母国語の日本語と英語のレベルが同じになったと実感したそうです。

あとは当たり前の事ですが、母国語以上の理解力にはなりません。日本語で理解できない内容の物は英語でも理解できません(笑)語学力の不足なのか、そもそも日本語でも理解できないのか区別する必要がありますね。

たまには楽しく英語で映画や海外ドラマなど観てはいかがでしょうか?今の学習は切羽詰まった受験生のようですね。楽しくやりましょう!

ユーザーID:7337760898
小説
B
2018年10月4日 20:39

娯楽のものから入るのは如何でしょう。

小説、映画、TV番組、ニュース。私は学生の頃集中力が欠けていたので、耳だけに頼るラジオで耳を鍛えました。

リーディングに関しては、とにかく数をこなす。アメリカの学生もそうしてますよ。

因みに私はNY TimesのMetropolitan Diaryが好きで、オンラインで読んでいます。Op Edも。一般人によって書かれている為、読みやすいですよ。

ユーザーID:4213531146
レスありがとうございます。
情けない単語おじさん(トピ主)
2018年10月4日 20:43

補足させてください。

3年前に定年退職した時は英検は2級、TOEICは450点でした。
娘が英語圏の方と結婚したので、その方と知識人相応のレベルで恥ずかしくないようにやり取りしたいのです。

英検準一級、TOEICは920点まで何とか伸ばせましたが、英語圏で生活したこともなければ、在職中に英語は一切使わなかったので、この年齢になって英語を努力する羽目になりました。もっと若いころから真面目にやっていれば娘にも恥ずかしい思いをさせないですんだのに。
悔やまれますが、今から精一杯努力したいです。

英文を読み聴きする時にとりわけ苦手なのが、文法の本で系統的に取り上げられていない盲点です。後で調べてやっとわかった "much less", "no more than, not more than, no less than, not less than", "if somewhat", "if anything"等など。最初の二つくらいは文法本にありますが、後半の二つは私の手元の文法書でパッと見つけることができませんでした。

読み聴きするのが難儀で毎日1時間くらいしかやらない→上達しない、というサイクルなのだと思いますが、どうにも自分の悪い点で読み聴きが躓くとすぐに語彙や文法力が不足しているせいだと思い、暗記に走ってしまいます。こういう点を直さないといけないし、自分の好きな分野だけでなくアカデミックな分野も読めるようにしなければならないのですが、難しいです。

だめなおじさん(というかもうおじいさん)なりに意地を見せて墓に入る前までになんとかしたいし、娘と義理息子と知的な会話をできるようにしたいのです。

よろしくお願いします。

ユーザーID:8608110612
単語は発音できますか?
匿名ですが何か
2018年10月4日 23:33

語彙力はあるとのことですが、
意味のわかる単語は、全て正しく発音もできますか?
単語を覚えるのが好きなら
一緒に発音も正しくできるように覚えてください。
当たり前ですが、自分で発音できない単語を聞き取るのは難しいです

もともと語彙力のある人のほうが、スピーキングもヒアリングも上達し始めると
一気にあがります

がんばってください。

ユーザーID:6138138729
ネイティブでも難しい領域に入っているのかと…
めろん
2018年10月5日 1:03

アメリカ在住の医療従事者です。
トピ主さんの努力には頭が上がりません。
私もレスしてる場合じゃなくもっと頑張らなくてはと思いました。

トピ文から感じたのは、トピ主さんの読みたい文章はThe Economistなどネイティブにとっても高度な文章・専門的な領域なのではということです。

日本では国民の日本語のレベルは一定の水準まで教育されていますが、例えば私のいるアメリカだと教養の差で知っている英単語の差が全然違います。
私は医療人なので医療的な話(でも日本人なら皆テレビで知っている程度)を話すと、一般のアメリカ人は「W..What was that?」となります。
医師や看護師に言うとすぐ理解してもらえるので、私の発音や言葉選びの問題ではないのです。
私の持っている医療の本をネイティブの友人達が読んでも文章の理解ができませんでした。

ということで、トピ主さんがそれほど落ち込む必要はないということをお伝えしたいです。

まずは、政治経済など読みたい分野の専門用語に絞った英単語に取り組んでみてはいかがでしょうか。

また、知っていることを英語で読むとスーッと頭に入ってくるはずです。
先にその分野のニュースを日本語でざっと読み、次に英語で読む、という今までと逆の順番で読んでみます。
アハ体験のように「わかった!」が増えて行き、繰り返すことによって、知らない事も英語で読めるように訓練されます。

そして、聴く力ですが、これは英語音声に英語字幕で映画などを観ると鍛えられます。
トピ主さんの場合は政治経済に関連するような内容の番組、ニュースなどがいいですね。

トピ主さんの努力と情熱は素晴らしいです。
私もちゃんと勉強します…。

ユーザーID:8860905203
好きこそものの上手なれ
flower
2018年10月5日 3:50

在米です。

>日本の英字新聞は理解できますが、The Economist等は殆ど理解できません。

これには理由があるのでしょうか?例えば、日本の英字新聞は、日本の時事問題や、日本でよくとりあげられている海外の問題を扱っているので、トピ主さんはすでに予備知識を持っており、内容もすらすら入ってくる。それに対してエコノミスト誌などは日本ではあまり話題にもならないような米国のディープな国内問題を議論しているので、トピ主さんにはとってはとっかかりがない。

とか??

時事問題は難しいです。なぜなら「旬」があって、今この瞬間みんながその話題でもりあがっている、という前提で、新しい言葉、独特の言い回し、さらには略語が頻々と飛び交うのですから。

例えば「blue」という言葉を知らない日本人はいませんが、株や経済の知識がないと「 blue chip」が何だかわからないし、2018年の米国内の政治状況を理解していないと「 blue wave」と言われても何の話かさっぱりでしょう。どちらも、「blue」という単語を暗記しただけで、英語の文章を自動的に理解できるようにはならない例です。

でも、暗記が好きなのは全然悪いことじゃないと思いますので、「時事問題」「雑誌」などとあまりに大きく風呂敷を広げず、まずは興味分野を絞って続けてみられては。例えば「経済」でも広すぎるかもしれないなので、「貿易」「IT」ぐらいのピンポイントで。私も仕事から英語に入ったので偏ってましたよ。「memorandum of understanding」はわかっても、「みじん切り」は英語で言えませんでした。でもなんとかなります、とっかかりさえつかめれば。がんばってください!

追伸。当面は、エコノミスト誌クラスではなくもっと読みやすいものを選んだほうが成果があがるのではと思います。

ユーザーID:4321504042
私の経験では
ももか
2018年10月5日 12:51

自分一人で勉強していると必ず壁にぶち当たります。
多分一人では超えられない。
お金がかかってもいいなら、私の経験では、翻訳教室がいいです。
プロの翻訳家を養成するところ。
ただしそこへ行っても、実際にプロになれる人は100人に一人ぐらいしかいませんが。
単語を覚えるだけでは解決しない問題が横たわっているんですが、それはネイティブでないものが一人で解決しようと思っても無理です。

ユーザーID:1072881042
もう一言
ももか
2018年10月5日 12:57

それと、外資で英語を使って働いている友人に言わせると、英語をまともに話したいなら、英検1級は取れて当然、みたいです。
確かに私も英検2級は持ってますが、英語は単なる暇つぶしでやってるだけで、ろくに喋れません。
反対に言うと、2級なんて私レベルでも取れるという事です。
ちなみに私はほかの外国語をやっていて、そちらは1級持っています。
それで日頃から思っているのは、日本のこの手の検定って、1級以外はほんとに意味がない。
3級、4級なんてなると中学生ぐらいにその言葉に興味を持たせるためというならまあわかるけど、それ以外では何でこのレベルの検定が存在するのか、首をひねる程です。

ユーザーID:1072881042
たぶん
さくら
2018年10月5日 13:11

> "much less", "no more than, not more than, no less than, not less than", "if somewhat", "if anything"等など

わかりますよ。英語の文章は、このような二重否定のような表現が頻繁に登場しますよね。慣れていないと、本当にわかりにくいです。ということで、要は「慣れ」が大事です。このような面倒な表現でも、何回も接しているうちに理解できるようになってきます。

わたしは、本を読むことと、海外ドラマを見て学習に役立てています。本は、推理小説だったり、SFものだったりです。もちろん、英字新聞や英語のニュースなども学習効果は高いのですが、日常生活からは少し離れていますよね。その点、小説やドラマでは日常生活の場面も出てくるので、もっと身近に感じられる英語に触れられます。映画でもいいのですが、ドラマのほうがシリーズで何本も見られるので、英語を聞き取りやすくなるのでおすすめです。そして、気になった表現などはノートに書き留めています。

わたしもまだまだですが、おたがいに頑張りましょう。

ユーザーID:4445087108
必要なのは学習ではなく訓練
テナガエビ
2018年10月5日 13:35

トピ文には「なんとか生きている間に英語の理解力をあげて英語の雑誌や新聞を楽しめる老後を送りたい」とあり、その後のレスには「娘と義理息子と知的な会話をできるようにしたい」とありますが、重要なのはどちらでしょうか。
前者と後者では、目指すところも、強化すべき部分も違うと思います。

ただ、いずれにしても、他の方も書いている通り、語学というのは学問ではなく単なるスキルなので、もちろん最低限の語彙の暗記は必要ですが、あとは場慣れと反復訓練、実地練習あるのみです。

「雑誌や新聞を楽しめる」が主眼ならとにかく量を読むこと、会話が主眼なら生の英語に実地に触れてみる、実際に英語でコミュニケートしてみることです。
それも、分からない部分があることにこだわってそこで立ち止まらず、理解度そこそこでも分からないところは取り敢えず飛ばしてどんどん進めてしまうことです。

語彙力をそこまで強化できたのなら、NHKのラジオ英会話のテキストを丸ごと暗誦するのも手だと思います。
必ずネイティブの発音を真似て声に出し、CDを聴きながらテキストを見ずにそれを追いかけて自分でも発音してみる(シャドウイング)、それがテキストなしでできるまで覚えてしまう、など、意味はともかくフレーズが口についてしまうくらい反復することです。

繰り返しますが、外国語の習得は学問ではなくスキルなので、必要なのは学習ではなく訓練です。
訓練の過程では間違いも理解不足も当然出てきますが、そこでくじけていては先に進みません。
外国語が母語のように聞き取れない、話せないのは当たり前なので、適当でもいいので走りながら少しずつ向上して行けば十分です。

ユーザーID:5537963725
頑張ってますねえ。
もみじ饅頭
2018年10月5日 15:15

ほんの短い間にずいぶんと上達なさったと思います。

さて、私は、アメリカで30年余り暮らしています。夫も日本人で、日本の大学を出て一旦企業の研究所に就職した後、アメリカに留学しPhDを取得。こちらで就職。以来、ずっと地球物理の基礎研究に従事し、当然ながら英語で論文を書いてました。

その夫の好きな雑誌がエコノミストです。

が、彼曰く、エコノミストの文章は難しい、と。すなわち、欧米の歴史、文化、文学、そういったもの全般の教養が無いと読み解けないことが多い、と。つまり、引用されている言い回しや文章の出典を知らないと話の落ちがつかめないときがある、というのです。そういうことは、一般の小説を読んでいても、普通の雑誌を読んでいても起きることですが、エコノミストはそのレベルが高いそうです。

さらに、どなたかのレスにもありましたが、キリスト教(=聖書)を知らないとついていけない文章もたくさんありますね。

ですから、今はエコノミストが理解できなかったとしても、その内にね、と受け止めましょうよ。少なくともトピ主さんは、短い期間に準一級を取り、TOEICで920点の成績を修められました。すごいことですよ。

さて、聴き取りについては、経験をたくさん積むことでしょうね。ニュースだけでなく、映画を英語音声にして見るのもいいですよ。DVDなら、聞き取れなかったところを何度も繰り返せます。

ワン・センテンスずつ、今聞いたことを文字で書き表せるように練習なさるのがいいと思います。そして、セリフなど、同じように発音してみる。

物事を学習するとき、「習熟」はスパイラル状に上っていきます。遠回りをしていて全然上達をしていないように思えても、英語の小説を読んで身に着けた言い回しが突然ニュースの中で耳に引っかかって来て、そのとたんに前後の言い回しも聞き取れるようになる、ってなことが起こりますから。

ユーザーID:2872142168
ありがとうございます!
情けない単語おじさん(トピ主)
2018年10月5日 19:07

皆様

返信をいただきましてありがとうございます。
大変示唆に解いた助言や指摘をいただき感謝しております。

MFT様、
確かに一度は住んでみるのも良いですね。
実は10月からの通訳学校のコースの受講料をすでに入金済でして、3月まで受講予定ですが、これが終わったら短期の滞在を考えるのも良いかなと思っております。

元公務員様、
CNNやBBCを聞くのは確かに効果ありますね。
実は今も一日2時間くらいは最低でも視聴しております。
背景知識のある米国の政治やブレグジット関連は聞き取れるのですが、生の討論番組や、インタビュー等になるととたんに理解度が落ちて全然わかりません。もっと聞き込みを増やしてみようと思います。

青い太平洋様、
おっしゃる通り、まさに哲学、宗教、西洋史の知識が弱いので比喩が理解できない時が多いです。
少し前から西森マリー氏の『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』を読みつつ、エクセルで言い回し集を作成し、印刷したものを眺めております。
また、Jostein Gaarder の Sophie's World を一章ずつ和訳を読んでから英語版を読み、かつ、CD Book で該当する箇所を聞くという勉強をしておりますが、人文系の知識の不足をひしひしと感じています。
他の言語を並行して勉強するのもよさそうですね。

mic様、
アメリカに住んでいても日本語と同じレベルになるには15年かかるんですね。語学をマスターするのは大変ですね。
確かにドラマや映画は見ていませんでした。なんとなく実力がつくまではお預けにせねばと勝手に自分を律していましたが、その実力をつけるためにむしろ楽しく勉強するのは大事だと気付かせていただきました。

ユーザーID:8608110612
ありがとうございます!(2)
情けない単語おじさん(トピ主)
2018年10月5日 19:16

B様、
NY Times のMetropolitan Diary、さっそく先ほどアクセスしてみました。
意外ととっつきやすくて読みやすくて、面白かったです。(10月1日の最新記事と9月24日の記事を拝読しました。)
ありがとうございます。

匿名ですが何か様、
音声は実はたまに間違えて覚えています。
基本的にCDがついている本をメインにして勉強しているので、必ず音と例文を流して、リピートして覚えるようにしていますが、結構な頻度で自分の想像していた箇所と違うところにイントネーションがあったり、フランス語やラテン語から来た単語はたいてい、思いもしない発音をしていて驚きます。
これからも音声は重視して覚えたいと思います。

めろん様
日本語を先に読んでから英語を読むというのはとても良いアイデアですね。さっそくジャパンタイムズ社説集を読むときに実践してみます。
また、英語字幕の映画も明日にでもレンタルしにいきます。
医療系の用語は複雑で本当に大変そうですね。
あれは語源を覚えないとダメだと聞きますが、多すぎて挫折しました。
それを仕事で使われているのは尊敬します!

flower様

The Economist、やはり難しいですよね。早く上級レベルに行きたくて焦りすぎました。おっしゃる通りもっと読みやすいものを読むことをしようと思いました。
英語は色を使ったイディオムや口語が結構ありますね。日本語の色のイメージと英語の色のイメージが異なるので、結構戸惑いことがあります。
yellow journalism, tickled pink, purple prose等は最近になって初めて知りました。

ユーザーID:8608110612
ありがとうございます!(3)
情けない単語おじさん(トピ主)
2018年10月5日 19:27

ももか様、

英検一級は、やはり最低レベルとして必要なのですね。
ほかの外国語で一級をお持ちとのこと。情報が少ない中、そのレベルに到達されたことが素晴らしいです。
そして翻訳スクールに通うのも効果ありとのこと。大変興味深いです。
現在通っている学校に翻訳のコースもあるので、いつかもっと実力がついたら勉強をさらに深めるため、通ってみたいです。

さくら様、
私の悩み(?)をご理解してくださり、ありがとうございます。
やはり慣れなのですね。頭で理解していても、次に似たような文章を見た時に今はすぐに用法を思い出せていません。絶対的なインプットが欠けているからでしょうね。
本やドラマ等を通じて英語の接点をもっと増やしたいと思います。

テナガエビ様、
英語の理解力を高める&知的な会話を身に着ける、を分けて考えたことがなかったので、新たな観点を教えていただけました。
分からない部分をある程度飛ばすというのが、これまでできていなかったので、それも意識したいです。(わからないと、やっぱりだめだ!と思ってインプットを中断することが多々あります)

もみじ饅頭様
地球物理学とは、またとても難しそうな分野で論文を書かれておられるなど、もはや私のレベルからは想像を絶する世界です。
そのような方からしてもエコノミストは難しいと伺って、少しほっとしました。
ワンセンテンスずつ聞いたことを書きだすというのも、効果がありそうですね。一級の英作文を勉強した時は、音声なしでとにかく模範解答を1日に5題、各3回ずつ写経しましたが、この時に音声を伴った形でやればよかったと痛切に後悔しています。
でも、これから聞いて書くという手法を取り入れてみます。

引き続き、いろいろな方のご意見を賜ることができれば幸いです。小町の皆様は英語に堪能でおられるので、質問して良かったです。ありがとうございます!

ユーザーID:8608110612
色々教えていただいたお礼に私からも
情けない単語おじさん(トピ主)
2018年10月5日 19:38

今日のこの時間の段階ですべての方にお返事を書いたつもりでおりますが、もし、書けてない方がいましたら大変申し訳ありません。

一方的にいろいろ教えていただいたのも恐縮なので、最近買ってみてよかった本とCDを共有させてください。

Kazuo Ishiguro氏の"Never Let Me Go" の書籍版と、CDブックは特に気に入りました。
とりわけ、声優さんの朗読が素晴らしいのです。一人でいろんな人の役を演じているのですが、話し方や声の使い方がうまくて、美しいイギリス英語にうっとりします。
時々ささやくように話したりするので、難易度が高いのですが、だからこそリスニングの良い練習になりました。
これはどうやら過去に日本でもドラマになったらしいですね。

また、アメリカの女性牧師 Joyce Meiye氏の "Battlefield of the Mind"という本およびCDは、ノンクリスチャンで聖書の知識がない私にとっても生きる知恵をわかりやすく与えてくれました。

いずれも本とCDは別売りですが、私が特に聞いてみてよかったなと思うものです。
後者の本は、人間の心や頭の中にある思考を聖書にあるアイデアを利用してうまくコントロールして、より良い人生を生きて、悩みを解決するための作品でした。アメリカ英語の典型で、本を読まないと聞き取れないのですが、キリスト教系の知識をインプットするのには今のところ一番とっつきやすかったです。

あとは…
すみません、今はぱっと思いつく感動的な教材は浮かびませんでした。
おいおい思い出したら共有させていただくかもしれません。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:8608110612
そういえば、文法について
情けない単語おじさん(トピ主)
2018年10月5日 19:51

何度も投稿してしまい、すみません。
実は英語に関する悩みがもう一つあります。英語を話す時に、冠詞や前置詞、単数複数や時制のミスが出ます。
特に何度勉強しても、a, theを使いこなせません。また、助詞・助動詞を効果的に使えなかったり、何度対訳本を読んでも自分の脳内ではそれらの用法を無視して曖昧な理解をしていることに気づきます。
倒置や強調はだいぶ例文を暗唱したので、そんなに間違えないと思っていますが、会話になるととてもいい加減な英語を話しています。

いつか受けたい英検一級2次試験の対策として、自分で想定問答集を作ってスピーチを録音して聞いているのですが、書く時にはおかさないようなミスをしまくっていて、本当に自己嫌悪になります。有名どころで English Grammar in Use を3回くらい通しでやりましたが、今一つ。しくみはだいぶ理解できましたが、使いこなせていません。

話すときに正確な英文法を維持するにはどうすれば良いのでしょうか。
本当はそこまで気にしなくても良いのでしょうけれど、娘の夫の家庭が非常にアカデミックなバックグラウンドを持っており、たまに来日して話すときにこの英語だと本当に恥ずかしいと思ってしまうのです。(娘にも英語はちゃんとマスターしてねと言われました)

もし、話す際の文法を強制するような本があればぜひ教えてください。
ちなみに、今は学校の先生の指導でリプロダクション(一文を流したらテキストをみないで一文を再現する、できるまで何度でもやるという訓練)をしていますが、一回で正確に再現できるのはせいぜい16ワードまでで、20ワードを超えるととたんに理解が中途半端になり、正確にはアウトプットできなくなります。これも自分で録音機を使って毎日チェックしているのですが、かなりミスをしています。

ユーザーID:8608110612
The Economistは難しかった
老人
2018年10月5日 20:13

昔、現役時代の話です。FTやWSJは割と楽に読めました。NYで仕事していた時は、NY Timesも良く読みました(business欄政治欄は読めましたが、sports欄は難しかったです)。英語での議論やプレゼンも結構好きでした。しかしThe Economistは何年か定期購読しましたが、かなり辞書を使わないと読めませんでした。読みたい記事が沢山あったのに、苦痛でした。それが私に比べ数段英語力が高い友人は、「The Economistは読みやすい良い英語。質が良く、好きです」と言っていました。英語力の違いですね。彼は某国際機関の幹部で、必要があれば日本の偉いさんの通訳を公式にこなせる英語力でした。どうしたらよいか? 力を付けるしかないです。

ユーザーID:0796408279
 
現在位置は
です