現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ペットの災害対策してますか? 携帯からの書き込み

猫3匹
2018年10月4日 16:17

山形に住んでおり、猫を3匹飼ってます。私自身、災害にあった事がありません。震災の時も停電、断水程度。県内では、大雨が降れば、浸水する地域もありますが、幸い実家も今の家も、今のところ天災ゼロです。

最近の台風や地震で、やはりペット用の災害対策をしておいた方がいいと思いましたが、何をどこまで用意すれば良いのか、分からなくなって来ました。自分1人の時に猫を3匹連れて脱出するのに、大型のリュックタイプキャリーに2匹、斜め掛けのキャリーに1匹、ポータブルケージ、ポータブルトイレ、砂とシーツ、餌、水、ハーネス、タオル、ガムテープ、マジックをとりあえず用意してます。市販の餌で血尿が出るので、餌は常に1ヶ月分ストックしてます。

しかし、ペットを連れて避難しようにも、同行(同伴)避難可能な所は、多くないんじゃないかと思うのです。私の最寄りの避難所はたくさんありますが、県のホームページで確認しても、市内の避難で、ペットの明記は一切ありません。県内南部ではペット同行避難について書いてますが。確認しなければと思ってます。

夫には、そんなに心配しなくても大丈夫だと言われてますが、備えあれば憂いなしと言いますし、準備しておく事に意味があると思うのです。無駄になれば、それに越した事はありません。

ペットを飼っている方、いざという時、ペットを連れて避難出来るように準備していますか?また、これは用意しておいた方がいいよ、という物はありますか?また実際にペットを連れて避難訓練した方がいいんでしょうか?ペット、ペット用品、人間用を持つと結構な重さです。

ご意見、アドバイス宜しくお願い致します。

ユーザーID:9370449685  


お気に入り登録数:39
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:8本

タイトル 投稿者 更新時間
避難準備よりも自宅生活の対策を重視しています
猫遣い
2018年10月4日 18:20

避難時の携行品も考えなきゃだめですね。我が家は、そこまで対策していなかったなあ・・・。

していることと言えば、6つぐらいです。

1.完全室内飼育(普段の外の危険に配慮するのは勿論、災害時、外に探しに行けないため。)
2.タワーケージの固定(地震転倒防止。天井からつっぱり棒で固定。)
3.キャリーケース(通院用にも使用中。普段から出入り出来る場所に置いて、猫に馴れさせる。)
4.マイクロチップ(家屋倒壊による脱走時の対策)
5.首輪の準備(連絡先電話番号付。但し首つり事故に配慮して普段は未装着。たまに着けて馴らす。)
6.餌と水の備蓄(人間用と一緒に管理。)

うちの子は、地震が来ると、抱っこされていてもポン!と私の腕からすり抜けてタワーケージに入ります。
そこが安心・安全だと思い込んでいるようです。そのため、ガッチリ固定しています。
長時間眠る時もタワーケージに入れます。他の場所は、地震による棚からの落下物などが心配なので。

>ペット同行(同伴)避難可能な所は、多くないと思うのです。

我が家は、他家様に迷惑を掛けたくないので、極力、車中泊したいです。
過去の被災時は、震度6強で建物被害無しのため、自宅生活でした。

近隣には、斜面・河川・火山・海・原発などがありません。
震度7以上や火災でもない限り、避難は無さそうです。
よって、避難訓練はしたことがありません。

でも「自宅で震災時と同じ生活のシミュレーションはしたほうがいいね」と家族で話しています。
水道・ガスなどのライフラインを使わずに生活するというものです。
太陽光パネル設置の戸建てなので、電気だけは、昼間の自家発電を利用します。

ユーザーID:3322023583
悩みますよね‥…。
reko-Lime
2018年10月4日 19:16

荒い目のマット(好んで、爪研ぎします)
フリース(寒くなるので)
折りたたみ式の、ビニール製サークル
下痢便に、『赤ちゃんのお尻拭き』と、猫トイレを拭く『アルコール除菌シート』を使ってます。
ノミ&ダニ避け薬‥いつも2カ月分処方して貰ってます。

今のとこと被害なく、二階で避難?しか考えてなく…
悩みますよね‥…とてもビビリで、他人をめちゃくちゃ怖がり爪を出し逃げるので‥…連れて行けない(涙)

何もナイことを祈りつつ‥…。

ユーザーID:6639959527
肝心の部分が未確認で尋ねられても
maisu
2018年10月5日 3:52

>同行(同伴)避難可能な所は、多くないんじゃないかと思うのです

推測じゃなくて確認しましょう。
不可の所も多いです。
特に猫は犬や鳥以上にアレルギーの人が多いですから。
通常でさえ大変なのに、物理的にも精神的にも弱っている
避難所生活では発症しやすい上にケアも充分に出来ません
からとても危険です。

仮にOKの所でも同じ空間はまず無理。ペットだけ別空間の
一箇所に集められて、になる。
屋外に犬猫別のケージ配置とか。
「同行避難」は「同伴避難」とは違います。
東日本大震災よりは遥かに被害の少ない熊本地震でペット
関連の苦情、トラブルが続出したので国もここを明確にしまし
たよね。


>大雨が降れば、浸水する地域もありますが

>自分1人の時に猫を3匹連れて脱出するのに

ご自宅はその地域内なのですか?
それとも地域外?
浸水の可能性が高いならば避難所移動が必須ですが、そう
でもないならば在宅避難という手もあります。
自宅が住めない状態ならば車中泊ですね。


>市販の餌で血尿が出るので、餌は常に1ヶ月分ストックしてます

「だからこの決まった餌をやりたい」と言うならば避難所
生活は難しいかと。
混乱を避けるために各飼い主が餌をやる事を禁じている所
がほとんどですから。


>夫には、そんなに心配しなくても大丈夫だと言われてますが

ご主人のこれはどういう意味なんでしょうか?
「自分達が被災者になる可能性は低い」と言う事ならば、
それはそれで良いと思います。
でも、被災者になる可能性を考慮した上で「ペットは連れ
出せればなんとかなる」と言う事ならば甘いです。
なりません。
避難所では人間優先です。

とにかく3頭も受け入れてくれる避難所があるか、無いの
かの確認が最優先です。
無いのならば在宅避難を前提に住まいを見直すか、身内や
知人、あるいはボランティア等の預け先を探すか。

ユーザーID:6951145455
ケースごとの想定を
くまもと
2018年10月5日 11:32

お住まいの地域で、どんな災害が想定されるのでしょうか?

内陸部に住んでいて、津波の心配をしてもしょうがない。
まずはお住まいの地域のハザードマップを確認して、どんな災害に備えるべきかを想定して下さい。

地震はどこにでも有り得ます。
これはお住まいの住居によって対策が変わります。
マンションと一軒屋では違います。
一軒屋でも住宅密集地と広い庭がある場合とでは、できる対策が違うのです。

東日本の震災後、行政機関が内部資料として作成したものが、後に書籍として発行されました。
冒頭にこんな言葉がありました。

「備えていることしか、役には立たなかった」
「備えていただけでは、十分ではなかった」

まずは備えから。
何に備えるのか十分に意識して下さい。
備えができたら訓練です。
備えていても十分じゃない場合もあるのだから、実際に猫3匹と荷物を持って、どこまで移動できるのか試してみるのです。
ちなみにウチは10kgのワンコ1匹ですが、当初想定した荷物を持って移動できた距離は500mにも満たなかった。
実際に被災してアドレナリンが出れば、その倍は動けるかもしれませんが、訓練ではあっという間に手も足も頭も動かなくなりました。
つまり備えても十分じゃないということです。
想定を変えて、備えを変更しきゃいけないということが分かったのです。

備えが全く役には立たないケースもあります。
地震後、火災が迫っていたら?
猫ちゃん3匹をカバンに入れて背負ってなんて悠長なことは言ってられません。
そんな時必要なのは「奇跡を信じる覚悟」です。
再び出会えることを信じて、猫ちゃんを解き放つ勇気を持つことです。

トピ主さんの備えは車が使えることが前提でしょうね。
それはそれで有効ですが、徒歩でしか逃げられない時の想定も必要でしょう。

ユーザーID:6083387800
物量作戦が有効なのは自宅が無事な場合
核大家族
2018年10月5日 16:25

自宅が無事なら備蓄しておいた物資が役に立つでしょう。
だから考えうる限りの物資を備蓄すればいい。

しかし地震で火災が起きたら?
家屋が倒壊しかけて戻れなくなったら?
津波なら?
全部無効です。

そんな場合、ネコ3匹を連れて出ることは絶対に不可能。
無事を祈って脱出口を確保しつつ全力で逃げて下さい。
つまり、通り道のドアを開けて逃げる。
ネコは勝手に逃げること祈りつつ。
逃げる時は緊急避難袋を持てれば持って出る。
身近にいた一匹くらいは確保できたとしても、それ以上は連れ出そうとしちゃだめ。
飼い主が死んでしまっては再会の希望すらなくなる。

別トピで熊本地震の時、ワンコと避難袋だけ持って逃げたという方がいらっしゃいました。
その方は避難袋に車のスペアキーを入れていたので、ワンコを安全な実家まで運べたそうです。
これも有効な対策かもしれませんね。
東日本の時も熊本の時も、動物を飼っている人のシェルターは車が有効なようです。(エコノミー症候群には要注意です)
ということは、ある程度の物資を車に搭載しておくことも良い対策かもしれません。

私は物資の備蓄場所を庭に建てた簡易物置にしています。
母屋が潰れたり燃えたりしたら物資が取り出せないから。
簡易物置なら可燃物は少ないし、倒れたとしてなんとか中の物資は取り出せるんじゃないかと期待してのことです。

ユーザーID:7480908683
なにを置いてもマイクロチップ
江夏
2018年10月6日 8:48

餌や薬などの携行品は持ち出せる量が限られます。
ペットとトピ主さんの身一つで非難する事態もあり得ます。

一番心配なのは、ペットとはぐれてしまうことです。

マイクロチップをつけましょう。
(首輪も!)
私は歴代の猫にすべてつけています。チップがもとで健康問題を起こしたことは一度もありません。
マイクロチップは「はずれない首輪」です。
お住まいの地域の管轄保健所がマイクロチップリーダーを設置していないからと、チップ装着をためらう方もいらっしゃいますが、リーダーを保有した保護団体に保護されるなど、いろいろな事態が考えられます。

ユーザーID:7103038121
トピ主です携帯からの書き込み
猫3匹(トピ主)
2018年10月10日 13:40

アドバイスありがとうございます。
闇雲に災害を怖がっていても仕方ないですよね。地震と河川の氾濫による浸水に備えてます。河川の工事が完了してから氾濫した事はないのですが、それもこれからの異常気象ではどうなるか分かりませんよね。

とりあえず、自宅避難(戸建て)が1番可能性としては大ですが、地震で自宅が倒壊する可能性もあるので、猫にはマイクロチップを入れる予定です。県内には読み取り機が1台しかないのですが、しないよりはいいと思うので、動物病院に相談して日にちを決めたいと思います。

日頃からケージやキャリーケース自主的に入る猫なので、移動は楽なのですが、大災害の時はどうなるか分かりませんよね。猫も異常事態に怯えているでしょう。仕事で不在にしている時もあるでしょう。もしはぐれても、その時は生きて再開出来る事を信じたいです。

万が一の為に、役所にも同行避難、同伴避難を確認しておきます。そして、1度くらいは避難訓練をしてみようと思います。さすがに15キロ背負って1.2kmの距離を歩いた事はないので。

本当にありがとうございました。

ユーザーID:9370449685
うちは4匹
ネコにゃん
2018年10月10日 14:23

絶対に運べない自信がある(笑)
量ってみたら4匹で30kg。
無理です。
完全室内飼いで、野に放てば地域猫に追い立てられて、はるか遠くまで行ってしまうでしょう。

しかし、うちは普段から猫散歩をしています。
胴輪をしてリードにつないで4匹同時に散歩。
避難する時は猫本人に歩いてもらいます。
パニックは心配だけど、他に方法がないです。

避難袋には大きな洗濯ネットを入れておくことをお勧めします。
猫を入れるためです。
あくまでも緊急用ですが、布製でもケージはそれなりに重量があって避難の邪魔。
棒っきれを立てるだけでも簡易ケージになる。
ダンボールに被せれば立派なケージにもなります。

車での避難想定はかなり充実させています。
燃費にはよくないけど、避難グッズの置き場は車です。

ユーザーID:3858573523
 
現在位置は
です