現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

昔の小説・翻訳もの・丘の上からみんなを見つめる

みゆみゆ
2018年10月4日 17:13

自分の話ではないのであいまいで申し訳ないのですが

どなたか、昔の小説で、(おそらく翻訳もの)

丘の上の墓地から、下に見える自分の家での甥や姪の生活を(たぶん)ほほえましく見ている(たぶん)女性が主人公の話をご存じないでしょうか。主人公は
つまり霊魂です。

私の84歳になる母の記憶にある小説で、自分がなくなったらそんな風に見守っているからねと(実際家が見える位置に墓地があります)今回帰省の際に言われました。

前にもその小説のことは聞いたことがあったのですが、キーワードでは
ヒットせず。あらすじも覚えてないとのこと。でももう一回読みたいと
いうので探し出せたらいいなと思い、ここでトピを立てます。


小町の皆さん、どなたかご存知でしたらよろしくお願いいたします。

ちなみに私は小路幸也さんの東京バンドワゴンシリーズが好きですが、
系統としては同じなんだろうなと思っています。本の趣味も似ているのかも。
親子だからでしょうね。

ユーザーID:6747988530  


お気に入り登録数:4
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:2本

タイトル 投稿者 更新時間
違うと思うけど「メニム一家シリーズ」
ぽち
2018年10月4日 20:34

墓地というわけでもないのですが、そして主人公というわけでもないわけでもない……(というかそれがストーリーの鍵になるのでここでは言いません)けどアレは霊魂っぽくもあり……。
というわけで、私が浮かんだのは「メニム一家シリーズ」で、シルヴィア・ウォーさん著、佐竹美保さんのイラストで講談社から出ていたものです。
ブロックルハースト・グローブの謎の屋敷

荒野のコーマス屋敷

屋敷の中のとらわれびと

北岸通りの骨董屋

丘の上の牧師館
で、完結です。

通販サイトなどで検索してみてください。

ユーザーID:3710752054
ありがとうございます
みゆみゆ(トピ主)
2018年10月7日 14:41

探してみます。引き続きよろしくお願いいたします。

ユーザーID:6747988530
 
現在位置は
です