現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

飼い猫が亡くなってしまいました

トピ主
2018年10月5日 5:04

まだ3歳にもなってない飼い猫が死んでしまいました。一昨日の夜に急変して、昨日の午後のことです。
元々は車道でうずくまっているところを保護したのですが、面倒を見ているうちに情が湧いて飼うことに。実はペットを飼うというのは初めてで、試行錯誤の日々でした。
事故の影響か何かと手のかかる子でしたが、可愛かったんです。今でも可愛いです。
夜になって手が空いてしまい、色んなことを考えて眠れません。泣きすぎて目も鼻もぐずぐずです。お腹も空いてるのですが、いざ食べようとすると喉を通りません。
この悲しみから抜け出す方法はあるのでしょうか?やらなければいけないことは沢山あるのですが何をしても、これをしてるとあの子がああしてたな、などと考えてしまい定期的に涙が出てきてぼーっとしてしまいます。

ずっと見てくれていた獣医師さんには前々から、事故の影響か、この子の生まれ持ったものがあるので覚悟はして置くようにとそれとなく言われていたのですが、考えが甘かったようです。別れはまだまだ先の話しだと思っていました。こんな急に居なくなるなんて思ってなかった、もしくは考えないようにしていたのかも知れません。
今、後悔でいっぱいです。もっとしてあげられることがあったのでは。急変後に病院で、入院した方がいいが、それでも厳しいと言われました。私は少しでも可能性があるならそうしてほしくて、病院に預けて一旦帰宅。その直後に、静かに息を引きとったそうです。この時連れて帰ればよかった。
でも家で死んでもきっと、あの時入院しておけばと後悔してたかも知れません。色んな もしかして を考えてとても悲しいです。
なんだか支離滅裂ですね。考えをまとめるのがこんなに難しい事だったなんて。
この気持ちはいつか薄れますか?何をして和らげますか?気を紛らわせる方法など知りたいです。

ユーザーID:0746738788  


お気に入り登録数:17
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
お悔やみ申し上げます携帯からの書き込み
うーたんママ
2018年10月5日 14:15

猫ちゃんはトピ主さんに会えて、幸せだったと思います。
私も猫を何度か見送りましたが、どれだけやっても、後悔は残ってしまうんですよね・・・。
今は泣いて下さい。思いきり泣いて下さい。私は泣きはらした顔で、仕事に行ってました。

そうしていくうちに、少しずつ、悲しみから思い出を懐かしめる気持ちになっていくと思います。
そういう気持ちになった頃、猫ちゃんがお着替えをして、またトピ主さんのところに来てくれますよ。

余談ですが、私の母は猫好きで、飼い猫が死んでしまう→死んだ日と翌日のお葬式時は悲しむ→翌日は元気→しばらくして、猫がやってくる→お帰りと迎え入れるの繰り返しです(汗)母曰く、あまりに悲しんでいると、猫が心配するからねーとのことでした。

ユーザーID:9184283835
いつでも後悔はつきもの
こい
2018年10月5日 16:57

私はこれまでに3匹見送りました。
2匹は腎臓病、1匹はDICという難しい病気。
それぞれのコについて、後悔があります。
病気に気がつくのが遅かったこと。
薬を混ぜたご飯をあげ続けたこと。
(最期が近いなら、美味しいものをいっぱいあげればよかった)
病院で、ひとりで旅立たせてしまったこと。
それにもっとたくさん撫でてあげればよかった…

でも、ある詩に慰められました。
「ペット 虹の橋」で検索してみてください

これで救われるなんて虫がいいかもしれません。
でも、いつかまた会えると信じて、
そして今後悔してることを全部謝って、
今までの何倍も抱きしめようと思います。
そのために3匹の遺灰をいつのそばにおき、
私が死んだら一部でいいのでいっしょに海へ流してほしいと
家族に伝えてあります(私自身は全て散骨希望)。
そうしたら、会えそうな気がする。

そして、今いっしょに暮らす2匹に
今まで以上に幸せになってもらうために
もっと気を配りたいと思います。

ユーザーID:0877328063
寂しいです
ねこねこ
2018年10月5日 20:19

8月末に、初めて飼った猫を亡くしたものです。

病気で徐々に体調が悪くなって行ったんですけど、最後は急に、あっという間で。最期を看取れたものの、もの凄く苦しくて今まで見たことのない顔で…。

1週間くらい、何をしても悲しくて、泣いてばかりでした。
だんだん、悲しさよりも寂しさが勝ってきて、それがずっと続いています。

シャワーを浴びようとすると、風呂場に付いてくる…今はいない。寝るときに足の間に入ろうとする…今はいない。パソコンを見ていると隣に必ず来る…今はいない。


すぐにではないんですけれど、来年になったら新しい子を飼い主募集みたいなところから貰ってこようと思って……今はそんなことばかり考えて気を紛らわせています。

猫って空気みたいな感じで、常に空間に一緒にいたんです。その気配を感じ取れないのが、とにかく寂しいです。

ユーザーID:6601412641
うーたんママさんへ
トピ主(トピ主)
2018年10月5日 21:14

レス有難うございます。
昨日の時点ではまだ家で寝かせていた状態だったので、ずっと顔をみて泣いていたのですが、今日色々やってきました。
今は家中に散らばってる猫グッツを前に泣いてます・・・少しずつでも片付けていかないとですね。

やはりお別れは慣れないものなんですね。泣きながらでも仕事に行ったのは凄いことです。
私はあの子関連でないと動く気力が湧かなくて、このまま連休に突入です。色んな人に迷惑をかけて申し訳ないです。

お着替え、聞いたことあります。また私みたいな飼い主の所に来てくれるかは疑問ですが、ちょっと希望がもてます。
ここ数日はずっと後ろ向きでどん底の気分でしたが、うーたんママさんとお母様の話を聞いてすこし元気が出ました。
ありがとうございます。とりあえず泣きながらでも動いてみようとおもいます。

ユーザーID:0746738788
その仔は
昼下がり決死隊
2018年10月6日 10:04

トピ主さんが手を差し伸べなければ、そのまま、車道で蹲ったまま、冷たくなる運命だったんです。

トピ主さんがその冷たいアスファルトの上から拾い上げたお蔭で、短い期間だったかも知れませんが、暖かなぬくもりや、美味しいゴハン、楽しい遊びなどを経験出来たんです。
どれも、トピ主さんが手を差し伸べなければ、その猫ちゃんは知らないまま命を終えていました。

>〜いざ食べようとすると喉を通りません
当たり前です。
トピ主さんが、それだけ猫ちゃんに愛情を注いだと言う事です。
私も最初の愛猫を亡くした時はそうでした。
愛猫がどこにいるのか確認する癖がついていて、気付けば愛猫を目で探しているし、どこのドアも完全には閉めない。
何も手につかない。
気付けば涙が流れている。
1週間で5キロくらい体重も減りました(元々デブだからですが)。

自分でも、愛猫の死から立ち直る日が来るのかなと思っていました。
ウチの愛猫は、最後には元々悪かった腎臓の具合が悪化して、早期に気付いたにも関わらず、場所が悪かったのと高齢だったので手術で取れなかったメラノーマが転移して、年齢的にも覚悟は出来ていたつもりだったのに、私が死なないでとビービー泣いてばかりだったのでかなり頑張ってくれました。
とうに死を超えているような体を見て、「もう頑張らなくていい、逝っていいよ」って言ったら、翌日静かに息を引き取りました。
拾ったばかりの頃は体が弱くて、3年も行きないだろうなと思っていた猫でしたが。

死んだばかりの時って、後悔ばかりなんですよ。
あの時ああしてれば、こうしてればって。

猫の最期を看取るのも、飼い主の役目です。

悲しみは時に癒してもらうしかないと思います。
今は悲しみばかりでも、何れいい思い出ばかりになります。

何時か虹の橋で会えた時、トピ主さんは胸を張って猫ちゃんに会えるように生きて下さい。

ユーザーID:5127278436
こいさんへ
トピ主(トピ主)
2018年10月6日 16:52

レス有難うございます。
私も、まさにそれが一番の心残りなんです。癲癇持ちだったので薬と、定期的に病院で血液検査をしてました。
思い返すと、毎回大人しくていい子だったのが、最後の時だけやけに鳴いてて・・・でも死んでほしくないという私の我が儘のせいで、ひとりで逝かせてしまったことがずっと引っかかっています。
本当に、もっと撫でてあげればよかった。食べれているうちに好きなものをたくさんあげればよかった。

虹の橋、昔読んだことがあります。
臆病で寂しがりな子だったので、家族の誰かが会えればいいと思ってます。

今いる子達共々、こいさんが幸せに過ごせるよう願います。
私もいつか新しい家族を迎えられたらいいのですが、今は色んな気持ちが絡み合っててよく分かりません。

ユーザーID:0746738788
ねこねこさんへ
トピ主(トピ主)
2018年10月6日 17:13

レス有難うございます。
初めての猫、一緒ですね。
長く苦しむよりは、言い方は悪いですが、お互いにとって僅かな救いかも知れませんね。
でもあまりにも急すぎて心がついていきません・・・

そうなんです。いつもいるはずの場所に姿がない事が悲しくて寂しくて・・・何かする度に、いない。ということを痛感してしまいます。

新しい家族を迎えるのもいいかもしれませんね。悲しみを乗り越える一つの方法だと聞きます。
私はまだ分かりませんが、いつか着替えて帰って来てくれると信じてみます。今はそう思っていないと、とても前を向けそうにありません。

ユーザーID:0746738788
昼下がり決死隊さんへ
トピ主(トピ主)
2018年10月7日 4:12

レス有難うございます。
昼下がり決死隊さんだけでなく、変な時間にばかりレス返ししてますね私。なんか夜中になると妙な不安感?焦燥感?みたいな物に襲われて眠りにくいです・・・

レスを読んでふと拾ったばかりの頃を思い出しました。獣医師さん曰く、車か何かで頭を強くぶつけたのではとのことで。正直言ってその時は、すぐ死んじゃうんじゃないかと思ってました。やたらと変な動きを繰り返してましたし・・・そう思うと逆に長生きした方かも知れません。
でもやっぱり、もっと一緒にいてほしかったんですよね。

喉を通らないのは普通ですか?私の家族は皆、なにがあってもご飯だけはちゃんと食べるので私がおかしいのかと思ってました。そう言ってもらえると少し安心します。
今は少しですが食べるようになりました。半分水で流してる感じですが。
ドアも、閉められませんね。猫を飼い始めた頃は面倒にも思ったのですが、今は閉じきってる方が違和感を感じます。

腎臓を悪くして亡くなる猫ちゃんは多いみたいですね・・・悲しいです。
その猫ちゃんは、賢くて強い子だったんですね。昼下がり決死隊さんも。私は看取れなかった事も後悔ですが、いざ目の前でそうなったらパニックでただただ泣いてたかも知れません。その決断力を私も欲しかった。

自責の念が強すぎて今はとても、合わせる顔がありませんが、徐々に何とかしていこうと思います。もしまた会えるなら、せめて謝りたいです。

ユーザーID:0746738788
日にち
匿名
2018年10月7日 17:01

2年前に20才の愛猫を亡くしました。
今までも何匹かの猫と犬と暮らしました。
それぞれ2才〜11才と亡くなった年は違いますが愛情をかけ共に過ごしました。

どの子も可愛かったです、亡くなった直後は悲しくて辛かったです。
数カ月は思い出すと泣けてきましたが、不思議と次の出会いがあったり(猫を保護したり)
複数飼いしていた時は、残された子の具合が悪くなり気持ちが逸れたり・・

ただ2年前の子は今でも辛いです。
死んだ直後の辛さは薄れましたが、心にポカンと空いた穴は埋めれません。
きっと死ぬまでこの穴は埋めれないままです。

既に今、新しい猫がいます。個人で保護活動をしている方から貰った子です。
捕獲後すぐ我が家に来た為にノミダニ、寄生虫駆除。
健康診断、人間との生活に馴染ませる等、色々と大変だったので懐いてくれた現在は愛しさも倍増です。

でも損失感や「あの子に会いたい」は薄れません。
諸事情により亡くなった子は特別な猫でした。
塩田丸男さんの「天からやってきた猫」の題名そのままでした。
私にとって替えの無い存在です。

トピ主も悲しみを無理に薄れさせる必要はありません。
時間が経つと刺すような痛みから、何とも表現できない痛みに代わります。
でも痛みと悲しさと同時に猫と過ごした楽しい思い出も湧き出てきます。
何とか忘れよう・気持ちを紛らわせる方法を探す間は無理しない方がいいです。

泣いて良いと思いますし、後悔するのもいいかもしれません。
私の場合は「あの時にこうすればよかった」の後悔は、いま飼っている子に反映されています。

後悔は消えないかもしれません。
強制給餌に関しては2年経っても、後悔と「あれでよかった」の気持ちがあります。
自分の中で答えは出ないままです。

他人に迷惑をかけない、日常生活に支障を来さない限りは悲しんでいいと思います。

ユーザーID:1893652430
トピ主様にとっても、
りんごももか姫
2018年10月7日 21:24

トピ主様にとっても、にゃぁ様にとっても主様と過ごし時間は掛買の無い時間だったと思います。

にゃぁ様は言葉に出せずとも一緒に過ごしてくれたことで伝えて来てくれてたでしょう。

にゃぁ様も主様との別れは悲しいと思っています。
ですので今は”虹の橋のたもと”で待ってます。

主様と再び会うまでゆっくりとのんびりと待ってます。
ただ主様がいつまでも悲しんでいると安心して待ってられません。

今は辛くて泣いてしまうかもしれません。
でも明日になったら空を見上げて心の中で呟いてあげてください。
”がんばるから”
と。

そうすれば安心して眠りながら主様を待っていられます。

詠み人知らずの
”虹の橋のたもと”
と言う詩を読んでみてください。

ユーザーID:2693529931
匿名さんへ
トピ主(トピ主)
2018年10月8日 0:27

レス有難うございます。
20歳は凄いですね。うちの子ももっと、と思う反面、その分あるであろう喪失感に耐えられる気がしません。月日の問題ではないのでしょうが・・
あの子も保護した子でしたから、いつか保護猫などを貰うのもいいかもしれませんね。
たまにそういう活動をしている人達の譲渡会?みたいなお知らせを見たことがありますので、まだ全然無理ですが、いつか覗きにいけるほど立ち直れたら。

天からやってきた猫、初めて聞きました。今度、読んでみます。タイトルと著者まで教えていただきありがとうございます。

あまり塞ぎ込んでいても周りに迷惑をかけてしまうと思っていたので何とかしたかったのですが、悲しんでよかったんですね。
皆さんに泣いてもいいし、後悔してもいいと言われてはじめて、別にいいのかと思いました。
ちょっと自分を追い込みすぎてたかもしれません。

いい事かはわかりませんが、何故か昼と夜中で気分の落差が激しくなってしまって、もう夜は泣く時間だと割り切る事にしました。
日常生活も、多少ですが持ち直してきたので多分大丈夫です。

ユーザーID:0746738788
トピ主です
トピ主(トピ主)
2018年10月8日 1:42

飼い猫が亡くなってから今日まで本当にずっと泣いていたのですが、少しずつ冷静になって来ました。
相変わらず泣く事も多いのですが、たまに妙に穏やかな気持ちになる瞬間もあって何だか不思議な気分です。

昨日思い出した事があってパソコンを探してみたら、昔撮った写真や動画が出てきて色々思い出しました。もうずっと最期の顔ばかり頭に焼き付いていたのですが、元気な、楽しい頃もあったんですよね。しょうもない写真やらイタズラしてる写真やらをみて、泣きながら笑いましたね。
なんだか、それを見てると鬱々としていた気持ちが少しばかり晴れた気がします。

もちろん皆さまからいただいた暖かい言葉や、不謹慎かもしれませんが、辛い思い出を読んで孤独感が薄れたお陰でもあります。そうでないとまだずっと酷い状態のままだったでしょう。
最悪だった中、本当に救いになりました。

突発的に立ててしまった私のよく分からない愚痴のような、相談みたいなものに付き合ってくださった皆様、応援してくれた皆様、本当に有難うございます。

まだ元気とは言い難いですが、何とかやっていけそうです。
あまり長々と居座っていてもしょうがないので、これでこのトピを閉めたいと思います。
ありがとうございました。

ユーザーID:0746738788
昨年看取りました
おふく
2018年10月8日 5:46

私も昨年夏に、7歳になったばかりの最愛の猫を亡くしました。闘病半年、悪性リンパ腫でした。一縷の望みをかけて抗がん剤治療で寛解に持ち込めないかと必死で治療しましたが、頑張って必死に耐えてくれたけど、最後は私の手の中で亡くなりました。雨の日にドブに落ちていた子猫でした。猫風邪で目も膨れ上がり、病院では生死は半々と言われ、4時間おきにミルクをあげて必死に育ててきた猫でした。
亡くなったのは辛いし悲しい。でも本当に楽しい7年でした。治療に関しては後悔はずっとしますよ。私もね、抗がん剤で無理をさせた事ずっと後悔してます。でもクヨクヨしたら、私達の猫が心配するでしょ?トピ主さんの猫も優しい可愛い猫ちゃんでしょ?トピ主が悲しむのが辛いって考える猫ちゃんだから、今は無理してでも「お母さんは大丈夫だよ」って笑っていましょうよ。そしてまたいつか、厳しい状況にいる猫ちゃんをお迎えして幸せにしてあげれたら良いですね。私は今、保護猫を2匹引き取り育てています。あの子にしてあげれなかった事をして、少しでも幸せにしてあげたいと思っています

ユーザーID:1635203815
 
現在位置は
です