現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

AIが普及する未来 携帯からの書き込み

ももこ
2018年10月7日 23:57

最近よくAIが発達し、ロボットが仕事を奪うという話題があがりますよね。
先日も番組で、日本はあと20年で40パーセントの職がなくなるということを特集していました。

どんな世の中になるのか不安ですが、将来ロボットに負けない職はどんな職だと思いますか?

ユーザーID:5324340227  


お気に入り登録数:5
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本


タイトル 投稿者 更新時間
あまり心配していません
オペレーター
2018年10月9日 12:22

ある発明があると、それで仕事が奪われるという話は必ず出てきます。

しかし、歴史上、仕事そのものが無くなったことはありません。
一時的に失業者が多くなることはあっても、新たな仕事が必ず生まれています。

どんどん自動化が進み、人間が不要になる状態は、既に製造業のオートメーション化で経験済み。
巷は失業者で溢れていますか?
いえいえ、飲食業やサービス業に吸収されて、しっかり仕事はある。
AIを生み出したIT業界だって、30年前はこんなに就労人口を抱えてはいませんでした。

じゃあ次の新しい仕事は?
きっと誰かが考えるよ。
AIはビッグデータと呼ばれる大量の情報が必要なんだとか。
じゃあどうやって情報を集めるの?
介護問題をAIで解決しようにも、介護状態の老人からどうやって情報を引き出すの?
そう、情報を足を使って集めるという仕事ができるかもね。
アンケート調査員の需要が高まったりしてね。
昔からサービス業はあったけど、旅行が盛んになると数を増やすみたいな感じでね。

人がいらなくなると、芸術やスポーツの世界も活性化するかもね。
将棋で人がコンピューターに勝てなくなっても、やっぱり人対人の対戦じゃなきゃ見る人はいない。
AIが描き出した絵画に何の意味があるのか?
サッカーや野球でもAIで戦略を練ったりすることはあっても、それを実行する戦術はやはり選手の資質や訓練の賜物。

AIが仕事をしてくれるなら、人間は楽しいことを創造すりゃいいんです。
価値そのものは人が決めるのだから、働かないという価値があっても良いかも。

ユーザーID:9773758585
AIが進めば人口は減る
アイ ロボット
2018年10月9日 19:16

私はね、AIは発達してほしいと思っています。

特に役所窓口業務、単純な窓口業務の類はAIとかロボットで
十分だろうと思います。

高い人件費払って住民サービスに料金上乗せの時代は終焉を
迎えるべきです。

特に公務員。住民票だとかそんな業務って正直言って、
生身の人間のやる仕事じゃないです。
それを人工知能にさせて料金を落とすべきだと思います。

AIやロボットが発達しても公務員は減らさないでしょう。
そこが問題なのです。AIが中心になってやれる職種で
民間はコストダウンのため人切りはするでしょうけど、
行政職で人を切る決断力が有るか?無いのか?です。

何の為のAIなのか?
それは機械でもやれる仕事を生身の人間がやることで
コストが下げられないなんて本末転倒ですよね。

将来AIに負けない職種・・・人間が求めるモノだろうと思います。
もしAIが出してきたサービスやモノで生身の人間が満足している
ようだと、人間もある意味ロボット化した、と言えるでしょうね。

ユーザーID:8546803831
開発者ですが
アイボロット
2018年10月9日 19:37

掲示板の投稿もAIの情報収集手段に組み入れられています。
情報は貴重な資産ですが、収集されていることに気付かれると嘘の書き込みを誘発します。
そのため、ビッグデータと言うのは「広く浅く」が基本です。
当然ですが、誰かが「ここが弱点」と書き込めばAIはその解決手段を考えます、それが人工知能の本質。

私は、完全自動化、自立運用させるのが仕事で、想像もつかないような世界に居るので「人間不要論」には何の疑いも持っていません。
目的地に到達するのに100年もかかるような宇宙探査は人間では無理、そんな分野がいっぱいありますので、そのために開発された技術が宇宙ではなく地球上で使われます。
さて、本当に仕事はなくならないと楽観できますか?

ユーザーID:1608005223
来る仕事は無くなる?行く仕事は無くならない。はずなんだが?
金持ち喧嘩に加われず
2018年10月11日 15:23

AIでロボットを制御できても、今のバッテリー技術じゃ使用に耐えるほどの稼働時間は稼げない。
最新のバッテリーでもスマホを何日も動かせない程度なんだから。
人間に代わるロボットをまともに動かそうとすれば、相当バッテリーを沢山搭載するために大きくしなきゃいけない。
まさか有線って訳にはいかないだろうし、非接触充電も移動する電池にうまく充電できるかは疑問だし、そもそも人型ロボットを動かすくらいの強力電力を非接触型充電器でやったら人体への影響を心配しなきゃいけないだろう。
通常のバッテリーなら相当数積み込んで、体重200kgのロボットなんてことになる。
そんなものが街を闊歩したら、いったいぜんたい人間様が何人ケガをするだろう。
AI用情報収集端末としてのセンサーの技術もペットの子猫まで検知する能力が必要だろう。

AIの発達よりもロボットの発達が遅れて、人間に代替できない部分が沢山出てくる。
だからこちらが客先に行かなきゃいけない仕事は、いくらAIを搭載したロボットでも向かない。

だったら動く必要のないところから始めればいいということになる。
受付もそう。
窓口業務もそう。


ん?
ちょっと待て?
住民票の交付なんてAIなんて高度な情報処理が必要か?
既存技術できるよね?つーかマイナンバーカードを作れば、今でもやってるよね?
銀行窓口。
すでにネットバンキングができるよね?
会社の受付?
自動受付機がすでにあるけど、効率を求める大企業ほど超絶美人な受付さんが気持ち良く案内してくれるよね?

ユーザーID:3345695969
明るい未来と暗い未来
チュン夫
2018年10月16日 20:44

将来的にAIやロボットが発達したら、人間がやる作業はAIやロボットを開発したり、命令を与える立場になると思います。

最終的に、ロボットが資源の探査、採掘や物流・精錬、各種エネルギーの採集や供給、ロボットの開発、生産、その他ロボットの世界に必要な物なども、人類の手を一切借りず、自分ですべて担えるようになるのでしょう。

そうなれば、その分け前をもらって人類が仕事を強制されずに優雅に暮らせるのかもしれません。

もしもそのとき、人類が分け前をもらえなくなれば、もう一回自分の手で農業・工業などを興してロボットの世界とは別に人類の世界を作るしかないでしょう。

でも、そこまで進歩するのに50年とか100年でできるのでしょうか?

当面は、単純業務がなくなっていき、その代わり、ロボットを使う業務とか、頭脳を使う業務が増えていくように思います。

また職人技も簡単に代替えできるモノと、簡単にできないモノのがあると思います。

よく思うのは、腕の良い散髪屋の代わりができるロボット・散髪機械とかができるのは、かなり遠い先だろうなと考えます。

人によって全然違う髪質を判断し、客の好みの髪型と、客に似合う髪型を両方勘案して「コレはどうですか?」とアドバイスして客と合意する。そして、皮膚を傷つけることなく髪の毛をそのとおりに綺麗に切るロボットとか装置って、どうやったらできるのでしょうか?。

既にどこかで研究している人はいるのでしょうね。AIロボットなどの開発者もいるようですが、どこで研究しているのかご存じでしょうか?

ユーザーID:2995654654
例えばですが
アイボロット
2018年10月17日 19:51

人型ロボットが人間にとって代わるために、私達が苦戦しているものを少しだけ。

1.アナログ制御
現在の機械は全て二進数しか扱えないコンピューターの制御に依存しているため、A−D−D−Aという変換プロセス存在する、いきなりアナログコンピューターの出現は期待薄なので、コア別に整数を分散させて相互をアナログ化して扱うアルゴリズムと対応するハードウェア。

2.5D
現存する産業用ロボットは3Dまで、このロボットに水をすれすれまでまで入れたバケツを取っ手を持ってぶら下げさせると必ず水をこぼす。
水をこぼさずに扱うには、イメージとして、このロボットを巨大な球体の中に入れ内部のロボットは3D、それが入っている球体の制御はxyのみの2Dであわせて5Dと私達は呼んでいますが、これをバーチャルでもよいから高速で制御するアルゴリズム。
人間なら小さなバケツに水を入れてグルグル振り回すことは簡単に出来るがロボットだと難しい、実現すればロボットがサーカスで綱渡りをする時代が来る。

3.成長型高分子
樹脂、微生物を問わないが、微細な回路として形成されたグリッドの上で電気的に制御(絶対条件)してエピタキシャル成長させられるナノ素材。液相−固相変異も可。
地面から霜柱が成長するのと同じイメージ。
すでに私達は寒天程度の強度のもので実現しているが、最低でも合成ゴム、夢としてはエンプラくらいの強度が欲しい。
シリコンでは簡単に出来るが、硬くて脆すぎる。

開発者の間では、ロボットという完成形でなくてこういう小さなエレメントで取り組んでいます。
ゴールまであと少しだけれど、研究している人が世界中合わせても両手の指で足りるほどしか居ません、博識な読者の多い小町の皆さんに期待して、小出しですが・・・

ユーザーID:1608005223
あなたの言う「あなろぐこんぴゅーた」かどうかは知らんが
鴨南蛮大好き
2018年10月23日 4:20

>1.アナログ制御
>現在の機械は全て二進数しか扱えないコンピューターの制御に依存しているため、A−D−D−Aという変換プロセス存在する、いきなりアナログコンピューターの出現は期待薄なので、コア別に整数を分散させて相互をアナログ化して扱うアルゴリズムと対応するハードウェア。

デジタルコンピュータが普及する前、アナログコンピュータ(アナログ計算機)は既に使われていたよ。
第二次世界大戦以前の軍艦は、砲弾の弾道計算をするための高度な機械式のアナログコンピュータ(射撃盤)を搭載していた。
エニアック(あるいはコロッサス)からこちら、デジタルコンピュータの普及ですっかり廃れてしまったのだけど、軍用だとアナログコンピュータは一部で現役だったりする。
本邦で言えば陸上自衛隊の74式戦車の弾道計算用のコンピュータ。
開発当時(1960年代)には戦車に搭載されるサイズに収まり戦場での過酷な使用に耐えるだけの性能を持ったデジタルコンピュータが存在しなかったので、電気式のアナログコンピュータが採用され、現在に至っている。
そうそう、74式戦車といえばTVアニメのルパン三世2期の最終回に登場していたっけ。
宮崎駿氏の脚本/演出でロボット兵器の脅威をうったえる回だった。

ユーザーID:5479341780
 


現在位置は
です