現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母が癌になりました。 携帯からの書き込み

へけ
2018年10月12日 1:30

50歳の母を持つ高校3年生です。少し前からお腹の調子が悪く気にしていた母が、きょう内視鏡検査を受けてきました。私自身全く気にしておらず、「検査に行くんだ」ぐらいの心持ちで過ごしていましたが、家に帰ると「大腸に悪性の腫瘍が見つかっちゃった。これからどうなるかわからない」と母から言われました。調べてみると大腸がんは女性の死亡率がトップの病気で、頭が真っ白になりました。
私は入試を来月に控え、いよいよこれから、というときでした。医師からは「かなり大きい腫瘍なので、早く取りましょう」というような旨のことを言われ、母も動揺していてあまり頭に入ってこなかったようです。来週、検査の結果が詳しく分かり、進行度も分かるようですが、手術は確定と言われたそうです。
本人もショックを受けており、「ないお金だけど相続のことも考えないと」「人はいつか死ぬんだから」と言っていて、私も胸が苦しいです。
私には父と兄がいます。父は癌と聞いてもケロッとしていて、いやぁいよいよ大変だ、と言って、すやりと寝てしまいました。兄は私と同様かなり心配して、母を励まして家事もできるだけするよう心がけました。兄は「家族みんなで乗り切ろう」と言ってくれました。母は流石にまだ現状を受け止めきれず、「こればかりはどうしようもない」と言って諦めてしまっています。
高齢の方は予後が良いと聞きますが、母はまだ50歳です。食にも気を配り飲酒もほとんどしない人なのでなぜ大腸がんなのかと本人も不思議がっていましたが、なってしまったからには闘うしかありません。
詳しい検査がまだなので手術・入院がどれぐらい長くなるか分からず、不安です。転移の可能性もあるとのことです。
手術や治療の経験をした方がいらっしゃったらご意見を伺いたいです。決して治らない病気ではないと信じたいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:5033910934  


お気に入り登録数:34
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本

タイトル 投稿者 更新時間
癌は治る病気ですよ!
hachi
2018年10月12日 11:34

投稿拝見いたしました。51歳の女性です。
経験談から申しあげると「癌」は治ります。

2年前ステージ2の大腸がんが見つかりました。
手術は腹腔鏡で行われ入院は一週間。
退院後は大事を取って一週間の自宅療養、後、仕事に復帰。
癌の大きさ、出来た部位によっては抗がん剤治療+放射線となる可能性は
ありますが、私の場合は手術のみで終了。
現在は年一回の内視鏡検診のみです。

お母様の検査結果にもよりますが、私のような場合もあります。
日本の医学は世界でもトップクラスです。
現代医学を信じましょう!

ユーザーID:3684265035
まずは合格しましょう
おにぎり
2018年10月12日 12:18

受験生にがん宣告しちゃうなんて、お母さん動揺しちゃてるんですね。

内視鏡で腫瘍が見つかり組織の一部を切って検査に出した。
という段階だと思います。
その日のうちに悪性なんてわからないはず。

お母さん勝手に悪く想像しちゃってるのでは?
検査結果はお父さんに付き添ってもらった方がよさそうです。

検査結果によってどのような手術になるかわかりませんが
内視鏡手術や腹腔鏡手術だと
「えっ!もう退院!?癌なのに??」って言うくらい早いです。

私の父(60)は、結構ステージが進んでいましたが、
とりあえず内視鏡手術でやってみて、浸潤してたら開腹に切り替えましょう。
と言われました。
結果、内視鏡で済んだため10日で退院でした。

腫瘍発見→悪性と判定→紹介状貰って総合病院で精密検査→入院
→術前検査→手術→退院

これ全部で1か月でした。

来月入試ということは、推薦ですよね?
あまり心配せず後悔しないよう勉強して、合格してから
術後のケアーをしてあげましょう。

まずは、合格して安心させてあげましょう。
それが、貴方が一番やらなきゃいけない仕事です。

ユーザーID:6521906722
頑張って
海賊の妻
2018年10月12日 13:27

お母様の事心配ですね。
しかし癌は2人に1人の時代に入り、お母様が特別ではありません。そして昔とは違い癌は即死ぬ病気ではなくなりました。
私の叔父は大腸がんの手術をして、3年後に肺と脳に転移して亡くなりました。なぜ。と言うくらい術後のケアーをしていませんでした。検査をしていたらと悔やまれます。もしも検査で小さな内に見つけたらまだ生きられたかもしれません。肺がんが見つかった時には余命3カ月で、その通り3か月後に亡くなりました。
これは二十年前の出来事です。
あれから二十年たちました。その間癌治療は画期的に進歩しました。
おそらく術後のケアーもきちんと行われるでしょう。希望は捨てないでください。
お母様にはこのように優しいお子さんが2人もいます。きっと頑張る事でしょう。
一番困るのは家族が動揺して感情的になったり、混乱したりすることです。
お母さんを支えて共に戦って下さい。幸い女の子は家事が得意ですし、男の子はいざという時頼りになります。
お父さんが動じないのも良い事かも知れません。
私の友達も癌と言われた時に夜中に変な声で目覚めるとご主人が男泣きに泣いていたそうで自分はそんなに悪いのかとぞっとしたそうですよ。
闘病はこれからです。頑張って下さい。私もお祈りしています。

ユーザーID:7345121867
右往左往してはいけません
そうだなあ
2018年10月12日 15:08

大腸がん、私の母もやりました。
ただし、母はトピ主さんのお母様より10歳ほど上での罹患でしたし、前年に乳がんを発見し、その治療過程で大腸の腫瘍を発見、という流れでしたので、乳がんはリンパ節転移のある状態だったものの、大腸癌は早期での発見でした。
ですから、同じ経験としては語れません。

詳細な検査結果はこれからとのこと。まだ何もわからないのは当然です。誰に何を聞いてもそこは変わりません。
そもそも生物には個体差があり、癌細胞にも多くの種類があり、性質も様々です。進行度を含め、これら詳細がそれなりにハッキリするのは術後です。さらに言えば、術後の予測も「予測」でしかありません。
何が言いたいかというと、これから先、その都度の事実を受け止め、対処していくしかない、ということです。

ですが、今、先々が心配で可能性を知っておきたい気持ちも当然です。
癌治療には標準治療というものがあります。治療はほぼ、この標準治療に沿って進められますので、状況を掴むために標準治療を知っておくと少し気持ちが落ち着くかもしれません。
大腸癌研究会のHP右上を見ると「一般の皆様へ」という項目があります。ここから「患者さんのための大腸がん治療ガイドライン」が閲覧できます(出版もされています)。この内容がすべてではないと思いますが、少しは道筋が見えるのではないかと思います。

お母様はこれから、事実を受け止め、最終的には受け入れる過程を辿られるはずです。途中、不安から落ち込んだり、やり場のない怒りを抱えたりもされるでしょう。当たり前の反応ですので、否定だけはしないであげてください。

トピ主さんはお若く、また、受験も控えているとのこと。
その邪魔をしてしまった、と感じるのが、お母様には苦痛になるはずです。お父様とお兄様にひとまず任せて、受験にキッチリ向き合い、頑張っている姿を見せてあげてくださいね。

ユーザーID:4598846963
hachi さま携帯からの書き込み
へけ(トピ主)
2018年10月12日 17:04

hachi さま、
こんにちは。昨夜投稿した者です。早速ご返信してくださってありがとうございます…!
母と近い年齢で大腸癌を経験されたのですね。不快な質問でしたら申し訳ありませんが、癌と分かったときはどのようにして気持ちを保たれましたか。
母はショックで夜も一睡もできず、今日睡眠薬と精神安定剤をもらってきました。どうしても死について考えてしまって怖いとしきりに言っていたので、何か気分転換などでしたことがあれば教えていただきたいです…。
手術と療養を含めて2週間とかなり短い期間での回復もあり得ること、母にも伝えておきました。母は怖くてとてもじゃないが病気のことを調べられないと言っていたため、実際に治った方がいることを知ってもらいたかったのでご意見本当に助かりました。本当にありがとうございました。
hachiさまもお体にお気をつけて過ごしてくださいね。

ユーザーID:5033910934
海賊の妻 さま携帯からの書き込み
へけ(トピ主)
2018年10月12日 17:25

海賊の妻 さま、早速のご返信ありがとうございます。叔父様のこと、お悔やみ申し上げます。やはり早期発見・早期治療が大切なのですね。私の母の異常にも、もっと早く気付いてあげるべきでした。術後のケアーも怠ることのないよう検査など勧めるようにしますね。
あたたかいコメント本当にありがとうございます。決してできた子供ではありませんが母の支えになれるよう励ましていきたいです。優しいお言葉に思わず泣きそうになってしまいました…本当にありがとうございます。まだ希望を捨てるのは早すぎますよね。病気になったから死んじゃうかもしれない、じゃなくて、病気になったから治すぞ!という強い気持ちで闘病しよう、一緒に頑張ろう、と伝えようと思います。家族がいつも通りでいることも大切ですね。私も明るくいられるよう努めます。
ご返信本当にありがとうございました。海賊の妻 さまもお体にお気をつけてお過ごしください。

ユーザーID:5033910934
おにぎり さま携帯からの書き込み
へけ(トピ主)
2018年10月12日 18:24

おにぎり さま、こんにちは。早速のご返信ありがとうございます。
母の言い分では良性であることはありえないという雰囲気でした。詳しいことはまだ分かりませんが、来週父が付き添ってCT検査から治療の相談まで全てするみたいです。悪く考えすぎていることは十分ありえると思います。母は昨日検査へ行き、今日から普段通り仕事でしたが、仕事でも気が紛れず一日落ち着かなかったようでした。今自分がどんな状況にあるのか分からない不安が大きいと思います。本当は木曜日だった検査結果の報告も、とてもじゃないが不安で待ちきれないとのことで変更にしてもらったようです。
お父様のこと、ステージが進んでいても状況によっては早く退院できることもあり得るのですね。内視鏡や腹腔鏡手術は体への負担も比較的少ないと聞きますので、入院もそこまで長くならないということで、少し安心できました。
仰る通り、推薦入試で、勉強の山場というところです。昨夜は動揺してしまいあまり勉強に身が入りませんでした。が、そんな場合ではないですよね。入試は11月下旬にあります。とにかく出来る限り勉強して、合格して母のサポートをしてあげたいと思います。
冷静なご意見本当にありがとうございました。おにぎりさまもお体にお気をつけてお過ごしください。

ユーザーID:5033910934
そうだなあ さま携帯からの書き込み
へけ(トピ主)
2018年10月13日 18:15

そうだなあ さま。ご返信いただきありがとうございます。お母様のこと、乳がんも大腸がんも経験されたのですね…早期で見つかったとはいえ大変な思いをされたことと思います。
しかし、やはり多くの人が経験する病気なのですね。母と同じようにがんと闘っている人がたくさんいること、伝えようと思います。
ホームページのご紹介までありがとうございます。病気や治療に関する知識をつけたいので確認してみようと思います。
本人が自身のがんを受け入れるまでにはまだ時間がかかりそうです。仰る通りで、当たり前のことです。家族が焦らず、支えていくのが大切ですね。
切り替えて勉強に励み、早く合格して安心させてあげたいです。あたたかいコメントありがとうございました。闘病のサポートも勉強も共に頑張ろうと思います。
そうだなあ さまも、お体にお気をつけてお過ごしくださいね。

ユーザーID:5033910934
あなたが心配携帯からの書き込み
がんはしんどいけどね
2018年10月14日 17:39

文章から賢くてしっかりしているのがよくわかります。だから、いろいろ気負い過ぎてしまいそうで心配です。

結果がはっきりわからない、治療方針が決まらない時期が一番本人も家族もしんどいと思います。治療が始まると落ち着いてきます。

女の子だからって、家のことを頑張らなくていいです。病気の勉強もほどほどに。

患者はそれなりに強くなれるから、きっと大丈夫ですよ。(強くなれなくてもいいけどね)

ユーザーID:7094079240
hachiです
hachi
2018年10月15日 13:34

へけ様

ご返信有難う。

まず「大腸癌」宣告された時点では晴天の霹靂で、「死」の文字が頭に浮かびました。
でも担当医の淡々とした病状の説明並びに今後の治療方針を聞いている内に、今や癌は治らない病気ではないと思い始めました。

後に癌患者コミュニティに登録しました。
自分と同病の方も沢山いると言う事、しかももっと症状が進んでいる方も日常生活+治療を受けながら仕事も継続している等々、、、すごく励みになりました。

お母様に言ってあげて下さい。
コミュニティに参加して同病で頑張っている方と交流して下さいと。
病気に対しての考え方も変わってきますよ。

経験者 hachiより

ユーザーID:3684265035
落ち着いてね
乳がんサバイバー
2018年10月15日 13:57

お母様のご病気を心配するのはよーくわかります。未だ、はっきりした事は分からないのだから、とにかく落ち着きましょう。みんな動揺しているのだと思います。お父さんは表面上落ち着いて見えても、実は、とても動揺していると思いますよ。検査の結果から、いろいろなことが決まってくると思いますから、それから家族みんなで話し合えばいいのです。

今みんながする事は、気を紛らわせる事と、お母さんが入院したときのうちのお手伝いの準備です。部屋の掃除や、家事などに必要は事は教えてもらってくださいね。勉強に身が入らないかもしれないけれど、あなたがお母さんにして上げられる最大の親孝行は、自分の志望のの学校に受かって入学する事です。だから、勉強頑張ってね。

お母さんにお伝えください、これから医師と会うときは、お父さんについて行ってもらってください。患者は、気が動転しているので、医者のいうことをはっきり聞くことができません。お父さんに“耳”になってもらってください。

お母様のご病気のステージが軽いことをお祈りしています。

ユーザーID:4430220208
ご心配ありがとうございます携帯からの書き込み
へけ(トピ主)
2018年10月15日 19:08

恐縮です…私の心配までしてくださってありがとうございます。幸い精神的にも落ち着いてきましたので、大丈夫ですよ。
あした、詳しい検査と治療方針の決定をする予定ですので、それで少し母も気が楽になるかもしれません。確かに、いざ治療が始まれば病気と向き合う気持ちになれるかもしれませんね。
母が前向きになれる日が来るのを待つばかりです。
あたたかいコメント本当にありがとうございました。私も無理をしすぎないよう頑張ります。
お体にお気をつけてお過ごしくださいね。

ユーザーID:5033910934
みなさまへ携帯からの書き込み
へけ(トピ主)
2018年10月16日 14:45

コメントしてくださったすべての方へ。

母は先程無事に検査を終え、診察も終わりました。結果はステージ3の直腸がんで、2ヶ月後に手術をすることに決定しました。本当に幸運なことに、転移は見つかりませんでした。

これから5週間 放射線療法を行うとのことで、闘病はいよいよこれからですが…まだ詳しい状況も分からずあたふたしていた私に親切にご返信してくださったみなさま。エールのボタンを押してくださったみなさま。本当にありがとうございました。みなさまのあたたかさに少なからず救われました。

これから家族一同、母の闘病生活を支えていきます。また、見てくださっている人がいるか定かではありませんが、これからの経過などここにご報告したいと思います。

コメントしてくださった方も、この投稿を読んでくださった方も、病気にはどうかお気をつけて、健康に過ごされますように。

ユーザーID:5033910934
hachi さま携帯からの書き込み
へけ(トピ主)
2018年10月16日 15:04

hachi さま、こんにちは。再びご返信してくださって本当にありがとうございます。
やはり、がん と言われた直後には、誰でも「死」を意識してしまうものなのですね… hachi さまも大変な思いをされてがんを乗り越えられたことと思います。
周りの人に何が出来るか ということばかり考えて、患者の方同士の関わり合いができるということについては盲点でした。確かに自分と同じ状況下にある人が頑張っていたら、頑張ろう、治そう、と思えるかもしれません。コミュニティのこと、さっそく母に勧めてみますね。まだ毎日不安な思いをしていますので、これが前向きに考えるきっかけとなればと思います。
経験者の方のお声が何より励みになります。母にはしっかり伝えておきます。丁寧なご返信、本当にありがとうございました…!

ユーザーID:5033910934
 
現在位置は
です