現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

小学校の音楽会で…

あん
2018年10月28日 22:29

はじめまして。
先日、娘の小学校で音楽会がありました。娘は現在小1で、今年の6月からピアノを習い始めたばかりなのですが、合奏のオルガンに立候補をしました。
1度は他の子に決まりましたが、その子が難しいと辞退した為またオーディションを受け、娘が選ばれました。
オルガンのパートは2人、オルガンの他にはピアノの伴奏と小さな楽器が1つ(2人)あるのみで、その他の子はみんなで同じ楽器なのですが、オルガンのみが主旋律?を弾くので、かなり重要な役割です。
しかも選ばれたのが音楽会の2週間前という事もあり、ここ2週間は親子で必死に特訓してきました。
しかし娘は他にも習い事を多数やっていて、うちには娘の他に下に小さな妹達がいるので、ピアノだけに時間を取るわけにはいかず、完璧には仕上げられませんでした。
それでもピアノの先生にもレッスンして頂いたり、朝早く起きたりしながら忙しい合間を縫って頑張って練習をし、何とか間違えずに弾けるようになりました。


基本は片手のみで弾くのでたいして難しくないのですが、一部両手で弾く部分があり、そのパートを弾きこなすのに2週間かかりました。
娘とは別のもう1人の女の子は、その両手で弾く部分が出来ず、練習ではいつも片手で弾いていて、うちの娘のみが両手で弾く事になったと先生から聞いていました。
続きます。

ユーザーID:5247294579  


お気に入り登録数:99
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:33本

タイトル 投稿者 更新時間
続きです。
あん(トピ主)
2018年10月29日 14:30

音楽会当日、ドキドキしながら発表を見に行きました。
するとどうでしょう。見事にバラバラなオルガンの音。輪唱なんてないはずのところが輪唱になっていたり、聞こえるはずのない音が聞こえたりと、明らかに1人の子が緊張して、めちゃくちゃに弾いてしまっているのが伝わってきました。
(2人のうち1人はきちんと弾いていました。)

私は本文に記載したように、娘が選ばれた過程が第3候補であり、まだピアノ歴半年にも満たない自分の娘を信じ切れず、この間違えて弾いていたのが自分の娘だと思い込みました。そしてかなりショックを受けながらも申し訳なく思い、終わった後に先生にお話を聞きに行きました。
すると、先生から信じられない事を聞いたのです。
間違えて弾いていたのは相手の子で、実は今日になって突然両手で弾けるようになったから、両手で弾くと言い出し、本番でぐちゃぐちゃになってしまったと言う事でした。
先生にはうちの娘は間違いなく弾いてくれたので助かりましたとおっしゃって頂き、私もその場ではそうだったんですね、良かったですと言って帰ってきましたが、モヤモヤがとれません。

娘は今回の事を全く気にしておらず、むしろ自分は弾けたという自信がついたようですが、2人しかいないパート、しかも娘の方が後から決まった経緯などを考えて、間違えたのは娘だと思われるかもしれないと思うと釈然とせず、かと言って周りに触れ回る訳にもいかず…

緊張して間違えたならわかりますが、今まで片手だったのを本番で両手にしてこの結果と言うのがどうにも納得いきません。
どのように考えたら前向きになれるでしょうか。最後までお読み頂きありがとうございました。

ユーザーID:5247294579
選ばれた経緯について補足です
あん(トピ主)
2018年10月29日 16:18

正確には2週間と2日前の金曜日の夕方に先生からお電話を頂き、初めて娘がオルガンのパートに立候補した事を知りました。
なのでとてもびっくりして先生に、娘はピアノを習い始めたばかりなので出来るか不安であることをつたえましたが、オーディションで、ある曲を上手に弾いてくれたから大丈夫だと言われ電話を切り、その夜から猛特訓を始めました。


私がピアノを小6まで習っていて、最近は脳トレのためにハノンをやっていたこともあり、弾いて見本を見せる事ができたのと、インターネットで同じ曲を演奏している動画を見せて曲全体のイメージをつかませたので、娘も両手の部分を除いてはすぐに弾けるようになりました。
(娘はピアノを習い始めたのは今年の6月ですが、通っていた幼稚園が音楽に力を入れている園だったので、年少から毎日のように幼稚園で鍵盤ハーモニカは弾いてきています。)

それでも両手の部分がまだ不安だったので、月曜日に先生にお手紙を書きました。内容は、両手の部分がまだ弾きこなせないので、音楽会までに求められるレベルに到達するかわからないので、今の娘の状態を確認して頂き、無理そうだと判断されたなら早め他の子に変わって下さいというようなものです。
そして月曜日の夜に先生からお電話を頂き、とても上手に弾けていた。両手の部分はとても難しいので、こちらとしては2人にそれぞれのパートを片手ずつ弾いて貰おうと考えていたが、娘が上手に弾けているので、このまま両手で練習してくださいと言われ、オルガンを引き受けました。

ユーザーID:5247294579
大丈夫よ。娘さんは何も悪くない
apple snow
2018年10月31日 10:04

親のモヤモヤは分かりますが。
ここはぐっと我慢するべきです。

練習2週間は短かすぎです。

可愛そうなのはもう一人のオルガンの子です。
がんばって練習したのでしょうね。
そこを責めることなんてできないですよ。

一年生なら失敗も可愛いです。

習って半年で両手弾きなんて将来楽しみですね。

ユーザーID:1960609688
大丈夫。
shiho
2018年10月31日 10:55

小学生の子を持つピアノ講師です。続きを読んで、ほっとしました。
>娘は今回の事を全く気にしておらず、むしろ自分は弾けたという自信がついたよう
これがすべて。娘さんが落ち込んだのではなくて、良かったです。

トピ主さんは、ひそかにこう思っておかれては?
「うちの娘が上手に演奏したおかげで、途中で止まらずになんとか最後まで出来た。先生も、娘に感謝してくれた。」
実際、演奏はずれてしまったようですが、私が思うに、先生が仰った「間違いなく弾いてくれたので助かりました」は、大いなる本音です。
娘が頑張ったおかげでクラスのみんなが助かったのだ、ぐらいに自慢に思っといてあげてください。

もう一人の子も、きっと本番はなんとか両手で弾きたくて一生懸命で、先生もその思いを認めてあげたのでしょう。
確かに、全員が自信を持って本番に臨み、いい演奏に仕上がるに越したことはありませんから、先生も少々下手を打ったなと思わないでもありません。小一にやらせるにしては、ずいぶん奇妙な編成・編曲だとも感じます。
ただ、学校教育での音楽は、高度な演奏を完成させるばかりが目的ではないので、そこは温かく理解してあげてください。

娘さんが間違えたと思われているかもとの懸念も、必要ないです。
保護者は9割方、わが子だけを見てわが子の楽器の音を聴こうとします。その他大勢はBGM。当のお母さんでさえ、どちらが間違っているか分からないものを、他の保護者はなんとも思っていません。誰がオルガンだったかすら忘れているでしょう。
娘さんを信じ切れなくてハラハラし、演奏を楽しめなかった腹立ちもあるかもしれませんが、それは、今後は自信を持って見てあげられる良い教訓にされたことと思います。

娘さんの日頃の練習の成果は、ピアノ教室の発表会で、おおいに発揮させてあげられます。
次のステージに向けて、早く気持ちを切り替えてくださいね。

ユーザーID:5814069517
気にしているのは貴女だけ
母2号
2018年10月31日 12:29

お嬢さんは当日自分のパートはちゃんと弾けたのかもしれませんが、どこか間違ったり遅れたりしたかもしれません。バラバラな演奏にまぎれてわからなかった可能性もあります。当日両手で弾こうとした子も、トピ主さんのお子さんも、「オルガンやりたい!」と思った気持ちは同じだし、上手に弾きたい、よい演奏会にしたいと同じ思いだったはずです。

ピアノを始めたばかりで上手くもないのに、オルガンに立候補するような無謀さも、当日急に両手で弾くといいだす無謀さも、私から見たら同じ。目立つパートをやってみたい!という気持ちだけです。

小1ですから、そういう目立ちたいやりたいだけで実力が伴わないなんてことはよくあること。でも、そういう積極性を大人はほほえましく見守ってやるべきことです。

トピ主さんは、うちの子「は」上手くできたのにとご立腹ですが、そんなことどうでもいいです。失敗しても小1の演奏会だもの、可愛いものではないですか。

学校の演奏会に高いレベルなんて求めていません、目立つパートの子が大失敗して「可愛そう」とも思わずに、「うちの娘だと誤解されたらどうしよう。もう一人の子、もっとしっかりしてよ!」なんて大人げないこと思うトピ主さんにびっくりです。

両手の演奏を許可したのは担任ですから、担任に文句を言ったらどうですか?最近は厄介な親が増えたなと思われると思いますけど。

低学年って、子供は無謀なことをよくやります。
合唱コンクールの伴奏も無謀な立候補だらけ。うち娘は小1で「華麗なる大円舞曲」とか両手で弾けましたけど、伴奏やりたい子が多いので5年生くらいまでやりませんでした。で、高学年や中学になると、伴奏も難しくなって立候補しなくても頼まれるようになり。小学校から高校まで、ずっと卒業式の伴奏をやりました。

トピ主さんのお嬢さんも、心配しなくてもあと3年もすれば、力量が周りに知れ渡りますよ。

ユーザーID:8987040420
忘れましょう
下の上
2018年10月31日 13:17

私が小学生2、3年生の時、ピアノ伴奏をしました。
練習不足と緊張で途中で止まってしまいました。
その後どうなったか記憶がありません。

あれから20年。誰も覚えていませんでした。
消し去りたい過去だったのですが、ほっとしました。

娘さんはちゃんとやったのです。大丈夫です。余計な心配は忘れましょう。「娘はちゃんとできたんだけどね〜」なんて話を他の人にする必要もありません。

ユーザーID:1115035089
気にしない、気にしない。携帯からの書き込み
テーブル
2018年10月31日 13:48

うーん…。
「うちの子が間違えたんじゃないの。間違えたのはあの子よ」と、トピ主さんは他の保護者に言いたいわけですね?

はっきり言って、保護者は自分の子供しか見ていません。

申し訳ないけれど、オルガンを弾いていたのが誰なのかすら見ていない保護者が多数なのではないでしょうか。

誰にも何も言わなくて大丈夫ですよ。
お子さんが立派に大役をこなした事は、トピ主さんと先生がちゃんとわかっているんですから。

私など音楽の知識が全くないので、もしその演奏を聴いていたとしても、どこが間違いなのかわからないかも。

ユーザーID:3826456920
なんとまあ
カチャトーレ
2018年10月31日 14:02

長い長い状況説明のあと、悩み事は娘さん自身が間違えたと疑われて納得できずにいるのかと思いきや・・・

なんとなんと、納得できないのは「ワタシ」でしたか。
その上、当の娘さんは全く気にしていないどころか、弾けた事が自信に繋がっている、と。
更に言うと、間違えたのは娘さんだと実際に周囲に思われている痕跡もない、と。

迷わず「面白い」ポチを押しました。

ユーザーID:7089286853
誰も1年生の間違いをぐだぐだ言いませんよ。
通りすがり
2018年10月31日 14:13

小学生の失敗なんてみんな百も承知でしょう。自分の子の失敗と思われるのが嫌?誰もあの子が間違ったからなんて言いませんよ。少なからず間違った子は他にもいたと思うし。

みんな自分の子のビデオや写真を撮ることでいっぱいで、終わった直後は家でちょっとバラバラだったねと話すくらいで翌日には忘れてますよ。普通なら1年生だしかわいいものじゃない?で済ますことでしょ?ましてや他人の子のことなんて特にね。

まだ1年生ですよ?前の日にやってみたら出来たから本番でもやってみたいと思う子だっているでしょう。先生もその気持ちを尊重したのだろうし。間違えた子を寛大に許せないのでしょうか?1年生の判断をそこまで根に持ちますか?

ユーザーID:1322977860
うーん
はなこ
2018年10月31日 16:25

娘さんはきちんと練習してきちんと弾けた。それでいいじゃないですか?
大体にして、小1で鍵盤楽器を両手で弾かせるのが間違いだと思います。
私、エレクトーンの足のパートやったことありますよ。
その位、分けて、一人一人がきちんと弾けて、みんなと合わせて合奏でしょ?
先生も最初は両手の所を2人で分けて弾かせる予定だったのだから、それでいけばよかったんですよ。
そしたらもうひとりの子も無理して両手でチャレンジすることなかったんだし。

でもね、うちの子がトピ主さんの娘さんと同じクラスで、その合奏を聴いていたとしても、その失敗した子が誰だとか犯人探しみたいなことはしませんよ。
「みんな一生懸命練習して頑張ってたよね」って思いますよ。

ユーザーID:1387024006
逆に質問です。
hoo
2018年10月31日 23:54

トピ主様、貴女はオルガン以外の楽器の事を覚えていますか?

全体の音楽としてなんて、きっと聞いてなかったと思いますよ。

まあ、我が子も保育園時代から発表会や音楽会がありましたが

皆、我が子しか見てませんし聞いてません。

小1なら、少々なのかどうかは分かりませんが

どちゃどちゃしたような演奏であっても、こんなものだと思ってます。

「オルガンの子が下手で滅茶苦茶だったわ」なんてイチイチ気にしてません。

我が子以外の学年の演奏は、心配も気にすることも無く

聞き流し〜

と、言う事で、モヤモヤする必要も意味もないですよ。

音楽教室の発表会だったのなら、そのモヤモヤも理解できますけどね。

ピアニカの子や、他の楽器の子達も結構ズレたり間違ってたはずですよ。

オルガンだけがずれていたと、言い切れるだけ

全体もしっかり聞いていましたか?

ユーザーID:1087930032
失礼ですが。携帯からの書き込み
無理
2018年11月1日 0:04

正直、大したことではありません。

既にその音楽会は終わりました。
聞いていた瞬間は「あれ?」と思った方もいらっしゃったでしょう。
でも大抵は自分の子どもが関わってなければ、直ぐに忘れますよ。

来年の今頃に「昨年の音楽会でのオルガンの不協和音」をどれだけの保護者が覚えているか?思い出すのか?
多分、そんなに居ないと思いますよ。

それに、担任の先生は娘さんはちゃんと出来ていたと知っています。それだけわかっていて貰えれば充分ではないですか?

トピ主さん親子の頑張りは決して無駄ではなかったではありませんか?実際に娘さんは自信を付け、今後のピアノレッスンにヤル気が出たのではありませんか?それって、親が言ったって得られるものではないです。

トピ主さんは気にしなくても良いのですよ。
娘さん本人が気にしていないのに、親であるトピ主さんが気にするのはおかしいです。せっかくの娘さんの自信の足を引っ張る(邪魔をする)のは止めましょう。

来年の音楽会はきっともっと上手になってますよ。娘さんならその可能性が高いと私は思えます!頑張ってください!

ユーザーID:0858549466
娘さんとお疲れ様のお祝い会をする
モモコ
2018年11月1日 0:32

ピアノ良くできたねって事で、家族でお祝い会をしたらどうでしょうか。
だって間違えたわけじゃないし、娘さんは経験をつめて満足したんでしょう。やったね!で良いじゃないですか。

あわよくば、ですが娘さんが「家族でお祝いしてもらったの〜!本番バッチリだったから!」なんて誰かに言っちゃえば良いような。そりゃまずいかな(笑)

ユーザーID:7712773561
トピ主さん、ほんっとゴメン! 批判しますよ
ミリリ
2018年11月1日 16:07

きつい言い方するよ。先にあやまっとくわ。ごめんなさいね。

トピ主さんの続きレスも全部みたけど
はっきりいって読んでいてイライラしました!

経緯はよくわかりました。
そして、私もある楽器を演奏する息子がいるので
人前で演奏するのを心配する気持ちはわかる。

でも、学校行事ですからね。しかも低学年。
そりゃあ、失敗する子だっているわよ!!

低学年での失敗を、次に活かすのよ。子供達は!

それを保護者や先生(つまり周囲の大人)は
長い目で見守っていればいいの!

母親が、「自分の子が失敗したと思われら嫌だな」とモヤモヤですって!?
ハッキリいって、知るかって感じですよ。

他の保護者は、
自分の子のパートのことが大きく印象に残ります。
みんな自分の子のパートを一番、懸命に見ますのでね。

中には「オルガンの子ちょっと失敗しちゃったんだな」って
思う人もいるかもしれないけど。それで別にいいじゃないですか。
どっちの子と思われようと。

だって主様のお子さんは何も気にしてないのでしょ!?

お母さんのプライドを高める為に
学校の演奏会があるとでも言うのでしょうか?
思い上がってはいけませんよ。

ユーザーID:4261768765
主さんの反応にびっくり
え・・・
2018年11月2日 1:13

光景を想像してかわいいと思いましたよ。
ちびっこ達が舞台でバラバラになっちゃうなんて(笑)
大きくなってしまっては、この状況は洒落にもならないのだから限られたかわいい時期を楽しんだ方がいいと思いますよ。
そう思うと、だれが原因で失敗したなどどうでもよいと思うのですが。

ユーザーID:7245313887
貴女へのアドバイスです
ニンジン
2018年11月2日 14:12

保護者の中には、なまじ自分が演奏経験があると余計にお子さんの演奏会に熱くなる人がいます。

ご自分ではお気づきではないでしょうが
貴女が色々とお子さんに協力した経緯があるから、自分の功績のような気もしてるのでしょうね。


でも、常にお子さんと貴女はの経験は別物であることを意識してお過ごしください。


これから先もずっとです。




今回の事では、お子さんが納得できているから、それでいいのです。

もう何も言いっこなしですよ。



そして家庭内で、自分のお子さんの前では、もう1人のお子さんの失態について
必要以上に母親がこだわってる様子を悟られないでください。

親としては、伴奏の2人とも、よく頑張ったよね、と話せば良いだけの事です。

ユーザーID:1937115765
合奏
ゆみ
2018年11月2日 19:11

ピアニストです。

小1の発表会でどちらのオルガンが間違っていたのか等、誰も気にしていません。どちらかが間違っても曲が通るようにと2人いるわけで、オルガンが両方とも落っこちてクラスの演奏が止まってしまったとかでなかったら拍手なのです。

お子さんが「頑張って出来た」という自信がついたのなら、それが一番の収穫です。「良かったね、凄かったね」と褒めてあげてください。

間違えた子を責めないこと、明日は我が身かもしれないのだから。小1なんだから、もう一人の子は失敗を次へ生かせばいいのです。家では弾けていても本番で緊張して分からなくなったら、臨機応変に片手演奏に切り替える、等。そういうことは、失敗してこそ分かることなんです。

ピアノはソロが多い楽器ですけど、室内楽など合奏もありますし、「誰のせいで演奏がおかしくなったのか」というのは永遠のテーマです。チームワークというのは、そういう場面で発揮されるわけです。フルートが拍を数え間違えて入りが一拍遅くなった、とかいう時に、「あのフルートのせいで変になったんだ、自分のミスだと思われては心外」とか言っていても仕方ないので、お客さんに気づかれない様にポーカーフェイスで辻褄合わせるのです。

先生はお子さんに感謝しているのでしょう?お母さんがそんなに気をもむことありません。自分の子を信じてあげて!

ユーザーID:9807161611
間違い、ズレも子供らしくて微笑ましいと思います。
海外現地校保護者
2018年11月2日 20:25

海外在住です。この国では、小さい子供に無理に練習させる=虐待と考える(児童保護法に抵触する)ので、園も学校も習い事も行事、発表・運動会、日本人が見たら驚く程、バラバラ=完成度の低さですよ。

実際、他日本人の方が「もっとしっかり練習して、キチンと並ばせれば見栄えは良くなるのに〜」と仰っていましたが、この国ではこれで良いと思う人が大半です。
高学年以降、水準を少しずつ上げて行きますが…プロ育成等でない学校行事程度なら、日本ほど一生懸命練習しません・させません。練習は学校のみ、自宅では睡眠・遊び・勉強時間確保+体調管理するだけ、親は当日見に行くだけでOKです。

>見事にバラバラなオルガンの音。輪唱なんてないはずのところが輪唱になっていたり、聞こえるはずのない音が聞こえたり
我が子の通う学校保護者・関係者なら、終わった後に「スタンディングオベーション」「ヒューヒュー」すると思います。大切なのは、それまでの努力+緊張する中で本番を乗り越えた事ですから…。
我が子の通う学校は難聴・聴覚過敏、その他のハンデがあるお子様もいるので、皆で力を合わせ一生懸命に頑張っている姿を見ていると揃っていない事は全く気になりません。

私の子供が小学校低学年の時の劇で、赤ちゃん役が間違えてとんでもないタイミングで誕生した事もありましたが、本人は「へへ」、会場も爆笑し終わりです。誰も責めたりしません。

>どのように考えたら前向きになれるでしょうか
音楽会は、何の為にあるのか?誰の為にあるのか?
少し視野を広げてみる事をお勧めします。

>間違えたのは娘だと思われるかもしれない
>周りに触れ回る訳にもいかず…
主様の精神衛生面の為、こんな事は考えない努力をした方が良いと思います。

お嬢様が健康に育ち、毎日楽しく学校に通えている事、オルガンを両手で弾けるようになった事、素晴らしい事ばかりではないですか?

ユーザーID:3672670127
お礼
あん(トピ主)
2018年11月3日 0:48

皆さま、レスを頂きありがとうございます。
温かいお言葉、厳しいお言葉、どれも新たな発見があり繰り返し何度も読ませて頂いております。

特にshiho様には私の気持ちを汲んで頂いた上で、相手の子の気持ち、先生の思い、学校教育での音楽のあり方まで教えて頂き、目から鱗が落ちたような思いです。
shiho様が書かれた文章の全てが、私のモヤモヤを溶かしてくれます。ありがとうございました。

ですが、何名か勘違いされているかもしれないので追記させてください。実際には先生や相手の子に言うべきものではないという事もわかっていますので、こちらの掲示板でもう少し気持ちを吐きださせて頂ければ幸いです。

ユーザーID:5247294579
1番のモヤモヤの理由です。
あん(トピ主)
2018年11月3日 0:50

私が1番モヤモヤしているのは周りの保護者に娘が失敗したと思われることではなく、当日に突然両手で弾いたことです。
ただでさえ本番は緊張して指が動かなくなったり平常よりミスしやすい心理状態になるのに、先生も親御さんも何故止めなかったのかと思ってモヤモヤしました。
頭が真っ白になっても、何も考えずに指が勝手に動くようになっていないと本番では上手く弾けないと思っていました。

なので娘にもそこを目指して練習させました。前日にできたくらいでは練習量が圧倒的に足らないはずなんです。
緊張して間違えたならまだ納得出来るんです。でも今まで出来なかった事を本番で出来る人なんて、ドラマや小説に出てくる主人公くらいなものだと思います。

みんなで演奏する合奏だからこそ、目立つパート(オルガンがなければ残るはカスタネットとトライアングルとピアノの伴奏だけ)だからこそ、迷惑を掛けたくない一心で、ただでさえパンパンなスケジュールの合間を縫って、必死に練習してきました。それを思いつきで暴走して壊されてしまったように感じて許せなかったんです。

またオルガンがなければ、その他大勢の子達はリズムを取れなくなってしまいます。(オルガンのみがメロディを弾く為)なので、大勢の保護者の方から責められているような気持ちになってしまい、弁解したくなりました。(皆様のレスを見て、責任を感じる必要はなかったと思えるようになりホッとしました。)

小1の子に責任感を求めても無理な話ですし、大人げなかったですね。相手の子も一生懸命弾こうとしていた。その思いを分かろうとせず、責めるような事ばかり思って恥ずかしいです。もう少し寛大な心で見守る事が出来るようになりたいです。

ユーザーID:5247294579
 
現在位置は
です