現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

愛猫の介護と看取り

ぽんちゃん
2018年10月29日 10:47

21歳になる愛猫がいます。
徐々に食が細くなり、今はゴハン・水は自力で食べられず、経鼻チューブで流動食と水を与えている状態です。
今月初め頃に脱水症状で入院してからは、急激に筋肉が衰えて自力で立つ事が難しい状態です。
排泄も手助けしないと難しくなってきました。

お医者さんには老衰だから後は弱っていくばかりと言われました。
21年の間、怪我も病気もせず健康に過ごしてきてくれたので、自然の摂理だと思っています。
それでも、一緒にいられるのはあと僅かなんだなと思うと寂しい気持ちでいっぱいです。

老猫と暮らしている方、看取った方、どの様な気持ちで一緒に過ごしましたか?

ユーザーID:9507527502  


お気に入り登録数:38
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本

タイトル 投稿者 更新時間
何度も経験あります携帯からの書き込み
ももここ
2018年10月29日 15:41

トピ主様お願いです。
経鼻チューブはやめてあげてください。
私も経験がありますが、あれはとても苦しくて辛いのです。
猫はそれを伝えることができません。
21歳まで生きてきたのです。
最後の最後に苦しい思いをさせないでほしいのです。
延命治療なので、経鼻チューブをつけていればもう少し生きていられかもしれません。
でも、やすらかな余生はおくれません、
もう、猫ちゃんは寿命なのです。
人間の都合で苦しい思いをさせてまで延命するのはやめて、やすらかに自然にまかせてあげていただきたいです。
お願いします。
質問の答えではなくて申し訳ありません。

ユーザーID:5654456250
感謝
そうだなあ
2018年10月29日 19:59

19歳の愛猫を看取って、もうすぐ3年になります。
未だに涙は枯れません。
以心伝心のあの子が、もう、この世にいないなんて。
「さよなら」は、まだ言ってません。たぶん、ずっと言えません。

あの子も老衰でした。
医者にみせても、どこかが悪いんじゃないんですよ、と言われ、ほとんど食べられず、水もシリンジで飲ませ、一日中うつろに転がっているやせ細ったあの子を私は看取りました。
亡くなる一週間前からは、一言も鳴かなくなりました。
声を聴きたい、と、どんなに願ったことか。
だけど、力のなく横たわる愛猫に、もう、何かをしてもらうことを望んではいけない、と思いました。ただただ、暖かくて静かな環境にいさせてあげようと思い、わずかな身じろぎからあの子の要望を聞き取ることに専念しました。
あとは、一緒にいてくれた19年に、ありがとう、ありがとう、と。

亡くなる30分前、今までまるで何も見ていないかのようだったあの子は、急に体を起こそうとしました。慌てて手を添えた夫に支えられたあの子は、私に向かって、一番甘えているときの声で可愛らしく4回鳴きました。
嬉しくて嬉しくて、頭を撫でようと手を出すと、自分から頭を摺り寄せてくれました。最期まで力を振り絞って私の願いを叶えてくれる、本当に優しい猫でした。

今、これを描いていても涙が止まらず、あの子を失った悲しみは消えることはありません。
だけど同時に、あの子がくれた、あの子と一緒の19年間への感謝も絶えることはありません。

トピ主さんと愛猫さんに残された日々が、少しでも多くの幸せな瞬間を刻みますよう、祈っています。

ユーザーID:9490415142
18歳の子を看取りました
みけ
2018年10月29日 21:17

5年前に虹の橋を渡っていきました。
小学校の帰り道に弱っていたところを拾った猫でした。
嬉しい時も悲しい時も、いつも一緒にいてくれた姉妹のような子でした。

病気なんてしたことはなく、亡くなる1ヶ月前から食欲がなくなり、ゆっくりと弱っていき旅立ちました。
病院で診てもらいましたが、老衰だからこのまま見送ってあげてください、と言われ延命はしませんでした。
ちょうど私が仕事を辞めた直後から弱りはじめ、最後まで傍にいてあげることが出来ました。
亡くなる時も家族全員が見守る中、お気に入りのクッションの上で眠るようになくなりました。本当に手のかからない良く出来た子でした。

21歳まで長生きしてくれたなんて、本当にすごいことだと思います。
弱る姿を見るのは辛いと思いますが、後悔のないよう近くで見守ってあげてください。
最後はお気に入りの寝床で、ゆっくりと休ませてあげてください。
そして、うんと泣いてください。
私は火葬場のスタッフがドン引きするくらい泣きました(笑)

見送った直後は喪失感でいっぱいでしたが、今は感謝の気持ちでいっぱいです。
どうか安らかに眠れますよう、お祈りしております。

ユーザーID:8743625312
辛いですね携帯からの書き込み
ぽっぽちゃん
2018年10月29日 22:27

お気持ちお察しします。

私も9/27に愛猫を亡くしました。
20歳と半年の生涯でした。

老衰でしたが、今年の暑さは特に堪えたみたいで、9月に入ってからヨロヨロになっていき、トイレまでの少しの距離も、途中で休憩をいれないといけなくなり…それでも、最期までお漏らしする事はなかったです。
それが、彼のプライドなのかなぁ なんて思ったりして。
毎朝彼の呼吸を確かめ、まだ時間がある事に安堵し、もしかしたら突然また食欲が戻り、体重も増え元気になるんじゃないかと期待する日々。
心底、私を置いて逝かないでほしいと願ったりしました。でも、やっぱりその時はきます。

最期の1ヶ月は、彼と過ごす時間がとにかくゆっくりとすぎますように と神様に願う毎日でした。

トピ主様も、愛猫ちゃんとの貴重な時間をどうか大切にお過ごし下さい。

トピ主様が、ご自身の生涯を全うされた時、愛猫ちゃんは虹の橋で待っていてくれるかもしれませんよ。

ユーザーID:7199517688
お気持ち御察し致します携帯からの書き込み
さみぃ
2018年10月30日 16:20

必ず来る別れと分かっていても
やはり辛いお気持ちでお過ごしの事と思います
私は過去、犬3匹猫1匹を見送りました
1匹目は医者にも必死で通い、
治らないのは病院が悪いのでは…
と迄考えたりしました
しかし病院でグッタリしながらも治療する姿を見て
本当にこれで良いのだろうか?
と疑問を持つ様になりました
実際問題私達も気力体力お金を使います
ピリピリして大声を上げる事も有りました
それからは治療するなら負担の少ない方法と
何より普段と変わりなく皆で過ごす様にし
家に来てくれた事に感謝し
「皆居るよ」と声を掛け
苦しければ病院で、そうでなければ自宅で
看取ってきました
それが良いか悪いかは解りません
飼い主様それぞれ考え方は有ります
平気で"飼い主"を放棄するこの御時世の中
トピ主様と猫チャンはとても大切な時間を過ごされて来た事と思います
毎日身体を綺麗にしてあげたり話かけたりと
スキンシップも忘れずにして下さい
そんな事でも猫チャンは喜んでいるはずです
とにかく後悔の無い様
出来る事を出来る範囲でお過ごし下さい





それだけです

ユーザーID:0113493592
毎日感謝を伝えました
maiko
2018年10月30日 17:37

21年間の思い出に感謝を伝えてました。
愛してるよ。今まで楽しく暮らしてこれたのは、あなたのおかげよ。
天国で待っててね。
と毎日伝えてました。
あるとき、元気がよみがえってきた。えっ? 治ったの? 元気なの?
亡くなるときは分かります。
息を引き取った時、抱きしめて家族全員で声を出して泣きました。
今、これを書いていて、涙があふれてきました。
でも仕方がない。楽しく一生を過ごせたのだから幸せ。
動物の葬儀場で火葬になり、遺骨を持ち帰りました。
今も、家に居ます。お墓に入れられない。
子供だった頃から写真を撮り続けてるので、たくさんの姿が記録されてます。
動画を見ると、笑顔が出てきます。可愛い。

辛い思いをした人は、もう猫を飼えない。と考えたりします。
でも、幸せに暮らした猫ちゃんがトピ主さんを待っています。
我が家は、すぐに新しい猫を迎えました。
辛さが強烈だったので、三匹の猫ちゃんを迎えました。
毎日幸せです。

ユーザーID:3024041612
トピ主です。
ぽんちゃん(トピ主)
2018年11月1日 16:17

皆様、暖かいお言葉と体験談をありがとうございました。
体験談は今の自分と重なって涙しました。

トピを投稿して3日しか経っていませんが、急激に衰えて、今は寝たきりです。
撫でても殆ど反応しません。
元気だった頃は触れればほんのり温かかった体がひんやりしているので、刻一刻とお迎えが近付いるのが分かります・・・

ゴハンを吐き戻してしまうので、昨日、母が病院に連れて行こうとした所、痙攣を起こして取りやめになりました。
もしかしたら「病院は嫌」と伝えたかったのかもしれません。
家族と話し合って、もう病院には連れて行かない、無理にゴハンはあげないで水を少しずつあげるだけにしました。
藁にもすがる思いで経鼻チューブを選択しましたが、10月初めの体調を崩した時に覚悟を決めて看取ってあげれば良かったのかな、と後悔しています。

寂しい気持ちもありますが、虹の橋の向こうで元気な体で楽しく遊んで、美味しい物をいっぱい食べて、大好きなふかふか干したて布団で寝られたら良いなと願いつつ、撫でています。

ユーザーID:9507527502
飢餓状態よりは遥かにまし
沙希
2018年11月1日 18:35

経鼻チューブは苦痛だというレスがあります、確かにそうでしょうね。
でも猫は口がきけないから「経鼻チューブの苦痛と飢餓状態の苦痛とどちらが痛い?」と聞いても答えてくれません。

私は飼っていた猫に強制給餌をした経験があります。
猫飼いさんの間でも評価が分かれる処置だったし、実際に猫が嫌がり辛そうなので悩みまくりました。
強制給餌を提案した獣医師に「やめてもいいか」と相談しました。
先生は「判断するのは飼い主だから、止めたいなら止めても構わない、事実、猫には慣れるまでは苦痛な行為
でも飢餓状態のまま逝かせるのは人間が思う以上の苦痛なのも確かです」と言いました。 

その猫が死んで3年経過しましたが未だにアレで良かったの考えます。
でも経鼻チューブや強制給餌をしない選択をしていたら「していれば助かったかも」
「したほうが楽だったのでは?」と悩んでいた筈です。

だって猫は痛いとか言えないですからね、どんな風に逝きたいか、どんな看護が良いかなんて飼い主には分かりません。
ましてネットの善意のつもりの他人には絶対に分かりません。

後悔しないように介護をしてあげて下さい。
猫専門獣医師の服部 幸先生の著書「ネコの看取りガイド」に下記のメッセージがあります。
「長い時間を共有した飼い主がその子を想って下した決断ならすべて正しい」
人間の自己満足を肯定する言葉では無いと思います。

どの飼い主も猫を思っての看取り介護です。
せめて毎日、今まで尽くしてくれた感謝の気持ちを伝えてあげてください。
私は最後の3カ月は「可愛いね」「賢いね」「一緒にいてくれて有難う」と言い続けました。
朝起きると「今日は少しでも痛くないといいね、眠れたらいいね、息が楽だといいね」
夜は「今日も頑張って偉いね」と声をかけていました。

体に気をつけて、猫さんの傍にいてあげてください。

ユーザーID:3313739905
虹の橋を渡りました(トピ主です)
ぽんちゃん(トピ主)
2018年11月5日 10:40

11/3の午後に虹の橋を渡りました。

21年、気高く可愛く逞しく生きて、沢山のステキな思い出を共有してくれました。
休日の日に逝ったのは、家族が揃っている日まで頑張ってくれたのかなと思います。

強制給餌に関しては一長一短で、僅かに生きる時間を伸ばしだだけなのかもしれないです。
強制給餌を始めてからは少し持ち直しましたので、食欲が戻って自力でゴハンが食べられる事を期待しましたが、結局、最後まで食欲は戻らず、最後は吐き戻す回数が増えました。流動食を止めて水だけにしてからは、一気に衰弱していきました。
飼い猫を亡くすのは初めてでは無いのですが、この子のように長生きして老衰で亡くなる事は初めてでしたので、戸惑い、結果無理をさせてしまいました。
でも、ゴハンも水も摂らずに飢え死にさせるのは心苦しかったでしょうね・・・

ユーザーID:9507527502
平安を
そうだなあ
2018年11月7日 18:14

そうですか…

ご愁傷様です。お辛いですね。
寂しいですね。

ただただ一緒にいてくれること。
それがどんなに幸せをもたらしてくれるものなのか、
どれほどに有難く、あたたかなものなのか、
そういうことを、ネコ達は教えてくれますね。
言葉が無くとも共有できる気持ちというものが、そこに確実にあることも。

愛猫さんの心に、平安がありますように。
ご家族とトピ主さんの心に、平安がありますように。

ユーザーID:9490415142
ご愁傷様です
ちゃとらん
2018年11月7日 23:54

ぽんちゃんさん がんばりましたね。
目の前でなすすべもなく、見ていることしかできない・・・

うちの子も、何も食べらなくなってしまいました。
18歳です。春先まではこの仔は、20才まで楽勝よね・・・と思っていたのに。

この仔には強制給餌はしていません。
今年春に看取った仔(16才)は上皮がんで食べたくても食べられない状態で
必死に強制給餌をしました。最後までしっかりと食べてくれて
一度も吐きませんでした。

今の仔はすぐに吐いてしまうので、胃が受けないのだと思います。
病院でも血液検査でも異常はなく、これ以上の検査は負担がかかるので
断りました。
無理にあげても却って負担になるので、好きなものだけあげていたのですが、
ここ数日ちゅーるを1.2度舐めるだけ、それ以上は顔を背けてしまいます。

覚悟はしています。でも辛い・・・
18年が頭の中で走馬燈のようにぐるぐる回っていて・・・涙が止まりません。


ぽんちゃんさん、ごめんなさい。横入りしてしまいました。


ちゃんと食べて、寝てください。そして思いっきり泣いてください。
泣くだけ泣いたら、少しは楽になれます。
でもそれが難しい・・・・
何度経験しても辛いものは辛い。


でもぽんちゃんさんが心の底からうらやましいです。
3年も長く一緒に居られたこと・・・

ユーザーID:7748530567
猫ちゃんのご冥福を・・・
しずる
2018年11月8日 12:35

幸せな一生だったと思います。

トピ主さん。
今はお力を落としでしょうが、猫ちゃんがくれた
幸せな時間。
忘れないでいることがなによりの恩返しだと思いますよ。

看取れた事が私はうらやましい。

私の最愛の子は、前日までピンピンしていて
でも前日にいつもより長く、私に撫でられていたので
もしかしたら彼は感じていたのかもしれません。
翌日、起きた時まだほんのり温かく、、でも目を
覚ますことはありませんでした。
傍にいてあげることが出来なかった。悔やまれます。

いつかお互い、虹の橋のたもとで
愛猫ちゃんと会える日を楽しみに生きていきましょう。

ユーザーID:2922656958
 
現在位置は
です