現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母親の傷跡 子どもへの影響

サト
2018年10月29日 16:18

4歳と1歳の子どもがいる、30代半ばの母親です。

私は昔、精神的に病んでいた時期があり、左腕と太ももを中心に、たくさんの傷跡があります。

これから子供が大きくなり、傷跡に疑問を持った際にはどう対応するのが良いのだろうと思い、ご意見伺いたくトピ立てさせていただきました。

先日、5歳になる甥っ子に聞かれた際には「昔怪我をしたのよ〜」という感じに適当に流しましたが、自分の子供にはそのうちごまかすだけじゃ駄目になるのかなと。

傷跡は一番新しいものでも8年くらい前のものなので、赤みはなく、それほど目立つことはないと思います。
ただ、近くで見れば確かにわかります。

左手首については、数が多すぎたせいで、一つ一つの跡というのではなく、全体的に少し白っぽく、皺が寄っているような感じになっています。

上腕にかけては線状の跡が縦横無尽に無数にあるため、全体的にややデコボコしている感じです。
遠目にみれば何もわからない程度かとは思います。

太ももについては数はそれほど多くないものの、大きい傷跡が多く、白くケロイド状に、ミミズのように盛り上がった跡になっています。

夫とは、病気がほぼ治ったころに知り合いました。
夫はとてもマイペースで人目を気にしないタイプで、私の傷跡も全く気にならないようです。

以前こういうことがあって傷跡がある、ということは勿論話して知っていますが、知り合ってからの私が何も問題がないので、昔のことは何も気にすることはないと思っているようです。

今後、子どもがこのことで嫌な思いをしたり、不安になったりしたらと思うととても申し訳ないです。
どうにか子供への影響を最小限にしたいと思っています。
アドバイスをいただけないでしょうか。

ユーザーID:1382600747  


お気に入り登録数:12
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:9本

タイトル 投稿者 更新時間
どうしたものでしょうね
2018年11月2日 23:00

主さんと同じ年ごろの子を持つ、少し年上の女性です。

私も、両腕に傷があります。
左腕はたくさんの小さな傷の上に太い大きい傷が6個くらい横に走ってて
右腕は白いケロイド状になったものが3つほど。
美白とかやけどの跡が薄くなる薬とか塗ってみましたが、消えませんねえ。
子どもは私の腕を見て
「ママのおててには線が入ってるね」とか
左手の方は「線路みたいだね」って言って指で電車のマネして遊んでます。

さておき。
うちの夫は理系脳で、よく言えば合理的で安定した性格です。
だから、子どもは半分は夫の血が入ってるから大丈夫じゃないかな?と。

私は、こういう跡が残ってしまったことについては後悔してるけど、
同時にあの時はこうしなければ生きられなかった、とも思ってるし、
ただこういった感情は理解できない人(夫)には絶対に理解できないようだし、
むしろ理解できない方が健全ないい人生送れそうだと思うので、
子どもにはこうなるに至った経緯とかその時の感情とか、あえて説明はしないかなあと思ってます。
若い時に転んで怪我してしまったの、みたいな話だけします。

すみません、何の解決にもアドバイスにもなってませんね。
ただ、主さんの旦那様とうちの夫は近いタイプに思われるので、
多分、お子様は大丈夫ではないでしょうか?
なんの根拠もない希望的観測ですが、そう思います。

ユーザーID:6654614253
墓場まで持って行く秘密にして下さい。お子さんのために。
責任感は大事
2018年11月3日 18:59

人間って誰もが秘密を持っています。家族間であっても、です。トピ主さんは、子供に打ち明けることで気が楽になるからそうしたいのではないですか?

だめですよ、それはトピ主さんの黒歴史(なんですよね?)、そうであるなら自己責任で墓場まで持っていくべきだと思います。やってしまったことは消せません(傷跡は消せないのですね?)。そうであるなら、子供さんに話すことで子供さんに必要のない重荷を背負わせることになります。ここをしっかり考えて下さい。

嘘をつくことで後ろめたい気持ちになる、その気持ちから逃げてはいけません。自分でしたことの責任を一生自分一人で背負って下さい。それが人の生きる道です。子供さんに重荷を負わせて自分が楽になろうとするのは、ものすごくひきょうに思います。そんな人間、許せないと思う人は多いでしょう。自分の償いは自分でして下さい。

ユーザーID:3638076077
お子さんは大丈夫だと思います。
こっと
2018年11月3日 19:52

私の経験で何か参考になれば・・・と思い、出てまいりました。
実母は、幼い頃に竹とんぼで怪我を負いましが、
ちょうど瞼の二重の幅だったので
私はあまり不自然に感じない(感じないように?)していたのか、
とにかく 普段は気にも留めていませんでした。

しかし、小学校時代 とある一人の男の同級生に母の傷跡を揶揄されて
とても傷付いたことを今でも鮮明に覚えています。
自分よりも母が可哀想と思いました。

お子さん自身は、傷跡も含めてお母さんだと考えると思いますので
その辺りは不安に感じなくてもいいのでは!?
ただ、私のように周囲には心無い発言をする方もいるので
そのあたりを留意された方がいいと思います。

これだけは言いたいのですが、
どんな傷跡があってもお母さんはお母さんですので
親子の絆は揺るぎないので自信を持ってくださいね!

ユーザーID:0886803956
影響ないでしょう
ヒヨコ
2018年11月3日 20:35

あなたの体に傷があるだけで、子供にはないのでしょ?

あなた自身が気にしているだけです。
気になるなら、温泉やプール、短パンなどで見られる時は、
テーピング用のテープを貼ればいいと思います。
私の母は手術跡を気にしていて、温泉に入る時には、
貼って欲しいと言われ、手術跡に沿って貼っていました。

子どもは、そういうものなんだとしか思わないと思います。
気にしているのはあなた自身です。
そこをきちんと把握していた方がいいです。

ユーザーID:7085517185
勲章なのでは
apple snow
2018年11月5日 11:34

辛かった時期を乗り越えて、今はお母さんをやっているのなら
悔やんだり心配することはないのでは?

私自身はずっと鬱傾向で自傷はなかったのですが
急にパニックになったり、眉毛を抜いてしまったりはありました。
今は空を見ると落ち着きます。

心配して心がザワッとするかもしれませんが。
「これはねお母さんの勲章なの」と言ってみてはどうですか?

子どもは何のことか分からないかもしれません。
でも話せる時期に話したら分かると思うのです。
それは数年後、まだまだ先で良いと思います。

ユーザーID:5589873963
トピ主です。ありがとうございます。
サト(トピ主)
2018年11月5日 16:27

華様、レスありがとうございます。
しばらくレスがつかなかったので、このままゼロかなーと思い確認が遅くなってしまいすみません。

ご推察の通り、うちの夫は華さんの旦那様と同じタイプだと思います!
理系の研究職ですし、そういう行動は理解できないタイプ、
でもそういったことを嫌悪するわけでもなく、気にならないようです。人は人、自分は自分、というか。

他の掲示板等で同様の悩み相談を見たところ、
ママ友がそうだったら子ども同士も仲良くさせないとか、
過去のことだろうと警戒して近づかない方ことを賢明に思うとか、
子どもに不利益なことばかり書いてあって心配になっていました。
希望的観測でも、前向きなコメントをいただけて嬉しいです。

普段の生活で、不安定なところがなく明るく元気な母親であれば、
もし子どもが大きくなって、母親の傷が普通のものではないとわかっても不安になることもないんじゃないかな、と前向きに考えてみます。

私も、一時期はそうしなければ生きていけない時期がありました。
それ以前の私は、周りからは、むしろ強そうだとか悩まなさそうだとか言われるようなタイプで、実際、精神的な不調から来る言動などを理解できていませんでした。

消したい、消せない過去でもありますが、そういう経験を経て
以前よりもいろいろな人の気持ちに寄り添えるようになったことは、子育てにおいてもプラスのことだ、とも思っています。

とりあえず、子どもは夫に似て、マイペースを貫けるタイプに
なってくれるといいなと祈ります。

どうもありがとうございました。

ユーザーID:1382600747
トピ主です。ありがとうございました2
サト(トピ主)
2018年11月6日 16:09

レスいただいた方、ありがとうございます。

11/5の私のレス時点では、華様のレスしか確認できていませんでした。現在、ヒヨコ様のレスまで確認しております。

責任感は大事様

子供に打ち明けたいという気持ちは全くなく、むしろ、可能であるなら今後一切触れずにいたいと思っています。

ただ、私の傷跡は場所的にも種類的にも、転んだり事故にあったりしてできたものにしてはだいぶ不自然です。

今はリストカットという言葉も有名ですし(私の頃にはありませんでした)子どもが思春期になったとき、ほんとはどうなの?と聞かれることも想定しておかなければならないのかと思いました。

疑われても事故の傷だと言い張るか、それとも、
若いころ中二病をこじらせたのよ、あはは、
と言うかはまだわかりませんが、どちらにせよ、
詳しい事情は子供に話すつもりはありません。

ご意見ありがとうございました。

ユーザーID:1382600747
トピ主です。ありがとうございました3
サト(トピ主)
2018年11月6日 16:13

こっと様

ご経験談からコメントくださりありがとうございます。

私が何か揶揄されるのは全く構いませんが(自業自得ですし)、
やはりそのときに子供が一緒だと傷つけてしまいそうですね。
また、悪気はなくても、子どもの友達に何か言われることも
覚悟しておかなきゃと思いました。

実際、甥っ子には「なんでここおばあちゃんみたいなの?」という
聞かれ方をしましたし。

子どもが安心できる母親でいられるよう頑張ります。
ありがとうございました。

ヒヨコ様

そうですね、子どもはそういうものなんだと
思ってくれるのかもしれません。
広範囲すぎるので(太ももなど全面なので)、
プール等だとテーピングなどは難しいのですが、
私自身は気にならないので、特に隠していませんでした。

というか、私自身、普段は傷跡のことはすっかり忘れてしまっていて、誰かに指摘されなければ思い出すこともありませんでした。
ただ、指摘されることは確かにあり(甥っ子、出産時の助産師さんなど)他の掲示板等で調べてみたら、子どもへの影響が心配になったという経緯でした。

今は特に問題ないので、また忘れておけばいいかもしれないですね。
ありがとうございました。

ユーザーID:1382600747
トピ主です。ありがとうございました4
サト(トピ主)
2018年11月9日 16:17

Apple snow様
レスありがとうございます。
勲章ですか!今まで傷跡に対し、隠すべきもの、恥ずべきもの、といったようなネガティブな感情しか抱いたことがなく、周りにもそのように言ってくれる人はいなかったので、目から鱗です。

誇れるようなものではありませんが、確かに年月が経った傷跡は、辛い時期を無事乗り越えられた証ではありますね。
負い目に感じる気持ちが少し薄れた気がします。
どうもありがとうございました。

ユーザーID:1382600747
 
現在位置は
です