現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

会計系の事務を目指すか、秘書を継続するのか迷っています。

アメジスト
2018年11月1日 0:03

40代半ばの女性です。
介護施設でパートの事務をしています。

今度、簿記検定3級の資格を取得する為に、学校に通うつもりです。
でも、2級まで取得するべきか…その先はどうするのか、で迷っています。

私は、少し前に秘書検定1級の資格を取得しました。
でも、介護施設の事務というのは、数字に強い人が有利というのが私の、感想です。

転職や老後に働くことも見据えて、秘書ではなく、簿記2級の資格等を取り(できればその先も)会計系の事務に移行しようか迷っています。
時々地元のハローワークに行きますが、地元で秘書はほとんどなく、会計系の求人が多いと思います。

でも、簿記等会計系の仕事というのは、20代、遅くとも30代前半には取得をしておいて、その後はキャリアを積んでおかなくてはならない専門分野なのではないかと少し、思います。

40代半ばから始めて、会計のキャリアが積めるものなのでしょうか。
やはり、簿記は3級で終わりにし、秘書などのサポート業務でやっていくのが良いのでしょうか。

未熟で大変、申し訳ありません。
皆様どうかアドバイスをよろしくお願いいたします。

ユーザーID:4257429815  


お気に入り登録数:23
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本

タイトル 投稿者 更新時間
多分簿記の方がいいと思う
ブランカ
2018年11月1日 16:38

>でも、簿記等会計系の仕事というのは、20代、遅くとも30代前半には取得をしておいて、その後はキャリアを積んでおかなくてはならない専門分野なのではないかと少し、思います。

一般的にはどんな分野でもそんなものです。
40代になってからのキャリアチェンジはむずかしいですよね。
とはいえ、出遅れたら絶対に無理というものでもありません。

また、トピ主さんは秘書であれば年齢に見合ったキャリアがあるのかといえば、現在はパートの事務で、お住まいの地域では秘書の求人は少ないとのこと。
客観的に見て、いくら1級の資格があっても秘書としてキャリアアップできる環境ではないと思います。

そう考えると、会計に限る必要はありませんが、別分野の事務の専門性を高めるのがいいのではないでしょうか。

ちなみに、秘書のスキルはどの種類の事務でも役に立つと思いますよ。
私には絶対身につかない種類のものなので、羨ましいです。

ユーザーID:9085550721
秘書も難しいかも・・・
総務部長
2018年11月1日 19:06

今は人手不足と言われますが、それでも40代半ばで未経験者を採用する企業は多くないのではと思います。秘書も会計事務も、ある程度のキャリアを積む仕事ですよ。

殊に秘書は、
・そこそこ若い人(未経験可)
または
・年齢が高くても秘書キャリアがあり、実務経験が豊富な人

でないと採用されないと(少なくとも我が社では採用しない)と思いますが。
最近は若い経営者や役員も増えてきましたので、自分より年上の秘書は嫌がる場合も多いですよ。外資でもそうです。

というより、このような事を聞かないと分からない・・・秘書なんてサポート業務は簡単と思っている時点で、秘書には向いてないです。

ユーザーID:2267206659
厳しい事を言いますが…
飾りの簿記2級保持者
2018年11月1日 22:01

簿記3級は独学で充分だし、3級は今や誰でも持ってると
思った方がいいですよ。

仰るように経理の求人は基本的に経験者の募集です。
特にアラフォー以上は…
2級を持ってても未経験の40代以上を採用する事はない
に等しいと思います。
絶対ないとは言いませんけども。

簿記が理解できれば重宝はされるので独学で3級を取得
しておけば充分だと思います。
2級ならまだしも3級は学校へ行くほどでもありませんよ。

ユーザーID:0047995347
今、簿記勉強しています
さくらんぼ
2018年11月1日 23:02

経理系ではない事務をしています。

タイムリーにも今、簿記二級取得に向け勉強中です。
今の職場から転職する予定も特にはないですが、今後何があるかわからないので、時間がある今勉強している感じです。

経理をずっとされている方に比べると、たとえ二級を取得できたとしても実務経験もないため使い物になるとは判断されないと思います。
ですが、簿記の勉強は地道です。
転職の際「慣れない仕事でも地道にコツコツ習得のための努力を怠らない自分」とアピールするには裏付けになる資格なのではないかと。

資格=転職とするには、国家資格でもない限りなかなか難しいと思います。
すぐに資格が仕事に結びつくことはないでしょうが、長い目で見て役に立つことも多いでしょうし、勉強することは決して無駄にはならないと思いますよ。

ユーザーID:2924939460
知り合いの話ですが
フォスフォフィライト
2018年11月3日 8:51

私ではありませんが、トピ主さんの経歴なら、法律事務所の秘書さんが良いと思います(今はパート・アルバイト待遇の求人が多いそうです)。
>秘書検定1級の資格を取得しました。
秘書検定がかなり評価が高いのだそうで、知り合いも2級までは取ったそうなんです(実際のマナーはどうかなと本人は言ってましたが)。

知り合いは、簿記は持っていませんが会計もやっていて、後は顧問の税理士の方が毎月いらっしゃるので、日々の入力ができるだけで十分だと言っていました。
特殊な部分は法律の知識ですが、知り合いは未経験で入りましたが全然問題ないと言っていました。

特殊な業界で、ハロワよりも、弁護士会などに履歴書を置いてもらえるか聞く業界だそうです。
最近はイ○○○○○などのサイトでも求人を見かけることもあるとか。

ユーザーID:6843642746
現実をみるべき
喝を入れたい
2018年11月3日 22:13

秘書検定1級と簿記2級を持っています。
秘書は新卒から5年間大手メーカーで個人付き秘書(専務と常務)をしている中で取得。
簿記は専業主婦の時に取得。
しかし、パート復帰したオフィス業務も、その後正社員転職したオフィス業務も実務として使用していません。
ただ履歴書を飾るだけでした。
パートを5年務め、その時のスキルを活かし正社員として9年目になります。
40歳での正社員転職でしたが、やはり、実践に勝るものなし。

数字を扱うことが好きなら、そのような仕事で経験を積み上げるべき。
また、サポート業務ならいくらでもありますが、「秘書」に固執するのはやめた方がいい。
そもそも秘書業務は先細りの仕事。残っていく秘書は「実務経験の豊富なベテラン」、または若い子を「箔付け」で雇う。(バブルが弾けた直後でも、新卒でなった私)

キツイけれど、40歳半ばの現実を見て仕事をしましょう。

ユーザーID:3458931116
秘書は体力、経理は眼精疲労携帯からの書き込み
2018年11月5日 20:41

秘書は、見た目と声と所作が好印象でサービス業向きの愛想の良い方で、足腰丈夫で手書きの文字が美しく電話応対や接待、御用聞きが得意な方。コンシェルジュみたいなことが可能な方。

経理は、簿記の資格より、文書の読み書きが早く、エクセルや会計ソフトが使える上にネットワーク設定も自分でできるくらいで、超速でタイピングができる方。声や態度は、礼儀正しく清潔であれば、横領や不正処理を持ちかける悪いやつに隙をみせないよう、威圧感があってもブサメンでも可。

事務は、介護施設に限らず、数字に強い人、加えて文書の読み書きとパソコンに強い人が今は好まれますね。

パート、すなわち、正社員の上司がいて、その下でアシスタントする程度なら、どっちでもいいんじゃないですかね。
体力と愛想か、学力とパソコンか、どっちが得意かで選んでは。
経理だったら、今から経理職になるべく応募して職歴をつけてください。今の職場でも会計処理、帳簿つけや請求書発行、取引先への支払処理、施設利用者からの利用料徴収処理を担当させてもらえればベターです。

経理が経験者優遇であるのは、経理業務のIT化が加速しており、簿記と学力以上に情報処理関係の知識がないと対応できないのですが、実務経験のない人はこの勘どころがないんですよね。学校でエクセルやワード、パワポでレポートや卒論書いてる20代は、経理初心者でもすぐ対応できます。
資格だけあっても情報処理実務を知らない、未経験の30代、40代はどうしても不利です。

加えて、お金を扱うので、人物的な信用やコンプライアンスの知識がある人が良いのですが、コンプライアンスも実務経験がないとなかなか理解できません。

ユーザーID:0532179108
一般事務から経理へ転職した者です
kaerukae
2018年11月5日 20:59

アメジストさんが将来のことを考えて
色々検討していらっしゃるのが過去の自分と重なりました。

私は
1一般事務に約15年(会計はノータッチ)
 将来に不安を感じ、在職中に簿記3級と2級を取得

2会計事務所スタッフに転職(当時37歳でした)
 『未経験OK&年齢制限無し、簿記資格あれば尚可』の求人でした。
 4年間勤務。

3経理経験者として今の会社の経理スタッフに転職(41歳)
 現在も勤務中


2の会計事務所に転職し、経理の知識を得られたことが大きかったです。
但し、会計事務所によってはお客様の会計(経理)中心なのか
経営コンサル中心なのかなど色々ありますので
自分が得たい知識をメインに得られるかは求職時に
確認してみないとわかりません。

また、会計事務所事務員は税理士の下働きなので
仕事量が膨大です。私は、繁忙期に毎月残業60時間にもなり、
最後は精神的にダメージを受け、診断書を提出しての退職に…。

それでも、会計事務所の経験=経理経験者と認められたため
3の会社にうまく転職出来ました。
今は体調も回復し、とても安定した生活がおくれています。

2の当時、経理に転職希望の私が調べたことは
・実務経験無しでも簿記資格あればOK。
・年齢制限無し(もしくは自分の年齢がOK)
この2つをクリアした求人があるのか?でしたが
殆ど該当する求人はありませんでした。
そんな中、会計事務所だけはクリアしていたのです。
(激務のため、常に入退職が激しいせいための
ハードルを下げた求人だったと後で気づきましたが…)

何か参考になれば幸いです。
いろんな方の経験を参考に、自分にベストな選択を!

ユーザーID:3954852597
まずは勉強してみて
2018年11月6日 9:33

まずは勉強してみてはどうでしょう。
3級の勉強もこれからなんですよね?

私はパートでお給料の計算や会計ソフトの入力をしていたので、
簿記の資格をとってみようかな、と、
職業訓練に通って簿記3級をとりました。
勉強始めてから試験まで1ヵ月くらい。
訓練は3ヶ月で、2級まで勉強しました。

3級は合格しましたが、私に簿記は向かないことがわかりました。
勉強がつらかったこと・・・。
毎日なきそうでした。
職業訓練じゃなければやめてたと思います。
結局2級は勉強したけど、受験しませんでした。

向き不向きがあるので、まずは3級勉強してみることです。
向いてる人は「楽しい!」といいながら勉強してましたから。

秘書検定は2級を30年以上前にとりました。
履歴書を飾るのに役立ってます。

40を過ぎたら新しいことをはじめるより
今できることを生かしたほうが良いと思います。
でも簿記の勉強は無駄にはならないので
興味があるならやってみてはいかがでしょう。

ただこれから本格的な会計の仕事につくのは難しいと思います。

ユーザーID:0398155264
立ち戻りましょう。
まろん
2018年11月7日 22:58

数字に強い人が有利だから転職を、
ということですよね。

ということは、主さんはそんなに数字に強くない。
…なぜ経理を。

私は数字に弱いですが、
新卒時に職種を選べる状況になく総務兼任で
経理をはじめ、長いことしてます。
総務を活かしたい、経理は避けたいなー…と
一般事務で転職しても結局経理寄りになります。

独学で2級まで取りました。
一応単純な会社であれば税務申告まで
カバーできますが、何年経っても辛いです。
正直数字も仕訳も見たくない。勉強はしてますが。

強い人がこういうとこ楽しいんですよねー
という楽しみが、全く理解できません。
パズルを解く、正解は一つ、
あったときの快感、みたいな。

合わないイライラや
出した答えに納得行くまでの不安の方が俄然強い。
きちんとやれば合うと分かっていてもです。
喜びを感じたことはありません。
やっと一年度終わった。
また新年度が…という感じです。
数字だ、と思うとやってられない、
みんなの努力の成果がここに出るのだ、
ということでなんとか頑張ってます。

経理は経験がものをいうのは事実ですが、
未経験でも飛び込む余地はあると思います。
でも、飛び込みます?

今、自部門担当の役員の秘書役も兼任ですが、
秘書仕事の方が楽しいです。
正解はなくても、より良い対応ってなんだろう?
と延々考えるのが楽しい。
経理大好きな方とは話がどうも合いません。
面倒でしかなくないですか?と。

生活のためと割り切るにも選択肢はあるので、
向き不向きは一度考えられた方がいいと思います。

需要がないかはわかりませんが、なんとなく
ハローワークでは秘書業務は見つからない気が…
専任秘書を雇う規模の会社は
お金をかけて、別の窓口で探すと思います。

ユーザーID:0323545140
最後まで、諦めずに頑張ろうと思います。
アメジスト(トピ主)
2018年11月9日 15:48

皆様、レスポンスをどうもありがとうございました。
どの方も、厳しくも優しく、聡明で芯が通っています。
驚きました。
私は励まされ…もっとしっかりしないといけないと思いました。

まずは、語弊がありましたことを、お詫びいたします。
私は現在の仕事をないがしろにしているわけではなく、むしろ知識を忘れない為に休み時間、仕事の学習をしています。(秘書や介護事務ですね。)でも、心が不安定だったこと、急いで書いたこともあり、上記のような質問文章になってしまいました。本当に申し訳ありませんでした。

皆様に貴重なアドバイスを頂いて、私はこれから重要な選択をいきますが、一遍に大きなことはできません。
毎日1mmずつでも積み重ねをして、その延長上に未来があるのだろうかと思います。

勇気を出すこともそうです。
ひるむ心を押し退け一歩踏み出すことで、少し、何かが変わる気がします。

希望的観測かもしれませんが、秘書の仕事・会計の仕事どちらを選ぶにしても、適性を作っていくのは自分自身だと思います。最後まで、諦めずに頑張ろうと思います。
皆様、背中をプッシュして下さり、ありがとうございました。

ユーザーID:4257429815
 
現在位置は
です