現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

8か月 大泉門が閉じている

sugar
2018年11月3日 10:48

他のママさんが、8か月の子供の頭を触り、あれ大泉門が閉じてるね、と言いました。意識したことがなかったのですが、触ってみたら大泉門が分からなくなっていました。
何となく気になってネットで調べると早期に閉じる病気があると書いてあり、心配になり、早速小児科を2件受診したら、2件とも大丈夫、様子見でという診断でした。

一件目(予防接種のついで、クリニック):普通は1歳半位に閉じるんだけどね、まあ様子を見ましょう。たぶん大丈夫。
二件目(小児神経科):個人差があるのでこの時期に閉じている子もいる、頭のサイズを定期的にはかって大きくなって行けば大丈夫。来月も来てください。

ということで、レントゲンやCTは撮りませんでした。二件目の病院でしばらく見てもらおうと思いますが、さらに、念のため大学病院の脳外科などで診てもらった方が良いのか迷っています。
二件目の先生が言うには、脳外に今すぐ行ったとしても同じようにまずは様子見と言われるので一緒だよ、と言われました。その先生の診断で何か問題があれば紹介はしてもらえると思います。

8か月位の子供の大泉門が閉じていた経験がある方、治療・手術した方などなにか情報があれば教えてください。

ユーザーID:9898828085  


お気に入り登録数:18
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本

タイトル 投稿者 更新時間
とりあえず様子見
デン柄
2018年11月4日 1:10

心配なお気持ちわかります。
でも、医師の言う事が全てだと思います。
三角頭蓋を気にしてるのかな?と思いましたが、発達に遅れがなかったり、見た目に問題がないなら手術する必要はないと思います。
一歳半検診までは様子見でいいと思います。
発達の遅れが見つかってから動くのがベストだと思います。

ユーザーID:6174099851
ありがとうございます
sugar(トピ主)
2018年11月6日 11:13

レスがなかったので、非常にレアなケースなのかな、とまた心配してました。
デン柄さま、レスをありがとうございます(涙)
発達は順調で、頭の形もたぶん普通だと思います。上からみるとやや前後に長い気もしますが夫の頭の形と似ているのでたぶん大丈夫かと。。
ネットで調べて頭蓋縫合早期癒合症を心配していたのですが、先生が仰るには、早期に頭蓋骨が狭くなると頭痛があったり目の動きがおかしくなるなど症状が出るので症状も発達も問題ないから大丈夫ということでした。脳外科の先生ではないのですが、小児神経科の専門医にみてもらっているのだから、たしかに過剰に心配することはないですよね。少し落ち着こうと思います。
引き続き、経験者の方や何かご存じの方がいたら情報をお待ちしております。

ユーザーID:9898828085
うちは逆でした
エミ
2018年11月6日 21:25

参考にならないかもしれませんが。
うちは、1か月健診だったか3か月健診だったか忘れましたが、生まれた時より大泉門が開いていると言われました。

大きな病院で診てもらった方がよいとの判断で、紹介状を書いてもらい大学病院へ行きました。
でも結局、こんな小さい子にレントゲンを浴びせることの方が怖いということで、様子を見ることになりました。
大学病院の先生には、こんなことで紹介状を書く個人の産科医院の方が問題だとも言われましたね。

なので、結局何もせず帰りました。

『きっと脳が大きい子なんだね。将来賢くなるかも〜』と良い方向に考えることにしました。
そんな息子も今年で20歳になります。
何事もなく元気です。あまり賢くはなりませんでしたが。

まぁ、心配しすぎないことですよ。

ユーザーID:5298339393
どの医師も、赤ちゃんに必要以上の検査はしないと思います。
娘・息子の母
2018年11月7日 0:48

(我が子は、もっと大きいですが…)同じ子を持つ親として、主様が心配に思う気持ちは分かります。

ただ
>8か月の子供

>2件とも大丈夫、様子見でという診断
>二件目の先生が…脳外に今すぐ行ったとしても同じようにまずは様子見と言われるので一緒
>その先生の診断で何か問題があれば紹介
と言われた状態で
>念のため大学病院の脳外科など
に行っても
>レントゲンやCT
多分、やらないと思います。

生後半年位で1〜2cmになるお子様もいますし、2人目の医師が仰った様に
>この時期に閉じている子も
います。

そして検査による
被ばく
検査中、静止状態を維持出来ない赤ちゃんには薬を使って眠って貰う必要有
等のデメリットを考慮します。

お子様に
気になる症状が有る
緊急性を要する
等、デメリットを上回る必要性があれば、医師も検査を勧めると思いますが、2人の医師の意見が一致している+コメント内容から、今はサードオピニオンまで必要ないと私は感じます。

>治療・手術した方などなにか情報
主様のお子様は、まだ治療や手術が必要な状態だと言われていませんよ。
先走って情報を集めたら、主様が不安に陥るだけだと思います。

これからも何かある度に、まだ起こっていない事をし想像し、実際よりも重い状態を想定して心配していたら、主様の心が疲弊してしまいます。ネットの情報には、医学的に間違った内容も散見されます。
ママが不安に思っている事、赤ちゃんは割と敏感に察知します。2人の医師に大丈夫と言われた事を信じて「必要以上に心配せず」、当面の間「様子見」しましょう。そして、何か気になる変化が有ったら、2軒目の医師に紹介状を書いて貰い、専門医を受診してください。

あっと言う間に、子供は大きくなります。
大らかな気持ちで、赤ちゃんとの生活、楽しんでください。
赤ちゃんの健やかな成長を祈念します。

ユーザーID:2666826775
ありがとうございます!
sugar(トピ主)
2018年11月9日 10:59

エミ様、娘・息子の母様、コメントありがとうございます。本当に、自分は先回りして心配する癖があるのです、でも心配な気持ちも分かっていただいてありがとうございます。
レントゲン、CTはリスクもありますよね。

元々は、あまり気にしない性格だったのですが、子供には他の先天性の病気があり(命にかかわる病気ではなく治療できる病気ですが)それは発症する確率の低い病気のため、珍しい病気にかかることも他人事ではないのだと思うようになりました。

そしてその先天性の病気も、どこかで妊娠中の自分の行いのせいだったのでは、という意識があり、今回の件も、自分が放置したことで、症状が悪化してはどうしようと、思ってしまうのだと思います。
ネットでブログを探すと、大泉門が同じように閉じている状態の子で病気ケースもあったのでとても怖くなりました。

でも皆様のレスをみて、決して症状を放置しているわけではなく、2件も診てもらっているのだから様子を見て大丈夫なのかなと少し思えました。
客観的に見ることができました。ありがとうございます。

ユーザーID:9898828085
「検査の方が負担」に同意です。
母ちゃん
2018年11月12日 13:36

お子さん、心配ですね。
でもエミさま、娘・息子の母さまもおっしゃられているように、赤ちゃんに対する検査の方が負担だと思います。

うちは大泉門ではありませんが、生後6ヶ月で発症人数年間20人ほどという病気の診断を受けました。

検査もたくさんしましたが、その度に検査のリスクを記された同意書にサインし、眠たくなるお薬(睡眠薬みたいなもの)を飲まなければなりませんでした。

検査の時は、意識がなくなった時の嘔吐に備えて飲食の時間も制限されます。6ヶ月の赤ちゃんでしたが、固形物(離乳食・ミルク)は服用8時間前まで、水分(白湯・お茶)は3時間前までしか摂らせてあげられず、お腹がすいて泣き喚くわが子を抱っこして、ひたすら病棟内をウロウロしていました。。。

睡眠から覚めても、まずは少量のお茶やミルクで飲水確認、30分ほどして嘔吐の症状がなければ、初めてまともに飲食させてあげられる、という状態。小さな身体には、おそらくそれだけでも相当な負担だったと思います。

検査のリスクよりも、命のリスクが上回った場合、娘・息子の母さまがおっしゃるように、検査は待ったなしで行われます。

「早期に閉じる病気」もあるとは思いますが、本当に病気であった場合、必ずその影響は出てきます。脳なので、発達の遅れやけいれんなどだと思うのですが、そういった指摘や目に見える異常はないんですよね?
うちの子は、笑顔がなくなる、元気(覇気)がない、うつ伏せや寝返りがなくなる、足を突っ張らなくなるなどがありました。

主様から見て、普段と違った状態になったり、言い方は悪いですが「他人の」医師にもわかるような異常(元気がなさ過ぎるなど)があれば別ですが、そうでなければ大きな病院に行ってもやっぱり「経過観察」にしかならないと思います。

異常があれば、きっと主様にもわかります!!
お子さん、すくすく元気に大きくなりますように。

ユーザーID:6278149017
子供の病気、自分の所為だと考えないでくださいね。
娘・息子の母
2018年11月13日 1:52

主様の心が少し軽く、前向きになれたのなら、私も嬉しいです。

私も病気を持って生まれ、病院のお世話になりっぱなしでした。でも私は親の所為だと思った事は1度もなく、親にも「元気に産んであげられなくて申し訳ない」と言う気持ちは持って欲しくありませんでした。

私の病気も昔とは異なり
>治療できる病気
になっていたので、この時代に生まれたお陰で命を助けて貰えたと思っていました。

当時の私の担当医も言っていましたが、誰かの所為で病気になる訳ではありませんよ。
誰も悪くないし、犯人捜しは無意味です。
それに一般的に6歳以下のお子様の場合は病気やハンデも、それが「自分の普通」だと受け止めて成長するので、大人が思う程、子供は絶望していませんよ。
私は闘病を通して尊敬する人達との出会いがあり、親とは異なる方向から人生や思考に良い影響を与えてくれたので、私は病気を持って生まれた事、ある意味、感謝しています。
そして私は今、闘病する方達をお手伝いする仕事をしています。

子を持つ親として、主様が
>妊娠中の自分の行いのせいだったのでは
ああすれば、こうすれば良かった…と考えてしまう気持ちは痛い程、分かります。子供の病気等の為に、自分を責めてしまう保護者も沢山目にしました。でも、お子様の為に敢てドーンと構えていて欲しいと私は思っています。

海外の研究では親・きょうだい等、家族の適切な応援があると、患者様も精神的に良い状態で闘病でき、治癒力が高まるそうです。
主様ご夫婦も、お子様にとって一番の理解者、応援団になってください。

完全に余談ですが…旦那様は
>元々は、あまり気にしない性格だった
主様に惹かれて、結婚したのではないかと思います。幸いお子様が治療可能な病気であった事、前向きに受け止め、元の大らかな気持ちを取り戻し、ご家族で幸せに暮らして欲しいと思います。

皆様、お体ご自愛ください。

ユーザーID:2666826775
 
現在位置は
です