現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

流産の手術から立ち直れません 携帯からの書き込み

ぶん
2018年11月3日 14:19

一昨日、流産の手術をしました。
妊娠7週目で流産と言われ、それでもわずかに希望を信じたくてセカンドオピニオンを受けました。しかし、別の産婦人科でも流産確定と言われ、8週目の一昨日、手術しました。

私の職場には、私よりも一週間早く妊娠した同僚がいます。年齢は二十歳です。
彼女は順調で数日前に「母子手帳をもらってきて」と言われたそうです。
つわりで10日ほど休むこともあります。

それに対し、私は流産。年齢は27。流産は二度目です。何週目かも具体的に言われず、胎芽の確認もまだでした。年齢も年齢なので、少し焦りはじめています。
流産の悲しみは一週間ほどで少し落ち着きました。しかし、仕事で同僚と同じ空間にいると、ものすごい憎しみと妬みが込み上げてきて、「この人も流産するといいのに」と呪いたい気持ちになります。
同僚に罪はないし、初期の流産なので母体が原因とも限らない。それは頭ではわかっているのですが、受け入れられません。どんな慰めの言葉も響きません。
罪もない同僚に憎しみと妬みを感じている自分が自分ではないようで怖く、またそう思っている自分が惨めに感じてたまりません。
悲しみよりも、今は憎しみと妬み、それに対する自己嫌悪に苦しんでいます。
仕事がサービス業ということもあり、妊娠さんやベビーカーを押す夫婦も多く、同僚に対するのと同じような感情が込み上げます。
仕事を休めばいいのでしょうが、夫の収入だけでは生活ができないので、仕事を休む訳にはいきません。

同じような経験をされたかたは、どのように自分の感情と向き合い、乗り越えられましたか?

ユーザーID:3382886442  


お気に入り登録数:30
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本


タイトル 投稿者 更新時間
流産の後2年不妊です
ぬん
2018年11月3日 15:42

2度の流産とのこと、お辛いと思います。

自分は30歳のとき9週で流産発覚、その後手術を受けました。
妊娠後1割は流産すると聞いていたので、比較的心持は落ち着いていました。
流産後にすぐ妊娠したというネットの経験談等を信じ、前向きに過ごしていました。

ただ、流産後2年近く不妊です。
私は流産で辛いというよりも不妊で辛いです。
自分が流産してから、独身だったのに急に妊娠が発覚してつわりで休み、出来婚して無事出産した後輩も見ました。

なぜ、自分はつわり中かなり無理して出勤していたので…見ていてやるせない気持ちは出てきました。

ここ最近は仕事に精を出しています。

一時期と違って、幼い子どもや妊婦さんを見てもほとんど何とも思わなくなりました。

妊娠の事ばかり考えていると、夫婦2人の時間も楽しくなくなっちゃうので、これでよかったと思います。

ユーザーID:1306574879
大丈夫です
あい
2018年11月3日 16:10

そんな気持ちになってしまう自分を受け入れてあげてください。
トピ主さんの気持ちは、同じ経験をした人がわかります。
私は流産はした事ありませんが、1度も妊娠できなかったので、ちょっと気持ちはわかります。
私は友だちなくしたと思います…でも、痛みを分かり合える友だちもできました。
トピ主さん、なるべく顔や態度に出ないといいな、と思います。

応援しています。

ユーザーID:3476431598
私も袋から育たず来週手術です。
とんとろ
2018年11月3日 17:09

同じ月に出産予定日妊婦の知り合いがいるのも同じです。
私はその人や乳幼児連れを見て不幸になれとは
思いませんが、悪阻一ヶ月たえたのに…とか手術嫌だとか
そういった悔しさがあります。
結局稽留流産は受精卵の問題なので、次の月にすれば
良かったなぁ…とかは凄く思います。
貴方はまだ20代で若いし妊娠もできます。
他人を羨んだり悲しんだりするのは沢山するべきだと
思いますが、他人を恨んだり不幸を願うと貴方自身が
もっと不幸を呼び込む気がします。
まだ来年秋〜冬生まれの赤ちゃんは狙えますよ!
お互い次を信じて頑張りましょう!

ユーザーID:2445607006
未来に目を向ける携帯からの書き込み
2018年11月3日 18:58

私は25歳で2回連続で流産しましたが、現在妊娠中、安定期までたどり着くことができました。
毎日流産するんじゃないか心配で、心音を聴く機械で生存確認。
初期で妊娠報告してきた友人がいますが、産まれるまで報告しないつもりです。まさか自分が流産するだろうとは思っていない(私自身もそう思っていた)のでマタニティハイ。私も妊娠してるのに憎しみと妬み、あります。(笑)

初期流産は母体のせいではありません。
と、言われても私も落ち込んでいました。
10回妊娠すれば2回は流産する。その2回が最初にあたっただけ。へー、じゃあ私はもう100%流産することないんだね??と、思いました。
流産したことない人には絶対に私の気持ちなんて一生わからない。だったらみんな流産しろとか思っちゃいますよね。

今からしっかり体調を整えて、これから冬ですし身体を冷やさないようにして、妊活しましょう!新しい子がくるか、前の子が戻ってくると考えるかは主さん次第ですが、妊娠できた時の喜びは前回よりも大きいはずです。
応援しています!

ユーザーID:7109096071
確かに・・
ハン
2018年11月3日 19:31

>年齢も年齢なので、少し焦りはじめています

確かに、あなたがお辛いのはわかります。けど、あなたはまだ27歳です。家の娘は、34歳、周囲の嫁さん(36歳)や知人の娘さんは(37歳)で初産です。

その同僚の方が早いんです。人は人でいいじゃないですか。

ユーザーID:1557462494
辛いですね
manaminion
2018年11月4日 9:28

私も呪いましたよ

暴言も吐きました(誰もいない部屋でテレビに向かって何かに憑依でもされたかのように大暴言です)
泣きました
喚きました
「中絶」というワードを見ると罵倒したくなったり正気を失いそうになりました
「流産」というワードを見ると涙が止まらなくなりました
神様も呪いました

私は29、30、31歳で流産しました

こんな思いをするぐらいなら結婚なんてするんじゃなかったとまで思いました

乗り越えられたのは、旦那の「子供のために結婚したんじゃない」という言葉と、友人たちが普段と変わらず接してくれた思いやりの態度です。

わたしたちは聖人君子ではありませんから
妬みも恨みも憎しみも惨めさも絶望も怒りも、湧くのは当然です

心は自由です
人に向かって吐き出さなければ誰も傷つけることはありません
ニコニコして接客しながら心で毒を吐き散らしてください
そんな自分を今は責めないで
いちばん傷ついているのはあなたの心ですから

そんな辛いときを過ぎて毒も吐ききった頃に、わたしはようやく一人だけ授かりました。
懺悔はそのときで良いと思います。

ユーザーID:3024703911
おつらいでしょうが
たろすけ
2018年11月4日 13:35

7週で胎芽が見えない、という状況になったことがあります。
6週で初診、胎芽は見えず、次の受診の前に出血して受診、7週で胎芽確認できず、主治医は初妊娠だった私に「来週まで待ちますか?」と聞きました。
「来週になったら、見えるということはありますか?」と聞くと「それはないです」ときっぱりおっしゃったので、私はすぐに手術日を決めました。中身が入っていないのですから、母体の負担が軽いほうが次に向かえます。
その後2児に恵まれましたが、生まれた2人の子の初診は5週と7週。どちらも胎芽が確認できています。

次の妊娠で生まれた娘は「雲の上から覗いていたら、うっかり落ちてしまって、気が付いたらまた雲の上にいた。だからママを探した」と言っていました。


今は体を休めて、今度は心音確認、無事に妊娠継続できるといいですね。

私も手術した時、同期が流産の後の妊娠中、羨ましく思ったし、後輩の奥さんが妊娠中で上司たちとの「ベビーベッド買ったか?」という会話が聞こえてきて、滅入ったこともあります。でも、人を見たらきりがないでしょう。違うこと考えたほうがいいですよ。お大事に。

ユーザーID:1413224398
わたしも同じ思いでした携帯からの書き込み
ぷう
2018年11月4日 17:02

わたしも28歳の時に流産しました。
8週の時で心拍確認後、数日後に出血、こないだまで動いていた心拍が止まってしまっていました。
そのまま出てこないと感染症のリスクもあるため流産手術を行いました。

婦人科で働いていたため、流産は健康な人でも7.8人に一人起こり得ることだとは知っていましたが、心拍が止まってしまったエコーを見て涙が止まりませんでした。流産手術後、もう赤ちゃんはわたしのお腹にはいないのかと思うと言葉にいい表せない寂しさと辛さむなしさを感じ毎日泣いていました。

ぶんさんと同じく、どうして私だけこんなことに。
周りの友達で妊娠している人を見れば流産したらいいのにと思ってしまったり、仲の良い友達の赤ちゃんに会うのも辛い日々でした。
流産を経験してない人からはよくあることだからという言葉で終わらされ毎日辛かったです。

ただ今回亡くなってしまった赤ちゃんは産まれてきても重い病気ですぐ亡くなってしまったり、障害を持って産まれてきた可能性があるから赤ちゃんはお母さんに苦労かけないようにお空に帰ったんだねと仲のいい看護師さんに言われました。

それを聞いて悲しい気持ちから1度でもわたしのところに来てくれた赤ちゃんにちゃんとありがとう、また準備ができたら戻っておいでねと思えるようになりました。
供養に行って、少ないけれどいままでのエコー写真をアルバムに貼って妊娠した時の気持ちを書きとめました。
それからは気持ちが少し楽になりました。
その後半年後に妊娠し、いま7ヶ月の赤ちゃんを育てています。
この子はあの時の子がまた戻ってきたんだなと思い幸せに子育てしています。

一度流産を経験しとても辛い思いをしましたが妊娠出産して産まれてくることは当たり前ではなく、本当にかけがえのないことだと経験できました。

いまはとても辛いですが、ぶんさんにもまた赤ちゃんが戻ってきてくれますように。

ユーザーID:0558120840
不育症の可能性は?
ぽち
2018年11月5日 0:53

友人が、不妊治療を何年も数百万円もかけて頑張り、それでも着床してしばらくすると流れてしまう、ということを繰り返していました。

しばらくして不育症と分かり、流産防止のため自己注射を1日二回欠かさずするような治療を経て、やっと第一子を授かりました。

すぐにこれを疑ってくれるようなクリニックだったら、時間もお金も随分変わったろうな〜と思います。お金より時間の取り返しはつかないので、別のクリニックの受診(セカンドオピニオンとして)もされては? そちらが良かったら、そちらで本腰入れて不妊治療するとか。

周りでは20代でもさっさとホルモン療法位から始めている話を聞きますよ。本当にお子さんが欲しいなら、妬む前に行動を、と思います。

でも生まれたら生活激変するし、もう大人だけの生活には戻れないので、1年位、思いつきで外食に行き、ふらっと好きな映画を映画館で!見て、時には徹夜して好きな小説や漫画を読み切り、週末には落ち着いた温泉旅館や美術館を楽しむ、という生活を味わってからでも良いような気もしますよ。

私は20代と30代のほとんどを自分のために使ってから出産したので、そういうことには悔いがないけど、ママ友さんで20代や30代前半の人だと、ちょっといいホテルのランチでめちゃくちゃ興奮したり、子供のいない友人の旅行を羨ましがったりする話も聞くので。

まあでも、子育ては体力勝負なので、若さも大事。子育て終わってもまだ若い、というのはいいなと思うし。

もちろん計画してもその通りになる訳ではないけど、現状を踏まえて自分にとってのベストな選択肢を真剣に考えて実行していけば(途中で思いがけないことが起きたら柔軟に路線変更しつつ)、人を気にする暇も減るのでは?

先に妊娠、出産した人を羨んでも、その人も子育ては順風満帆ではないだろうし、思いがけないピンチもあるでしょう。今だけ比べてもね。

ユーザーID:1171732462
手術後間もないんですね
ごぶごぶ
2018年11月7日 1:08

27歳とまだお若いですし心の整理はまだつかないのは自然なことと思います。

私は第二子出産希望していて昨年春に化学流産、秋に繋留流産をしました。
ただ、憎しみや妬みの感情は全くなかったのでご参考になるかわかりませんが乗り越え方ではなくどうしてそう感じなかったかをお伝えします。

私の場合流産を通して「普通に妊娠して順調に出産する」って当たり前にできることじゃなくて凄いことなんだって実感したからだと思います。
だから妊婦さんや赤ちゃんをみると「あなたは頑張って生きていくんだよ!」って切ない気持ちになりながら心の中でエールを送っていました。

健康なご夫婦が妊活して一回の排卵につき妊娠できるのが2割、そこから2割弱の方が初期に流産してしまうという現実。
第一子妊娠中、当時不妊治療受けていた友達が言った「妊娠、出産するって奇跡だと思ってる」という言葉。
流産して初めて理解できました。

第一子も「普通に出産」ではなく早産。
骨と皮だけのような細い手足で一生懸命に生きておりました。
だから流産したからと言ってとても見ず知らずの人のお腹の中の赤ちゃんでも「生まれてくるな」とは思えなかったです。

きっと時間の経過だったり妊娠出産が実現したりすることでも憎しみや妬みは薄れていくでしょう。
でもお辛い経験なさったからこそ糧にしてさらに素敵な女性になって母になる準備をしてほしいなと思います。

ユーザーID:2189578721
 


現在位置は
です