現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

毒親の元への帰省がストレス。今後について。 携帯からの書き込み

まー坊
2018年11月5日 0:56

30代前半のまー坊と申します。
家族は夫と、1歳になる息子がいます。

私の実母は毒親です。

ざっと特徴、エピソードを書きます。

・見栄っ張り、世間体が何より大事
・実家はそこそこ裕福なのに、中学生頃から服や日用品など、必要なものを買ってもらえなかった
・裕福なのに進学の学費は出してもらえず、水商売をして学費を捻出することをすすめられた
(なぜか妹の学費は全額負担していた)
・とにかく金に汚い
・自分の思い通りにならないと泣く、ヒステリーを起こす。思い通りになるまでこちらを操作しようとする
・太っている、ブスだ、あんたは誰にも相手されない、(私の夫が)あんたのこと愛してるわけがない、稼げない旦那と結婚してあんたは負け犬、娘が稼ぎの悪い旦那と結婚して、恥ずかしくて人に言いたくない、旦那年上やから早くに先立たれてあんたは淋しい老後や、などと言ってくる。(前者3つは幼少時から、後者4つは結婚して加わりました)
・中学時代いじめにあった時、いじめにあった私への心配の言葉は一言もなく、「担任に聞くまで何も知らなかった、お母さんは恥かいた!」と延々罵倒された。

ほかにもエピソードはありますが、このへんにさせてもらいます。

1ヶ月前、孫を見せてほしいということで、地方にある実家に帰省したのですが、やはり母の自己中心的な言動や、私を傷つける言葉の数々で、すっかり参ってしまいました。しかも当初の予定は3泊4日だったのに、母に「孫と離れたくない」と泣かれて、10日間に引き延ばすことになりました。

早く帰りたい、こんなところにいたくないと強く思っているのに、情に流されてしまう自分を、本当に情けなく思います。

帰省終了後も体調が優れず、よく寝付けず、ひどく落ち込みます。また些細なことでいらいらしたり、不安になります。

続きます。

ユーザーID:5391397024  


お気に入り登録数:42
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:9本

タイトル 投稿者 更新時間
録音推奨
あやめ
2018年11月5日 12:25

実家に行くべきではなかったと思うけど

母はストレスのはけ口を逃したくない
貴方は、母に今度こそは孫ができて認められるかも の欲求満たしたいから
共依存状態だと思うよ

3泊の予定を延長したってことは
あなたは母に、ゴネれば貴方は従うと再認識させたと思うけど。

できれば 母の言動はちゃんと録音しておくこと。
その録音には あなたの反論もいれておくこと。

夫を悪く言わないで
いい加減にして
なんで 否定ばかりするの
わたしは母のストレスのはけ口じゃない

など自分の声も入れて 証拠を残しておく

母の夫のわるぐちだけだと
貴方が夫の不満を母に伝えたから
母は同調しただけ と言い逃れる可能性もある

また、接触してあなたの近況や情報をしればw
貶めるネタが増えるから
イジメ体質の人は嫌いな人に粘着する
次は子供の悪口や 貴方は母親失格だの
新たな否定するネタを得るために 関わろうとしてきる。

止むを得ず帰省する際は 常に録音しておくこと
貴方が母を嫌う正当な理由の証拠が必要

そして今後は出来るだけ関わらない
理由をつけて断ること。

今年の年末は 今年は前回10日も滞在したから帰らない
などはっきり断ること。

問題は、この先 二人目出産の時
実母頼らず乗り切る覚悟はあるか
アテはあるか(夫親に上の子を預けれるか)
夫の理解はあるか(シッターなど金銭面)
だと思います。

二人目を生まない覚悟あるならいいけど

ユーザーID:4355403160
貴女のストレス、あなたの不幸の全ては
WaWaWa
2018年11月5日 13:05

貴女が怒りの表現ができないことが原因です。

何故「嫌だっ!」という自分の気持ちを表現しない?
何故「不愉快だ!」と激怒しない?

私だったらそのように酷いことを言われたら「そんな言われようもう我慢できない!」と速攻荷物をまとめて実家を出ます。
子供を守り夫を守りそして何よりも自分を守るためにハッキリと激怒して見せます。

毒親が泣いたら私なら「泣きたいのはこっちだわ」って言って無視して出て行きます。
それが妻となり母となった者の夫に対する子に対する責任ですよ。

他人(毒親)から暴言吐かれ、貶められてもいつまでも唯々諾々とその人の周りをウロウロしているヘタレでは妻として、母親として明るい家庭を築いて行くことはできません。

シッカリしてください。

ユーザーID:8496895549
トピ主です。携帯からの書き込み
まー坊(トピ主)
2018年11月5日 16:57

続きです。

このような、実家への帰省で母と接することで現に精神的に参った状態になっている今、真剣に母との付き合い方を考えなくてはと思っています。

孫を会わせないのは親不孝かと思うのですが、自分が精神的な病気にでもなって育児に支障をきたしては元も子もありません。私は心底母を嫌っています。

もう、母を見棄ててもいいのでしょうか。

ユーザーID:5391397024
行くのをやめましょう携帯からの書き込み
うにょこ
2018年11月5日 21:33

私も毒親持ちなのでお気持ちわかります。
毒親育ちは成人しても親に振り回されるのですよ。
ここは心を強くもって、御母様とは距離をおきましょう。

一番大切なのは、自分の体と心。自分を守ってあげて。

余裕があるときだけ、できる分だけ相手すればいいんです。
私も試行錯誤の日々です。
頑張りましょう。

さもなくば御母様が亡くなるまで苦しみは続きますよ。

ユーザーID:7984633971
もっと柔軟に
わかりますよ
2018年11月7日 18:14

見棄てる・・罪悪感に苦しみそうな考え方ですね

もっと単純に
・帰省すると体調が悪くなる
・病気になって育児に支障をきたしたら困る

だから帰省しない。でいいじゃないですか
親よりお子さん優先で。当たり前ですよ

私の母親も当てはまります
だからずっと帰ってません。電話も滅多に取りません。子も会わせてません。
子ども達にとって祖父母といえば父方だけですが、何一つ困っていません

距離を取ったら最初は文句言いたくて連絡がすごかったですが
ずっとスルーしてたら諦めたみたいです
しばらく静かで快適でしたが、その後必死で擦り寄ってきています
ここで情けを見せたら元の木阿弥になるのはわかっているので、気が向いた時だけ電話に出ます
怒らせたらガチャ切りされて相手にされなくなると思ってか、不快な事は言わなくなりました

まぁ、そのうち気が変わったら帰ってもいいし、帰らなくてもいいし。

トピ主さんも、今は無理、だけど未来はわからない、でいいと思う
母親になったのだから、最優先事項は子どもを育てることでいいんです

ユーザーID:0163561121
決断の時
ルミエール
2018年11月8日 12:36

 今までと同じような行動をする限り、今後も同じことが続くでしょう。

 出来る事からするのなら、まずは行かない事。 また、なぜわざわざやってきた子に対し不快なことをするのか、例を出して聞いてみる事だと思います。
 言われて初めて気が付くのか、わざとそうやっているのか、電話で聞きましょう。
そしてそれが不愉快である事を告げましょう。。

 自分が不満解決手段として長女にやってきた行為が、娘にどういう影響を与えてきたか、やられた側が言わなければ気が付きません。 知らずに年を取れば、ますますその傾向に拍車がかかるかもしれません。

 まだ母親が元気なうちに、関係の在り方の修正は必要だと思います。
 

ユーザーID:4262389915
行かなくてもいいじゃん
とんとん
2018年11月8日 14:23

むしろ何故行くのか
行く必要性を感じない所か、百害あって一利なし
むしろマイナス。

二度と会わないと思ったって世間はあなたの味方ですよ
お母さん以外あなたを責めません。

もうあなたには守るべき新しい家族がいるのですよね。
お子様にとってもその祖母に会うことは害になるでしょうね。
今後あなたの悪口を吹き込むでしょうし
お子様はその都度心に傷を負うことになります。

幸いお金の心配もないようですし
一生絶縁しても問題ないのではないですか。

因みに夫であるあなたのお父さんは何をしていたのでしょう?
別れるでもなく改善すらできていなかったということは
似た者夫婦、又は面倒で放置していたとかですか?

どちらにせよ両親ごとぶった切っても
何も差し支えないでしょう。

あなたはご自分の生活を守ることを考えるべきです。

私ならもう一生会わないわ
と言って縁を切ると思います。

悩む時間すらお母さんに支配されているって
非常に馬鹿らしくないですか?
あなたの人生大事にして下さい。

ユーザーID:3171743531
お母さんにはお母さんの課題がある
私もそうだった
2018年11月10日 17:30

トピ主さんとお母さんは共依存だというのは間違いないです。
私も母とそうでしたから。
そして私も帰省がとても苦痛だった。

ある年、帰省のために乗っていた新幹線で、
実家のある街の駅に近づいた時、
左手がわなわなと震え出して止まらなくなりました。
その時私は悟ったのです。
「私の身体が私にもう止めて!と訴えている」と。

お母さんは心に闇を抱えている。
しかしそれはトピ主さんでは治せない。
これはお母さんんが自分で克服すべき課題なのです。
課題は人それぞれに現れ、これを本人が乗り越えられない場合何度でも訪れる。
つまり、お母さんの病はお母さんが治さなければならないものなのです。

トピ主さんはもう十分に親孝行しました。
心が壊れそうになるくらいに尽くしたんです。
もうこれで十分です。

これからはお子さんを守ってあげてください。
心に闇のある人との接触は注意が必要です。
無防備に近づけて、お子さんがあなたと同じように傷つくのを見たいですか?。

もう十分です。
これからはトピ主さんが自分の、そしてお子さんの人生のために生きてください。

私は母とは絶縁しました。
もう10年以上会っていません。
でも心は本当に穏やかです。
離れて自分を取り戻せたと思うし、もう母の指図は受けないし、
母の価値観は私には要らないのです。

ユーザーID:6482263592
帰省しない
ge
2018年11月17日 20:06

帰省しないと決めるだけです。

うじうじ悩み続けるか
帰省しないか、、どちらを選ぶのもトピ主の自由。

正しい選択は帰省しない方です。

ユーザーID:7522473732
 
現在位置は
です