現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

筋肉を落とさずにサイズダウンする方法をご存じですか?

キュイ
2018年11月7日 22:46

はじめまして。50代の女性です。

膝の怪我の後、機能回復のためのトレーニングを数か月かけて行いました。もう一度膝を曲げられるのか、杖なしで歩けるようになれるのか、と不安でしたが、本人の感覚では、以前と全く変わらなく動けるようになりました。

ところが、、、。
膝の両脇の部分とふくらはぎ(特に負傷しなかったほうの脚)がとても太くなってしまいました。怪我の前には、デニムパンツをインしても余裕だったロングブーツが、タイツでもきつきつ、のレベルです。その上、怪我しなかったほうの脚が、太ももも含めて、もう一方の脚より一回り太くなっています。

リハビリは、かなり真剣に、先生の指導の通り、または、それ以上に努力したほうだと思います。リハビリの先生に、脚が太くなった、とお話しても、「筋肉がついてよかったね。」という反応で、50過ぎのオバサンの脚の悩みなどは、興味がないもかもしれませんが、あきらかに、がっしりになっていて何とかならないか、と思っています。

最近は、週に三回、1500-3000メートルのスイミング(あまりムキムキになりたくないので、ある程度の速さにて)とプールに行かない日は、ストレッチングやトレーニングアプリを利用しての簡単なトレーニング(主に体幹トレーニング)をしています。

リハビリは、卒業したので、スイミングに加えて本格的にジムに通えばよいのかもしれませんが、もともと筋肉がつきやすい体質のようで、ジムに行ったら、ますますがっしり系になってしまうのかも、と不安です。

できれば、自宅でできる、細い脚を手に入れるためのトレーニングアプリまたは、トレーニングメソッドを教えていただけないでしょうか?努力はできると思います。
ただ、筋肉が落ちてしまうと、怪我をしたほうの膝を支えられなくなるので、微妙ですが、アドバイスをいただけないでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:4749373608  


お気に入り登録数:21
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:4本


タイトル 投稿者 更新時間
マッサージ
ワーママ
2018年11月8日 10:54

まだ、リハビリを終えたばかりなのでアンバラス差は仕方ないとは思います
バランスよく動かしていれば自然と整っていくはずです

運動量としては今でも十分だと思います
無意識に悪いほうの足をかばってしまうので
一時アンバランスになるのは仕方ないと思います

回復していけば自然と解消されると思います

運動量としては今でも十分な気がします
できるならば、もっと追加してもいいですが
マッサージは可能でしょうか?

整えるならば毎日続ければ効果があると思います

ユーザーID:6331240869
リハビリ内容に
筋トレ女子
2018年11月10日 6:05

スクワットは入っていましたか?
もし入っていたのなら、両脚でのスクワットは両方同じに太くなるので、片足だけでするスタティックランジやブルガリアンスクワットはどうでしょう?
(ブルガリアンは負荷がキツすぎるかなあ。よけい筋肉がついちゃうかも)
もちろん、細い方の脚だけでやります。バランスに気をつけてね。

基本的に、怪我する前より食べる量が(運動したことにより)増えたのでなければ、脂肪が減る事はあっても筋肉が増えることは(ほとんど)ない筈です。(ただし運動の疲れによりむくみは有り)
今までと同じ負荷(大変さ)での運動を続けつつ、少し食事制限(ダイエット)すれば、細くなるはずです。
ただし、運動の負荷を落としてしまうと筋肉を失ってしまうので、大変でもなるべくギリギリまで前と同負荷で続けられるよう頑張ってください。
ダイエット中は、総運動量は減って構いません。でも最大筋力はキープするようにしましょう。

ユーザーID:7269233786
よくわからない
ライフ
2018年11月11日 17:18

なんだか要領を得ないのですが、水泳は最近始めたのですか?それとも以前から?ガッチリし始めたのは水泳を始めたからですか?体重は増えたのですか?

まあ、いずれにしてもきちんとカロリーコントロールすれば解決しますよ。

リハビリの先生に美容相談するのはお門違いですね。

ユーザーID:5492012097
やはり王道の筋トレ有酸素運動併用をお勧めします
ファイト!
2018年11月13日 18:28

股関節の障害をもつ還暦ばあさん、20年近く筋トレを続けています
最後まで自分の関節で歩くために、です。
現在かなりの負荷の筋トレをしていますが決して足が太くなったりはしませんよ

当初15年は普通のジムでのマシンの筋トレ
年単位で続けてある程度細くはなりました
その後5〜6年はパーソナルトレーニング
こちらは劇的に細くなりました

体重が重くなると障害が悪化するため
蛋白質は十分に摂るものの糖質は使った分のみの感じで筋トレをし
筋肉多少増の脂肪はダウン、体重変わらず
中高年女性は筋肉をつける方がかなり難しいと思います

でも太くなったと感じてらっしゃいますよね
これは完全に私見なのですが
負荷をかけても筋肉は中々簡単には増えません
そこで体は脂肪でも水分でもなんでも貯めて負荷に耐えようとして太くなります
諦めず筋トレを続け筋肉が太くではなく強くなっていくと
体は安心して脂肪むくみを落として行っているように感じています

15年前は太腿膝がパンパンでみっともなかったパンツスーツが
現在かなり余裕がありワイドパンツっぽくなっています

体重を増やしたくなかったため有酸素運動も続けました
水泳は膝に負荷をかけないため勧められたのだと思いますが
体温より冷たい水の中にいると保温のために体は脂肪を貯めようとします
負荷をかけても良いのならできたら汗をかく運動を

エアロバイクが一番膝に優しい
次は距離スキーのようなマシン
ランニングマシンでのウォーキングはその次
最後が地面で歩くことです
ここまでくれば膝はかなり細くなっているでしょう
退屈なのでジムで色々なマシンを使うのが一番

パーソナルトレーニングは費用がかかりますが
本当に良かったと思います
足腰は強くスタイルも良くなったし
素敵な若者との週一のセッションは楽しみ
その為に仕事を続けているようなものです

ユーザーID:6622755682
 


現在位置は
です