現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

どん底なのにさらにトリプルパンチが… 携帯からの書き込み

とうふ
2018年11月20日 16:54

私は10年近くパニック障害で、環境の変化に弱くて何かあるといいことより不安ばかり考えて頭がいっぱいになってしまいます。
不安が大きくなると発作が頻発するので出来る範囲で精神的に負担にならないようにしてきましたが、最近辛い事や環境が変わる事が重なりパニック発作が頻発するようになりました。

一つ目は、失業して引きこもりがちになり一日中鬱々するようになりました。
二つ目は、いつまでも無職でいられないという焦りと、近々また仕事を始めなければいけないというプレッシャーです。
三つ目は、近々家の近くに線路が開通するので、家からの視界が遮られてしまったストレスと、開通したら騒音がすごいんじゃないかという不安です。
ここ最近で、友達間で揉め事が起きて仲良かった人が音信不通になったり、裏切られてこっぴどく失恋したりと辛い事があった上に今まで積み重ねてきた色々なものを一気に失って、さらにトリプルパンチで一気にどん底になりました。

そのため、ここのところ落ち着いていたパニック発作がまた頻発するようになってしまいました。
やっとの思いでこれまで頑張ってきたのに、全部振り出しに戻ってしまったような感じです。
また一からやり直さないといけないのに、環境の変化に直面してパニック発作が頻発してしまって余計に焦り鬱々しています。
私はとても環境の変化に弱くて新しいことを始めるのが人一倍不安を感じてしまうので、今あるものは失いたくないという気持ちが強いんだと思います。
ですがこれでは悪循環だと思いますし、このままでは自分が駄目になってしまいそうなのでなんとか自分を変えたいです。
どうしたら環境の変化に強くなれるでしょうか?
長文を読んでいただきありがとうございました。

ユーザーID:4093375268  


お気に入り登録数:18
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:3本


タイトル 投稿者 更新時間
心身の鍛錬
行動を
2018年11月20日 18:04

これに尽きると思います。

体を鍛えると心も強くなっていくと聞きます。

まずは体を鍛えてみては?

やり方は自由です。

自分で腹筋や背筋、骨盤はがし、スクワットなど回数を決めてやる。

どこかのジムへ行く。

きついようならストレッチやヨガをする。

パニック障害については私自身なったことがないので
体感はしてませんが、近所の人がちらほらなってたりします。

なった人で自力で治したって人の文章に「パニック障害では
死なないと自分に言い聞かせる」というのがありました。

「確かに死にそうに苦しいけど何度なっても死ぬことはない」と。

そして「心が苦しいけど心は体の中でなく、頭のもっと上の体の
外にあるんだ」と思うようにしたら段々体が苦しくなることが
無くなってきたそうです。

そのうちに症状がでなくなってきたそうですよ。

みんなに効くかはわかりませんが、一度試してみては?

ここからは私の思ったことですが、心配をしすぎなんじゃ
ないかなと思います。

心配ってしてもしなくても起こる時は起こる。

成るよう成るんだと思います。

予測と下準備は大事だけど、しなくてもいい不要な心配は
必要ないと思います。

時間と心の無駄遣い。

そんなに心配ならそうならないように準備しましょう。

仕事がない事が心配で焦るなら履歴書を書いてバイトの
面接にでも行きましょう。

行動すらしないのに考えてばかりいるだけだと事態は
前に進みません。

進まないから余計焦るのです。

行動を起こしましょう。

路線の事ですが、心配してももう通ると決まってます。

通ってみて、視界はどうか?問題ない範囲なのか?騒音は
耐えられる範囲か?ダメなら引っ越し。

引っ越すならどこがいいか?というように問題は何かを考え、
その問題にその都度対処しましょう。

心配は不要です。

都度の対応が必要です。

ユーザーID:8869830616
拡大解釈でしょ
紫蘭
2018年11月20日 18:51

>一つ目は、失業して引きこもりがちになり一日中鬱々するようになりました。
>二つ目は、いつまでも無職でいられないという焦りと、近々また仕事を始めなければいけないというプレッシャーです。

この二つは根っこが同じモノ(失業)ですよね。それを二つに数えることからして、トピ主が大袈裟な人間だとよくわかります。
深く考えずに、次の仕事を探しましょう。「ヘタな考え休むに似たり」ですよ。

>三つ目は、近々家の近くに線路が開通するので、家からの視界が遮られてしまったストレスと、開通したら騒音がすごいんじゃないかという不安です。

トピ主は「家」をお持ちなんですね。視界が遮られるほどということは、線路に面した戸建てということでしょうか?
そうであれば、資産価値が下がるし騒音対策もカネがかかるので、失業以上の大パンチだと思います。騒音対策費の捻出は、近隣住民と一緒に鉄道会社と交渉しては如何でしょう。

ユーザーID:0211677437
どん底じゃなかっただけ
曼荼羅
2018年11月20日 23:04

パニック障害と何年も前に診断されましたが、「そんなわけないだろ!」と何故か反抗し元気に生きています。
一年に6度引越し(夫の転勤)義理の家族とぐちゃぐちゃ、勤務先からのパワハラなどなど色々あった時期でした。

人間の脳みそは悪い情報のみを記憶します。そして、良かったことは忘れていくメカニズムです。それは、危機管理能力を養うためで、同じ目に遭わないためです。これが脳みその癖です。

そして、完ぺき主義者であることを辞めることです。
初めての土地、初めての挑戦、初めての経験だから、命残れば上々な訳で、死んでいないのだから良し、としましょう。
環境に強い動物はこの世にどこにもいなく、だからこそ徐々に世代を越えて進化を続けて今いるのです。誰も環境の変化に強い生命体はいません。

そして、もっとも肝心なのが被害者意識です。「私はこんなにがんばったのに」「私はこれだけしてあげたのに」「なんで私ばっかりがこんな目に」「みんな私を痛めつける」という発想を繰り返していては、ぺんぺん草だって枯らします。お互い様です。私たちは人を傷つけ今の自分になり、傷つけたことを反省して良き人間になろうと生きているのです。誰に何をされた、のではなく、私も誰かを知らず知らず傷つけてきたかもしれない、という謙虚な気持ちで生きていくといいのだと思います。

ユーザーID:5973375011
 


現在位置は
です