現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

歴史を学ぶ意味(小学校高学年の生徒に対する説明)

志学
2018年11月24日 15:53

小学校5年生の社会科の授業だったと記憶しています。

生徒の一人が、先生に、「どうして昔の事を勉強しなければいけないんですか?」と、質問しました。

先生は、「知っていると楽しいからだ。例えば、大化の改新で亡ぼされた蘇我入鹿と言う人がいるけど、知らないと動物のイルカかと思ってしまうよね。でも、知っていると『そう言えば、蘇我入鹿がねえ・・・』と話ができる。」、そう説明してくれましたが、何か、スッキリしないものが残りました。

あれから数十年、歴史ファンの端くれですが、小学校高学年の生徒に対する説明として、あの時の、先生の説明以上のものを持っていません。

歴史ファンの方、皆様なら、何とお答えになりますか?

ユーザーID:1323136916  


お気に入り登録数:106
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:90本

タイトル 投稿者 更新時間
歴史ファンではないですが・・・
お昼寝コロコロ
2018年11月24日 16:57

温故知新と言う言葉に近く、
人は昔から殆ど内容は変わっていません、
人生は長いようで短く、自分で体験することは限られ狭くて一通り学習したころには100歳を超えるかもしれません。

先人の体験した歴史を学ぶ事で、自分の人生の未経験である部分に生かす・・・・これが歴史を学ぶ理由かなぁと。後は まぁ受験に要るから?ではないですか?

ユーザーID:5683211272
賢者は歴史から学び携帯からの書き込み
湯川
2018年11月24日 17:17

『なぜ、歴史を学ぶ必要があるか』、私が、お答えさせて頂くならば、まず、地理的回答として、私が家を購入する時に、祖父からのアドバイスとして『家を買う時は、その土地の古地図を見てから』とアドバイスを頂き、参考にしたお陰で、のち集中豪雨で浸水されてしまった地域を購入しなくて済みました。

古地図を見たから、土地の高低、埋め立てかどうか? を見抜く事が出来たと感謝しています。

また、私は転勤族なので、転勤先で、転勤先の名物・名所などを、例えばですが名古屋では「手羽先ピリ辛で胡椒が効いて、大変美味しかったです〜!」とか、松山では「歴史ある道後温泉を出てからのビール!これほどセレブを味わえる温泉他にありませんよ〜」と、おはなしするとお世辞と分かっていても地元の方に喜んで頂き大変可愛がって頂いた事もあります。

誰でも、自分の生まれ育った土地を褒めて頂くと、悪い気はしないのではないでしょうか?

最後に、春の選抜高校野球大会の第1回大会は、愛知県名古屋市で開催されています。

ユーザーID:9595695848
歴史は繰り返すから。
ペシミスティック
2018年11月24日 18:24

人が歴史を学ぶべきなのは、「歴史は繰り返すから」だと思います。
歴史は繰り返すから、歴史を学んで反省する事によって、戦争や虐殺など、悲惨な出来事が再度起こるのを回避する事が出来るかもしれない。
昔起こった悲惨な出来事からの教訓を学ぶ為に歴史を学ぶのです。
でも実際は、人は歴史から何も学んでいないのですね。
だから歴史は繰り返してきたし、これからも繰り返すでしょう。

ユーザーID:1614259747
その説明はちょっと
ようこさん
2018年11月24日 18:34

歴史が好きだからかもしれませんが、歴史は知恵の宝庫だと思います
歴史を知ることによって悲惨な戦争を回避したり 昔の人の生きざまに感動したり、
今の若者は選挙に行かないと聞きますが、選挙権があるということがいかにありがたいことか、そのためにいかに多くの人が苦しんだこととか歴史が教えてくれると思います
とにかく歴史はドラマです
たとえば「大政奉還が行われた」この一文の裏にどれだけ多くの人の努力や苦しみがあったかなど、想像するだけでもわくわくします(私はですが)

ユーザーID:8294168213
愚者は経験に学ぶ、賢者は歴史に学ぶ
ナルト
2018年11月24日 18:42

、、、と言いませんか?

人間、自分の経験だけではほんの少ししか学べませんが、歴史を学べば、それこそ人類全体の経験を追体験できますよね。

歴史を学ばないと、戦争やら何やらまた同じ過ちを冒してしまいます...

ユーザーID:9465829231
同じ失敗を繰り返さないように
ガーフィールド
2018年11月24日 19:14

数々の歴史的人物たちの事跡を単に楽しむだけでも十分に意義はありますが、歴史を学ぶ最大の目的といったら、過去に起きたのと似たような失敗を出来るだけ繰り返さないようにすることでしょう。
歴史は繰り返す、と言います。過去と完全に同じ状況は出現しないとしても似たような状況が出現することは、少なくないと思います。そのような時に、少しでもよい未来へとつながる道を選択できるようにすることが歴史を学ぶ上での最大の意義なのです。

子供には「昔の失敗と同じような失敗を繰り返さないようにするためだよ」とでも答えておけばいいでしょう。

ユーザーID:8727531162
歴史を知ることは、未来の予測を出来るようになる事。
薔薇子
2018年11月24日 20:58

私は高校の世界史の先生から、一番初めの授業の日にそう教えてもらったことを
鮮明に覚えています。
人類社会歴史は政変等はだいたい同じパターンをたどります。
権力者が長期政権を握って、独裁政権、恐怖政治、
手に持つ武器や社会人口規模は違えど、
人の営みは同じパターンです。
そのパターンを学ぶことによって、
今自分が生きる社会の先行きが分かるようになる、
わかるから自分がどのように生きるか、それを決める手立てになるのです。
世界史の先生はこうも言いました。
「革命は人民が本当に飢えないと、起こらない。」と。
それはフランス革命、ロシア革命で明らかだそうです。
社会に不満を持つ人が多くても、飢えない程度に食べていれば、
なんとかその社会は維持できる。
しかし本当に飢えると、革命が起きる。
そういう意味で日本の過去の飢饉の飢えは
一地方だけだったから革命はおこらなかった。
そういう視点で過去の権力者の行動を学び、
今のリーダーはどのタイプか、今のリーダーは何を目標にしているのか、
そういう考えができます。

過去を知ることは、自分の未来を知る事。
そう言ってあげてください。

ユーザーID:0733410976
将来必要だから
ごま
2018年11月24日 22:24

海外留学、ビジネス、そこまでゆかずともSNSなどで外国の方と交流することが普通の世の中です。相手の歴史や文化を知ることは大切です。知らず知らずにタブーを犯して、国際問題に発展することだってなきにしもあらずです。

簡単な例をあげますね。ビジネスで「この商品は何か国で展開されていますか?」という質問はアウトです。「この商品はどの国・地域で展開されていますか?」これが正解です。領土問題や帰属問題があるので「国」で括れないからです。

相手のバックボーンを知ることと同様、自分たちのバックボーンを正しく理解して伝えることも必要です。海外ではそれが当たり前なので、日本人が自国のことを知らなすぎることに対して、とてもがっかりされます。わたしは歴史が好きなので、お城やお寺の由縁などをお話すると、とても喜ばれます。

ユーザーID:4699400918
私も思ってました
キィ
2018年11月24日 22:40

私も中学生まで歴史を学ぶ意味が分からず…
高校での最初の授業で「温故知新」という言葉を先生から教わり、学ぶ意味を学びました。
小学生なら「昔の人がしてきたことを学ぶことで、これからどうすればみんなが幸せになれるか考えるため」でしょうか。
人間の愚かさやご先祖さまの素晴らしさを知ることは本当に大切だと思います。

ユーザーID:8407365826
過ちを繰り返さないため携帯からの書き込み
あきこ
2018年11月25日 0:02

過去に学び未来に生かす。

まあそんなこといいながら人類はずっと争い続けているんですが…

ユーザーID:4795708311
はて?
今回も匿名にて
2018年11月25日 0:27

非常に漠然とですが,昔の人があれしてなにしてこうなった,という事実から,
いいものには倣い,よろしくないものは回避するためだろうと思っていました.
同じようにバカなことするんじゃ,種(しゅ)としての進歩がないですからね.
だから「歴史に学べ」という言葉もあるのではないかと.

好奇心や興味に基づくこともあっていいでしょうが,楽しさだけで押し切るのは無理じゃないですかねぇ.

ユーザーID:7651165713
過去からしか学べない
のら鳥
2018年11月25日 0:52

算数も理科も、昔の誰かが発見したり発明したことを勉強してるだけなんだけどね。

小学生にする説明として相応しいかは判らないけれど…
過去の出来事を勉強することで、未来へのリスクを減らすことができるかもしれないから、と答えておきます。

ユーザーID:1042025092
今があるのは最初があるから。。。
へ?。イルカ?。
2018年11月25日 3:04

先日テレビで歴史学者が今の政治の話をしていて歴史を知れば、過去の失敗を学ぶ事から今現在の失敗を立て直す事が出来る云々話していましたが、大人は成程と思っても小学生にはイルカ同様ピンとこないかもしれませんね?。

私も歴史は得意ではありませんが歴史上に出て来る人物のファンになるとその人物のやった功績だの性格が知りたくなる単なるにわか歴史ファンですが。。。

小学生には何て言えば良いのでしょうね。
例えるなら「今の日本が平和な国になったのは突然平和なった訳ではなく、いろんな人が日本をよくしようと考え色々な策をねってきた。その人たちがどんな事をして今の日本を作ったのか学ぶ為だよ。」とか?。

もっと簡単に言うと人一人の一生みたいなもので、「今君が其処に居るけれど赤ちゃんの頃から色々な事があって今の君が居る。君を知るには産まれた頃から知っていた方が楽しいじゃない?。」みたいな?。

こう書くとドラマや映画、子供の好きな漫画もそうかもね。
歴史はこれからも続く訳で結果があるドラマや漫画と比べるのもおかしいけれど、「ドラマや漫画の結果を知っただけでは面白く無い。第一話から読んだ方がずっと面白いでしょ?。」みたいな?。

確かに歴史に限らず興味を持たないと学ぶって面白くないですよね。
其の歴史の先生の説明も意味は分かるけれど歴史学ぼうって気にはならないかも。
と言って上記に書いた事話した所で歴史に興味を持つかは分かりませんがね。。。

ユーザーID:4257404879
「歴史にはロマンがある」携帯からの書き込み
歴史好き
2018年11月25日 4:24

と言っていました。中1の時の先生です。

当時、オールバックで怖い先生でしたが、その話しを聞いたのと、私には教え方が合っていて歴史だけは、毎回満点に近い点数を取っていました。

その代わり、英語の先生は「仕方ないから日本人が学んであるのだよ」的な発言をした時は、世界中での言語なのになぜ、そんなに上からなのだろうと思ったものです。

歴史に戻りますが、当時はテレビ時代劇が、盛んな時代、映像で時代背景、人物関係、全て覚えましたね。

今でも特に覚えているのが、渡辺謙さんの織田信長です。ハズキルーぺの「小さ過ぎてよく見えない」くらいの衝撃度はありました。織田信長が大好きになりました。

そこから、俳優で歴史上の人物を覚えたりして、年号も時代背景ともに、頭に入りました。

最近は大河ドラマくらいしかありませんが、誰が何をやるのか楽しみですね。

今はまだ息子は小4で歴史は学んでいませんが、早く一緒に勉強したいなと思いますね。

ユーザーID:8808900820
私は、先生に同意します
なおりん
2018年11月25日 8:14

「なぜ、勉強をするのか?」の意味として、私は「人生をより楽しくするため」と考えています。

神社仏閣に行くにしても、ただお参りするより、その神社や寺の歴史を知っていた方が楽しめると思います。
有名な湖も、ただ「綺麗だね」より、大きさや深さ・透明度、どの時代にできたのか、有名な人物が関わっていたとか、知りたいと思います。

子供が小学校低学年の冬、たまたま、過冷却でやかんから注いだ水が凍ったことがありました。
なので、過冷却について説明してあげたのですが、「不思議だね」で終わるより理由を知った方が納得できると思います。

主要5教科だけではなく、美術や音楽などでも同じ考えです。

二人の子供はすでに高校生ですが、「なぜ、勉強しなければいけないのか」との質問は受けたことがないです。
聞かれたら上記のように答えようと思ってたのですけどね。

でも、トピ主さんはすっきりしない(納得できない)のですよね。
答えになってなくて、すみません。

ユーザーID:1791592189
一番は失敗から学ぶため。あるいは成功事例から学ぶため。
世間様
2018年11月25日 10:40

 本を読むのもそうですが、 自分では経験する量は非常に少ない。その分を補ってくれるのが歴史を学ぶ、本を読むことです。仕事のやり方、人間関係、世界との自分の位置、戦争を二度としないためなどなど。歴史を学ばない指導者などいりません。

ユーザーID:6894979640
経験の広がり、ということですね?
志学(トピ主)
2018年11月25日 13:02

>先人の体験した歴史を学ぶ事で、自分の人生の未経験である部分に生かす・・・・これが歴史を学ぶ理由かなぁと。

随分昔の事ですが、「あなたの体験にない事は、どうか本の中で。」のコピーを出した出版社があったことを覚えています。

空間の広がり(現代の他人の経験)と時間の広がり(温故知新:過去の他人の経験)と言う事ですね。

生徒にも分かり易いような気がします。

ありがとうございました。

ユーザーID:1323136916
産土神
志学(トピ主)
2018年11月25日 13:16

>、祖父からのアドバイスとして『家を買う時は、その土地の古地図を見てから』とアドバイスを頂き、

自然災害が続く現在、大切にしなければいけない言葉だと、しみじみ思いました。


>誰でも、自分の生まれ育った土地を褒めて頂くと、悪い気はしないのではないでしょうか?

産土神は、それを概念化したものでしょうか?

土地の記憶から歴史を紐解く試みは、最近、増えてきたような気がします。

私も、そのようなTV番組を観たり、書物を読んだりしますが、それが何故かを再認識させて頂きました。

自分たちの生まれた土地の事を知り、そこで暮らしていた人達から学ぼう、生徒達にも分かり易いかも知れませんね。

その次は、他の人達へと広げていく、そんなことなのかなあ、と思いました。

ありがとうございました。

ユーザーID:1323136916
こう教えるべきなのかもしれませんね
志学(トピ主)
2018年11月25日 13:23


>人が歴史を学ぶべきなのは、「歴史は繰り返すから」だと思います。

私は、歴史が繰り返すことはないが持論なのですが、

>でも実際は、人は歴史から何も学んでいないのですね。

こう言われると、返す言葉がないのも確かです。

自分も分かっていない事を断って、

>昔起こった悲惨な出来事からの教訓を学ぶ為に歴史を学ぶのです。

生徒達には、こう教えるべきなのかもしれませんね。

ありがとうございました。

ユーザーID:1323136916
もう少し、考えてみたいと思います
志学(トピ主)
2018年11月25日 13:47

>とにかく歴史はドラマです
>たとえば「大政奉還が行われた」この一文の裏にどれだけ多くの人の努力や苦しみがあったかなど、想像するだけでもわくわくします(私はですが)

趣旨は違うかもしれませんが、私は、TVの歴史番組のタイトル「大海人皇子、近江に立つ」に、興奮を覚えた事があります(確か、高校生の時だったと思います)。

歴史の中に自分を置いてみる事で、現実の自分の考える力を伸ばす、そういう事でしょうか?

生徒達にうまく言えないように思うのは、自分の理解不足ゆえですね。

もう少し、考えてみたいと思います。

ありがとうございました。

ユーザーID:1323136916
 
現在位置は
です