現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

50代の母を亡くしました 携帯からの書き込み

みかん
2018年12月4日 21:55

20代後半女性です。

半年前に50代半ばの母を癌で亡くしました。
どうでもいいことや、時に真剣な相談など、お互いになんでも話していました。
私たちは食べるのが好きで、よく一緒にいろんな物を食べました。

闘病中も私が実家や病院へお見舞いに行くと喜んでくれました。毎回好きな食べ物を買って行きました。綺麗な景色を見せる為にドライブにも行きました。今まで育ててもらい、助けてもらい、いろんな感謝の気持ちを表現したかったからです。

成人式に行かなかった私は最後の親孝行に振袖を着ました。消して美しい容姿ではない私の振袖の写真を何回も見て喜んでいる母に、私は唯一の存在を感じ、別れが近いこともあって家に帰ってひとりで泣きました。直後に結婚したものの、結婚式には間に合いませんでした。

そんな母をついに亡くしたときは葬儀やその後の手続き関係、自分の仕事など忙しさで気を紛らわしました。

そして半年経った今、どっと疲れが出てきています。腹痛と頭痛で珍しく会社を休みました。なんなら明日も行きたくありません。とにかくだるいです。そして自宅にいてぼーっとして悲しくなってます。疲れたから仕事を辞めたいけど、辞めたら自宅で何をするのか。話し相手もいないし、好きな食べ物を一緒に食べてくれる母もいない。赤ちゃんを産んでも気軽に手伝いを頼める母がいない。

この先母がいない人生が長すぎます。父も父で心配です。ちょくちょく顔を出してますが、今までそんなに仲良くしてこなかったので会話も続きません。これからでしょうか?

このどうしようもない絶望感と身体のだるさ、何か元気になる方法はありますか?こういうことを話せる友人もいません。夫は優しいですが仕事が忙しそうです。親御さんを亡くされている方はたくさんいるはずなのに、自分はだらしないと思います。

ユーザーID:7004243218  


お気に入り登録数:108
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:21本

タイトル 投稿者 更新時間
自然な反応だと思います。
アリス
2018年12月5日 1:15

とても仲の良い母娘だったのですね。そして娘として最後までベストを尽くしたのですね。立派でした。
私もみかんさんと同じ位の年で母を亡くしました。
母は60になったばかりでした。結婚式も間に合いませんでした。
子どもはいません。
母のいない人生を10年も生きられないと思っていましたが、20年生きてしまいました。
グリーフケアに関するアドバイスを読むと悲しみ方に正解はないそうなので、みかんさんはだらしなくなんてないですよ。
自分を責めずに、今できることをして、仕事などの生活リズムを守り、転職などの重要な決定は急がず...などは「悲しみを長引かせない」ために役立つかもしれません。
私も父とはあまり親しくなかったため、最初は接し方に戸惑いました。それで、父が買った本を私も読んで共通の話題を持つようにしたり、母との思い出話を聞くようにしました。以前は母を伴っていた大学のOB会などにも連れて行ってもらいました。その父ももう亡くしました。
母の友人とも母の思い出話をしました。今では母替わりになってくれています。
同世代の女性が母親と買い物している様子を見るのが辛い時もありましたが、逆にその光景を楽しむようにしました。
電車で母と同世代の女性が立っているのを見ると、母に譲る気持ちで席を譲るようにしています。
通じるのか、大抵喜んで座ってくださいます。
力がある時は上記のようなことをしましたが、これ以上泣いたら死ぬくらい泣いた日もたくさんあります。
それでも生き続けました。感謝できることをリストアップするのも生き続ける秘訣ですが、上位にはいつも母の娘でいられたことが挙がります。優しい夫がいることも。
お母様の好きだった食べ物をご主人と召し上がってみましたか?

ユーザーID:1345078313
思い出に…
母さん子
2018年12月5日 3:20

50代は早すぎますよね。
まだまだ、一緒に過ごしたかったと思います。
私も8年前に母を亡くし、以降ずっと情けないほど寂しい気持ちが消えません。
周りもまだお母さんを亡くされた方はいなくて慰め合うことができず、孤独に感じることもあります。
みかんさんと同じで大きな支えが無くなって大人のくせに呆然としてしまうこともあります。
残念ながらこの気持ちはたぶんずっと消えず、抱えたまま年をとっていくのだなと感じています。
その後、私にも子供ができて母になり
改めて自分は母親に守られ愛されていたのだと、母に感謝したい気持ちでいっぱいです。

ユーザーID:9958738020
うん・・
sama
2018年12月5日 9:45

私も同じです。その若さで50代の母を亡くしました。癌でした。

つらさは分かります。
友達の親とかはみんな健在。
この先30年くらい一緒にいれる人もいる。
羨ましくて羨ましくてしょうがなかったです。
今でもそうです。
こればっかりはもうずっと晴れないですよね。

ゆっくりして良いと思います。
何もなくなってホッとした時が一番堪えます。

心配なのはお父様ですかね。男の方がガクッと来ると聞きます。
ちょくちょく顔を出してあげるのが一番。
子どもが出来たらお父様を頼る。
いや、厳密に言えば手助けとかは頼れないんだろうけど・・
それでも顔を見せに行ってあげてください。
亡くした家族の分家族が増えるって、これが一番皆が嬉しい事だと思います。
これからですよ。
うちも母親を亡くして父と二人暮らしになって(姉は嫁いでいた)
どうしようか途方にくれたけど・・
今となっては母がいなくて何も分からない分父と相談してアレコレやってます。
料理などで協力したり。大掃除なども二人でやったり。
家電一つ買うにも協力体制です(笑)
かおうと思うんだけどどうかな?一緒に見に行こうか・・
そんなもんです。
これからですよ。

ユーザーID:0907422410
頑張りましたね
にゃんこ
2018年12月5日 11:39

一年程前に父を亡くしました。隣県に居ますが難病を患っていながら亡くなる二十日前もこちらに家族で遊びに来ていました。
まさか亡くなってしまうなんて思いもしなかったです。私は父とあまり仲も良く無くて後悔も沢山でした。

主さんのトピを拝見して、お母さんは嬉しかっただろうなと思いましたよ。
亡くなってしまった事は悲しいですが、今は病気の無い世界にいるんだと思いませんか?

ユーザーID:6469762187
心中お察しします
M
2018年12月5日 11:50

はじめまして。
他人事とは思えずレスさせて頂きました。

わたしの母は70代、現在癌で闘病中です。

みかんさんのお母様よりずっと高齢ですし、わたし自身も40代です。
わたしは母ととても仲が良く、一緒にお買い物へ行ったり食事に行ったりくだらないおしゃべりをしたりと
2人で過ごす時間が長いです。
父とは元々あまり会話が続かないので、2人になると何を話せば良いのかわからず母が緩衝剤のような感じです。

まだまだ闘病中だし悪い想像はしないようにと心がけているのですが、もやもやしたものが一瞬たりとも心から離れてくれません。
わたしが落ち込んだ顔をしているせいで逆に母から慰められたりしている有様で本当に情けないです。
今の自分に出来るサポートを一生懸命やろうとは思っていますが、どうにも思考が悪い方悪い方へ転がるようで・・・。
どうすれば前を向けるのか、良い方へと想像できるのか、とても他人事とは思えず答えを持たないままにコメントさせて頂きました。

結論のない文章で申し訳ございませんでした。

ユーザーID:9671448773
無理しないでくださいね
はっさく
2018年12月5日 12:09

お辛いですか?御兄弟はいらっしゃいますか?

他人と比べたらきりがありませんが、もし御自身の御兄弟で年の離れた人がいたらもっとつらいですよ。

姉だけ結婚出産孫の世話までしてもらって、自分は、結婚も出産も育児も一人ぽっちなら。

何人か兄弟がいた場合、妹ってすごく損です。

もし、トピ主さんが一人っ子なら、比べて辛い思いをする相手がいないだけいい。

ユーザーID:2383672881
分かりますよ
いつまでも娘
2018年12月5日 13:56

アラフィフ、3人の子供がいます。
20数年前に母を病気で亡くしました。結婚してすぐのころです。
ですので出産も実家に戻ることも出来ず、ずっと嫁ぎ先で頑張っています。

母親べったりな娘ではありませんでしたが
今でも母を思うと涙が出ます。
このトピックを読んでレスを書いている今も自分の思いと重なって涙しています。
寂しいとか、悲しいとかじゃなくて
ただ、涙が出ます。
身内の死、特に母親を亡くす悲しさは身内しかわかりません。
悲しいときは悲しくていいのです。
色々なセレモニーの最中より
落ち着いてきたときこそ、じわじわと気持ちが切なくなります。
1年やそこらで癒えるものではないです。

でも、自分が死ぬことは怖くなくなりました。
きっとあの世でまた会えるだろうし、
存在は消えても、身近に感じることもあります。
あなたのことを見守ってくれていると思いますよ。

ユーザーID:5514224046
大事な方を亡くされたのですね携帯からの書き込み
りんちゃん
2018年12月5日 14:15

私はお母様と同年代のお母さんです
みかんさんと同じくらいの娘もいます
大事な方を亡くされて喪失感の無い人なんていませんよ
けっして、だらしなくは無いです
寂しいのは当たり前です
無理に元気にしなくても良いと思います
少しずつ気持ちを入れ替えて行かれたら良いかと思います
頑張らなくていいのですよ
きっと、お母様もすぐ傍で、あなたを温かく見守っていらっしゃると思います
私も母を亡くした時は、同じような状態でしたから…
見えない母に話しかけたりして、気持ちを落ち着かせました
気分転換に、ご主人とドライブとか旅行とか行ってみられてはどうでしょうか
仕事が忙しくても、もう少しご主人に頼りましょう
そのための夫婦なのではないですか

ユーザーID:5428523906
最低でも1年はそんな感じでいいと思う
2018年12月5日 14:21

半年じゃまだ無理だと思います。
というか、今年亡くなられたなら少なくとも年内は気持ちが落ちて仕方ないです。
その後ですが、一周忌を迎えるくらいの頃には何らかの整理がつき始めるかもしれません。
つまり最低1年はそういった状態でも普通のことだと思います。

無理しないほうがいいです。
だらしなくないです。

ユーザーID:2610952223
自分を大切に
えりか
2018年12月5日 14:27

私にも息子と娘がいますが、大事に育ててきて、本当に頼もしく育ってきたものの、私がいなくなったら大丈夫かな…などと考えることがあります。
だから、主さんのおっしゃってることがよく分かります。

まずは、食事と睡眠だけはしっかりとってください。
ゆっくり休んで、と言いたいけど、あんまり手持無沙汰にするのも、良くないのかもしれませんね。体は休めて、程よく外に出かけて下さいね。

おつらかったと思いますが、お別れの前に、時間があったことで、おそらく後悔は少なく済んだのではないでしょうか。お母様も主さんも。

私は子供を育てながら、先々困らないようにと考えたり、有り余る愛情を注いできたつもりです。
当たり前ですけど、私がいなくなっても、悲しんでいないで、幸せな毎日を過ごしていて欲しいです。
主さんも今は哀しく虚しいかもしれませんが、お母様の存在を、温かくご自分の中に感じながら、生きて行ってくださるといいなと思います。
そしてもらった愛を将来子供さんに与えてあげられる人になってください。
そのためにも、今はご自分を大事にしてくださいね。
しんどい気持ちを、旦那さんに話しましたか?
お仕事は急に辞めたりしないで、有給なども利用してうまく体を休めてください。
だらしないとご自分を責めることはないですよ。
主さんの今の状況は、たくさんの人に起こることですし、一段落したときにどっと疲れと悲しみが来るのも、よくあることです。
話したければ話す、泣きたければ泣く、ご自分を責めない、ゆっくり行きましょう。

ユーザーID:2038985837
悲しいですね
けい
2018年12月5日 17:06

仲良しのお母様とのお別れ辛いですね。ご自分の半分をもぎ取られたようねそんな感覚ではないでしょうか…

私は夫を12年前に息子を7年前に亡くしました。当時は生きていける自信をなくし死んでしまいたい毎日でした。たくさんの周りの人に支えられ、なんとか今日まで生きてきました。夫や息子がいなくなってなぜ生きていかなくてはいけないのだろうとはどうしても考えてしまいますが、毎日なんとか過ぎていきます。

大事な人を亡くした人は心に大怪我をしている状態だそうです。心の大怪我大事にしてあげてください。お母様が喜んで見てくださるような日々が送れるようになるにはまだまだ時間がかかるかもしれませんが、優しい旦那様とのこれからを生きてください。「辛い」はもう少しで「幸せ」になれる字だそうです。辛いを心に溜めないでいっぱい出してみてくださいね。一番そばにいる人にはなかなか言えないものですよね。出せる場所で心のままに辛いお気持ち書いてみてください。

ユーザーID:9131941035
負けないでね。
kaze
2018年12月5日 18:28

だらしなくなんて、ないですよ。
半年なら、そんなものです。

仕事は、気分転換になるのでやめない方がよいですよ。
ひとりで家にいるようになると、余計に考えてしまいますから、辛いですよ?

私もですね。半年ほどたって、仕事の台帳を見てみたら、みごとにすっとばしてあって、ビックリしたことがあります。
自分の管理しているものですから、他の人は見なくて誰も気づいてはいませんでしたが。
自分がいかにおかしかったかが、よくわかりました。

母は、誰にも代えがたい存在ですから、お気持ちはわかりますよ。

でも、たくさん、親孝行をしてあげたこと、きっとお母さまは幸せに人生をおえられたことを思って、あなたらしく、元気に生きてゆくしかないのです。

そしてですね。お母さまの生命が消えてなくなってしまったわけではありません。
きっと、心のどこかで、あなたとつながっています。

辛い時はたくさん泣いてくださいね。泣くことは、よいそうです。

結婚されたのなら、ひとりではありませんね。
ご家族を大切にして、一生懸命生ききって、幸せになることです。

あなたの幸せが、お母様が一番喜ばれることですからね。

どうか、がんばって生きぬいてください。
みんな、順番で行けば、必ず通る道なのです。

負けないでね。
きっと、お母様は見てくださっていますよ?

ユーザーID:2379998163
お母さんの思いは永遠です
きお
2018年12月5日 22:03

トピ主さんのお気持ちよくわかります。

お母さんは、きっと今でもあなたを見守っています。
母の子供への愛は、無限で終わりはありません。

会えないのは辛いかもしれない。
でも、きっと今でもあなたは愛されているし、
これからも愛されているんです。


母の思いは永遠だと思います。

だから、いつか前を向いて元気になってください。

ユーザーID:9581261138
無題携帯からの書き込み
ゆきだるま
2018年12月6日 4:13

こんばんは。みかんさんに声を掛けずにいられませんでした。こちらの掲示板に書き込むのは初めてで、神経の至らぬ物言いがごさいましたら申し訳ございません。

まず身の上話となってしまいますが現在わたしは21歳で、19の時に50代の母を原因不明の孤独死で亡くしました。
それまで色々あり親子仲はあまりよくありませんでした。しかし、亡くしてから母を思い出さない日は少なく、さまざまな後悔や悲しみで眠れなくことがあります。

みかんさんは悲しみの中で本当によく、みかんさんの一生懸命で日々を暮らしていらっしゃいますね。
母が逝き深く嘆いていた時、父に「悲しいのは愛されていたからだよ」と言われたことを覚えています。
みかんさんにとって心から素敵なお母様で、愛しているぶん、また、お母様からたくさんの愛を受け取られているぶん悲しいのですよね。

親の死は生きていれば誰もが通る道だとしても、取り残された側としては早くであれば尚更もっとこの世で一緒に過ごしたかったというお気持ちがあることと思います。どうかご自分を責めないで、ご自分のそのままの心を大切になさってください。

今は感情やお母様との想い出をそのまま受け止め、整理することが近道だと感じます。そして、どんな気持ちが起こったとしてもそれはみかんさんがお母様を愛しているからこそだということをいつも胸においていただきたいです。

現在のわたしの場合、悲しみが溢れた際は自分と同じような境遇の方々の書き込みを見て涙したり、静かな音楽を聴きます。外に居るときは大きく深呼吸をし、風のにおいで胸をいっぱいにしています。

みかんさんは独りじゃないですよ。
きっとお母様が願われているように、みかんさんのこの先に幸せなことがたくさんありますように。
わたしからも祈ります。

ユーザーID:0905890968
生きるって
るる
2018年12月6日 8:18

辛いことが沢山あるよね。

どうか悲しみに負けないでね。


みんなそれぞれ違うものを抱えているけど、
きっと頑張っている。


思い出して泣くよりも、
思い出して笑って。

ユーザーID:5962587283
人生って短い
かっこう
2018年12月6日 9:29

こういうトピに対して、「甘えるな、私なんてもっとひどい環境なのよ!」
と書く人がいるのでしょうか?
私はあなたのお母様とちょうど同じ年代ですが、あなたのお気持ちが痛いほどわかります。
だからこそ、娘が自分を必要としている間は元気で生きていたいと思っています。
でも、それって努力だけではどうにもなりません。
あなたが悲しいのは当然ですし、喪失感も当然です。
それをまずは受け入れて、ゆっくりゆっくりあなた自身の人生を歩んでください。
お母様より長く生きることを目標にしてくださいね。

ユーザーID:9871704991
年齢が若いほどこたえるようです。
紅葉
2018年12月6日 9:44

92歳の母が危篤です。
60歳を超えた私は一見平気そうです。
が、急に寝られず心身が痛みます。
完全な母ちゃん子だったので。
父は存在自体うすかった。

友達たちも60から70歳の母を亡くした時は一年間は
怖かった。悲しみを怒りにかえてました。

それほど母の愛は大きいんですね。
母子癒着し過ぎだとは思いますが。

お子様ができたらお墓に見せにいってあげてください。

ユーザーID:8743756135
思い出を語る肉親はいませんか?
月下美人
2018年12月6日 11:43

私は30代前半で両親を亡くしました。
トピ主さんはもっとお若いしとてもつらいですね。

私は3年くらい経ってからトピ主さんの今の状態になってしまったことがあります。
それまでは子育てが忙しくて心を封印してたんだと思います。

そんな時、母の兄弟と話す機会があってそれまで知らなかった母の若い頃の話や私が記憶している母の話をたくさん話したらなぜかとてもスッキリしました。よくわかりませんが、話すこと、吐き出すことが癒しになったのかもしれません。

もう会うことはできないけれど、私だけじゃなく他の誰かの心にも母の記憶はしっかり残っていてそれを確認できたことで救われました。それから私の子供は母が死んでから生まれたので母を知らないのですが、子供にも母との思い出を話すことで繋がっていると感じます。

ユーザーID:9899523646
労ってね
まる
2018年12月6日 13:28

主さん、お母様を亡くされ、大変でしたね。
50代では早いし、残念でなりませんね。

私は、6年前に母を癌で亡くしました。
主さんと同じ、私も母が大好きでした。
父とは昔から折り合いが悪く、母の死後、益々ぎくしゃくと気まずい関係が続き、どうして母は私も連れていってくれなかったのか?と、来る日も来る日も泣き続け、昼間の涙は耐えれる様になっても、寝ながら知らずに泣いている始末でした。
けれど、私の結婚を機に、夫の存在に助けられ父とは関係改善が出来ました。
はじめて父の本当の優しさに触れ、共に母を弔う家族としての絆を感じ、父のいるありがたみに心から感謝出来る様になりました。
しかし、昨年始めにその父をも亡くしました。

主さん、哀しみの中、ずっと気丈に振る舞い、頑張ってこられたのですね。
複雑な手続きも一段落し、半年経って疲れがどっと出るのは、本当に無理もない事だと思います。
一日中だるい、今の主さんは、心身共にお疲れなのでしょう。
でも、主さんには夫さんも、お父様もいます。
主さんの存在が、別の誰かの支えになっている事も忘れずに、ご自身の心身を労り大切に、彼らの為にも、これからも生きて下さい。
主さんがしっかり生きる事、それがお母様への最大の供養になると思います。

そして、きちんと病院に行きましょう。
不調の原因、本当に別にあるかも知れませんから、先ずはきちんと受診して、体調に留意して下さいね。
もしかして、妊娠の可能性はありませんか?
心の疲れは、身体の疲れ、病のサインである場合もあります。無理も禁物ですが、余りにもひどかったらきちんと病院へ行って下さいね。

主さん、心にフタをせずにうんと悲しんで下さい。気持ちに抗わずに過ごしたら、自然と、前をまた向ける様になりますよ。私はそんな風に思います。
今は、少し休養を心がけて下さい。

ユーザーID:4698184188
泣きたいときは泣きなさい
ろば
2018年12月7日 12:23

お母様を亡くされてまだ半年なんですね〜。
本当にお寂しいことでしょう。
月並みな言葉しか出ませんが、あなたは良く頑張っていますよ。
今はあまり頑張らないでと言いたいです。
でもお仕事は続けられた方が良いと思います。

私の母は49歳で亡くなりました。
私が高校に入学した2カ月後でした。
母との思い出も少ないので、あなたが羨ましいです。
生理の悩みも、就職、結婚、出産もすべて母なしでやってきました。
強くなりましたよ。何でも自分で決断、実行してきましたので・・・。

お母様との思い出を胸に、また一番寂しい思いをされてるお父様を
お大事にしてください。
私の父は69歳で亡くなりました。(私が33歳の時でした)
孫を二人見せることができたので良かったかな〜と思います。

どうか気持ちを穏やかに、癒しの音楽でも聴いてお過ごしください。
これからの人生長いですから、ゆっくり行きましょう。

ユーザーID:6057184333
 
現在位置は
です