現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ハウスダスト。布団乾燥機、クリーナー、高密度カバーについて

雪国
2018年12月6日 22:20

トピを開いて頂きありがとうございます!

子供がハウスダストと診断されました。
部屋の掃除はもちろん、寝具を全部変えました。

マットレス、枕、掛け布団に、高密度カバーを
かけています。枕、パッド、掛け布団もダニ対策のものにしました。

あと、布団クリーナーと布団乾燥機を購入しました。
その場合なんですが、

カバーをかけたまま布団乾燥機を使いますか?
それともカバーははずして洗濯をし、布団だけ温めればいいのでしょうか?

あと、乾燥機を使ったあとに布団クリーナーをかける場合も
カバーはかけずにでしょうか?

高密度カバーの、乾燥機、掃除機のかけ方がイマイチわかりません。

高密度カバーだから、クリーナーをしてもダニは吸い取れない
のではないかと思います。それだったらやはり必ずカバーをはずしてからなのか?

正しいやり方がわかりません。

ご教示頂ければ助かります。
よろしくお願い致します。

ユーザーID:4750699993  


お気に入り登録数:18
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:1本


タイトル 投稿者 更新時間
ダニアレルギーは、ダニの死骸や糞の粉末で発症する
紫蘭
2018年12月9日 19:11

>マットレス、枕、掛け布団に、高密度カバーをかけています。
>枕、パッド、掛け布団もダニ対策のものにしました。

生きているダニは大きいので、高密度カバーで通過を防げます。

しかし、アレルギーを引き起こすのは生きたダニ丸ごとではなく、ダニの死骸や糞が乾燥して粉になって空中を漂うので、それを吸い込んだときにおきます。特に良くないのは糞で、糞の方が細かい粉末となり気管に入り易く、死骸より桁違いに大量に存在し、アレルギー活性が高いそうです。

>あと、布団クリーナーと布団乾燥機を購入しました。

その布団クリーナーが、前述の粉末の細かさに対応していると良いのですが!

最善は、セントラルクリーナーを設備して、クリーナーの排気を屋外へ出すことですが、かなりなコストがかかります。

ユーザーID:0740902504
 


現在位置は
です