現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

あの世のお話 携帯からの書き込み

香里
2018年12月24日 19:56

先日、母を亡くしました。

人が亡くなった悲しみは、時間が経つのを待つしかないと聞き、それを待っていますが2ヶ月経った今もまだ癒えません。

『いつまでも泣いていたら、天国のお母さんが悲しむ。元気な姿をみせなきゃ』とか
『娘の幸せがお母さんへの親孝行だよ』とか
最初は、そんなことを言い聞かせようとしましたが、気持ちがついていけず、正直そう上向きなことを考えられるほどまだ心が持っていけません。
そして無理して考えることは無いと思い、諦めたらどんどん気持ちが荒んでいきました。

親が存命している友人を見ては、『いいよなぁみんなお母さんが居て』
通りすがりのおばあさんを見ては、『お母さんもあの人くらい生きるはずだったのに』
もう成人しているのに、何を見ても何を言われてもそのように思ってしまう、切り替えられない自分が情けなく思います。

でもただ1つ、心が救われたというか、穏やかになれたお話がありました。
それは、『人はあの世へ行っても、いつも通り生活してテレビも見ているみたいですよ』という、いわゆる見える方の言葉でした。

今まで幽霊とか魂とかその類は信じなかった私ですが、このお話は、あぁそうなんだ。 心にスーっと入って、と同時に何故かホッとして思わず笑ってしまいました。

以前にも、『亡くなった親戚のおじさんの幽霊が、いつもはジャージ姿なのに、法事の時は綺麗な格好に着替えていた』というお話も聞いたことがあり、自分のお母さんだったらと想像すると、これもまた笑ってしまいました。

あの世というのはよく分からないですが、こういうお話はどこかリアルで想像しやすくて、見えない私からするとありがたいなぁと思いました。少し安心出来た気がしました。

このようなホッとするようなお話を聞いたことがありましたら、教えて下さるとありがたいです。
おかしな質問ではありますが、宜しくお願い致します。

ユーザーID:0807858076  


お気に入り登録数:70
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
私もひと月前に母を亡くしました
ななこ
2018年12月24日 22:02

大好きな母を亡くしました。病気が見つかった時は末期癌。余命宣告より長く頑張ってくれましたが、先月に自宅で亡くなりました。
辛くて寂しくて悲しいけど、不思議と私はすぐに立ち直りました。それと言うのも叔母の存在です。1年前に母と仲良しの叔母が亡くなったんです。
凄く仲良しだったので母は落ち込んでました。
そして後を追うように一年後に母も亡くなりました。
従姉妹も私も「死んでまで仲の良い姉妹だね」と泣き笑い。。
そして母の火葬の時。何気なくお隣で火葬をしている方のネームを見ると死んだ叔母の名前がありました。
もちろん偶然でしょうけど、叔母の名前は珍しいもので、漢字まで同じ人はほとんど見かけた事がありません。それが、その日その時間、隣で死んだ叔母の名前の人が火葬されてるってびっくりしました。
従姉妹や父親もみんな驚いていました。
きっと叔母が「私が連れていくから任せとき〜」ってメッセージを送ってくれたんだとおもいます。
母が死んだのはめちゃくちゃ辛いけど、今頃自由になった体で叔母と遊んでそうな気がするんです。
「何か浮くで〜」「天国いい所やな」と姉妹で暮らしてると思えば何かホンワカしてしまいます。
きっとトピ主のお母様も「なかなか天国っていいんじゃない?ちょっと色々見て回らなきゃ!」って忙しくしてるかも。

ユーザーID:4451255930
祖父から子供達にと、お金をもらいました携帯からの書き込み
紅玉
2018年12月24日 22:39

お母様のこと御愁傷様です、まだ2ヶ月、荒れて当然です。
どんな事を思っても、貴女は口に出さない。
よく頑張っています、偉い偉い!

エールの代わりにこの話をさせて下さい。

私の祖父は、大変困った人でした。
地域でも恐れられた人間です。
私は独身の10年以上被害を被り、世話や介護をしました。
最後は私の腕の中で息を引き取りました。

祖父なりに私を愛し、私もまた愛していたと気づいたのはその時でした。

その後私は結婚をし、子供二人に恵まれました。

子供が三才頃、夢に祖父が出て来て言いました。
自分のタンスに財布がある、少しだが金が入っているのでお前の子供達にお菓子を買ってやれ。

実家に行き両親に話すと笑われました。
「五年前の葬儀の時にタンスも金庫も全部調べた、さてはお前、金に困ったな」
両親の見ている前でタンスを明けると、祖父の財布が出て来ました。

中から二千円ほどの小銭が出てきて、両親は酸欠の金魚みたいになりました。

本当に何度もタンスは調べ、小銭もかき集めたそうです。

仏壇に見つけた報告とお礼を言って子供達にお菓子を沢山買いました。

祖父は少年の頃、幼児だった弟を亡くし苦しんでいたそうです。

貴女のお母様もきっと傍にいます。
貴女に注いだ愛は貴女の中で生きて貴女を支えます。

ユーザーID:3838141965
こんなことを聞きました
うさぎの母
2018年12月25日 11:46

私も1年半前に母を亡くし いまだに立ち直れません。
おかしいですが 今、母は元気にしているだろうか とか何を食べているのだろうか などと考えたりしてしまいます。
なので 普通にテレビを見ているというお話になんだかホッとしました。

先日、友人にこんな話を聞きました。霊媒師さんに急逝した親族のことを尋ねに行った時、亡くなった父親がでてきて
「真っ赤なスポーツカーに乗ったり ハワイに行ったりして毎日好きなことをして愉しく暮らしている。もっと早くここに来ればよかった」と
言ったそうです。生前は真面目なお父さんだったので意外でしたが うちの母もそうなのかもしれないねと一緒に笑いました。

香里さんの聞いたお話といい私の友人の話といい 教えられる必要があるから伝わってきた話なのかもしれません。
きっと母もあの世といわれる世界で「元気にしている」のでしょう。

ユーザーID:7202596684
ゆめ
Yulia
2018年12月25日 20:08

祖母は9年前くらいに亡くなったのですが
今でも数か月に一度くらい夢にみます。
それが本当にリアルで、目覚めたときは
一瞬、祖母はまだ生きているのだと
本気で思うくらいリアルなのです。
他の夢は大体普通で、夢っぽいんですけど。
その夢は現実以上に現実的なんです。
内容は大したことなくて、それが現実っぽい。

そんなわけなので、私は祖母はどこかで
生きていると思っています。
祖母と一緒に住んでいた叔母にそれを言ったら、
叔母もときどき祖母と話しているみたいです。
叔母は霊感が強い人だそうですし、
何といっても祖母の娘ですから、そういうことも
あるだろうと思います。

でも、何の霊感もない、20代前半で外国に
出てしまった私みたいな鈍感人間でも
これほどリアルな夢をみて、祖母と話したり
できるので、祖母はどこかに存在しているのだと
確かに思います。

とぴ主さんも今は悲しみで話すどころではないと
思いますが、落ち着かれたら、きっと
お母様とお話しできると思います。
あの世とか、この世とかではなく、困ったときや
お話ししたいときに、ふと回路が開くと
何らかの方法で、お話しできますよ。

ユーザーID:0206343087
私も父を亡くしました。
雪うさぎ
2018年12月25日 23:15

お母様ご愁傷さまでした。
まだ2ヶ月悲しみは癒えませんよね。

私も最愛の父を1か月前に見送りました。今でも毎日父を思い会いたくて触れたくて泣かない日はないです。

余命宣告されていたので父も私たち家族もいつかは別れの日がくることは覚悟していたつもりでも

今は心が追い付かず元気だった頃や最後の入院中の姿を思い出しては涙が止まらなくなります。

火葬され小さな壺に入って自宅に戻って来た夜仏壇のある部屋で母と私が寝ていたのですが

突然フワァ〜と生暖かい風が顔にあたりその瞬間スポッと頭から布団が被せられ

上から誰かにギュッと抱きしめられ頭を撫でられた感覚になりました。

次の瞬間目が醒めたら勿論布団は胸のところまでしか掛かっていませんでした。

夢なの?錯覚なの?と思ったと同時に隣りで寝ていた母が

「今、お父さんの声でお母さん、お母さん!って私を呼ぶ声がした!間違いなくお父さんの声だった」と泣き出しました。

生前、父は私が実家のソファでうたた寝をしているといつもタオルケットをバサッと掛けてくれてそして「ゆっくり休むんだよ」

と頭を撫でてくれました。まさしくあの時の顔に風が当たった感覚、頭を撫でてくれた感触は父でした。

そして父は母が大好きで家の中でも少しでも姿が見えないといつも「お母さん、お母さん!」と呼んで探してました。

きっとお父さんが今までありがとうって言って私達の所に来てくれたんだねって母と2人で泣きながら話しました。

父はあっちの世界に行ったら先に待ってくれてる友人や親戚と色んな話をするのが楽しみだって言ってましたので

あちらの世界でも普通に生活して楽しく過ごしてるのを想像するといつか私が人生全うして旅立った時にまた父と再会出来るのでは?

と嬉しくなります。

ユーザーID:4199335256
直ぐにまた会えますよ
NEKOBY
2018年12月26日 21:25

両親を亡くしてもう何年もになりますが,それほど寂しいとも悲しいとも思ってはいません。

なぜなら,やがて自分も死ぬ日が来ます。
それは何百年も先のことではなくせいぜい何十年か先のこと。
死んだらまた両親に会えて一緒に暮らしたり話をしたりできるのでしょう。
そしてその時間は永遠に続くと考えています。
会えないのはたった何十年かのことですから,今は全力で今を楽しみたいと思います。

両親が死んでから死ぬことがちっとも怖くなくなりました。
むしろ楽しみでもあります。

会いたいけど今は会えないよ,生きているから!
もう少し待っててね。
といつも言っています。

ユーザーID:1229581109
おすすめの本
えいこ
2018年12月26日 21:48

私も2年前に父を癌で亡くしましたが、いまだに思い出すと涙がとまりません。

ヨシタケ・シンスケさんの「このあと どうしちゃおう」という絵本を絶対おすすめします。亡くなったおじいちゃんが残したノートに描かれていたあの世の世界を、とってもユーモラスなイラストとテキストでつづられています。

私も父を亡くしたあとこの絵本を読んで、号泣しながら、父は天国で温泉につかったり、神様に悩み事相談したり、何かに生まれ変わって見守ってくれていたりするんだろうなと楽しく想像でき、安心することもできました。

トピ主さんのお母様もあの世でおいしいもの食べて、のんびりしながら、トピ主さんを見守ってくれていると思いますよ。

ユーザーID:2887793788
生まれ変わり
mimi
2018年12月27日 13:45

私が夫を亡くした時に聞いた話です。

もう20数年前の話ですが、私は当時20代半ばで1歳の娘を抱いて
葬儀ではただただ茫然としていました。

弔問に来てくださった近所の奥さんが、私の娘をあやしながら
「ご主人はとても人望があって皆に好かれていたから、すぐに生まれ変わってくるよ。
 きっとmimiちゃんの近くに生まれ変わってくると思うよ。」と言われました。

それからというもの保育所で娘の仲良しのお友達に弟が生まれたと聞くたびに、
もしかして主人じゃないか、将来は娘と結婚するんじゃないかな?とか
想像してニヤニヤしていました。

そうして主人の一周忌が終わった夜、娘に絵本を読んであげてから電気を消して
「オヤスミ〜」と言った瞬間、ベッドのすぐ脇で鈴虫が「リーンリーン!」と
鳴き出しました。(季節は初秋でした)

「マンションの他のお部屋から逃げたのかな?
 寝てる間にベッドに入ってきたら嫌だから、捕まえて外に出すね〜
 もう一回電気つけるよ?」と言って、電気に手を伸ばすと
娘が「それパパだから、外に出しちゃダメ!可哀想でしょ!」と言います。
私は「そっか〜じゃあ、このまま3人で寝ようか」と、そのまま寝ることにしました。

しばらくベッドのすぐ脇から「リリリリー」と聞こえていましたが、
朝目覚めた時には鈴虫はおらず、それ以降、自宅では鈴虫どころか
蝿以上のサイズの虫を見たり羽音を聴いたりもありませんでした。

いや、生まれ変わりが『鈴虫』って…成虫の寿命2ヵ月じゃん。
スタート低っ!

本当にあの人って人望あった?あったとしたら他に凄い罪とか犯してない?
と非常に心の中が騒然としておりました。

そんな娘も来年結婚します。
お相手は娘より少し年上なので、主人の生まれ変わりではないですね。

そうなると娘に子供が出来たら、もしかしたら・・・ねっ。

ユーザーID:0678545193
ありがとうございます携帯からの書き込み
香里(トピ主)
2018年12月31日 10:59

お母さんは今も私の隣にいて、一緒にテレビをみて笑っているんだろうなと思います。
皆さんのお話を読んでいて、そう考えるようにしよう、ではなく、自然と考えられるようになりました。少し前に進めたのだと思います。ありがとうございます。

ユーザーID:0807858076
すがた携帯からの書き込み
かたち
2019年1月1日 14:15

よく姿、形を変えて現れる。と聞きます。例えば、春先、蝶々があなたの近くを飛んで居たら。。綺麗なお花がポツンと咲いていたら。。街中でにゃんこに話し掛けられたら。。それは愛する人のアピールかも。そばに居るよ、見て居るよ、て。。大丈夫?って。気づく目があれば、分かるみたいですョ。
私も、大切な人が立て続けに亡くなって、鬱になり、引きこもり、何年も暗い渦の中から抜け出せなくなりました。。確かに時間が解決してくれます。辛い時は、何でもノートに書き出して。。愚痴でも、悪口でも、手紙でも、何でも。湧き出る思いを吐き出す事、大切だと思いますよ。

ユーザーID:3084665524
あの世では
lalala
2019年1月2日 21:00

亡くなった人が「○○食べたいなあ」と思うと即座に出てきたり、過去も未来も現在も同じ時空なので自由に瞬間移動できるそうです。つまり想念の世界です。

自分の居心地の良い場所がそのまま「自分のあの世」になるみたいです。お母さまはあなたのそばにもよくこられていると思いますよ。あちらから話し掛けられても残念ながら伝わりませんが。

私の場合は父亡き後、雑踏の中で父と同じ整髪料の匂いを嗅いだことがあります。それは私が幼い頃父が使用していたものです。特徴のある匂いで、ほんの数秒でしたが私の鼻先をかすめて通り抜けていった感じでした。どうして雑踏の中の誰かではなく、父だと思ったかというとそこは外国だったからです。

義父が亡くなって、ある夕食の時彼の為の席も設けてワイン好きな義父の為にグラスにワインを注いで食べたことがあります。その時スイッチも入れていないのに急に部屋の電気がついたので「あ、義父が喜んでいる」と思いました。

亡き人と夢の中で会って話をする人もいるでしょうし、音を聞いたり、私のように匂いだったりといろいろです。

ユーザーID:3239904360
お迎えに来てくれる
海賊の妻
2019年1月6日 11:18

私の父は40代の若さで亡くなりました。
祖母は身も世もなく悲しみました。そしてそんな祖母も寝たきりになり医師にはあとわずかだろうと言われました。

ある日祖母は「今まで〇男と遊んでいたんだよ。お花の咲くきれいな野原で母ちゃんこっちへおいでよって言ったから」と言いました。〇男は父の名前です。みんなお迎えが来たんだと言って泣いていました。その後祖母は眠る様に亡くなりました。

さて続きが有ります。父の所へ毎日遊びに来ていた隣のおじいちゃんが翌年肺がんの末期で入院したのですが「〇男ちゃんが花の咲くきれいな野原でショートピースを吸いながら爺ちゃんこっちへおいでよ。ここは楽しいよと言ったから早く行きたい」と言ったそうです。そして父と同じ日に昇天しました。

それを見たもう一人の父の友達は「〇男ちゃん。隣の爺ちゃん。まだ迎えに来ないでください。俺にはまだ嫁に行かない娘がいるんだ」と真剣に手を合わせていました。
この方もすでにお亡くなりになりましたが、その時父や隣の爺ちゃんが来たかどうかは定かではありません。

私は死ぬ日が楽しみです。誰が迎えに来るのかな。
私は本家の娘でみんなに可愛がられて来ましたので、悲しいお別れを何度も繰り返してきました。ですから誰が迎えに来ても嬉しいです。しかし父ならすごく嬉しいと思います。
貴女様もいつかは大好きな人たちが迎えてくれ、いい所に行けます。良い人生を送りましょう。

ユーザーID:0281506335
祖母が亡くなる直前
Moose
2019年1月9日 0:58

お母様のご逝去、お悔やみ申し上げます。

もう30年も前のことですが、一緒に住んでいた母方の祖母が天寿を全ういたしました。自宅で療養していたので、母、伯母と私が代わりばんこで付き添っていました。

亡くなる二日前に、部屋のあちこちを指差して、「お母さんがあっちにもこっちにもいる」と言うのです。私は「お母さんて、おばあちゃんのお母さん?」と聞くと、「そう。」と。

ああ、お迎えが来たんだなと覚悟しました。

亡くなって四十九日も終わってしばらくして、自室のベッドで昼寝していると、祖母がドアを開けて入ってきたのです。夢のなかですが、「あ、おばあちゃん、久しぶり!どうしてる?」と聞くと、「案外簡単に行かれてね、いい所なんだよ!」と言ってくれました。「おじいちゃんに会えた?」と聞いたら、「会えたけど、部屋を散らかしててねえ。片付けるのが大変だった。」と。そして「みんな(家族)もうじき帰ってくるからそれまでいてよ。」とわたしは言ったのですが、「いや、戻らなきゃいけないから。おこづかいあげるよ」と5万円もくれました。そしてまたドアから去っていきました。

この夢を見て、祖母が向こうで幸せにやっていると理解して、ほっとしました。 でも、5万円はやっぱり夢でした。

その祖母ですが、1年後に自分の妹(私の大叔母)のところに来ました。大叔母は心筋梗塞で入院中でした。そして、彼女を連れて行ってしまいました。

両親はまだ健在ですが、もう90と86。いずれそう遠くないうちに別れが来ると思います。そうすると、私は「お一人様」なのでさびしくなりますが、また次の世でも会えると信じています。

トピ主さんのお母様も、あちらの世界で先にいらしてた親戚やお友達との再会を楽しんでいらっしゃると思います。

ユーザーID:2415650119
 
現在位置は
です