現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ドストエフスキーの名作「白痴」について

灰になるまで
2018年12月31日 20:32

ドストエフスキー自身が最も愛した名作「白痴」のロゴージンについて。
私は、親から引き継いだ遺産で貴族の生活を送る公爵より、自分の信念を持ち、思うがままに
行動するロゴージンのほうが文学的は好きです。

(実在したら困りますが)
ナスターシャと結婚する為に大きな犠牲を払うし、彼女の性格を一番理解していると思うんです。公爵が「彼女は狂っている」と言っても「俺には普通に見える」と言う。
公爵はアグライヤも同時に愛するけれど、ロゴージンは彼女一筋。
ロゴージン、公爵よりナスチャを理解していて、恋のライバルとも親友になるし・・・それほど悪人だと思えないのですが・・・・。

「新訳 白痴」でも彼は「ナスターシャに殺すよう頼まれて彼女を殺した」と描かれていました。
いろいろあっても公爵とは友達でいるし、愛する女を殺してしまっておかしくなりますが、そりゃ、真の悪党ならおかしくならないと思うんです。
ギリシャ神話の登場人物に多いパターンに感じます。

同じように感じた方、いらっしゃいますか?

ユーザーID:8232755414  


お気に入り登録数:7
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:0本


 


現在位置は
です