現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

The Best Hit USA

ラーマは気まぐれ
2019年1月2日 23:30

私が若かりし頃、土曜日の深夜11時ごろ?から始まる、
小林克哉さんの The Best Hit USA
は、遠いアメリカの大スターたちの歌と(いまで言う)PV を見たり、
豪華ゲスト(マドンナとか!!)のインタビューが見られる、貴重な番組でした。

見ていた当時は中学生〜高校生だった私は、英語力もなく、
字幕と耳コピで歌詞を覚えました(で、その耳コピはかなり間違っていた。。。)

地道に英語の勉強を続け、50代になった今、一応、英語を武器の一つとして仕事を続けています。
「どこで、どの位の期間、留学していたんですか?」と言われる程度にはなりましrた。

そして、今、当時のヒット曲を動画サイトで見て、ポロリと涙が出ます。

当時、新聞で読んだ、克哉さんのインタビューで、
留学の経験はない、と言うようなエピソードが私をどれだけ勇気付けてくれたか。。

克哉さん、ありがとうございました。

同年代で、この番組を見ていた方、いらっしゃいますか?

ユーザーID:9360716908  


お気に入り登録数:13
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:9本

タイトル 投稿者 更新時間
見てましたよ
輪っか
2019年1月3日 16:56

私もThe Best Hit USAで洋楽を好きになり、レコード買って歌詞カード見ながら「へぇ、そんな風に発音するんか」と驚きつつ歌マネしていました。今もカラオケに行けばこの頃覚えたヒット曲をうたってます。

マドンナがすごく売れるちょい前、何の飾りもないただのスタジオで、黄色いジャンプスーツみたいの着て、踊りながら歌ってたの覚えてます。(この番組だったと思うんだけどなぁ。ちがうかも)

私も英語ペラペラを夢見てましたわ。
相変わらず初心者に毛の生えた程度にしか話せませんが。

ユーザーID:7306005142
今でも見てます!
ぺんこ
2019年1月3日 18:52

懐かしいですね〜♪私もトピ主さんと同じアラフィフで、昔はBest Hit USAを毎週楽しみにしていました。マドンナとかゲストで出た時、凄かったですよね。カメラが回っていないインタビューの直前まで仏頂面してて、話し始めたら突然にこやかになる。。。プロの切り替えっていうか、ビジネスなんだなぁ、って感じましたよ(何かの機会にこの裏情報的な場面を見ました)。他のゲストも豪華でしたよね。もう今じゃ海外アーティストを呼べるような音楽番組はないですし。

ただですね、今は全日空の国際線に乗る機会が多いのですが、機内動画の中に「Best Hit USA、Time Machine Special」っていうプログラムがあるんですよ。小林克也さんがVJされていて、まさに昔と同じスタイルで懐かしの曲を解説つきで流してくれます。機内での楽しみの一つです。機会があったら乗ってみて下さいね(航空会社の回し者ではありません(笑))。

ユーザーID:3515942741
山下達郎 × 小林克也
エトランゼ
2019年1月3日 20:40

『COME ALONG』1980年

1980年代 MTV全盛の時代、懐かしいですな。
ベストヒットUSAのジングルは、今でもBS朝日で聴けますよ。
COME ALONG は当初、プロモ用に流されていたもの。あまりのカッコ良さに翌年、カセットテープ限定で発売された。オープニングの、BOMBER から LET'S DANCE BABY の流れと小林克也さんのDJっぷりが最高に良かった。

山下達郎のファンキーサウンドをアメリカナイズされた、ご機嫌な名調子で紹介したカセットは、大阪から火がついたと記憶しています。

ユーザーID:3739015074
洋楽を聴くきっかけでした。
飛ぶプケコ
2019年1月4日 12:02

なつかしい。
新卒で配属された部署に、この番組を立ち上げた人の一人がいました。
ある日克也さんがおいでになって、わたしの向かい合わせのデスクに座って横の担当さんとお話を始められました。
ホントに普通のおじさんって感じでした。

ベストヒットUSAに始まり、いろいろ聴いて、80sハードロック・ヘヴィメタにすっかり落ち着いたわたしです。

ユーザーID:4609821799
見てました〜!私の英語の原点!
しじみちゃん
2019年1月4日 12:37

私が中学生の時でしたー!
ちょうどおばあちゃんが亡くなって、
両親だけが先に田舎へ帰って、姉と二人だけだったので
夜遅くまで起き放題!(ごめん、おばあちゃん...)

そんな時テレビから衝撃的なサウンドとPVが流れて来ました。
a-haのTake On Meでしたー!流行りましたねー。
もうくぎづけでした。

レコード(そうあの頃はレコードよ)もすぐ買いに行って、
中学に入って英語も勉強し出したので、学校の勉強もせず、
何歌っているのか歌詞カード片手に必死に追いかけて、
おおーっ、こういうふうに言うのかと一人納得してました。

もともと姉が洋楽好きでしたので、その影響も少なからずあり、
ちょくちょく見てたのですが、a-haを見た時の衝撃は今でも覚えています。

マドンナもそうだし、デュランデュラン、バングルス(知ってるー?)。
変ったところでファルコ=Rock Me Amadeus、番組で見たこと忘れられませーん。

まねっこして家で歌ってました。
本当に私の英語の原点!そのおかげで発音ほめられます。

なつかしい!!!

ユーザーID:0478014225
観てました
洗濯中
2019年1月5日 0:11

中学〜高校時代、観てましたよ〜。ボーイジョージのファンの同級生も観てた。ファンからのリボンを髪に編みこむ(あの頃彼は髪がフサフサ)という話も覚えています。
MTVも深夜帯にやってたのを観てたし。
あの時間帯にやってた白黒画像のローハイドにも大ハマり。中2でローハイド好き。誰からも共感を得られませんでした。

私の年代だとアニメ→歌謡曲好きが王道だったけれど、アニメ(ガンダムやサイボーグ009)→洋楽好きになりました。

小林克也さんが留学経験無しというのは私も当時のインタビューで読んだか観たかして。

トピ主さんや他の方々同様、あれらのお陰で英語ができるようになりたくて勉強してできるようになりました。

ユーザーID:9694364462
レス嬉しいです
ラーマは気まぐれ(トピ主)
2019年1月6日 10:32

こんなマイナーなトピにお返事くださった方々、ありがとうございます。
なんだか、同窓会のような気分です。

BS朝日やANAの国際線で今もこの番組が見られるのは知りませんでした。
情報ありがとうございます!

レスくださった方の中に、克哉さんと会われた方がいらっしゃるなんて! 
羨ましい。

そして、レスを読んで、洋楽が好きな方々は、
趣味の延長として英語の実力を積み重ねていらっしゃるんだな、と思いました。
今は韓流が流行ってるから、30年後には韓国語に堪能な人が増えてるかな?

私の場合、 Best Hit USAのオンエアを楽しんで(ビデオなんて個人宅には無い時代)、
「貸しレコード」と、「エアチェック(今は死語ですね)」・・・FMの1週間放送予定を新聞でチェックして、録音してました。
いかにして雑音のないエアチェックをするか、なんていう記事を真剣に読んでました。

ここ数年だと、アメリカのTVドラマ、
Glee! でいろんな年代とジャンルの大ヒット曲を大量にカバーしてリメイクしてくれたので、
私の10代の子供も一緒にそのDVDを見て、共通の楽しみになりました。
ちなみに、Glee!のシーズン1のメイン曲はジャーニーです。
シーズンが進むと、オリビア・ニュートンジョンご本人様なども登場して豪華です。

The Best Hit USAでは、ちょっとマイナーだと思いますが、Mr.Robotoがヒットした当時、
Domo Arigato Mr.Roboto という日本語のサビとか、
With parts made in Japan という部分で「部品は日本製かぁ!」と何だか嬉しくて
ずっと記憶に残ってました。
これもGlee!でカバーされて嬉しい。

ユーザーID:9360716908
今はラジオで
オレンジ
2019年1月9日 14:53

The Best Hit USA ではありませんが、金曜日の朝9時から小林克也さんのラジオを聴いてます。
喋りの調子は変わらないし、業界に長くいるだけに新旧の音楽の話は聴いていて楽しいです。

私も克也さんに憧れて洋楽が好きになり英語も好きになり・・・ずっと好きなら良かったのに英語は高校で挫折してしまいました。

私が聞いたことある話は、克也さんの英語はアメリカ南部の喋りで本国アメリカ人も会話を聞いて日本人が喋っていると気が付かない位だったとか。
カッコいいな、小林克也って思いました。

The Best Hit USAで一番印象に残ったのは、マイケル・ジャクソンのスリラーです。
あのPVを見た時、ダンスって凄い!って感動しました。
あの時代、日本にダンス文化って無かった思うし。
以降、マイケル・ジャクソンが放映されるのを楽しみにしていました。

今はネットで色んなアーティストの画像が見られるけれど、当時の「洋楽」に関してはThe Best Hit USAしか情報がなかったので毎週楽しみにしてましたね。
11時〜で眠気との闘いもありましたが。

ユーザーID:8767026452
あれは優れた番組でした
shirop
2019年1月10日 21:13

トピ主さまはじめまして。当方50代なかばの男性です。
「Best Hit U.S.A.」は(記憶が確かなら)高校生から大学生のころ観ていました。
中学生から洋楽を聴いていた私にとって、最新のチャートをPV主体で体験できるこの番組は
本当に魅力的でした。
忘れられないのはあのマイケル・ジャクソン「スリラー」のPVを放送した回。
同じような趣向の他番組が、目玉の映像はもったいぶって番組後半に流していたのに、
この番組はいきなり冒頭にDJ克也さんが「これから約13分、ノーカットでお見せします」と
MCし、本当にそのまま映像本編が始まりました。
とにかく「正しい情報をきちんと整理し、視聴者にストレートに伝える」ことに徹した姿勢は
本当に素晴らしいものでした。

もうひとつ、昔の映像を見せてくれる「タイムマシーン」のコーナーが私は好きでした。
当時でも見る機会が少なかった「60年代、70年代初期」のビデオを紹介してくれるコーナーで、
私はここで生まれて初めてジミ・ヘンドリクスやザ・フーといったレジェンドたちが動く
様を見ることができました。
ネットのない時代、未知の音楽を得ることができた「大きな窓」それがこの番組であり、
小林克也さんだったと、今も思っています。

ユーザーID:0019284861
 
現在位置は
です