現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

献体について

ななみ
2019年1月4日 23:43

 私は海外在住の一人っ子、50代で、日本には90を超える母が一人で借家住まいしております。
 父がなくなり20年目になり、母は持病もちですが一人で幸い気丈夫で今まで元気にしておりました。
 数年前に帰国した際に年も年だし、今後のことをしっかり話し合わなくてはならない、と思ったのですが結局できませんでした。
 母は私に負担をかけまいと、献体だけは彼女の甥(私にはいとこに当たりますが、年がかなり離れていて70こえています)に了承をとり、手続きは随分前に済ませております。
 しかし献体前後の事、特に医学部から戻ってきてからのプロセスについて、彼女にもどうしたいのか聞いたのですが、結局父と一緒の墓には入りたくないという思いはあっても、父方の親戚に迷惑をかける、怒らせてしまうのではないか、という思いが先にたち、自分がどうしたいのか迷っていて結論が出せていません。

 最近母が珍しく体調を壊し、一時はひやひやしたのですが、ケアマネの方のおかげでお医者にもみてもらい、幸いよくなっていってはいるようです。
  
 母の家には兎に角物が多すぎて、万一の事態に引き取ってもらわなくてはならないと思いますし、費用がどれくらいかかるかなども調べなくてはならないでしょう。幸いケアマネの方が良くして下さり、連絡もこまめに取れる様になっていますが、今回の事がきっかけとなり、いざとなった時に備えてどうするかなどをもっといとこやケアマネの方と話し合わなくてはいけない、又母にもう一度彼女なりに言いたい事やしてほしい事がないか、又孫の顔を見せたいと思い、息子を連れて今年に短期ではありますが帰ろうと思っています。
 身近な方で献体された方などいらっしゃいましたらその時の様子など、経験された事など何でも構いませんので、お話をお伺いしたいと思います。よろしく御願いいたします。
 

ユーザーID:0070423323  


お気に入り登録数:19
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:4本

タイトル 投稿者 更新時間
献体になった後より、今の方が大事では。
かたつむり
2019年1月5日 14:14

献体は、医大で契約されているのですね。
その時の様子は、粛々と手順通りだと思います。

後の希望はこれから聞かれると良いでしょう。
私は、供養も含めて、亡くなった後のことは本人のためというより遺族のために行われるように捉えています。
ですので、
献体の後どうしてあげたらいいか悩むより、生きている今、具合が悪い時には側にいてあげる方が、
お母様も喜ばれるのではないかと思いました。

ユーザーID:5920529409
10年前、父が献体しました。
輪っか
2019年1月5日 16:57

父が献体の申し込みをしていましたので、亡くなったとき大学病院に葬儀の日をご連絡しました。
葬儀のあと葬儀場に父を迎えに来ていただき、その車を参列者で見送りました。
その際、死亡診断書や役所でとった火葬許可証なんかを用意してお渡ししたと思います。

それから約2年ぐらいののちに大学病院からお役目終了のご連絡がありました。
大学病院ではごく簡単に祭壇が作ってあって、お線香とお花など供えてありました。
(こちらの大学病院では、毎年、献体者と家族のための合同慰霊祭が行われていて一度だけ参加しました。)

お骨になっていた父を引き取り、父の住んでいた関西から私の住む関東へ戻りました。
私の実家のお墓はすでに墓じまいをしておりましたので、私の通いやすい関東で永大供養墓を探し、そちらへ納めました。
子供が私ひとりですから、お参りする身内が誰もいなくなっても花や線香が絶えることのない、合祀墓で眠ってもらっています。

トピ主様とお母様のご心配が何なのかが良くわからないのですが、、、
あなたも遠方にいて、お母様ももう高齢、となるとご親戚がなんと言おうと自分達の楽なように、好きなようにされたらいいと思います。
親戚にどんな迷惑がかかるのか全くわからないのですが、、多分そろそろ、怒ったり文句をいうようなご親戚もご高齢で、ご自分達がそれどころではない状態になられるかと思います。

亡くなってから納骨まで2年ぐらいは時間が開くと思いますので、いろんな矛先を交わすにはもってこいだと思いますよ。

ユーザーID:3696841838
献体がどうこうじゃなく・・
ミッチー
2019年1月7日 12:43

お母さんの埋葬のこと、家の中のものの処分などそういうことですよね?

借家だったら家財道具その他生活していたものは一切処分しないと
いけないと思いますから、帰国時に借りている家主と話をしておくことです。

いとことも話をしておくことですが結構高齢みたいですから、
あなたが主となってやれるようにしておかないといけないと思います。

特に家の中のものに関しては個人の持ち物ですからケアマネがどうこう
出来ませんし、家主だって勝手に処分は出来ません。
身内であり相続者であるあなたがすべて処理していかないといけません。

埋葬に関してはお墓を新たに建てるか、墓のない埋葬(散骨など)を
するか、だろうと思います。本人がお父さんの墓に入りたくない、のなら
それはそれでいいと思いますよ。お骨がどこに埋葬されているか、なんて
そんなことは大した問題でもないと思いますから。
記憶は心の中にさえあればいいんです。

ユーザーID:1431203191
貴重なご意見どうもありがとうございます。
ななみ(トピ主)
2019年1月8日 22:06

 かたつむり様、
 ‘私は、供養も含めて、亡くなった後のことは本人のためというより遺族のために行われるように捉えています。‘
  私もそう思います。
  ひねくれてしまったりもするものですから、後の希望についてもなかなか思うように聞き出すことができませんでした。今度の帰国では、献体後に戻ってきたときにどうしてほしいのか、その前に何かあった時にどこか施設に落ち着く方向で考えないといけないのか、などを母に聞かなくてはならない、今度こそはしっかり決めてしまわないといけないと思っています。私も息子も働いておりますので、休暇の関係上2週間前後しか帰る事ができませんが今年帰ることを母にも申しましたので、孫の顔が見れるというのを励みに今少々弱気になっている母には頑張ってもらいたいと思っています。
 輪っか様、
 献体時にしなくてはならないことなどもお恥ずかしながら全く分かっておりません。昔人間といいますか、母は金銭やこういった事ははっきり話しにくいというのが先に立つようです。冷静に順序立てて聞かなくてはいけない事やしなくてはいけない事などを頭の中で整理しないといけないと思っています。
 実際親戚にかかる迷惑というのはないと思うのですが、親戚も60代後半から70代ですので、世間体にこだわりがちですし、精神的な部分ですまないという気持ちが大きくなるのだと思います。
 ミッチー様、
 住んでいるのはいわゆる公団の団地です。家賃支払いの事もあるので、てきぱき対応して家を空けないといけないだろうしと思い、ふと物に溢れている家を思い出し、焦ってしまいました。
 埋葬に関しても私はミッチー様と同じ様に思ったり考えたりもするのですが、母に何度かきいてみても返事ができず、考えこんでしまい、私も先ず彼女の意見を尊重するのが先と思っているので足踏み状態です。

ユーザーID:0070423323
 
現在位置は
です