現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

子供の毎日のバイオリンの練習方法

Pamu
2019年1月6日 0:41

 1年前から習っている5歳の息子のバイオリンが全く上達しません。皆さん、毎日どうやって5歳児のモチベーションを高め、どうやって練習しているのでしょうか。
 
 これまで毎日、30-40分ほどかけて、前のレッスンで教わったことを、できなかった部分は特に繰り返して練習していますが、まだ音程も取れず、基本的なリズムも取れず、1曲目から次へ進めません(教材は某〇〇メソード、年配の先生は指導者としての技量は確かだと思います。)
 
 「どうして、何度言われてもできないの!〇〇でしょ!」と、ついガミガミ言ってしまい、息子はボロボロと泣きながら、毎日練習しています。

 もともと(自分が親にそうやって習わせてもらって良かったので)「一生楽しめる趣味を」と習わせ始めたつもりが、子供にも家族全体にも相当なストレスになっている状態に驚き、「もう、辞めようね」と私がいうと、息子は(下手なのに気づいていないのか愛着だけはあり)「辞めたくない」と言い張ります。
 
 もし辞めずにもう少し続けてみるのであれば、練習方法を中心に何かを変えなければいかないはずですが、どう変えればいいのかが、わかりません。
 お知恵のある方がいたら、ぜひ教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

 

ユーザーID:1700347247  


お気に入り登録数:25
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本


タイトル 投稿者 更新時間
楽器の練習のモチベーション
ちぇろきー
2019年1月6日 11:42

ということならば、演奏への憧れを持つことに尽きると思うのですが。
息子さんはバイオリンの音楽を聴くことが好きですか?

未就学児も入場できるコンサートに足を運ぶ、
バイオリンやオーケストラの名曲のCDを聴く、
メソードについているCDを活用する、
テレビ番組のコンサートを録画して繰り返し見る、
などがとりあえず考えられますね。

特に弦楽器は、演奏を視覚的に見ることでもとても興味がわくので、
Eテレのクラシック音楽館や早朝のクラシック倶楽部はお勧めです。

子供だからやさしい曲、と考える必要はないと思います。
モーツァルトからプロコフィエフまで、
多彩な音色を楽しむと良いと思います。

音感に関しては、
鍵盤楽器でアニメソングなど好きな歌を適当に弾くなど
遊びながら覚えるのもいいと思います。

ユーザーID:7282361887
家では親が先生役でした。
gu
2019年1月6日 12:13

3歳6歳から子供は習っていたけど、この年齢では先生の言う事は理解は出来なくて、母の私が先生から指導を受けて家では私が(素人ですが理解は出来たので)教え役でした2〜3年くらいは続いたでしょうか、6歳の娘が理解できる学年になれば母の出番は終わりました。家での復習を教室で先生に見てもらうの繰り返しで親も忍耐を強いられました。親が大変でした。

娘は向いていて大学受験1年前まで楽団で弾いていました。下の男の子は音楽は好きでなくて1年生に上がれば自分からバイオリンは止めてスポーツの方へ切り替えました。
好きでないものを続けても無意味なのでそれで良かったと思います。
育児方針が褒める躾をやっていたのもあり、怒り散らすことなどは決してなかったです。できなかった所が出来れば褒めてあげる‥これも大事だと思います。音楽は向き不向きはあるようです。
娘は音楽聞いて(流行歌でも)ピアノで弾いていたので、音感もあったのだと思います、因みに夫が学生時代は吹奏楽部でトランペットを吹いていたらしいです。

習ってまだ1年なら基礎の基礎で楽しさも感じられないのではと思います。親が気長に構えて焦りは禁物です。

ユーザーID:0043540011
5歳で練習方法を取得するのは無理
まろん
2019年1月6日 16:36

ある程度長く音楽をやっている人には、自分の練習方法のコツがあります。
でも5歳ではまだ無理です。
5歳の子を上達さすコツは、とにかく褒めることです。
無理にでも褒めましょう。
今の「ミ」の音キレイに出たね、とか、手の形がよくなったね、今年は休まずレッスンに通えたね、とか。
音楽の事において5歳の子供を叱ってはいけません。泣きながら練習なんて絶対ダメ。
叱っていいのは、楽器を乱暴に扱ったり、ふざけたり危ないことをした時だけでいいです。
何度やっても弾けていない時は叱るんじゃなくて「ここ難しいね、どうやったら弾けるかな?一緒に考えてみようか?」など子供の身になって一緒に取り組んでいきましょう。
大事なのは一緒に先生や親が音楽を楽しむことです。
一緒にCDを聴いたりキッズコンサートなどに行きましょう。
別にクラシックやバイオリンの曲に限定しなくてもいいです。アニメの曲でもいいです。
リズムは体を使って覚えるといいですよ。
まだ5歳だからリズムは完璧に出来なくても大丈夫です。

テレビに出ている天才児とかと比べてしまう親御さんが多いですが
ああいうのは特殊なケースです。
殆どの5歳児は、まだまともにバイオリン弾けないですよ。
5歳児にとって弾けない部分の繰り返し練習は辛いです。
いつまでたっても曲が仕上がらす教本が進まないのでしたら、もっと短い簡単な曲をもう1曲加えてあげた方がいいと思います。
 
行きずまっているなら、先生を変えてみるのも一つの方法です。
指導歴や経歴のある先生が必ずしもお子さんと相性が良いとは限りません。
その先生が良いとか悪いとかではなく相性ってあります。
それは先生の性格的なものだったり、指導方法だったりです。
一度、他のお教室へ体験に行かれてもいいかと思います。

ユーザーID:1941637798
辞めた方が良い。
みかん
2019年1月6日 18:17

自分は高校でオケ部に入ってバイオリンを始めました。大学オケで始めた友達もいます。毎日3-4時間練習して定期演奏会で交響曲を弾くんですけど、なんとかなるものです。

練習しなければうまくはならないです。練習すれば、大学からでもうまくなります。合わなかったんですよ。辞めた方が良いと思いますよ。

ユーザーID:5059301587
やめたくないと言わせてるのは、貴女。
みっき。
2019年1月6日 18:21

私も幼い時からバイオリンをしていましたけど、毎日は練習しませんでしたよ。
5歳の子にそれも毎日立って練習するのは、キツイと思います。
ストレスになっているなら、やめた方がいいです。
5歳なんだから、子供にとっては沢山遊んでいい思い出作った方がいいですよ。楽しんでやれないのなら、モチベーションあげるなんて無理です。
一生楽しめる趣味なんて、いずれ自分で探しますよ。
ピアノやバイオリンは習っててもずっと続けないと、弾き方も忘れます。

ユーザーID:7823312727
同じ音が脳内で繰り返される
くりすますん
2019年1月7日 0:30

〇〇〇メソードで練習していらっしゃるなら、お子さんの耳も発達していると思います。
ということは、トピ主さんが怒鳴りつけた言葉も音のようにお子さんは記憶し、
それを脳内で繰り返し再生させていると思います。

「どうして、何度言われてもできないの!〇〇でしょ!」
「どうして、何度言われてもできないの!〇〇でしょ!」
「どうして、何度言われてもできないの!〇〇でしょ!」
「どうして、何度言われてもできないの!〇〇でしょ!」
「どうして、何度言われてもできないの!〇〇でしょ!」
「どうして、何度言われてもできないの!〇〇でしょ!」

こんな音が脳内で繰り返し再生される状況で、上達なんかするわけないですよね?

どうせ音と言葉を聞かせて、お子さんの脳内で再生させるのであれば、
お子さんがどれほど素晴らしくトピ主さんにとって大切で幸せな存在なのか
再生させてあげるのが上達の近道ではないでしょうか。

あと、お子さんが上達していないとおっしゃっていますが、
お子さんが弾いているのは、トピ主さんの声ではありませんか?

ユーザーID:1869986588
それも才能
マサ
2019年1月7日 3:14

おむつトレーニングだって早く外れる子とそうでない子がいます。何度言われても出来ないのは我慢してください。お子さんが本当にバイオリンが好きなら、そのうち出来るようになります。でも好きかどうか、本当の所は分かりません。子供というものは本能的に親を喜ばせようと思っていますので、バイオリンを辞める事で親を失望させたくないだけかもしれません。

ユーザーID:6147648707
今が一番つらいとき携帯からの書き込み
ふらっと
2019年1月7日 9:38

私は3才から高卒までバイオリンを習っていました。
音楽の道には進みませんでしたが、アマオケに入ったり、
今はレストランやバーでBGM代わりに演奏もしています。

子供には5才から習わせましたが、やはり最初は散々で、
音がでなくて癇癪を起こし、泣きわめき、
バイオリンを投げ捨てたこともありました。
命の次に楽器を守れ、と子供のときから叩き込まれていた私は、
びっくりして、
そのときは激しく叱りました。

バイオリンはピアノと違って、
ある程度がんばらないと音すらでない、
立ちっばなしで苦しい姿勢を保持しなければならず、
体力的にも子供にはかなり辛い、今が一番苦しくて辛い時期です。
我が子がボーイング練習から曲練習に移ってからは、一緒に演奏しました。
最初は同じ音で、次に倍音で。
二重奏にすると釣られてしまうので。
これが嬉しいみたいで、「一緒に弾いて」とよく言うようになり、
楽しみができたようでした。
私も夢が叶って幸せな一時でした。
一年後の最初の発表会では親子でメヌエットの二重奏をしました。
いま7才です。

私は違う教室でしたが、
親も一緒に習うよう言われませんか?
一緒に頑張ってるお母さんを見せる、
お母さんが失敗したりできない箇所を、
どちらが先に弾けるようになるか競争する
(お母さんが出来ないフリをしたりすると、子供は張り切ります)、
今は大人が経験値で優位ですが、
スタートが同時なら、すぐ大人は子供の成長に抜かされます。
叱りたくなる、投げ出したくなる気持ちはわかりますが、
あの最初の辛さは、大人でも投げ出したくなる辛さなんです。
あと半年、辛抱してみてください!

ユーザーID:4220276824
音程ってナニ?
音楽ってナニ
2019年1月7日 11:36

私は子供の頃ピアノを習っていて、大人になってからバイオリンを始めた者です。
正直言ってバイオリンから始めた子供が音程をとるってどうやるのかさっぱり想像がつきません。
ピアノは弾けば正しい(と一応されている)音程の音が出ます。
バイオリンは正しい音程を自分で出さなくてはいけません。
人生5年、音楽の素養もまだない、多分絶対音階もない(私もないですし、大抵の人はありません)子供が、正しい音程と言われてどうやってとるのかわかりません。
バイオリン以前に(もしくは同時に)音程をとらなくていい楽器もやってみたらどうでしょうか。
あと、私の友人は(本当に申し訳ありませんが)ひどい音痴で、ピアノをやっていましたが全然上達しませんでした。
その友人は音程が全く判っていなかったようで、どうも正しく歌う以前に聞いた音の音程もよく判断できていなかったようです。
息子さんは歌は正しく歌えますか?

ユーザーID:4008130384
教室を変えてみては?
えさんと
2019年1月8日 7:18

>「一生楽しめる趣味を」

という程度の気持ちなら○○メソードじゃなくても良いと思うんです。私は5歳から12歳までバイオリンを習っていましたが、○○メソードに入る前に楽器屋さんの集団レッスンに行ってました。そこから兄も習っていた○○メソードに替えました。子供ながらこっちのほうが練習が本格的だなと感じました。

私が行っていたメソードの教室だけかもしれませんが周りの子はしっかり練習する子も多く私は小学校低学年でもう自分には周りに追いつくだけの努力はできないと思ったものです。結局私自身は10歳で教室を止めましたが周りの子たちはその後音楽方面に進んだり地域の楽団に入ったりしていました。つまりはプロになるかもしれない、なりたいという子も習っているようなシステムですから合わない子には楽しくないと思いますよ。

それでも私はその後学校のオーケストラに入り大人になってからは自分で弾いています。子供のころからしたら指も動かないし1曲バイオリンを支えるにも息切れすることもありますが楽しんでます。

こんな感じがあなたの求める「一生楽しめる趣味を」ってことでしょうか。
それでしたらメソード以外の教室も試されてはどうでしょうか。

音楽は音を楽しむものです。ガミガミイライラされた子供の奏でる音は聞きたくないですね。

ちなみに我が家は終始クラシックが流れていたりメトロノームがおもちゃ替わりでしたよ。遊びを取り入れてみては?

ユーザーID:9645485772
我が家もです携帯からの書き込み
りりこ
2019年1月8日 8:28

うちの小1の息子も、年少からバイオリンを習っていますが、同じような状況でした。進みもあまり早くなく…。でも半年ほど前から、なんか前より良くなったかな、と思うことが増えてきました。

私はピアノ経験者ではありますが、バイオリンはかなり難しい楽器ですよね。音を綺麗に出すまでかなり時間と労力がかかるので…私の場合は、演奏動画やバイオリン講師がやっているyoutubeの動画などで自分がかなり研究しましたね。もちろん先生の仰ることが一番大事ですが、親が家で練習に付き合う時間が圧倒的に長いですよね。なのでまずは私が理解していないと、と思いました。バイオリンで綺麗な音を出すための物理的作用を理解するといいますか…綺麗なフォーム、そしてなぜそうしなければいけないか、など。

とはいえ年少から習っていた息子でさえ目に見える進歩は最近なので、焦らないほうが良いのかもしれません。私もかなり怒ってしまい練習前後の雰囲気が最悪で何度辞めようかと思ったかわかりませんが…ここは親の忍耐のときです。私も怒ったことはかなり後悔しています。音楽家にしたいわけでなく趣味として、ということですよね?だったらまずは、細く長く続けることだけを考えましょう!小学生になってくると理解力も出てきて色んなことがすぐに改善できるようになってきましたよ。

ユーザーID:8616030273
続きです携帯からの書き込み
りりこ
2019年1月8日 8:39

それから、先生はどうですか?
身近でコンクールレベルのお子さんが何人かいますが、皆さん音楽は先生が非常に重要とおっしゃってます。
実際我が家もこれまで引っ越し等で三人の先生にお世話になりましたが、先生によって練習内容も着眼点も全然違いますね。うちの場合初めに習った先生があまり基礎的なことやフォームのことを厳しく言わない先生だったので、子供は楽しく通えていたのですが、後々直すのに相当から苦労しました。今の先生は、基礎的なことは徹底的に、でも子供に分かりやすく、また練習は嫌にならないよう簡素なもので。という主義の先生でして、息子にはとても合っているようです。一日30ー40分やっても上達を感じられないのであれば、練習内容がお子さんのレベルや課題にマッチしてないのかもしれませんね。その辺りを見抜いてくれる先生だともしかしたら改善するかもしれません。

色々と偉そうなことを書いてしまいましたが…我が家もまだまだな状況なので、お互い頑張りましょう!!

ユーザーID:8616030273
それならば携帯からの書き込み
たかしま
2019年1月8日 12:53

ちょっとでもできたときなどに誉めて伸ばす、ということもやってみてはどうですか?

あとやはり素質もありますので、「どうしてできないの!」と怒っても仕方ないのかなーと思います。

ユーザーID:4930788884
好きで楽しくないとね
さば
2019年1月8日 21:38

我が家の息子は高2でバイオリンを突然習いたいと言い出し習い始めました。1年後の今、学校のオーケストラに入り他の子達と一緒に演奏しています。先月はコンサートもありました。本当に弾きたい!と思うと、1年でも追いつくみたいです。他の人に言うと驚かれますが。

ユーザーID:0280088498
うちもやってますよ〜
はげ山の女
2019年1月10日 14:52

こんにちは。毎日お疲れ様です。
うちの子もス○キです。7年になります。
一番最初の曲っていうとキラキラ星ですよね?あれ、単純なようで実は難しいですよねリズムきちんと取れるか弓順間違えずにできるかとか。
実際、1、2カ月ですいすいと次に移れる子もいれば、1年かかりましたって子もいるようです。同じ曲なのに。
ついヒートアップしてしまうトピ主さんの気持ちよくわかります。私も何度そうなったことか……
でもやっぱり結論はのんびり構えるほうがいいと思います。いま焦らなくても大丈夫ですよ。気が付いたら弾けるようになってますよ!
お互いぜひ楽しんでいきましょう

ユーザーID:6687790368
お互いに辛いですね
うーんんん
2019年1月12日 4:16

うちにも楽器を習い始めて2年の5歳の男の子がいます。
バイオリンではなくて、ピアノですがメソードです。
メソードを選んだ理由は提供しているのは情操教育であって、プロ養成や音大進学を謳っていないからです。

なので、主さんのお話を聞くとメソードの理念に反している気がします。
どんなに先生や私が気を使っても、思うように弾けなくて悔しさのあまり泣くことはありますが、そこには結果がちゃんとついてきます。

全く進展がないという事は、体がバイオリンを弾くのを拒否しているような気がします。
本当に好きなことをやらせて、その才能を育てられるかもしれない時間を無駄に消費していることになります。
止めたいのであれば、「一か月お休みしよう」と触らないようにして(その間に主さんもご家族もバイオリンの話を一切しない)、その分好きなことをさせていればそのうち永遠に忘れそうです。

我が家のモチベーションをあげる方法の一つとして夏季学校へ参加させています。
私たちはピアノだったので小規模でしたが、バイオリンは大規模ではたから見ても本当に楽しそうでした。
息子は今年も行きたがっています。

知り合いにバイオリンで海外留学したお嬢さんがいますが、小さい頃はお母さんがピアノを弾いて練習に付き合ってくれたのが役に立ったと言っていました。
ピアノは習わずとも、キーボードで右手だけで弾けるようにしてからだと音程やリズムのイメージが湧きやすいかもしれないです。

ユーザーID:2780390239
 


現在位置は
です