現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母親って何でしょう?

東雲
2019年1月6日 21:48

先日、母が永眠しました。92歳でした。

母はいわゆる毒親で、私にしがみついてきました。
こちらも母を振り払いきれず、依存していた部分もあると思います。

なので、母が亡くなったら、私は万歳三唱するだろうと思っていました。
不思議なことに、そんな気分になりません。
かといって、人並みに悲しいかと言うと……。
喪失感もあまりないです。
90歳越えたというのもあると思います。

10年前に介護が必要な状態になり、夫に先立たれ遺族年金暮らしだった私は実家に戻って、父(当時82歳)と一緒に母の介護をしていました。

だんだん父も具合が悪くなってきて、母の介護どころか自分の介護が必要になってきました。

母の大腿骨骨折を切っ掛けに母には介護施設に入ってもらいました。
3年後にまた骨折をして、今度は療養型の病院に入れてもらいました。
歩けなくなったら、比較的すぐに亡くなると聞いていたのですが、2年もたせてもらいました。
もう5年も一緒に暮らしていないことになります。
だからでしょうか。
母が亡くなったというのに、良くも悪くも感情が湧きません。

火葬のあと、母を介護していた部屋に、お骨を安置しました。
母を介護していたときと同じように、お骨のお守りをしています。
父は認知症になり、自宅で看きれなくなって、施設に預かってもらってます。

ひとり、母のお骨に線香を手向けながら、お骨に話しかけています。

母が言いそうなことはいくらでも頭に浮かびます。
生きているときは、嫌で嫌でたまらなかった辛辣な批判とか、他人の悪口とかが、なぜか懐かしいです。

母がいない。

そうなったら、私は「自由」になれるはずでした。
なのに、逆に縛られているような気がします。
時間が経ったら「自由」になれるのでしょうか?
とても混乱しています。
心の持ちようをご教示いただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

ユーザーID:1907492243  


お気に入り登録数:20
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:2本

タイトル 投稿者 更新時間
お役に立てるコメントではないのですが。
結衣
2019年1月7日 23:28

>母がいない。

>そうなったら、私は「自由」になれるはずでした。
>なのに、逆に縛られているような気がします。
>時間が経ったら「自由」になれるのでしょうか?
>とても混乱しています。

 上記のトピ主さんのお気持ちをお聞きして想うことがありました。

私の場合は義母、姑なのですが、
結婚後に辛い事が色々とありまして今は完全疎遠です。
夫も私の味方ですし、夫婦仲もとても良いので幸せなのですが、
それでも彼女の死を願っている自分が居たのは確かです。
存命している限り縛られて監視されているようで落ち着かない。
だから彼女が死を迎えれば完全に解放されるんじゃないかと
どこかで信じて疑っていませんでした…。
でも違う場合もあるんですね。

トピ主さんのお話を拝見して色々と考えてしまいました。
姿があっても、なくても、自由になれるわけではない。
それって、じゃあ、一体どうすればいいんだろう。
要は自分の中で彼女を許す?しかないのでしょうか。
結局は自分自身で受け入れて忘れて消化していくしかない?

一体、彼女の存在は私にとってなんだったんだろう。
あれほどまでの苦しみを与えた相手なのに。
彼女の言動行動により私が失ったものも沢山あったけれど、
それ以上に私が得たものは夫の深い愛情と信頼関係。
そんな肯定的な部分に目を向け過去にしていくしかないのでしょうか。

死によっても解放されないこともある。
人間関係は本当に奥が深いですね。

ユーザーID:8736355619
レス&ポチ、ありがとうございます。
東雲(トピ主)
2019年1月10日 22:29

おかげさまで、ちょっと息がつけました。

>結衣さん

お話ししてくださってありがとうございます。
なるほど。
「母」がすっかり私に染み込んでしまっているのだと思いました。
母が生きている間は『別人』と認識することが出来たのですが。
身体が無くなってしまったら、もう、自分と分けるのは不可能な気がしていました。

どうなれば消化したことになるのか、今は見当もつきませんが。
おかげさまで、光が見えてきたような気がします。

ユーザーID:1907492243
 
現在位置は
です