現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

不妊治療 携帯からの書き込み

LaLa
2019年1月7日 0:30

36歳女性。2年前に結婚しました。
フルタイムで仕事してます。
結婚当初から、夫婦ともに将来は、家族をと、妊活をしていましたが、なかなか上手くいかず。。
(主人側に原因があります。)
現在は、人工授精に向けて、通院を続けている段階です。
夫婦では、無理強いせず、前向きに妊活をと心がけていますが、私の方がいざ、排卵検査などの通院期間になると、両立などから気持ちがブルーになります。
子供を授かるにはリミットに迫る年齢ですし、仕事のスケジュールや時間の合間を見計らっての通院ですので、治療を優先に難しいのが実情です。
子供を授かるのは、自然の摂理であって、そもそも、お金をかけて授かるものなのか?
夫婦仲良く過ごしていく方が、充実しているんじゃないか等、自然に理由をつけている自分がいます。
主人とは、その都度、思いを伝えあっていますし、通院には付き添ったりと協力的な分、やっぱり続けるべきかな?と気持ちがしっくり来ません。
不妊治療で、同じ経験された方いましたら、アドバイス頂けたらと思います。

ユーザーID:8240594883  


お気に入り登録数:12
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:3本


タイトル 投稿者 更新時間
不妊治療経験者です。携帯からの書き込み
えりまきとかげ
2019年1月12日 14:50

初めまして。自己流でタイミング法を半年試みましたが自然妊娠せず、昨年の11月末に初めての人工授精をし、現在妊娠中の32歳です。
私も仕事をしながらの通院でした。
通っていたのは知る人ぞ知るといった超人気のクリニックの為、恐ろしく待ち時間が長く、通院だけでも相当しんどかったので仕事との両立は金銭的にも肉体的にも大変なダメージでした。やたら検査も多く、そんなにやたらめったら検査する必要があるのかも分からず、飲み慣れない薬も出され、正直言って戸惑いや不安もかなり多かったです。
不妊治療をしていたからこそ言える事ですが、辛い思いを沢山してきて涙した分、妊娠した時の喜びは何倍にもなると思います。
私の個人的な感想にはなりますが、諦めずに先生を信じて通って本当に良かったと思っています。クリニックに、通院されている方の中には旦那さんが非協力的で、夫婦で来るべき日にも来てもらえず周りの夫婦に混ざって奥様だけが説明会などに参加して寂しい思いをしたり、旦那さん側に原因がある事が疑わしくても認めたくないからか調べようともしなかったり、
妊活のストレスだけでも相当なのに旦那さんのそういった姿勢に対するストレスまで抱えてしまう方もいらっしゃる中で、
LaLa様のご主人様は協力してくださるという事ですので大変素晴らしい事だと思います。
妊活は決して楽ではありませんが、夫婦二人三脚で取り組むことによって夫婦の絆は間違いなく深まりますし、妊娠した暁には更に楽しい事が増えて(勿論大変な事もありますが)夫婦として更に成長できた気がします。
ただ、もし通院に疲れてしまったのであれば一時的に妊活をお休みする、もしくは妊活の期限を決めて、ここまでは頑張るといったリミットを設けることで少しお気持ちが楽になるかもしれません。ストレスは大敵ですのでLaLa様が心穏やかにいられる事が一番大切かと思います。

ユーザーID:6961216054
不妊治療を経て妊娠しました。
みぃ。
2019年1月13日 1:01

年齢は40歳です。不妊歴4年を経て、もうすぐ出産です。

不妊治療は、心身ともにかなり疲弊しますよね。
私もフルタイムで働きながらの通院でした。
幸い夜遅くまでやっているクリニックだったので、仕事帰りに通院していました。
それでも、3時間待ちは当たり前の状態でした。

できる人はすぐにできるのに、何で私はこんな長い間順番待ちして、高いお金を払ってまでやってるのだろう・・
って何度も思いましたよ。

それでも続けたのは、数年後の自分の気持ちを想像したからだと思います。
数年後、早々に不妊治療を諦めた私は何を思うのだろう・・と。
あの時、もう少し治療を続けてたら・・と後悔していたかもしれないと。
そう思ったら、続けることができました。

とはいえ、ゴールが見えないのも事実。
今は、超高齢出産の方もたくさんいます。
なかなか止め時がわからないものですので、自分の中で年齢で区切るというのも一つの方法かもしれません。

ユーザーID:2629488276
妊活から出産しました携帯からの書き込み
メガネ
2019年1月13日 13:36

先月出産を終えた妊活経験者です。トピ主様と同じ歳です。
本当にゴールの見えないマラソンをしているのが、妊活の辛いところですよね。成果も目に見えて分かれば良いのですが、そうそう簡単には行かないものですし。

私も2年前までは、フルタイムで働いていました。ただ、主人との生活時間がなかなか合わないし、接客業で精神的にも来ていたようで、10年以上働いていた会社を辞めました。1年休養という形で仕事をせず、本格的に妊活のため病院に通いました(当時35歳遅いですが)。タイミングを見てもらうため病院に通っていましたが、仕事を持っていたらなかなか良いタイミングで行けなかったなと、今更ながらなに思います。
いろいろあって、人工受精に踏み切ったところ、1度目で成功し先月誕生した我が子を授かりました。本当にかわいいです、我が子は。
確かに、妊活中本当に子供が欲しいのかなとか、このまま2人でも良いのではないかとか、自分に都合の良いように理由を探して「避けよう」と思ってしまいますよね、辛いことから。でも、私は今子どもを授かったことは、本当に良かったと思っています。もしトピ主様も「パートナーの子どもを抱きたい」とか、「一緒に子育てがしたい」とか、そうした理由があるなら諦めないでほしいと思います。もう少しやってみて、ステップアップして何度やってもダメなら、その時に「諦める」ことを考えて、2人の人生を考えてほしいと思います。

まだまだ始まったばかり、パートナーも協力的なら走れるところまで走って、トピ主様なりのゴール(それが妊娠・出産なのか、それとも2人だけの人生をおくるのか)を見つけてほしいと思います。やりきった先に見えるのは、後悔しないと思うので。応援しています!

ユーザーID:7210196555
 


現在位置は
です