現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

何でも機械化って言うけどそううまくいくものではないと思う

トト
2019年1月7日 14:48

少子高齢化などの影響なのか、機械化の進歩の影響なのか・・・
将来、何でも機械化して人手を減らすという情報をよく聞きますけど
実際のところそううまくはいかないのではないかと感じたりしませんか?

私自身、そう感じたのは、ある工場に働きに行った時です。
そこは半分以上は機械化されているということで見かけは最新式ともいえるような
立派な機械が並んでいるような現場でした。
いわゆる流れ作業の重要な業務をロボットが自動でやって最後に人間が手を加えるような
仕事は人間が補助的な業務をやるような形の筈でした。

しかし、実際はほぼ毎回、何かしらの不具合が発生して機械の調子が悪かったり
突然動かなくなったり・・・・なんかしらのトラブルが発生していました。
そのたびに機械が止まって人間が修理に向かい、ロスが発生する。
その挙句、納期に間に合わなくなってしまうの為、仕方ないので
ロボットがやるべき仕事を人間がやるといった形でした。

結局、機械化で人件費も削っているはずがメインのロボットが役に立たず
生産も遅れて、雇われた数少ない人間がその機械でやるべきはずの業務まで
こなさねばならず、かなり過酷な状況になっていました。

機械が役に立っているような感覚より、頼りになるはずの機械は1日まともに
何もなく動いている方が奇跡みたいな感じになってしまい、驚きました。
もし、人間がその場にいなかったら全く業務が成り立たない状態でした。

実際にこの経験をしてから何でも機械化して人がいらなくなるという考えは
実用化にはまだ難しく、ロボットなどの機械が完全に人間に代わるという状況には
まだ遠いように感じました。

機械は日々進化しているし、便利、完全に人間に代わるみたいな情報が溢れている今。
皆様はどのように思いますか?
また、完全にロボットなどの機械を信用することができますか?

ユーザーID:2526615507  


お気に入り登録数:24
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本


タイトル 投稿者 更新時間
まだ信用度が低いですね
けろりん
2019年1月7日 16:57

下町ロケットの無人農業ロボットは画期的ですが、やはりなんでもかんでも機械任せという訳にはいかないでしょう

トピ主さんが働いていた現場では、ロボットが古くて、メンテナンスもきちんと行ってなかったんでしょうね
だから余計大変だったんですよ

ユーザーID:0689574760
これから次第じゃないかな
ジャムお姉さん
2019年1月7日 17:15

単に、個人が信用する・しないの問題でしょうか?
だとしたらあまりにもチープな発想です。

どんなに現段階のロボットがしょぼくても
近い将来、少しずつそれらが
必要になってくる時代になっていくだろうと思います。

例えば、介護、医療などは一般人でも
TVなどで目にする分、理解しやすいかと思います。

人間の手に負えないものがあるのは明白。

勿論、人がやらないといけないことはあるでしょう。
そこまで完全な機械化は、
出来てもずいぶん先になるでしょう。

それでも、”然るべきその時が来るまで” に、
技術は進歩させなくてはいけないのでは。

まだ途中。
いや、始まりにすぎないのではと感じています。
ですから、そんな初期の段階で、
信用できるか? なんて言われてもね…。

機械は、人の補助をしてくれるものと考えたら?
現場でまだ完璧に動作しないのだったら、
そこは人が助けたら良いと思う。

何でもやらせようとするから支障が出るのだ。
そういう思考を持つ上司が必要だね。

今後、あらゆるものの機械化やAIなどは
開発・改良・試験を続け、
徐々に浸透していくであろうと思っています。

ユーザーID:4684233031
現実は、そうです
う〜む
2019年1月7日 17:36

例えば
パチンコ
これなんか玉がひっかかると
店員を呼ばないとダメでしょ

製造工場なんかでも
機械の不調は茶飯事で
それを修復、復帰させるのが人間の
仕事なのである

そんなに不調であっても
機械処理のほうが早いので
機械化はドンドン進む

その不調な機械も
将来は改善されていくので
歩留まりも良くなっていく
ご時世なので
ロボットの監視役や
ロボットの緊急出張修理の仕事が増えそうですね

食器洗浄機や電子レンジや
その他、家庭でもあるものが
業務用となると価格もさることながら
仕様が、かなり異なるので
故障しても
簡単に買い換えることはなく
たいていは現地修理か代替機と入れ替え
になるようで
人間の仕事はそんなとこにありそうですな

ユーザーID:2127203375
完成されている機械や発展途上の機械もあります
チュン夫
2019年1月7日 18:13

確かに、開発されてすぐの最新式のロボットを使っているなら、そういった故障も多く発生する場合があると思います。

機械の歴史は「故障の発生」と「故障を減らす考案」の連続です。昔の自動車はすぐに故障して動かなくなるときもありました。が、技術の進歩、故障を防ぐ改善、生産方法の進歩で今の車はそう簡単には故障しません。

最新鋭の機械は使用実績も少ないので、故障は発生しやすいと思います。(だから開発中の飛行機など、故障が許されない機械は事前に厳重、厳密な試験や検査が必要です)

私も機械メーカーで新製品を開発していましたが、新製品1〜3号機は思わぬ故障が多かったです。でも、その機械をたくさん作っていくうちに、だんだん改善できて故障しなくなります。

工場の生産ラインの機械は工場専用品の場合も多いので、たくさん作る事はできません。

ロボットがどこの工場でも使える汎用品で、同じロボットを500〜1000台も作るのなら故障は激減します。新製品とか生産数が少ない製品だと、初期故障は多いでしょう。

ライン稼働後に、故障しては修理する。を繰り返し、最終は故障しない作り込みになります。ほとんど故障しなくなるまでは1年〜数年の時間が必要です。その間は「何のための自動化?」と呪いの言葉が出ます。

もしも、そのロボット工場が既に5〜10年も稼働しているのに、そんなに故障が多いなら、基本設計や修理方法のどこかに問題があると思います。

>完全にロボットなどの機械を信用することができますか?
信用はできなくても、時間をかけて故障のノウハウを積み上げれば、自動車のようにほとんど故障せず、十分実用になる機械やロボットは作る事ができると思っています。

それでも人が不要になるのではなく、100〜200台のロボットが自動運転する工場を数名で管理することは可能になるでしょう。

ユーザーID:2969976750
一つの例で全てを判断するのはムリがある
alien
2019年1月7日 18:50

>機械が役に立っているような感覚より、頼りになるはずの機械は1日まともに何もなく動いている方が奇跡みたいな感じになってしまい、驚きました。
>もし、人間がその場にいなかったら全く業務が成り立たない状態でした。

それは、導入した機械がまだ完成品には程遠い代物か、安物買いの銭失い的な代物だったのではないですか。

どんな機械でも、登場した初期の製品は期待はずれが多いです。そのうち、それらのトラブルがフィードバックされ改良されて良い製品が出てきて、さらには安くなる。そうなってから導入するのが賢明な経営者です。
車だって、モデルチェンジしたばかりにはトラブルが多いものです。モデルチェンジ直前くらいの製品はあまり故障しません。

>また、完全にロボットなどの機械を信用することができますか?

ロボットであれ人間であれ、完全に信用できるものなんか存在しません。
完全なのは神様だけでしょうけど、まだ会ったことがありません(笑)

ユーザーID:5349636629
試作品がヘボかった携帯からの書き込み
2019年1月7日 19:08

おっしゃる状況なら、工場の機械だと、パソコンやそのOS、ワードやエクセルのような汎用機体やアプリでなく、元は汎用品でも他と取り替え不可能なほどカスタマイズされた一点ものの機体やソフトでしょうから、導入時にきちんとテストやその結果のフィードバックせず、テキトーに導入しちゃったんでしょうね……

製造現場は、Windows7のサポート終了まであと1年、Windows8以上にアップグレードせねばいかんがその費用がないたい、どげんかせんといかん、ネット接続してないから最悪の問題はなか、しのげるとこまでしのぐたい、といったことは日常茶飯時ですよ。
雇用されてる社員たちが自宅で使ってるのはもちろんWindows10とかですけど。

機械化すれば人手は減りますが、新型機械とソフトの導入時に金がかかり、さらに維持費用も増えます。
マシンを売る方は、効率アップですよーと必ず言いますが、導入と保守の見積と仕様書いただいて、テスト運用や導入実績あるところ見学させてもらって、比較検討ですよ。

自分らも似たようなセールスして物作って売ってますから、やり口は熟知してます。たまに騙されたり、急ぎ導入してトラブル頻発する会社もありますけど。

昭和から、現場は同じ駆け引きやってます。以上です。

ユーザーID:7961916231
普通は、安定した稼働ができるようにテストで問題をなくす。
かめ
2019年1月7日 20:47

あなたの働いた工場は、テストが十分に行われていないのでは?
または、問題をつぶしながらの稼働で良しとして、徐々に稼働率を上げるようにしているのでは?

>完全にロボットなどの機械を信用することができますか?
正しく調整された機械ならば、品質、作成時間で、人間より優れていると思います。

ユーザーID:6688077764
同感です
花火
2019年1月7日 21:00

同感です。

AIとかロボットとか自動運転車とかが人間に代わるような記事が見受けられますが私は懐疑的です。

宅配を将来ドローン任せるような記事もありましたが私は日本ではゼッタイ無理だろうなと思っています。
災害で通行止めになった集落にクスリを届ける程度のことは出来るかもしれませんが。

『自動運転車』なるものをいつ頃にどの程度のものを提供する計画なのか開発者にお聞きしたいです。
将来、自動車学校や運転免許証が無くなるような状況はゼッタイないと思います。
自動運転車によってタクシー運転手がいらなくなるなどという極端な意見が何処から出るのか不思議です。

これは私のうがった見方かもしれませんが
昨今の自動運転車騒動はヨーロッパ中世の錬金術ブームと同じでないかと感じています。
錬金術に携わっているものは皆、金を人工的に合成することなど不可能と知っていながら無知な金持貴族スポンサーから資金を引き出したのです。

ユーザーID:9409183475
段階的に進化していくでしょう
スプーキー
2019年1月8日 10:04

ゼロと完全の間には無限の距離があります。
技術者たちはゼロからスタートして、一歩一歩進めていくのです。
人々のたゆまぬ努力により、様々な機器が自動化され、信頼度を高めています。

私は自動ドアを信用していますし、エレベーターやエスカレーターを信用しています。
ATMも携帯電話も信用しています。
もちろんどれも壊れる時は壊れますが、日常的には信頼して使うことができます。
いずれも最初から完全な形で存在したわけではなく、試行錯誤と改良を重ねた結果、信頼に足る物になったのです。

ロボットもいくつもの事故や誤作動を経て改良を重ねてより良い物になっていくでしょう。
その工場の設備も改良されて上手く動くようになっていると良いですね。

ユーザーID:1495062937
むずかしいこともある
minon
2019年1月8日 10:53

そういう会社があるのならわが社は機械化に成功した部類ですかね。
製造業です。20年前には40人近くいた従業員が今は10人程度です。
生産部門の機械化は進み切りました。昔はそれこそ3台〜5台に2人くらいの作業員が手作業で機械の補助をしつつ加工し、その後手作業での追加工を行い納品していたのが、今は機械一台で最終工程まで終わった品物が出てきます。従業員は3人で40台以上の機械を管理してます。もちろん壊れますしメンテは必要ですが、製品の加工そのものは機械で終わります。

しかし、検査作業は機械ではできません。小ロット多品種なので検査用の機械を導入するのはコストが合わないのです。

ハイエンドの高い機械を買えばもしかすると人いらなくなるかもしれないけど、予算があってそれを買えないから中古を買ったり途中までしか作業しない機械を買って結局人手をかけないと作業ができない、なんて話はよくあります。常に最新の機械に更新し続けることは無理なのです。
機械化にはそれに伴って潤沢な資金が必要です。人なら毎月いくら、だけど機械は導入にそりゃあお金がかかりますから。少しずつ機械が普及して人件費がかからなくなって機械そのものの価格が下がってこないとあちこち機械化していくってことも難しいと思います。

ユーザーID:7845856613
それは失敗例
遠い未来
2019年1月8日 11:35

どんな事柄にも出だしにはトラブルが付き物。
トピ主さんの会社がトラブルに対して備えが不足していたのか
そのロボットが不良品だったのかはわかりませんが
いずれにしてもトピ主さんのケースは失敗例ですよ。

ロボットが理想的に動けなかった理由としては下記が考えられます。

当初目的と違う動きをさせようとした。
設計時には予想できなかった問題点があった。
導入目的を的確に説明していなかったため設計に組み込まれていなかった。
などの打ち合わせ不足、設計ミスですね。

これらは納入業者、導入責任者にとことん責任を取ってもらうべき案件でしょう。

ロボットには臨機応変がありません。
今の世はロボットにそのデータを蓄積する教育期間なのかもしれません。

個人的には郵便局の郵便番号読み取り機を素晴らしいと思っています。
読めない癖字で書かれたものも一度はじかれてから登録し直しすると次回からは読めるようになるのだそうです。
様々な機械もこうやって一つ一つ覚えて役に立つようになっていくのでしょうね。

ユーザーID:3917066860
同感です
アイザックアシモフ
2019年1月8日 12:18

私も何でも機械にお任せではこの先立ち行かなくなると危惧しています。

とはいえ、機械化を否定する気はありません。
機械化・コンピューター一元管理にも良いところはあって、
それは人件費の削減という効果です。

製造現場ではお書きのようにトラブル発生すると生産能力はゼロになりますが、
例えば役所仕事の一つである、住民票等は全部機械化(銀行ATMのように)すれば
公務員の数を減らすことは可能です。営利活動を行わない公職者の
カットは適数を見極め、人員削減しないといけないと私は思います。

確かに人手不足解消方法の一つに機械化という選択肢はあるものの、
それを管理し動かすのは結局人間しかいないわけですから、
その人間が機械化にあぐらをかいて(表現が適切ではないかもしれませんが)
深く考えることをストップしたら・・

直せるものも直せないどころか生きていくことすら出来なくなるのでは?
と感じることも少なくありません。
先日、某通信大手会社の機械が故障し、携帯通信がストップしました。

何でも手元で操作し、購入から決済までボタン1個で人の顔も見ずに
達成出来る便利(?)な世の中ですが、機械の故障一つで全てがストップ
してしまうと経済活動そのものが停止してしまうのですね。

電話一つするにしても公衆電話も少ないし、そもそも生まれた時から
携帯端末のある世代の人は公衆電話の掛け方すら知らないそうで、
どうしてこんな世の中になったんだろう?と思うこともしばしば。。。

恐ろしい世の中になってきたな、と思うんです。
また機械化を導入出来る先進国、富める国はまだ良いとしても、
発展途上国、貧しい地域は携帯端末こそある程度普及するものの、その他の
社会インフラは未整備のまま。富める国が貧しい国の地下資源を奪い、
さらに経済格差は広がっていくと思います。

ユーザーID:6513679504
人が気付けないところをAIが指摘してくれる
未来
2019年1月10日 0:18

今や業務の整理もパソコンのエクセルで、ちゃちゃっとやりますよね?
膨大な計算を、機械がノーミスで計算してくれます。
人がやると計算ミスをしてしまったりとか、間違いに気が付かなかったりとか限界があるのも事実です。
車の自動運転も実用化されれば、人為的ミスによる事故は大きく減少するでしょう。
私は人間ドックなどすべてAI化され、ビッグデータをもとに診断してくれることを望んでいます。

ユーザーID:5472253308
 


現在位置は
です