現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

1年に大怪我、手術2回。スポーツを続けるか否か 携帯からの書き込み

ちぃ
2019年1月7日 21:15

高校二年生です。去年の12月にバレーボールの練習試合中に足を思いっきり捻り右足腓骨骨折し、足首の靭帯も断裂、損傷、関節がゆるゆるだったのでプレート、ワイヤーを入れる手術をしました。

去年の4月にも右肘靭帯を断裂し、縫合手術を行いました。その時に次、大怪我したらプレイヤーを辞めようと思っていました。そしてこの怪我。やはり辞めようと思いましたが、私はチームの中心でプレーをさせていただいていて、周りからの期待も大きく、復帰という方針でしか先生やトレーナーに話されませんでした。

その期待もあり、復帰は考えていると伝えられずにいます。今もどう伝えればいいかわからず悩んでいます。実際、今年6月に引退なのですが今から松葉杖なしで歩けるまで2月末、バレーボールができるようになるには4月になってしまいます。そこからみんなと同じ練習をしたりしても今まで通りのプレーは難しそうです。

なにより、こんなに怪我をすると怪我への恐怖心が消えないと思います、それで試合に出て思うようなプレーができなくチームに迷惑をかけるよりも、プレイヤーは諦めて、チームのためにマネージャーとしてやって、マネージャーとしてみんなと一緒に引退を迎える方がいいのではないかと思います。

でも、無責任だ。などと言われるのが怖くまだ言い出せません。どうしたらいいでしょうか。語彙力皆無で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

ユーザーID:5354686297  


お気に入り登録数:15
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本


タイトル 投稿者 更新時間
自分から伝えることの大切さ
くりすますん
2019年1月8日 2:04

二度の大けが、大変でしたね。

指導者や先生のほうから、
「あなたに復帰は難しい。選手を辞めてマネージャーになりなさい」とは
なかなか言いにくいと思われます。
理由は、たとえケガや後遺症を心配して指導者が言った言葉であっても
生徒さんによっては「あなたには未来はない。人生は終わり」と言われたかのように感じ、
人生に絶望して命を絶つ可能性すらあるからです。

そういう危険もあるので、指導者側からの声掛けとしては
「ケガを直して、またみんなで一緒に頑張ろう」と未来に希望があるという印象に
繋がりやすい言葉をかけることになります。

もしトピ主さんが、マネージャーとして復帰したいと考え、
そう指導者に伝えたとしても「無責任だ」と否定される可能性は少ない気がしますよ。
もし自分で伝えることが不安なようであれば、保護者の方に今後自分はどうしたいのか伝え、
保護者の方同伴で指導者に病状の報告を兼ねて今後のトピ主さんの方針や希望を
保護者の方と一緒に伝えてもいいと思います。

ユーザーID:3212124660
長い人生です。ムリは禁物
ママ
2019年1月8日 6:04

そこまでの大怪我ならば、まず完治に専念すべきです。
まだまだ成長中の今、無理して怪我が治らないままの状態で以前のポジションで頑張れたとしても、そのせいでもっと状態が悪くなったりしたら貴方の一生に響く可能性がありますから、親世代としては、絶対にそういう無理はして欲しくないです。

中心プレーヤーとしての責任感をしっかり持っているのは大変素晴らしい事です。
でもね、自分の体を考えて復帰しなくても無責任ではありませんよ。
無責任な人がいるとしたら、大怪我した生徒に無理させて復帰させる(4月の時点でそうだとしたら、の話)顧問やトレーナーです。

ご自分の健康な体か、卒業してしまえば単なる思い出になる高校のバレー部のポジションか、どちらが大切かよく考えてくださいね。
ちなみにトピ主さん無しのチームで負けたとしても、それはそれ、それがチームの実力です。それを何とかするのが顧問やトレーナーの仕事なんです。

貴方は怪我の治療に専念して、顧問からの押しに負けないように。人生長いです。今身体を壊すのはできれば避けてくださいね。

ユーザーID:9448830192
今すぐ結論は出さなくても
KM
2019年1月8日 7:55

チームスポーツなんで状況が複雑なことは承知しています。
でもとりあえずはケガをしっかり治すことですよ。
今後のことだって今の段階では見込みにすぎないわけだしとにかくしっかりとケアしましょう。
まだ年齢的にも若いし今きちんとケアしないと今後の生活にも支障が出かねません。

ユーザーID:5497227442
プレイヤ-はやめる
saeko
2019年1月8日 9:17

ハッキリ言いますが、トピ主さんへの期待が大きいのは元気なトピ主さんに対してですよ。
今の状態で恐怖心があると自身が言っていますよね。

無理して戻ったら。チームの皆に迷惑がかかるだけではありません。
長い人生を生きていくトピ主さんの体に影響があったらどうしますか?

ユーザーID:6965498917
来年の春高バレーは目指さないの?携帯からの書き込み
麻友 50歳
2019年1月8日 16:58

私も高校時代バレーボールをしていました(今は別のスポーツです)。

スポーツに怪我は付き物とは言え、酷い怪我となると 復帰しても恐怖心との戦いもあり思い通りには出来ないので、辛いですよね。今まで中心選手として頑張っていたのなら尚更だと思います。

貴女の身体の状態や怪我明けのプレーに対しての不安な気持ちは貴女にしか分かりません。

今の貴女の思いを正直に話しましょう。
周りも軽く「無責任だ」なんて言わないと思いますよ?

ただ、私もよく怪我をしますが、「恐怖心との戦い」に関しては復帰したての頃だけです。

何回か練習していくうちに忘れます。

勿論、準備体操やテーピンやグアイシングは必須ですが。

大きな怪我をして今は気持ちも萎えてしまっているのでしょうが、段々気持ちも復活してくるかも知れませんね。
その時の為にも、今の状態でも出来る事(筋トレや柔軟体操等かな)を少しずつでもやっておくのもいいかも知れませんね。


どちらにしても、6月まで頑張って下さいね!

ユーザーID:8788923508
最優先は自分の体です
スポーツマンシップ
2019年1月16日 23:44

2度の大怪我大変でしたね。

私は膝の靭帯をやってしまってからスキーは二度としないと決めました。
また同じことが起こるかもしれないと思うと怖いからです。

主様は高校生という若さから手術して回復されていますが、体は正直なので
無事な方の足が庇って歩いたり、どこか他にしわ寄せが来ます。
それは長い年月を重ねてから出てきます。

今は青春真っただ中でしょうけど、自分だけが一生自分の体と付き合っていくのです。
他の人が主様に変わって主様の人生を歩んでくれるわけではありません。

周りの人が無責任と言う?そんなの糞喰らえです。

人をボロボロの体に追いやる仕打ちこそ無責任。
主様の人生を何だと思っているのか。ってことです。

もし本当に無責任などと言ってくる奴がいたら、その人と今後人付き合いするべきではありません。
そっと離れましょう。

若い内は考えられないでしょうけど、健康であることが一番の財産です。

ユーザーID:6072798136
 


現在位置は
です