現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

アラフォー女性について 携帯からの書き込み

アラフォー男子
2019年1月8日 21:21
古いレス順
レス数:68本

タイトル 投稿者 更新時間
その価値観のズレを認められるかどうか携帯からの書き込み
今はアラフィフ
2019年1月11日 14:06

子供無しアラフィフ夫婦。飼い犬2匹。

我が家は
夫は形に残るものにお金を使うのが好き。
例えば模型の収集だったり。ゴルフクラブだったり。
私は「良い気分になれるもの」にお金を使うのが好き。
例えば月2のマッサージだったり。犬の散歩時のカフェだったり。

びっくりするほどズレズレの2人ですが、その価値観を押しつけあう事はありません。
ただ、旅行だったり飼い犬のしつけ方針だったりと摺り合わせはしますよ。話し合いも。

トピ主さんは、多分、こういう話し合いをしても自分の価値観をごり押しするタイプでは?
それではいつまでも結婚できませんよ?
譲歩とは違います。
お互い認め合うんです。
わかりますか?

ユーザーID:6570453330
どっちも間違って無い。携帯からの書き込み
匿名
2019年1月11日 14:09

だから合わないと言う事でお別れになったんですよ。トピ主さんが彼女に合わせられない様に、彼女もトピ主さんに合わせられなかっただけ。

ユーザーID:8014368657
「キツネと酸っぱいブドウ」
昭昭
2019年1月11日 14:17

> こんな、自分の考え方は、間違いなんでしょうか?

トピ主さんは婚活で出会った彼女さんの女友達との海外旅行に賛成できない、ということがよくわかります。トピ主さんは彼女さんを叩き、批判、否定をしています。そんな彼女さんと別れて、トピ主さんは正しい、大正解だったと思います。しかも、彼女さんの側から別れを言い出してくれたので揉めなくて、本当によかったですね …

ユーザーID:4596700215
そういう人多いと思う。
関西民
2019年1月11日 16:20

私もアラフォー独身ですが、その彼女タイプです。
仕事は遊ぶためにやってるようなもので、遊ぶ事が生きがいです。
むしろ、アラフォーで未婚で子どももいなくて、出産もキビシイ年齢となったら
遊ばなければ何のために生きているのかわかりません。
30代で結婚しちゃった女友達たちは子どもが生まれて遊んでくれなくなるから。
婚活は正直なところ、今後の人生で一緒に遊んでくれる人探しです。

レスの中でそんな女性は金食い虫だからやめておけ、
というご意見も多く見受けられますがその通りだと思います。
質素につつましく、ほっこりのんびり暮らすなどまっぴらごめんです。
そんな生活がしたいなら20代で結婚してます。
自他とも認める遊び人ですが、使う所はメリハリをつけてるので老後資金は溜まってきてます。
むしろアラフォーまで独身なのに、質素堅実で結婚したい女の方が怖いじゃん。
その人なにを楽しみに生きてるわけ?

むしろ、トピ主さんこそ彼女になにを求めてたの?
突然過ぎて受け入れられない、とおっしゃいますが本当に突然だったのか疑問です。
言動に端々に彼女の不満は現れてなかったのでしょうか。

ユーザーID:3743038053
大きなお世話でしょ!
むむむ
2019年1月12日 5:08

>こんな、自分の考え方は、間違いなんでしょうか?そもそも、海外旅行に行きまくる男性と
結婚して、将来のお金等安心していけるんでしょうか?疑問です。年収が数千万円あるなら、
別ですが。そんな人は、婚活しなくても結婚できると思いますが。

↑間違い云々以前に大きなお世話だと思いますけどね

男性の方が海外に行きまくらなくても自立している海外好きな女性ならとっとと自分のお金で一人で行くでしょうし
婚活するもしないも女性の自由で貴方が言う事では無いと思いますけど。

ユーザーID:5377320055
婚活パーティでも仲人さんの仲介のあるお見合いでも、携帯からの書き込み
貴妃
2019年1月13日 8:31

何回か出会って同じ時間を過ごしても、合わないものは合わないですよ。
もしかしたら、お互いに無理をしていたのではないですか?趣味や嗜好なんて、本来違って当たり前なんですけど、どうしても生まれ育った環境や成長過程においての経験や価値観って人間関係を左右するんですよね。
確かに海外旅行はお金も時間もかかりますが、そうしてまでも楽しみたい人はいらっしゃいます。これって、ライヴやお芝居の鑑賞、スポーツ観戦だって同じですよ。ライヴやお芝居は映像商品が発売されなかったり、テレビ放送も限られたチャンネルでしか放送しません。スポーツならテレビ中継を見ればいいじゃないかと思われるでしょうが、前売りチケットが買えなかったら、試合当日にスタジアム周辺に潜伏してでも当日券を買おうと並ぶファンもいます。私はそういうのは否定しません。もしも自分の彼が本当に好きで、尊敬出来る相手ならその状況に付き合うかもしれません。
でも、トピ主様の問題はそうではないんですよね?大枚をはたいてでも海外に行こうとは思わないというのが、すべてでは?彼女は大枚をはたいてでも海外に行きたいわけですよね?人が生きる意味や存在する意義を感じるキッカケって、何も人間の出逢いだけではありません。
美術が好きな人なら、一枚の絵画との出逢いだったり、本が好きなら一冊目の本かもしくは、何百冊と読んだ上での新たな本だったり、映画が好きな人は出演の俳優や女優の演技だけでなく、作品そのもので人生観が変わったという人もいるくらいです。スポーツの場合は、スポーツそのものが好きか、試合やオリンピックで活躍したアスリートの真剣な演技や試合の在り方に心を揺さぶられる人もいますよ。
いずれにしても、こういう価値観や趣味が受け入れられないなら、そういう人とは付き合えないということなのではないでしょうか?

ユーザーID:2522557060
世の中のアラフォー女性が、すべて高い年収を稼いでいるわけでは携帯からの書き込み
貴妃
2019年1月14日 11:53

ないと思いますよ。今回の問題は、どっちが悪くて、どっちが正しいというより、価値観が合わなかっただけですよ。ただ、他の御意見にもあるように相手が大事にしているものに関して、全否定するような言い方は良くないと思います。婚活の場において女性は、ブランド物を身に付けるのは良くないという話があるのは、男性からお金がかかりそうな女性という印象になるからなんですね。でも、本当にブランドをたくさん利用している人達は、他人にブランド嗜好や、自分の年収が高いことをひけらかすようなことはしませんし、かといって、安いファストファッションやプチプライスの化粧品などを馬鹿にするような発言もしませんからね。羨望と嫉妬は裏返しですし、自尊心も間違った使い方をすると変なプライドになってしまいます。これが仕事なら、相手がどんなに苦手とかいけ好かないタイプの人間でも、業務を遂行しないと自分の評価が下がりますが、プライベートならば、みんな選べますからね。相手は海外旅行に行くことが、生きる張り合いになっているのでは?トピ主様が何を大切になさっているかわかりませんが、どうしても自分が受け入れるのが無理なら、受け入れる必要はないんです。でも、他人が大事にしているものや、相手の人間性そのものを全否定することは、誰にも出来ませんよ。このたびは、残念ではありますが、新たな出逢いを探すべく、御自身を振り返って内面を磨く努力をなさってみては?外見はお金と手間隙で何とかなりますが、内面は時間がかかります。よく有名人や著名人、アスリートの方々が実践なさってますが、本物を見る、食べる、本物に触れるということが、近道になることもあります。海外旅行ほどのお金をかけなくても、本物に触れるということは、国内でも出来ますから、試してみられては?その本物の中に、本当の気遣いや、おもてなしが隠れているので、御自身の目で確かめることが、オススメです。

ユーザーID:2522557060
度々失礼いたします。高い年収があるというのは、それだけ携帯からの書き込み
貴妃
2019年1月15日 10:58

仕事も忙しく、職場での信頼も強いということがありませんでしょうか?トピ主様も社会人ならば、そのあたりは何となく理解していらっしゃいますよね?海外旅行に年に何回も行こうと思ったら、仕事がメチャクチャ忙しかったら、早々行けないでしょうし、正社員であるなら有給休暇を申請するにしても、5日以上の長期の休暇を年に何回も会社やお店に言えば、あまりいい顔をされないと思います。何故、小町の皆様がトピ主様に対して相手の趣味を真っ向否定したと言っているかと言えば、トピ主様が相手の女性に対して、海外旅行イコールお金の無駄遣いという方向で会話をしたことは、良くないことだということなんです。誰しも失敗や過ちはあります。自分が全く理解出来なくても、相手にとっては大切なことに関しては、慎重になったほうがいいということなのでは?もし、次に出逢う相手も海外旅行が好きだと言ったならば、まずは、相手の旅行の頻度だとか、よく行く国がどれくらいあるかを聞いてみては?日本と同じアジア圏の中国や韓国なら成田やお住まいの県の空港から韓国や中国に行く便があれば二時間で飛べるそうですし、欧米に行くよりも日数が短く、お金も安く済む場合があるようです。アジアではなく、ハワイでも旅行会社に相談したら、安いプランもあるんだとか。嫌いとか苦手、受け入れが無理にしても、存在しているものの全否定は駄目なんです。じゃあどうすればいいのか?選ばなければいいだけです。趣味は仕事ではありませんから、無理しなくていいんです。確かに、旅行やブランド物、演劇鑑賞やライヴ、スポーツ観戦はお金がかかる上に、それに支払ったお金は二度と返って来ませんが、心の糧になることは確かなことなのです。その糧を生かすも殺すも自分次第ですからね。

ユーザーID:2522557060
 
現在位置は
です