詳細検索

    【トピ探訪】ケーキのイチゴを断りもなくパクリ、そんな女友達を許せますか

    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    写真・文 エッセイスト メレ山メレ子

    トピ主の「私」は、会社員1年目の女性。大学時代からの女友達は華奢きゃしゃでかわいらしく、トピ主は一緒にいると傘を差しかけたり車道側を歩いたり、彼氏のようなエスコート役にされてしまう。しかし、これまでは特に不満を感じることなく友人関係を続けてきたそうです。

    こんなにイチゴが多ければひとつくらいは…いや、渡したくない
    ところがある日の喫茶店で、女友達が「私」の注文したショートケーキのイチゴを断りもなく食べてしまいます。

    「その瞬間、なぜか私の中の何かが切れてしまい、普通そんなことしない! あり得ない! 甘えるのもいい加減にしろ! と真顔で怒ってしまいました」

    流れをがらりと変えたコメント「彼氏も盗られる?」

    よく言った! 怒って当然! と応援のレスが続く中、「イチゴを取るような女は彼氏もるかもしれませんよ、気を付けましょう」という内容のコメントが。

    この時点では、トピ主は彼氏がいるともいないとも言っていません。かなり先走ったコメントです。しかし、これがトピ主の心を刺激し、そのあとの流れをがらりと変えることに。

    不安に思った「私」が彼氏にあらためて聞いてみると、実は女友達が彼氏に思わせぶりな言動をしていたらしいことが発覚。イチゴどころではなくなり、トピ主は彼氏と女友達への疑心暗鬼で完全に憔悴しょうすいしてしまいます。

    集団心理でどんどん不安になる?


    「小町プロファイリング」の面目躍如で、トピが過熱するのも無理ないのですが……この原稿を書くために読み返していて、なんだか怖くなりました。洗剤のCMで「お皿って見た目よりずいぶん汚れてるんですよ!」と言われると、これまで目につかなかった汚れも気になってくるのと似ています。集団心理で作られた不安に、みずから身を投じているようにも見えるんですよね。

    自分の彼女がいきなり深刻な顔で「あなたがいつも褒めてるわたしの友達のことだけど、彼女のこと好きなの? やっぱりすごくかわいいもんね、あの子……」なんて言い出したら、彼氏としては(あ、これはあの子に批判的なコメントを求められる流れだな、言うほどでもないと思ってたこともこの際言っておいたほうがいいか)と思うのでは。自分で流れを作って言わせたことに「やっぱりそうだったんだ」と絶望するの、なかなかの独り相撲感があります。

    何も考えていないからこそ、危険なことも


    自分が持つかわいさの権力を、手軽に行使してしまうタイプの人っていますよね。絶大な権力だからこそ、ここぞという時に使ったほうが効果的なはずですが。この女友達は相手の性別で態度を変えず、男女ともに分け隔てなくもてなしを要求するあたり、ある意味潔いですね。

    でも「私」の彼氏を奪おうと、はっきり意図しているわけではないように思います。あまり深く考えず、反射的・衝動的に媚態びたいを取ってしまう人ってけっこう多いです(これもひとつの小町プロファイリングですが……)。

    何も考えていないからこそ、なりゆき任せで人を深く傷つけることもできるわけで、むしろ深謀遠慮タイプより危険かもしれない。でも、だれかの行動で脅かされていると感じたときに「あいつは賢く、わたしを害する気満々で暗躍している」と思うより「ダメだあいつ、何も考えてねえな」という選択肢も持っていたほうが、気持ちが楽なこともあります。あまり作られたシナリオに飲み込まれないでほしい。

    軽んじられる関係は消耗しそう


    害意満々であろうが単なる軽率な人であろうが、自分を軽んじてくる人との関係は消耗します。切り捨てるにもそれなりの痛みは伴いますから、付き合いを続けるにしても「ナメたらいけない相手」と認識してもらいたいですね。「この子はふだんは穏やかだけど、キレさせたらマジでヤバいな」と思わせたらこっちのもの。
    能ある猫は爪を隠し持つ


    そういう意味では「今までどんなに甘えてもニコニコしていたのに、ショートケーキのイチゴを取られた瞬間マジギレ」は、実は大正解だったのではないでしょうか。内心、相手はけっこうビビっていると思う。

    もし次回もやられたら「イチゴが欲しいなら自分もショートケーキを頼みなよ! イチゴのないショートケーキなんて、層のないミルフィーユと同じだよ?」とニコニコしながら、相手のミルフィーユをフォークで粉にして、サラサラときこむくらいの勢いを手に入れたい。

    と、威勢のいいことを言っていますが、わたし自身は対面での瞬発力は非常に鈍く、失礼なことを言われてもその場ではなかなか怒れないという悩みがあります。その一方で、耐えて許せるほど器が大きくもないので、何日か経ってからいきなりキレて周囲を困惑させることもしばしば。

    まずはここぞという時、即座にポップにキレ散らかせるように修行したい。そして、キレたときの効果を最大限にするためにも、普段は穏やかな人間になることをまずは心がけたいものです……(これがいちばん難しい)。

    ◇ ◇ ◇

    【トピ探訪】は、発言小町に日々寄せられるトピの中から共感できるトピや展開が気になるトピを取り上げるリレーエッセーです。
    【プロフィル】