詳細検索

    赤ちゃんから大人まで楽しめる、絵本の魅力って何なの?

    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    子どもが生まれたら、こんな絵本もあんな絵本も読み聞かせてあげたい。本好きの大人の中では、そんな思いを持っている人は少なくありません。子どもたちを想像の世界にいざなう絵本。いつごろから楽しめるようになるものでしょうか。読売新聞が運営する掲示板「発言小町」には、世代を超えて読み継がれるロングセラーなど、さまざまな絵本の情報が寄せられています。赤ちゃんから大人まで楽しむコツを出版社に聞いてみました。

    赤ちゃんが笑う絵本とは?


    写真はイメージです
    1歳にならない子どもの親でも、絵本に興味を持っている人はいます。生後5か月の女の子を持つ「まめもち」さんは「赤ちゃんを笑わせたい」というタイトルで投稿してきました。初めての育児。お散歩、話しかけ、絵本、おもちゃ、歌遊びなどで盛り上げてはいるものの、なかなか思いつきません。子育て経験者にオススメの絵本やおもちゃを教えてほしいと呼びかけました。

    この問いかけに即座に答えたのは、「透子」さん。「擬音がたくさん出てくる、単純な色と形だけ描かれた赤ちゃん向けの絵本を、ママが声を出して読んであげる」ことをオススメしています。ご自身の娘さんが赤ちゃんだったとき、擬音をたっぷり使って読み聞かせるだけでキャッキャと喜び、その様子を残そうと慌ててビデオを回したこともあったそうです。福音館書店の『こどものとも 0.1.2』シリーズの『まるてんいろてん』かんかんかんもけらもけら』などをあげて、「赤ちゃん、たくさん絵本で笑ってほしいです!」と書きました。

    難しいと感じたときは、どうする?


    絵本をどう選んだらいいのか、迷っている人もいます。「あなたがよく子供に読んであげる絵本はなんですか?」と投稿してきたトピ主さん。幼稚園の卒園時に贈られた絵本を読み聞かせしましたが、子どもの反応を見ていると「まだ少し難しいかも……」と感じ、ほかの本の情報を知りたくて、経験者に聞きました。

    このトピには、小学校低学年だった自分の子どもとの思い出を重ねる人が反応しました。うんちしたのはだれよ!(ヴェルナー・ホルツヴァルト)、りんごかもしれない(ヨシタケシンスケ)、だれも知らないサンタの秘密(アラン・スノウ)などを挙げたのは、「匿名」さん。子どもたちは、いやいやえん(中川李枝子)、もりのへなそうる(渡辺茂男)などを読んでもらうのも大好きだったそうです。「なつめ」さんからは、小学1年生ならぐるんぱのようちえんもりのなかあおくんときいろちゃんいたずらきかんしゃちゅうちゅうなどを、もう少し読めるようになったら、エルマーとりゅうシリーズなどがオススメという書き込みがありました。

    本好きの「rico」さんは、子どもが生まれたら、たくさん絵本を読んであげたいと楽しみにしていましたが、2歳の息子は電車に夢中でお話は大嫌い。電車の本が大好きで、子どもが写真を指さすたびに「これは、100系。これは、300系」と説明させられる毎日。「私の思っていた読み聞かせと違う……」と思うこともあったそうです。

    選び方や読み聞かせのコツとは


    子どもの個性はいろいろですし、赤ちゃんから幼児、小学生までその子の発達や興味に合った絵本選ぶとなると、なかなか難しそうです。

    児童書のポプラ社では、親子を笑顔にする「のびのび読み」プロジェクトに取り組んでいます。絵本を親子のコミュニケーションツールとして活用してもらうことで、子どもと本の出会いを応援しようというもので、パンフレットの配布や絵本が選びやすい売り場の提案などさまざまな活動を行っています。同社の児童書編集部でのびのび読みプロジェクトも担当する仲地ゆいさんに、絵本の選び方や読み聞かせのコツについて聞きました。

    左・なりきりえほん『おめん』(495円)。広げて顔に当てるとおめん遊びができる本。右・『ねずみくんのピッピ ピクニック』(作=なかえよしお、絵=上野紀子/1100円)。親子三代に愛されるロングセラー
    まず、赤ちゃん向けの絵本について、仲地さんは「読み聞かせは、お話を理解できない赤ちゃんでも大丈夫です。生まれたばかりの赤ちゃんは音によく反応します。お母さんやお父さん、そしておじいちゃん、おばあちゃんなど、大好きな人の声が聞こえるだけで、赤ちゃんはうれしくて楽しくなります。本を介して、赤ちゃんとおしゃべりするつもりで、読んでみてください」と話します。

    絵本の読み聞かせは、情操教育にもなるし、しつけもしやすくなるという人もいますが、仲地さんは「そんなに堅苦しく考える必要はありません。絵本の絵を見ながら子どもと話すきっかけになれば十分、と考えたらいかがでしょうか」と提案します。「最後まで読み切らなくても大丈夫。幼い子どもが途中で本を放り投げたり、誤って破ってしまったりすると、つい親は『ダメ!』と言いたくなってしまいますが、じっとお話を聞いてくれることを求めるのではなく、ほかのおもちゃと同じように、親子で遊ぶ道具だと思って、気長に何度も読んでみてください」とアドバイスします。

    「上手な読み聞かせができない」という悩みも寄せられますが、仲地さんは「上手に読むことは重要ではありません。つかえても大丈夫、お母さんが楽しそうに読んであげれば十分です。子どもが物語に興味を示さないときは、無理強いしないで、『うちの子は何が好きかな』と考えてください」と話します。虫が好きなら「昆虫の絵本」、電車が好きなら「乗り物の絵本」。もちろんお話の絵本でなく、図鑑でもかまいません。「好きなものの話をするすることで、親子で楽しい時間を過ごせるといいですね」と仲地さん。

    大人にとっても大切な出会い


    上・『まってる。』(絵=セルジュ ブロック、文=デビッド・カリ、翻訳=小山薫堂/1650円)、左・『気づかいルーシー』(文・絵=松尾スズキ/1100円)、右・『ママのスカート』(絵=ドロテ・ドモンフレッド、文=キャロル・フィブ、翻訳=木村カエラ/1680円)
    最近は、“大人のための絵本”も注目を集めています。政治や外交など専門書や教養書を手掛けている千倉書房では、フランスの絵本も翻訳出版しています。同社の千倉真理さんは、フランスでセルジュ・ブロックの絵本『まってる。』に出会い、「この本を何としても日本に紹介したい」と強く思ったそうです。この本を手始めに『キスしたいって言ってみて』『ボクの穴、彼の穴。』などセルジュの絵本を続けて出版。最近はオリジナル作品も手掛けています。

    千倉さんは「ほとんどの絵本は絵も文章もとてもシンプル。だからこそ、ストレートにメッセージが伝わります。分厚い本は手に余る人や、忙しくて長い文章を読めない人でも、絵本ならパラパラめくるだけで楽しめます。物語を追わなくても、イラストを見るだけでも気分転換になります」と話します。

    『まってる。』は、「くまモン」の生みの親でもある放送作家の小山薫堂(こやま・くんどう)さんが訳し、YouTube上で朗読をアップロードしています。内容に共鳴した人がプレゼント用に買うケースも相次ぎ、「この本がきっかけで結婚したカップルもいます」と千倉さん。ほかにも、シュールなストーリーと思いがけない展開が楽しい、松尾スズキさんの『気づかいルーシー』、イラストのスカートを実際にめくれる仕掛けがある木村カエラさん翻訳の『ママのスカート』など、話題の本が続々登場しているそうです。

    美しい絵に見入ったり、物語に想像力をかき立てられたり、心に響く絵本との出会いは、子どもにとっても大人にとっても、かけがえのないもの。絵本を読んで、ゆったり過ごすひとときは、至福の時間かもしれませんね。(読売新聞メディア局 後藤裕子)

    【紹介したトピ】
    赤ちゃんを笑わせたい
    子供に読んであげたい絵本は何でしょうか?

    【関連したトピ】
    絵本を紹介して下さい。私が読みます(笑)