詳細検索

    「皿ティッシュ」って変なこと? わが家の常識の何が問題なのか

    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    読売新聞の掲示板サイト「発言小町」に「子どもの朝食でパンをティッシュに載せて出していたら、夫から注意された」という投稿がありました。パンを載せるのになぜ皿でなくティッシュを使うのかと驚きの声があがる一方で、「そんなにいけないこととは知らなかった」という声も寄せられています。“わが家の常識”の何が問題なのか、食育の専門家に聞いてみました。

    「子どもが変なことを覚える」と夫

    トピ主の「トカゲモドキ」さんは、朝食で、子どもにパンを食べさせる時にティッシュに載せて出すことが多いと言います。ある日、それを見た夫から「子どもが変なことを覚えるといけないから、これからは皿に載せて」と注意されました。「確かに良くはないと思いますが、『皿ティッシュ』はそんなにダメでしょうか……?」「『そんなに気になるなら自分でやって!』と言いたいところですが、平日主人は仕事、私は家にいるので結局、注意を受けたことを実践するのは私という状況です。同じような方がいましたらどのように折り合いをつけているのか教えてください」と発言小町に問いかけました。

    このトピには、150件近くの反響(レス)が寄せられました。「なぜティッシュを皿の代わりにするの?」と驚く声が目立ちます。

    画像はイメージ
    「(皿を)洗うのが大変だから捨てて済むティッシュに置きたい?? でも、ティッシュなんて少し何かがふれれば形は崩れるしテーブルから落ちるし、パンくずやティッシュ自体の掃除のほうが面倒そう」(「それは…」さん)。

    「外出先での休憩時におやつのクッキーをティッシュペーパーの上に載せて出したことはありますが、自宅の食事で、それが例えパンであってもティッシュペーパーをお皿代わりにするのは私には考えられません」(「紫陽花(しよか)」さん)。

    「ティッシュに置いたパンって『食えればいいんだろ』って感じで悲しくなりませんか?」(「心を満たす場所」さん)などです。

    「ズボラな私でも食事の時のティッシュ載せはしない」と書いてきたのは、「mayuko」さん。「朝パンのときは大きめのお皿を使って、おかずとパンをワンプレートで出すようにしています。仕切りのあるプレートなどを使えば、一枚でおかずもパンも載せられますよね? よその人がそれを見たらちょっと恥ずかしいと思うことはお子さんの前でしない方がいいと思います」とコメントしました。

    そんなに最悪なこと? 紙ナプキンやアルミホイルはOK?


    一方で、「合理的にして何がいけないの?」という声もありました。

    「朝食ティッシュパンは私もよくやってました。実家はごはん派で、しかも朝早いために、私は一人でパンを焼いて、皿を出すのが面倒でティッシュに載せて食べてました。年頃になれば、テレビとか漫画とか雑誌とかで、普通に気付くし、社会人になってから、頂き物のお菓子をティッシュに載せられることもあったので、そんなに最悪な事でもないと思うんですが」(「なまけもの」さん)。

    「ここのレスを見て、皿ティッシュがこんなにダメだったなんて初めて知りました。我が家では旦那も普通にそうするし、義母も実母もみんなそうです。お客さまにはそんなことしないけど」(「猫缶」さん)。

    皿は使わず、別のモノを使う意見も散見されます。「紙ナプキンを敷いたトレー」や「アルミホイル」「ペーパータオル」「業務用のワックスペーパー」など。「誰に迷惑をかけているわけでもないし、別にいいのでは」と「もも」さん。「パンなんて袋のまま置いとけばいい」と書き込んだのは「あさみ」さん。「大袋のパンでも、そのままドーンと置いておけば。子どもが自分で、食べたいだけ取って食べるでしょ? ズボラなら、そこまで徹底すればいいと思います」と断言します。パンならではの手軽さを追求している家庭もあるんですね。

    忙しい親が、子どもにできること

    画像はイメージ

    埼玉県を中心に食育の活動を行うNPO法人「食育研究会MoguMogu」代表の松成容子さんに聞いてみました。松成さんは、「パンをティッシュに載せて出すことはあり。ですが、『これが普通ではないんだ』と子どもにしっかりわかってもらえた上で」と言います。できるときは、なるべく食器に載せて子どもに出したほうがいいそうです。

    「食卓は子どもがマナーや常識を学ぶ場所でもあります。うっかり『パンはティッシュに載せて食べるもの』という常識を身に付けてしまうと、子どもが成長したとき、修学旅行や部活の合宿などで恥をかき、自信を失ってしまうかもしれません。子どもが社会に出て困らないよう、一般的な常識を食卓で教えるのは親の役目。日々の積み重ねは大切ですね」と松成さん。
    また、乳幼児期から使っていたプラスチックの食器や、紙皿、紙コップなどを使うことについても、子どもの成長とともに考え直します。「割れるから気をつけて」と声をかけながら、陶器やガラスの食器を使ったほうが、子どもの方も食器を大事にするようになります。

    松成さんは忙しい親に向けて、「できるだけ食事中は、子どもと同じ空間にいることを大切にしてほしいです」とアドバイスします。「『いただきます』に『めしあがれ』と応えたり、『おいしい?』『まだ残ってるよ』などのちょっとしたことでもいいので、『あなたのことを思っているよ』と空気感で伝えてください。子どもはその気配りを通して、親からの愛情を受け取っています」と松成さん。理想は子どもと同じ食卓で、数分でも一緒に座って食事をすることですが、別の家事をしながらでも近くにいて、食べる子どもに気を配ってあげることが重要だそうです。

    松成さんは「親が笑顔だと家庭が明るくなります。『皿ティッシュ』は家庭がキリキリしないための応急処置と考えてほしい」と言います。最近はコロナの影響で学校では「黙食」が多く、子どもにとって家庭の食卓は、食べながら会話ができる貴重な時間です。朝食時は特に忙しいですが、子どもと同じ食卓でコーヒーを飲んだりして、少しでも子どもと同じ時間を過ごしたいですね。

    (読売新聞メディア局 原啓一郎)

    【紹介したトピ】

    こんな関連トピもあります

      その他も見る すべて見る

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0