詳細検索

    【トピ探訪】がまんの限界! 義母と縁を切りたい

    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    WEBライター maron(マロン)

    「義母と折り合いが悪い……」。結婚したその日から、突然第二の母になる “義母”との関係に戸惑う方は多いです。昔から脈々と続く「嫁姑(しゅうとめ)問題」は、ドラマにもたびたび取り上げられてきました。今回は、そんな義母嫌いが最高潮に達したトピ主「スミレ」さんの
    義母と縁を切りたい」という「発言小町」に投稿されたトピックを取り上げます。「スープが冷めない距離がちょうどいい」といわれる義実家との距離感ですが、スープを運ぶのが困難なぐらいに離れたいと願うスミレさんの苦悩を考察してみます。

    嫁姑問題で、夫の立ち位置は重要

    画像はイメージ
    私の場合、「出ていけ!」が口癖のモラハラ夫と「金目当ての嫁!」とののしる姑との同居生活をへてきたのですが、このトピを読んで真っ先に思ったのが、“トピ主さんは勝ち組の嫁”ということです。嫁に勝ち組や負け組なんてないかもしれませんが、ここでいう“勝ち組”とは、ご主人が味方になってくれている状態を指します。トピ主さんもおっしゃっていますが、「夫が味方でいてくれるから今までがまんできた」のです。嫁姑の間に問題が持ち上がったときの夫の立ち位置は、かなり重要です。もちろん嫁としては100%、いいえ120%嫁の味方になってくれないと気が済みません。嫁は「自分の母親より結婚相手である私を優先してほしい」と思っているからです。しかし嫁と同じように「私だけを見て!」と思っている人間が1人います。そうです、それは義母。いうなれば嫁と義母は、1人の男性を取り合う三角関係に陥っているのです。

    嫁にやきもちを妬く姑

    トピ主さんの話に戻りますが、結婚生活5年目を迎えるまでにさまざまな嫌味や嫌がらせがあったそうです。ことの発端はお二人の結婚式まで遡ります。ご主人が職場関係の人を呼びたくないという理由から、日本から遠いハワイで挙式を行ったというトピ主さん。ところが大の飛行機嫌いの義母は「足がむくむから飛行機なんて乗りたくない!」と参加しませんでした。一応は夫に義母の説得を任せたらしいのですが、いまだに義母は「嫁の配慮が足りない! 私を仲間外れにして……かわいそうな私!」と嫌味を言ってくるそうです。

    これは私の主観ですが、配慮が足りない、感謝が足りないなど、いかに嫁が至らないかを責めてくるタイプの義母は、嫁にやきもちを ( ) いているだけです。例えば、たまたま買った宝くじで3億円当選したとします。お世話になった義母を楽にさせたいと思い、2億円を義母に渡したとしても「えっ、2億円だけ? この恩知らず!」と言ってくるでしょう。そもそもこのタイプは、自分が大事に育てた息子の結婚相手を家族だなんて認めません。「自分のかわいい息子を嫁に ( ) られた」。言葉にしなくても内心はそう思っている義母も少なくないと思います。

    息子を私物化

    ところがトピ主さんやうちの義母のように、あからさまな息子への支配をアピールしてくるタイプもいます。トピ主さんも「息子が稼げているのは私が一生懸命息子を育てたから。そのお金であなたが贅沢をするのは許さない」と言われるそうです。この手の嫁姑問題の記事を読むたびに思うのですが、恐ろしいほどうちの義母と酷似しています。子供を私物化するタイプは、同じような思考回路をしているのでしょうか。私のかわいい息子が稼いだお金は母親である私の物、といった具合です。さらにトピ主さんの場合は、毎月15万円ものお金を義両親に渡しています。経済的に困っていない義実家に、高額な現金を渡し続ける……。もしこれが本当なら完璧な“毒親”といえます。他にも、ひとり親で育ったトピ主さんを「貧しい家庭」と 揶揄 ( やゆ ) したり、夫婦の生活を詮索されたりと数えきれない嫌な出来事があったそうです。

    義母が嫁を嫌うのは“息子を盗られた”という本能的な部分もあると思います。そこで嫁姑問題のカギを握るのは夫です。うちのように完全に義母の味方をする旦那だと、いつも腹を立てているのは嫁一人だけという状況になります。しかしトピ主さんのように、ご主人が100%嫁の味方をする場合もまた、永遠に嫁姑問題は解決しません。本来は成人した子供が結婚し家庭を持ったなら、親は口を出すべきではないし生活に介入すべきではないでしょう。私の義母のように息子夫婦の生活が気になりすぎて、私が捨てたゴミ袋をあさるような行動は慎むべきです。嫁の立場からすると「なにか困ったことがあれば相談してね」くらいのスタンスの方がありがたい、というのが正直なところです。

    文句を言われてもひたすらごまかす

    トピ主さんはそんな義母と縁を切りたいと思っていますが、私もできれば義母と距離を取った方が幸せな人生を送れると思います。実際に親子の縁を切るのは難しいにしろ、遠くに引っ越すとか電話番号を変えるとか、義母と連絡をとりにくい環境を作るといいと思います。もし文句を言われたら「アハハ、すみません」と、ひたすらごまかせば大丈夫です。実は私もとうの昔に義両親の電話番号をスマホから消去したのですが、連絡を取れないと言われても、ずっと笑ってごまかしています。トピ主さんは毎月15万円を義実家へ送金できる経済力があるため、夫婦だけで十分に暮らしていけると思います。また、これからお子さんができれば、孫に会いたいがために義母が譲歩してくる可能性も十分にあります。人生は長いです。自分の力じゃどうにもならないことにあらがうより、適当に受け流しつつ“時間が解決してくれる”とどっしりと構えることも必要なのかもしれません。

    【トピ探訪】は、発言小町に日々寄せられるトピの中から共感できるトピや展開が気になるトピを取り上げるリレーエッセーです。

    【紹介したトピ】義母と縁を切りたい

    ウチのモラハラ旦那&義母、どーにかしてください!
    「ウチのモラハラ旦那&義母、どーにかしてください!」(KADOKAWA刊)
    気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
    使用イメージ
    使用イメージ

    マイページ利用でもっと便利に!

    お気に入り機能を使う ログイン
    レス求!トピ一覧

    注目トピ

    注目トピはありません。

    Twitter

    Follow
    みんなの投票結果

    編集部から

    編集部からのお知らせはありません

    Horoscope | 大手小町

    発言小町大賞0