詳細検索

    小町拝見

    手作りマスクに罪はない…柴門ふみ

    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
     友人からいきなり手作りマスクが送られてきて困惑している、というトピを見つけました。

     疎遠になっていた友人から、「私はマスク作りを楽しんでいます」とのメッセージが届き、数日後に突然、ヒラヒラの飾り付けが施されたマスクが送られてきたというのです。

     トピのタイトルは「手作りマスクの贈り物は嬉(うれ)しいですか?」。多分、トピ主さんは「手作りマスク」が苦手なのではなく、作った友人が苦手なのだと思います。

     市販されている布製マスクも、人がミシンを操作して縫ったものなので、手作りといえば手作りです。でも、そういう市販の物には嫌悪感を抱かないのではないでしょうか?

     作っている最中の作り手の姿をイメージして「あの人が作ったのか……」と思ってしまう。やはり、こんな思いが災いするのだと思います。

     どうしてもマスクが必要なのに、不織布のマスクも布のマスクもまったく手に入らない状況で、このヒラヒラの手作りマスクが届いたら、きっと感謝されたことでしょう。手作りマスクに、罪はないのです。

     手作りが好きな人は、得てして装飾過多になりがちです。ヒラヒラとか、リボンとかをつけたくなるのですね。既製品にはない、個性を表現したいのでしょうか。そして「かわいいでしょ?」と訴えるのです。

     今回のコロナ禍では、国会議員や都道府県知事の方々も、それぞれ趣向を凝らしたマスクをかけておられます。花柄とかアイヌ文様入りとか。日本的だなあと、私は感じました。手作りの品に何かかわいいものを付け足したくなる心情は日本独特。欧米ではあり得ないのでは? 中国ではペットボトルを切ってマスク代わりにした人もいるそうです……。

    こんな関連トピもあります

      その他も見る すべて見る

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          Twitter

          Follow

          発言小町大賞0