詳細検索

    小町拝見

    いくつになっても母と娘…香山リカ

    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
     70代の母親が、これまでずっと面倒を見てきた50代の娘から「お金を(のこ)して」と言われて悩んでいる。そんなトピがあった。

     この瞬間、全国の読者から「いいかげんに子離れしようよ」という声が聞こえてきそう。実際にそんなレスが続いていた。この悩みへの回答は明らかなのだ。

     でも、本当にそうなのだろうか。私の診察室にも、70代、いやもっと上の母親が「娘のことが心配で」と相談に来ることがある。娘といっても40代か50代。子どもどころか孫がいるという娘もいる。それでも母親にとっては「かわいい娘」に変わりない。

     娘は、いつまでも干渉し続ける母親を「毒親」と思っているのかもしれないが、よく聞くと、娘も親に依存しているというケースがある。そういうときは、親子を引き離せば問題が解決する、というわけでもない。親子の問題は本当に一筋縄ではいかないな、と思う。

     診察室ではあえて「もう娘さんも50代なんだから」などと年齢の話はしないことにしている。親が子を心配なのもわかる、子が親の支配に悩むのもわかる。それを前提として話を進めるようにしている。

     すると、これまで誰に話しても「いいトシして」と眉をひそめられていた人が「私の悩み、おかしくないんですね」と安堵(あんど)し、「ではどうすればよいか」と前向きに考え始める。でも、「親でも子でも、大切なのは自分自身の人生」という答えにたどり着ける人はごくわずかである。

     そして、いつも思うのは母と娘それぞれの夫である男性の影の薄さだ。本当はそこが一番の問題なのだろう。母が娘に、娘が母に、ではなく、それぞれのパートナーに向き合えるよう、男性にはぜひ一役も二役も買って出てほしいと思う。

    こんな関連トピもあります

      その他も見る すべて見る

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          Twitter

          Follow

          発言小町大賞0