詳細検索

    小町拝見

    IT苦手でも落ち込まない…香山リカ

    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
     「職場の後輩がITハラスメントをしてきます」というトピを見つけた。苦手なコンピューターのことを教えてくれるので頼りにしているのだが、ミスをすると「鬼の首を取ったように責め立てる」という。

     うなずいてしまった。病院で新しい電子カルテのシステムがなかなか覚えられず、後輩に何度も尋ねてイヤな顔をされた経験があるからだ。「もう自分は時代遅れなんだ」と落ち込み、ますます苦手意識が高まったのを覚えている。

     後日、私はあることに気づいた。別の後輩に質問してみたら、その人は「わかりにくいですよねー、これ」と親切に教えてくれるではないか。その笑顔に救われたのか、説明もすんなり耳に入って、どんどん覚えていけるようになった。

     教える側の姿勢ひとつで、こちらのITスキルはずいぶん変わるのである。ITに詳しい人が詳しくない人をあざ笑うようでは、学習意欲も湧かず、知識も身につかないのが当然だ。

     もちろん「一から十まで教えて」という態度はよくない。聞く側は「忙しいのに申し訳ない」と年下にも謙虚になり、「どこを見ればやり方が書かれているか」と“学び方”を聞くのがよいだろう。その上でわからないことがあれば、具体的に短く尋ねるようにする。

     今回のトピのように、後輩が小ばかにしたような態度を取ったときには、「私は社会に不要な人間」などと必要以上に落ち込まないことも大切だ。「まあ、若者に得意なことも、年配者にしかわからないこともある」と割り切り、おじけづかずに親切かつ上手に教えてくれる人を探そう。「ITが苦手な私は現代の落後者」などと自分でレッテルを貼るのが、いちばんよくないのである。

    こんな関連トピもあります

      その他も見る すべて見る

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          Twitter

          Follow

          発言小町大賞0